堀口英利さんによる陰湿な口封じ = ツイッターアカウント凍結。

堀口英利さんはぼくから誹謗中傷を受け続けたと主張しております。

ですがこれは事実ではなく、安倍晋三に対する批判を自分に対する誹謗中傷と歪曲して信じ込んでいるようです。

そして堀口英利さんはツイッターでぼくのアカウントを凍結するように呼びかけました。

IMG_7451.PNG
ぼくが行なっている堀口英利さんに対する公開質問状に脅威を感じているからでしょう。そのための「口封じ」でしょう。

事実堀口英利さんの質問状に対する声明はまともに質問には答えて誤魔化しているものばかりです。つまり堀口英利さんにとっては答えられない「不都合な真実」なのでしょう。その「不都合な真実」を封殺するためのブロックや凍結を呼びかけたのでしょう。

よほど指摘されると都合の悪いことが多いのでしょう。事実無根であれば放置しておけば宜しいでしょう。

都合の悪い信実を暴かれる、あるいは批判されるのが嫌だから口封じをするというのであれば、堀口英利さんは中国とか北朝鮮に
移住された方が宜しいのではないでしょうか。

ぼくは堀口英利さんの主張がどんなに名誉毀損でも奇異でも凍結を呼びかけたりしていませんけどね。
こういうところに人間性がでるのでしょう。

何をそんなに怖がっているのでしょうか?

読者の皆様におかれては是非堀口英利さんに対するブログや記事のSNSでの拡散をおねがいします。

"堀口英利さんによる陰湿な口封じ = ツイッターアカウント凍結。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。