【水機団涙目】米海兵隊AAV7を退役に。

米海兵隊AAV7を退役に。要は装輪のACV(Amphibious Combat Vehicle)があればAAV7は要らねえよ、という話です。海兵隊はAAV7を退役させて、リファブリッシュした上で同盟国などにFMSで販売する計画です。

USMC plans AAV divestment, plots way to support vehicles sold to foreign nations

https://www.janes.com/defence-news/news-detail/usmc-plans-aav-divestment-plots-way-to-support-vehicles-sold-to-foreign-nations


>The US Marine Corps (USMC) is poised to retire its family of assault amphibious vehicles (AAVs) in the coming years, with tentative plans to sell legacy platforms to foreign nations. As it plots the vehicle divestment roadmap it is now gauging industry interest in sustaining these vehicles sold under Foreign Military Sales (FMS) deals.

JDWの紙媒体では若干長い記事になっております。



既に何度もAAV7は時代遅れだと申し上げてきました。水上移動速度があまりにも遅すぎで母船から直接発進すれば陸の陣地からいい的です。しかも昨今は対艦、対戦車兵器などが長射程化しているので、母船団は水平線の先で待機しますから、長時間のたのたと海面を這うように進みます。
装備としては完全に時代遅れです。

陸自の水陸両用装甲車、AAV7導入は裏口入学だ
https://webronza.asahi.com/politics/articles/2013122500002.html
陸上自衛隊の水陸両用車の調達先は『アメリカ製』だけが候補の「出来レース」?〜水陸両用装甲車=AAV7は導入ありきでいいのか
http://japan-indepth.jp/?p=2218
http://japan-indepth.jp/?p=2220
https://japan-indepth.jp/?p=2234
南西諸島で使えないAAV7を入れた陸幕の見識
https://agora-web.jp/archives/2039836.html
尖閣有事に水陸両用車「AAV7」は役に立たない
https://toyokeizai.net/articles/-/46957?page=2

しかも本来2年かけるはずの導入に際しての試験は半年に端折られました。その理由は「アメリカ様に言われました」が陸幕の正式回答でした。
まるで戦前のフィリピン軍みたいですね。
陸幕、防衛省は、当事者能力はありません、米帝の飼い犬ですと公言して恥じない組織です。

しかも買うならば米海兵隊からは自分たちの余剰在庫を買えば安いと言われたのに、わざわざ新品を導入しました。「おニューじゃなきゃイヤだ!」とダダをこねる子供レベルです。
中古といっても完全にファブリッシュされて、新品同様になります。それでも我慢ができなかったのでしょう。税金の私物化です。浮いたかねで予備の車体やコンポーネントを買っておけばよかった。
新品を買った割にはトラブルが多く、しかもBAEシステムズがバックレて整備に苦労しているといいます。そもそも海につけるし、荒く使う車輌なので整備の時間、コストは通常の装甲車よりも高い。

その上、52輌も買ったわけですが、それを運搬する輸送艦がない。おおすみ級3隻をフル稼働してもAAV7だけで一杯になります。他の装備、燃料食料とかどうするんでしょうかね?

そして何よりAAV7南西諸島のリーフを踏破できない。
その調査すら陸幕はしなかった。初めに導入ありで税金をドブに捨てたわけです。


ですからぼくはバイキングを推してきた。バイキングならばヘリによる懸吊空輸も可能だし、C-2で輸送も可能です。またLSTに乗せて海岸に接近すれば、AAV7よりもより早く移動が可能であり、リーフの踏破も可能です。
そして装甲車としては陸上でAAV7よりはるかに使いやすい。英海兵隊のように兵站用のソフトスキン型と組み合わせて使うこともできます。

そうでなければウィーゼルのようなヘリに空輸可能な軽量な装甲車を採用するべきだったでしょう。


要は防衛省、陸幕には先見のなく、米国の言いなりになって、米帝政府の歓心を買うために、中古ではなく、新品をかって、他の予算を圧迫して自らを弱体化させました。
陸自の予算は半部分ぐらいに減らしてもいいのではないでしょうか。

まあでも買ってしまったものですから、在庫一斉バーゲンならばこいつを買うもの手です。
どうせ稼働率が低い車体ですし、損耗もするでしょう、それに部品取りにもつかえるでしょうから、一定数買うのも手です。BAEシステムズから新品を買うより遥かに安くあがります。

Japan In Depth に以下の記事を寄稿しました。
新聞が誤報する史上最大の防衛補正予算
https://japan-indepth.jp/?p=63181

"【水機団涙目】米海兵隊AAV7を退役に。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。