財政制度分科会(令和3年11月15日開催)「防衛関連資料」読む。その4 調達改革その2

財政制度分科会(令和3年11月15日開催)の防衛に関する資料、参考資料を解説評論していきます。
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/20211105zaiseia.html

「資料」と「参考資料」2つがあります。既に「資料」編が終わったので「参考資料」を解説していきます。

https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia20211115/02.pdf

今回は調達改革についてその2です。


防衛装備庁におけるプロジェクト管理(P11)
これは防衛省作成の資料です。

1.目的
一定以上の整備規模を有する装備品等に関するコスト、スケジュール等を管理

2.ポイント
🉑 構想段階~研究・開発段階~量産・配備段階~運用・維持・廃棄段階まで各ライフサイクルを通じ一貫して管理
🉑 プロジェクト管理重点対象装備品等を選定し、専従のプロジェクトマネージャー(PM)を指名。その後、取得戦略計画を策定し、省内横断的な統合プロジェクトチーム(IPT)などにより管理
※ 準重点対象装備品は、取得計画を作成し、プロジェクト管理部各官で管理

🎆 国産開発装備品については上流(構想段階~研究・開発段階)からの検討(量産・維持整備段階におけるスケジュールやコスト抑制策など)が特に重要
🎆 FMS装備品については各段階における日米協議の場(PMR※等)での検討(まとめ買いを含むコスト低減策など)が特に重要
※ Program Management Review:FMSのプログラムごとに設置される日米会議


これは典型的な官僚作文であり、やっているフリだけです。
防衛装備庁ができてなにか変わったといえば何も変わっていない。むしろ悪くなっています。特に装備庁と幕僚監部の調整がつかずに、装備庁が輸入品、幕僚監部が国産品を推すなどしてまるで2つのプロジェクトに分離しているようなプログラムが多々あります。
状況はむしろ悪くなっているとすら言えます。

そしていつも申し上げておりますが、装備調達のグランドデザインを作り、ここの装備についても、その調達数、調達達成までの期間、総予算を明らかにして、コレを国会で承認後にサプライヤーと契約を結ぶ、という他国の軍隊ではごく当たり前にやっていることを装備庁が設立されてもまったくその気がないことです。
例えば陸自ならばフランス軍のスコーピオン計画のように装甲車両全体の新世代のポートフォリオがあり、個々の装甲車はその計画に沿って開発、採用、調達が行われます。こうすれば縦割りによる不合理も防げます。

ところが防衛省では未だに、そのような大きな絵を描いた計画も、個々の装備の調達計画すら国会にもださない。

国会は総額がいくらかもわからずに、戦車やらミサイルやら火の出る玩具の開発や調達初年度の予算にOKを出してしまう。

そしてなんのための調達かということも、幕僚監部も装備庁もわかっていない。
だからキャンセルになったコマツの8輪装甲車や19式155ミリ榴弾砲みたいな出来損ないの兵器を漫然と調達してしまう。路外走行もできず、装甲は防弾じゃなく、与圧をかけるためだからと小銃弾で穴があるような装甲のNBC偵察車をベースにして、僅かな開発費で戦闘用の8輪装甲車が開発できるわけがないのはシロウトにもわかる話です。
諸外国ではそのカテゴリーではどのような装甲車が必要か、また我が国の環境ではどのような装甲車が必要なのかまったく調査も考慮もせず、単にコマツ発注ができて、安い8輪装甲車が作れればいいや、程度の意識で作った結果がこれです。それでもそれを流石に採用しなったことだけは評価しましょう。
19式も同様でこんなに重たいのに、自動装填装置はない。装填手はキャビンではなく、車体中央に野ざらしで乗せる。予算がなく、専用の弾薬運搬車も開発できなかった。当初は三菱重工に仕事を振るために重回収車を選定、結局駄目だったのでMANの車体を採用するもキャビンの装甲化もしない。重量制限はC-2に搭載を考えてのことだが、戦時に最大でも22機しかないC-2で重火器を運べる余裕が本当にあるのかも検証しなかった。
そしてトライアルでは搭載されていた、12.7ミリ機銃すら量産型ではとってしまった。

つまり日本製鋼所に仕事が振れればいいや、外国で流行っている装輪型であればいいや、程度の安易な構想で調達したとしか思えません。そして今後もゴジラでも出てこないと不要で、維持費も掛かる99式自走砲も温存されます。

まったくもって装備庁には計画性、合理性、透明性もなく、諸外国の先端開発にも興味がなく、防衛省の組織の内部のご機嫌伺いと、既存の防衛産業に仕事を振れればそれでいいという安直なおもいで調達を行っているとしか思えません。


Japan in Depthに以下の記事を寄稿しました。
10式戦車の調達は陸自を弱体化させるだけ(上)
https://japan-indepth.jp/?p=63876
10式戦車の調達は陸自を弱体化させるだけ(中)
https://japan-indepth.jp/?p=63884
10式戦車の調達は陸自を弱体化させるだけ(下)
https://japan-indepth.jp/?p=63896

"財政制度分科会(令和3年11月15日開催)「防衛関連資料」読む。その4 調達改革その2" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。