【追記しました】財政制度分科会(令和3年11月15日開催)防衛関連資料を読むその18人材編その2

財政制度分科会(令和3年11月15日開催)の防衛に関する資料、参考資料を解説評論していきます。今回は18回目です。

https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/20211105zaiseia.html

「資料」と「参考資料」2つがあります。まずは資料の方から見てみましょう。
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia20211115/01.pdf

人材編その2です。

柔軟かつ有効的な人材活用(P28)
01_page-0029.jpg

○ 冷戦期以降、自衛隊が確保すべき要素として、重厚長大な装備による火力や若年定年制による隊員の強靱な肉体の維持などを「精強性」と位置づけ、これに応じた部隊編成や人材確保が行われてきた。
○ 安全保障環境の変化に伴い、新領域やインテリジェンス分野など、従来にない新たな専門性を必要とする人材の確保が急務であるが、新たな人材を有効に活用するためには、その能力や素質にあわせた人材の運用が必要。
〇 新たな人材に求められる「精強性」を明確にした上で、これに対応する自衛官募集、能力・適性による配置、人事評価の在り方、一律的な定年制度の是非など、入隊から退職までをワンパッケージでリデザインすべきではないか。


陸自は大幅に削減すべきです。
師団規模の機甲部隊が本土に揚陸してくる可能性は、火星人やゴジラの襲来よりも多少高い程度です。対してサイバー攻撃は既に受けているわけです。どちらに資源をつぎ込むべきかは明らかです。
現大綱の戦車、火砲各300輌はやめて各100程度に減らすべきです。浮いた一個旅団程度の人員はサイバー、ネットワーク、無人プラットホームの要員などに回すべきです。

更に陸自の定員を減らして、海自に割愛、調達部門に振り分けるということも必要です。それに1~3万人程度減らせば人件費も浮きます。その場合一番人件費が高い将官とそのポストの削減を行うべきです。

また特殊部隊やサイバー、情報など新しい部門や部隊はOBの応援団がおりません。ですから外部の識者で第三者機関を作って組織内の政治力に左右されない、部隊再編や人員配置が必要です。

また無人機の操縦や運用は会社にして退職したパイロットや、身体障害者なども採用すべきでしょう。車椅子でも操縦はできます。そうすれば障害者の雇用先となるし、自衛隊の人員不足も補えます。

自衛官は全て野山駆け回って鉄砲撃てる元気な若者という前提を捨てて、フィジカル面は弱くても、専門分野で十分に役に立つ人材採用を模索すべきです。

更に申せば一線の戦闘部隊と、それ以外の後方部隊に分けるべきです。一線部隊は3個旅団で1個師団として、3個師団。後は後方部隊で極論すればトラックと小銃だけ。この部隊は「屯田兵」でもいいでしょう。災害派遣の主力にして普段は里山の管理や害獣駆除などを担当すればいい。あとは農繁期に隊員を派遣して一定の料金をとってもいいでしょう。
害獣駆除には狙撃やメデックの要員を一定期間配置して、技能を上げるべきです。

メデックでも本物の怪我を見る機会は多くはありません。動物といえども、怪我や内蔵の配置は人間と対して変わりません。実際に普段から死傷した生き物を見たり、解体することはメデックの教育に有用でしょう。実際の戦場で血を見ただけで失神されても困ります。





そういえば先程ランチにいっていたのですが、隣の席の二人組が、陸幕の調達で2国や4国でのサプライで高くなったアメリカの金利の負担に関してのスキームが云々とか言っていました。
会計していると「隣にいた連中はユニクロ着ているし、話はわらなねえよ」とか言っておりました。ところがわかるんだよなあ。(笑

よほど名乗り出てあげようかと思いましたが、大人なのでやめておきました。
あまり食事の場で具体的なお仕事の話をしないほうが宜しいかと。
中野でハラミステーキと牛すじシチューを食べていたあなた方。(笑

以前は四谷の駅のホームで陸幕の人間がOH-1の飛行停止に関して、ぼくの目の前で議論しておりました。
官も民も情報保全には気をつけましょう。


Japan In Depth に以下の記事を寄稿しました。
新聞が誤報する史上最大の防衛補正予算
https://japan-indepth.jp/?p=63181

"【追記しました】財政制度分科会(令和3年11月15日開催)防衛関連資料を読むその18人材編その2" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。