沖縄は米国に再返還したほうがみんな幸せになるのではないだろうか?

今年は米国に占領された沖縄が返還されて50周年記念です。

実はその昔、某作家の先生が書いた、沖縄独立小説の原案を担当したことがあります。
さて、沖縄を尖閣諸島込で米国に再返還した方がみんな幸せなれるのではないでしょうか。

まず沖縄。米国の一州になれば、住んでいるのは米国市民となりますから、過剰な基地の再配置や縮小も日本に留まるよりは可能性があるでしょう。
そして米領土になれば、完全に米国の核の傘に入ることになり、中国も迂闊に手を出すことができない。

米兵による犯罪も米国が直接裁きます。法律が有ってないような、法治国家落第国である日本の政府に頼るより遥かに公正な裁判が期待できるでしょう。
また辺野古の基地建設問題もシビアに査察されて、その必要性、軟弱地盤などの問題が検証されれば中止になるでしょう。

これから少子高齢化なのに、未だにばらまき政策を選挙民、政治家ともに熱心にやっている日本は衰退が間違いない。先は明るくありません。対して米国はあれこれ問題があっても、経済は成長していくでしょう。日本にとどまるよりも豊かな生活ができるかもしれません。
さらに、ドルが通貨になるので為替変動を心配する必要がない。米国からの観光客の増加も米国企業の投資も増えるでしょう。

日本にもメリットはあります。
まず沖縄駐留米軍は在日米軍ではなくなるので、SACOなど在日米軍費用を大きく減らすことができます。沖縄に部隊を置く必要がなくなり、自衛隊は九州まで下げること可能であり経費がこれまた大きく削減できます。

米軍基地が多数あることもあって、我が国は沖縄には過剰とも言える振興策をとって、毎年多額の予算をつぎ込んできていますが、これが全く機能していない。投資はすべてばらまき自体が目的化しており、乗数効果はマイナスです。ひたすら税金をつぎ込んでも単なる箱物をつくるだけで、沖縄県民のためにもなっていないし、財政が疲弊した我が国の財政事情を悪化させるだけです。
我が国は沖縄につぎ込んでいる予算を大きく削減することが可能となります。

また航空も自由化されて、沖縄への航空路線がかなり安くなるのではないでしょうか。

無論実際に再返還は不可能でしょうが、こうして頭の体操をしてみると、現在の問題をどう解決するかのヒントぐらいにはなるのではないでしょうか?



東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
財務省が戦車の有益性を辛辣に指摘した真の意味
現実を直視した「真に有効な防衛力」の議論が必要だ
https://toyokeizai.net/articles/-/587274
apan In Depth に以下の記事を寄稿しました。
 ゴム製履帯の可能性 前編
https://japan-indepth.jp/?p=66289
 ゴム製履帯の可能性 後編
https://japan-indepth.jp/?p=66297
国産防弾装備を盲信する岸防衛大臣の見識 その1
https://japan-indepth.jp/?p=66121
国産防弾装備を盲信する岸防衛大臣の見識 その2
https://japan-indepth.jp/?p=66134

"沖縄は米国に再返還したほうがみんな幸せになるのではないだろうか?" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント