自称ロンドン大学卒業・英国学士様の学歴詐称おじさんこと、堀口英利さんへの公開質問状その101。


我らが堀口英利氏は優雅にビジネスクラスで日本に一時帰国、その隔離中に例によってSNSで傲岸不遜な発言を繰り返して炎上しているようです。

そのやり取りの中で学歴詐称などしたことはない、と強弁しています。
> 在学証明書を公開しているのに「正規生なのか聴講生なのか不明」は言い掛かりですよね。
かつ、SOASの記載もInternational Foundation Programmeに関するものだ、と明言しています。まるで過去に学歴詐称をしたかのような言い回しはやめてください。
> 私の名誉を貶める言動をやめるように求めます。 twitter.com/acetylene_lamp…

IMG_8879.PNG

よくこういうデマを平気で書けるものです。ですが、堀口英利さんが学歴を詐称したのは明白な事実です。何度書きますが提示している書類は「在学証明書」ではありません。

もう嫌になるぐらい書いていますが。堀口英利さんはフェイスブックで、SOASに「入学」、そして1年で「卒業」と明白に書いております。IFPに通って、更に3年間の学部を合わせて1年で卒業することはほぼ不可能だとぼくは指摘してきました。
IMG_7427.PNGIMG_7428.PNGIMG_7430.PNG

そして恐らくは堪りかねで、自らもSOASは卒業していないと言うようになりました。
IMG_8370.PNG
IMG_8390.PNG
こういうのを世間では「学歴詐称」と言います。詳しくは以下の公開質問状を参照ください。

自称ロンドン大学卒業・英国学士様こと、ホラッチョ堀口英利さんへの公開質問状その99やはり学歴詐称でしょう? 前編
https://kiyotani.at.webry.info/202108/article_1.html

【祝100回記念笑】学歴詐称おじさん、こと堀口英利さんへの公開質問状まとめ リマインダー1~100まで ロンドン大学の卒業のインテリという設定は嘘でした(笑
https://kiyotani.at.webry.info/202112/article_11.html


そして難病自慢の設定も怪しさをましています。



> 潰瘍性大腸炎の治療です。約3ヶ月ごとに(=長期休暇のたびに)検査と投薬をする必要があります。
> 以前に重篤な薬剤アレルギーと副作用を経験していますから、そのリスクの観点から日本国内での受信を治療方針としています。
> 『滞在のしおり』は以前に画像を投稿してあるので、ご覧ください。

> 慢性疾患だと海外旅行保険も適用されませんから、万が一にも入院に至ったら、費用面でもリスクが生じます。
> 潰瘍性大腸炎の発症も新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大も、英国の大学に入ってから。「英国で生活する自己責任」と言うものの、それなら退学せよとでも仰るのでしょうかね。

> 潰瘍性大腸炎は自己免疫疾患と考えられており、食生活とは関係ないとされています。
> 他人の病気を論う態度は卑劣極まりありません。
> 潰瘍性大腸炎は自己免疫疾患と考えられており、食生活とは関係ないとされています。
> 他人の病気を論う態度は卑劣極まりありません。


> 潰瘍性大腸炎の治療で帰国しなければなりません。「一時帰国しなくても良い」と仰るなら、持病で何かあったら私の健康や生命に責任を負うのでしょうかね。

> また、他にも留学や駐在の期間の終了や、家庭の事情や仕事の都合での帰国も考えられます。「帰国を余儀なくされるケース」は多く考えられます。
> 「潰瘍性大腸炎」です。安倍晋三さんが同じ病気の患者さんとして有名ですね。
> 特に、私の場合は薬剤アレルギーや副作用で苦しめられましたから、日本での受診を治療方針としています。


IMG_8848.PNGIMG_8845.PNGIMG_8838.PNGIMG_8833.PNGIMG_8825.PNGIMG_8824.PNG


安倍元首相という「大人物」と同じ病気であることを大変自慢してるのは相変わらずですが、
日本以外にも潰瘍性大腸炎の患者はいるにもかかわらず、日本でしか治療ができず、そのために3ヶ月毎に帰国しないといけない。

普通そういう人が留学を続けるのだろうか?と思うのは自然な疑問かと思いますよ。
9月から新学期が始まったわけですが、ほとんど授業にもでず、新居を探さずにホテル住まいであまり勉強している様子は見えません。

そして何食べてもいいのだという主張も、大変奇異に感じます。世の同病の方のツイッターなどをみていると食事に制限が多く、ものすごく苦労されていることがよくわかります。
まるで堀口英利さんは「別の病気なんじゃないか」と思いたくなるのは人情というものでしょう。

まあ病状のことは本人しかわからないので他人がどうこう言う問題ではありませんが、
ただ「設定」があまりにも怪しいというそしりは免れ真名井でしょう。

また戦争学は軍事学とは違うからレーションに関しては知らないとか、意味不明のことをほざいております。レーションの話なんてのはそんなレベルの話じゃないよねえ、というのがこの道30年の防衛ジャーナリストとしての見解です。

まあ、あった人の話によると一昨年から入学するはずのキングス・カレッジ・ロンドンは休学したと聞いております。まあ普通に考えればストレスが最も悪いと言われている「難病患者」の人間が、夜はリモートの授業にでて、昼間はインターンの掛け持ちという「設定」は大変無理があるかと思います。

#堀口英利 #迷い箸おじさん #SOAS #ロンドン大学 #学習院大学
#学習院大学ヨット部 #東洋アフリカ研究学院 #キングス・カレッジ
#IFC #退学 #差別 #差別主義者 #二重基準 #Hidetoshi_H_
#安倍晋三 #安倍首相 #ホラッチョ堀口 #ホラッチョ・ホリホリ
#ホラッチョ・ホラグチ #おねだり堀ちゃん #ショーンH #ショーン・堀口
#佐村河内守 #クヒオ大佐 #ショーンK #ホラッチョ・ホルホル
#ホルホル #人種差別主義者 #レイシスト #川口浩探検隊 #狂言自殺
#虚言癖  #アパルトヘイト #人種差別  #学歴詐称 #経歴詐称
#学歴詐称おじさん
#Hidetoshi #Horiguchi #Horiguchi Hidetoshi
#Hidetoshi@Hidetoshi_UK
https://twitter.com/Hidetoshi_UK

"自称ロンドン大学卒業・英国学士様の学歴詐称おじさんこと、堀口英利さんへの公開質問状その101。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。