畜生以下のアスリートのための血税3兆円の運動会を行う必要はありや?



マスク配らずにコンドーム配布 東京五輪の対応を海外メディアが猛批判
https://news.livedoor.com/article/detail/20128511/

>海外メディアが新型コロナ禍にもかかわらず「マスクは配らないのにコンドームは大量に配る」と東京五輪の猛批判を展開している。

>カナダ紙「トロントスター」は「東京五輪ではコンドームを手に入れるのに何の問題もない。しかし、マスクは自分自身で持ってくる必要がある」と報道。同紙が問題視しているのは、国際オリンピック委員会(IOC)や大会組織委員会などが選手や関係者に新型コロナ感染防止対策として必要なルールをまとめたプレーブックだ。


>モントリオールに本拠を置くアスリートロビー活動グループ「グローバルアスリート」のロブ・ケーラー局長は「五輪に行くと、安全なセックスを確実にするために選手村には常に何千ものコンドームがある。しかし、パンデミックに関しては選手たちに医療グレードのマスクを提供するつもりはないのか。意味がない。まったくばかげている」と怒りをにじませて糾弾した。


>世界的なプロスポーツ選手組合である世界選手協会のブレンダン・シュワブ事務局長もこの方針を疑問視。「この決定は、健康プロトコルのコストを節約しようとしている。それは非常に憂慮すべきことだ。IOCのように資源のある組織が『自分自身でマスクを持参しなければならない』と言うならば、それはアスリートが持つ五輪の開催計画への自信を損なう」と非難した。


警視庁はオリンピック選手村のアスリートと称するケダモノを取締まるんだろうなあ?
https://kiyotani.at.webry.info/201809/article_5.html

オリンピック選手や関係者って2週間程度の性欲も自制できないんですかね?

このコロナ禍で不特定多数とセックスするのは感染拡大を推奨しているようなものです。
むしろセックス完全禁止にすべきでしょう。


ですが上記の報道のスポーツ関係者の批判も的外れですし、スポーツ選手が偉い貴族様かなにかと勘違いしていると思います。
「仕事」でマスクをするのは今や常識です。選手個人あるいは所属団体が用意すべきです。なんでもかんでもタダで出せ、というのは乞食根性です。しかもその原資は我々の払った税金からです。

スポーツってそんなに偉いんですか?

たかだかオリンピックという運動会のために3兆円の血税を投入するほど「大切」なものでしょうか。そんなカネがあればコロナ対策や貧困対策に使うべきです。

大体人生の最大のイベントであろうオリンピックで僅か2週間程度の禁欲もできない畜生以下の人間のクズに3兆円も税金を使うのは、ぼくは反対です。
禁欲しなくても、妊娠や病気が嫌ならば避妊用具ぐらい自分で用意すべきです。たったそれだけのことができないなら、畜生かそれ以下のレベルということです。

むしろセックス禁止にしてテンガやバイブでも選手村で売ってそのカネを国庫にいれるべきでしょう。

問題はカネだけではなく、オリンピックで多くの経済活動がダメージを受けています。


所詮オリンピックなんてものは「霊感商法」の一種です。なんの根拠も無いのに、あたかも権威があるように装い、関係者が多額カネ(その多くが税金で)をむしり取って、甘い汁を吸おうというものです。

どうしてもやりたならばプロ野球やプロレスみたいに自分たちでカネを集めて興行すればいい。たかだか運動会が「神聖」でも「人類の夢」であるはずがありません。

人様にたかるのは乞食ですが、アスリート含むスポーツ関係者は税金を盗む税金泥棒に過ぎません。


もうオリンピックなんぞという、不良外人興行師の利権運動会は禁止にすべきです。
国民の健康のためにカネを使うならば、ヨガとか太極拳とかに補助金を出すほうがよほど健全です。


"畜生以下のアスリートのための血税3兆円の運動会を行う必要はありや?" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。