ウクライナに供与した防弾チョッキ3型は改良型の新型、防弾チョッキ3型改

昨日陸幕長および、統幕長会見に参加しました。
両方で、先週金曜日の大臣会見のぼくの、大臣に防弾チョッキやヘルメットの供与後の調査をしないのか、という質問に対して、大臣は日本の装備は優秀だから実戦データ収集をする必要はないやらやらないと、おっしゃったことについて質問しました。

防衛装備にしろ、他の工業製品にしろ、完璧な製品はありません。仮に完璧でも環境や時代が変わると「完璧」ではなくなります。
そして我が国の装備は実戦も市場での淘汰も経験していないわけです。
自国装備を実戦で評価する機会があれば拒否する軍隊はないはずです。
これは軍隊の常識です。

実質的な国軍である自衛隊を率いる大臣が、国産装備は完璧だから実戦データは必要ないというのは軍事に対して無知であると公言しているに等しいわけです。制服組は大臣にきちんとインフォームしているか、というお話を尋ねました。

ましてぼくが指摘するまで陸自のフェースト・エイド・キットは包帯、止血帯各一個だけのおそまつなもので、陸幕は国内には病院がいっぱいあるからいいのだと言っていたわけです。隊員が死傷しないことを前提とした組織がまともな防弾装備をつくれるのかがそもそも疑問となるところです。

陸幕長の会見時に、防弾チョッキ3型にはサイドプレートがなく、乗車時に側面から射撃されると防御できないと指摘したところ、ウクライナに供与されたのは改良型の防弾チョッキ3型改であるとのお話でした。
これはサイドプレート、股間防御用プレートなど増加の防弾プレートが装備されています。
IMG_9320.JPG
確かに防弾力は強化されますが、重量は増大しているはずです。
であれば拠点防御や車輌搭乗員ならばいいでしょうが、下車歩兵にはいい装備とはいえないでしょう。
そして陸自は未だ諸外国では途上国含めて標準装備となっているプレートキャリアを装備していません。防弾チョッキ3型を改良するよりも、他国と同じ標準化されたプレートを
装備するプレートキャリアにサイドプレートを装着できるようにしたものを導入するべき
だったと思います。

米軍の他、英仏壕軍とも共同訓練を行っているのに何で自分たちだけプレートキャリアを装備していないのか不思議に思わないのでしょうか。であれば想像力や関心が完全に欠落していると思います。

さて統幕長会見後に、平尾和久広報室長がお見えになって、お話をして一応前回のことは和解しました。挨拶に行ったときのことは、そもそも現在は報道室は防衛省職員以外対地入り禁止になっており、当時センシティブな電話をしており、それで入ってきたことことに驚いた仰っていました。
確かにそのような張り紙がされていました。それで逡巡していたのですが、記者クラブの記者が平気で入っていったのでぼくも入室したという次第です。彼のゼスチャーはぼくだけではなく、記者クラブの記者にも向けたものだったということでした。

で、互いに誤解や言い過ぎもあったということで一応の和解をみたわけです。
ですが、そのやり取りの横で、陸幕広報室のスタッフが、幕僚長が先の会見で述べていた、本年度の演習についての資料を配っておりました。これからそのレクチャーをやる、というお話でしたが、記者クラブ非会員のぼくはこの件の情報をもらっていませんし、陸幕のスタッフは記者クラブ向けだと明言していました。

つまり、未だに記者クラブと非会員への待遇差別、情報格差は健在ということです。
ですから、今後も引き続き記者クラブ問題は取り上げていくつもりです。

■本日の市ヶ谷の噂■
防衛医大、自衛隊中央病院、各地自衛隊病院、陸海空医学実験隊、衛生学校などは精
神疾患などを抱えた問題医官の収容地になっている、との噂。

"ウクライナに供与した防弾チョッキ3型は改良型の新型、防弾チョッキ3型改" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント