自衛隊をダダで使えるガードマン代わりにオリンピックに派遣するな。

自衛隊をダダで使えるガードマン代わりにオリンピックに派遣するな。


オリンピックに際して防衛省は約8500名の自衛官を派遣します。これに対してリベラルも保守派も感情的な応酬をしているように見えます。

隊員のオリンピック派遣の根拠は以下の法律です。


(運動競技会に対する協力)
第百条の三 防衛大臣は、関係機関から依頼があつた場合には、自衛隊の任務遂行に支障を生じない限度において、国際的若しくは全国的規模又はこれらに準ずる規模で開催される政令で定める運動競技会の運営につき、政令で定めるところにより、役務の提供その他必要な協力を行なうことができる。


これを根拠に保守派は派遣を当然と主張します。
ですが法律が示しているのは「派遣できるよ」ということであり、派遣しなければならない、というものではありません。

しかも法律は「自衛隊の任務遂行に支障を生じない限度において」とあります。
果たして今の自衛隊で可能でしょうか。
充足率が6割程度の部隊はゴロゴロしています。特に現場で働く任期制自衛官は充足率が低い状態が恒常化しています。
部隊の医官は充足率が2割強でしかなく、本来護衛艦に乗っているはずの医官はのっておらず、海外任務だけ乗り込みます。看護官も充足率が低く、自衛隊病院の夜勤を回すのが手一杯です。


このような状態で戦時あるいは、大規模な自然災害などの派遣に支障を来さないのか大変疑問です。

そもそも、不良外人興行師がやっている利権運動会に、「ただで使えるガードマン」として派遣するのは大変問題があります。本来主催者が金を出して警備会社に頼むべきものでしょう。興行師が濡れ手に粟で儲けるために自衛官を差し出すのは国辱ものです。

まあ、ロンドンオリンピックのときのようにテロ差対策で対空ミサイル部隊を展開するとかであれば仕方のない話ですが。

防衛省はできないこともできます、というのが習いグセになっています。ですから政府も国民も充足率や予算が低いなどということは考えずに何でも自衛隊に頼みます。ですが、それは自衛隊の弱体化をみずから招くものであります。

ロハで使えるガードマン代わりに自衛官を派遣すべきではありません。

ちなみにぼくが記者会見で岸大臣に質問した回答は以下の通りです。
https://kiyotani.at.webry.info/202107/article_7.html


A:
大会組織委員会から、大会運営に関する協力依頼があったことから、自衛隊法第100条の3に基づき、総勢約8500名の隊員にて協力を 行います 。
自衛隊法第100条の3に基づ く 協力における費用の負担については、自衛隊法施行令第124 条 において、隊員の給与及び糧食費、自衛隊の車両等の修理費以外 のもの は、協力を申し出た者(大会組織委員会)が負担するものとされております。
防衛省としては、隊員の給与及び糧食費、自衛隊の車両等の修理費のうち、令和3年度の予算に 大会運営に関する協力 のために必要な糧食費として、約1.4億円を計上しております。
大会組織委員会に負担頂く費用のうち、 大会運営に関する協力 に必要な備品等については 、大会組織委員会に要望 し調達していただいております。隊員の移動に伴う費用については、掛かった費用を 大会組織委員会に 支払い頂くこととしておりますが、 清算前であり、現時点ではお答えできません。なお、 大会運営に関する協力 のための特別な手当ては予定しておりません。


"自衛隊をダダで使えるガードマン代わりにオリンピックに派遣するな。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。