堀口英利さんへの公開質問状その20長期権力者であれば昔の犯罪行為は問うべきではないのでしょうか?

堀口英利さんへの公開質問状その20
長期権力者であれば昔の犯罪行為は問うべきではないのでしょうか?

堀口英利と清谷信一の潰瘍性大腸炎等の難病を抱える者が政府首脳になることへの議論についてその5
https://togetter.com/li/1585074

公開質問状19からの続きです。


>あれだけ躍起になっていた憲法改正、北方領土、拉致といった問題を残して以上、安易に「逃げた」と結論づけるのは早計でしょう。
>いずれにしても、病気が本当なのかは本人や医師にしか分かりませ空、これ以上の言及は差し控えます。


堀口英利さんは「自分のヒーロー」である安倍晋三には大変の優しいですね。彼はまた総理を狙うとかという話もあるようです。辞任後は大変元気になられているようです。それは総理大臣の重責とストレスから離れたことかもしれません。
ですが、状況証拠「仮病」を疑う人も多いわけです。2回の辞任も潰瘍性大腸炎を理由に政権を放り出した可能性があります。特に第二次安倍政権では嘘やインチキ、不祥事が連続して政権が持たないから逃げた可能性は否定できません。

総理大臣は公人なのですから、仮病を疑われたら診断書ぐらい公開して身の潔白を晴らすべきでしょう。ですが安倍晋三はそれをやっていない。
仮に仮病で逃げたのであれば、それこそ堀口英利さんだけでなく、全ての潰瘍性大腸炎患者
や難病患者を侮辱したことになります。

ところが堀口英利はその点にホッカムリして、ぼくを堀口英利さんだけでなく、全ての潰瘍性大腸炎患者や難病患者を侮辱した差別主義者と断定して執拗に嫌がらせをしています。おかしくないですか?

堀口 >「寛解期」なら美味しいものは「なんでもござれ」ですが、
「活動期」になると本当に厄介で、考えるだけで気が遠くなる症状に襲われます。
>しかも、(一応は自己免疫疾患とされているものの)原因は不明で、自分ではなんともしようがありません。
>簡単にコントロールできたらどんなに楽なことでしょう。

>活動期は「エグい」「ヤバい」としか言い様がない症状に見舞われます。これでも私は「中等度」で、発症も今年ですから病歴も安倍さんより遥かに短いのです。
>しかも、一切のコントロールが効きません。
批判に持ち出される「健康管理」とやらでなんとかなるから、ぜひその方法を知りたいものです。


だからそのような人物は総理大臣なってはいけない、と申し上げているわけです。堀口英利さんご本人も病気をコントロールできないと認めているじゃないですか。
そのような人物に一国命運を委ねていいわけがありません。
堀口英利さんの主張は感情論でしかありません。
例えば子供もころからパイロットや電車の運転手になるのが夢という人が、心筋梗塞や重度の糖尿病、ALSになっても夢を叶えるべきでしょうか。事故がおきても本人のせいではない、被害者がすべてを受け入れるべきだ。堀口英利の主張はそういうことです。本人はいいでしょうが、被害者はたまったものではありません。

堀口 >確かに、在任中の政策や言動、その他諸々については病気や健康関係なしに、徹底的に追求と検証が成されるべきかもしれません。
>ただ、「就任した責任」については、憲政史上最長在任である以上、約8年も遡って問うのは極めて酷だとも思います。

政治は結果だと安倍晋三本人も発言していますが、堀口英利さんはそうは考えていないようです。

さて、堀口英利さん、このような話のどこがあなたと潰瘍性大腸炎患者、すべての難病患者に対する差別をすることになるのでしょうか?

"堀口英利さんへの公開質問状その20長期権力者であれば昔の犯罪行為は問うべきではないのでしょうか?" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。