財政制度分科会(令和3年11月15日開催)防衛関連資料を読むその8調達改革編

財政制度分科会(令和3年11月15日開催)の防衛に関する資料、参考資料を解説評論していきます。今回は8回目です。

https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/20211105zaiseia.html

「資料」と「参考資料」2つがあります。まずは資料の方から見てみましょう。
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia20211115/01.pdf

調達改革編そ1です。

01_page-0016.jpg
調達改革の方向性 ~本質的な課題解決アプローチの必要性~(P15)

○ 防衛省は、装備品の効率的な取得や、コスト管理の徹底等に取り組んでいるところ、平成27年の防衛装備庁発足から6年が経つ今も、多くの装備品においてコストの高止まりが発生するとともに、国内産業基盤が弱体化するなど、調達改革は未だ道半ば。
○ 昨年度の審議会では、顕在化している事象に向き合い、根本的な原因を深堀りし、本質的な課題解決へのアプローチが求められるのではないか、という観点から調達改革の方向性について指摘。本年度は、その方向性に沿い、予算執行調査等を活用し、各現象の要因について、実態を調査。


率直に申し上げて、防衛省、自衛隊にやる気はありません。現状維持が大好きで、改革する人間は左遷したり、辞めさせたりしています。以前河野太郎氏が大臣当時も具体的な名前を挙げて、なんとかしないと駄目ですよ、と申し上げましたが何も変わりませんでした。結局大臣は外部にセカンドオピニオンを取れないので、省内の背広組、制服組の「ご説明」と称されるレクチャーで防衛省、自衛隊無謬論で洗脳されます。

何度も申し上げておりますが、そもそも、装備調達に関してまともな計画がなく、計画が国会で議論されることもないことが宿痾です。つまり何を何のために、いつまでに調達・戦力化して、総額はいくらか、という計画が存在しない。
だからいつまで調達が終わるか誰もわからない。企業にしてみれば、これで事業計画が立つわけがない。こんな胡乱なことをやっているのは我が国だけです。
それを正さない限り、調達改革は画餅です。

データベースに関しても「やるやる詐欺」です。8年ぐらい前からやっているはずなのに、一向にできない。

そして更に問題は何でも不要に秘密か使いして隠すことです。例えばRWSの仰俯角みたいに中国ですら公開している情報を「手の内を知られるわけにはいきません」と公開しない。海外の軍やメーカーからしてみれば、頭がおかしいかレベルです。

外部から批判がないからいつまで経っても変わることができない。変わりたくないから、情報を公開しない。率直に申し上げて中国以下ですよ。中国は輸出に熱心ですから、そんなままごとやっていては輸出を増やせないですから、ある程度の情報公開をやるわけです。
これで中国に勝てるわけがない。

何しろ共産国よりも共産国的なシステムが温存されているので、コストが下がったり質があがるわけがありません。



"財政制度分科会(令和3年11月15日開催)防衛関連資料を読むその8調達改革編" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。