財政制度分科会(令和3年11月15日開催)防衛関連資料を読むその12調達改革編

財政制度分科会(令和3年11月15日開催)の防衛に関する資料、参考資料を解説評論していきます。今回は12回目です。

https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/20211105zaiseia.html

「資料」と「参考資料」2つがあります。まずは資料の方から見てみましょう。
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia20211115/01.pdf

調達改革編その5です。


根本的な原因の追究(P20)
01_page-0021.jpg
〇 防衛省は、なぜ部品レベルでのコスト管理やコスト抑制策等を講じることができないのか。
- コスト管理は、プライム企業任せ(ユニット部品の中身など、下請企業が供給する間接部品の実態把握等が不十分であり、コスト管理・検証体制が未整備)
- 装備品のライフサイクルが十分に考慮されていない部品選定・管理
- 代替性が乏しい自衛隊独自の要求(特殊な仕様・設計)
〇 最適な調達活動の前提となる部品やコスト管理の情報を詳細に把握するコストデータベースは、令和6年以降にパイロットモデルを稼働予定であり、未整備。
〇 部品を含めた装備品の設計・仕様の決定に影響する「装備体系の構想・確定段階」からの一貫した調達体制(権限と責任)が不在であり、仕様の見直し等を含めた調達改革の実効性が乏しい。


ひとことで言っちゃうと、当事者意識&能力がないからです。
だと身も蓋もないですが、大きい要素は2つあります。
まず、計画がないこと。これは毎度申し上げておりますが、何を何のために、何時までにいくつ調達して戦力化し、その総予算はいくらかという計画を公にしない。
当然国会も知らされていない。本来こんなシステム文民統制では許されません。

何時までに、調達が完了して、総経費がいくら掛かるか誰も知りません。国会が経費高騰を理由に予算を通さないこともありません。こんなものは軍の調達計画とはいいません。

供給サイドのメーカー(ベンダー含む)、商社にとっては事業計画が立てられません。こんなもの普通に考えたら商売じゃありません。コストが下がるはずがないでしょう。

もう一つの理由は、調達人員が少ないことです。欧州主要国と比べて一桁すくない。更に申せば質も低い。率直に申し上げて陸自を削減して、その人員を調達に回す。あるいは文官の防衛省職員の採用を増やす。
そして現在のような1~2年で幹部を移動させるような、間抜けな人事移動を行わない。トヨタやホンダなどの調達のエキスパートを雇用する。装備庁のトップは財務省の防衛担当主計官経験者を当てるなどすべきでしょう。
いまだに課業中にかけっことか棒きれふりましているやつがいるような胡乱な組織は定員を半分位していい。削減するなら将官、高級幹部の割合を大きくすべきです。そうすれば秘書や運転手など間接人員も削減できるし人件費が大幅に減らせます。

このページに【航空機開発のプロセスイメージ(P-1哨戒機の例)】という項目がありますが、それ以前の常識の欠如が問題です。
前回も書きましたが、米軍ですらやらない、専用の機体、エンジン、システムの開発という点で、既にアウトです。コストが高騰するのはバカが考えても分かる話です。
そして無理やり開発させるためにC-2との共同開発でコンポーネントを共用化する、開発費は両機で3400億円だ、という詐欺師みたいなことを言い出した。

 開発当時、哨戒機は過渡期でした。プラットホームに使える4発の機体、特にジェット機の旅客機は存在しない。しかもC-2との同時開発はリスクが大きいし、大型機開発の機会を先食いするので、将来の技術者の養成が難しくなる。

 であれば既存のP-3Cの近代化で乗り切るべきだ。主翼を再生産すれば機体寿命は新造機並みになる。エンジンプロペラ、グラスコクピット化すれば燃費もあがり、整備費、クルーの負担も少なくなるし速度も向上する。
 
 そして輸送機であるC-2の開発と生産にヒト・モノ・カネの資源を集中し、速いペースで調達すればコストも下がる。
 その間に米国のP-8などの開発や運用動向を見た上で、新型の哨戒機の開発を20年後ぐらいから行う。そうすれば大型機開発の経験を持った技術の維持も可能である。

ところが2機種同開発にし、おまけにUS-2の開発と重なったので、技術者が不足して全部やっつけ仕事になって、不具合が続出して、開発費、製造費が高騰しました。しかも今後大型機を作る予定もないので、せっかくの大型機開発生産のノウハウも立ち枯れです。

当然ならが開発費も調達費も予定の2倍以上になり、維持費も他国の機体の何倍も高い。

自衛隊機のコスパを検証する(前編)
https://japan-indepth.jp/?p=55801
自衛隊機のコスパを検証する(後編)
https://japan-indepth.jp/?p=55809

このような結果を招いた組織や関係者を、無能以外のどんな言葉で形容できるでしょうか。

"財政制度分科会(令和3年11月15日開催)防衛関連資料を読むその12調達改革編" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。