IAIがATVメーカーを買収。

5月20日付けのJane’s Defence Weekly によるとイスラエルのIAIは、ATV、Zファミリーの製造権を買い取る計画のようです。

最近川重もやっと自社のATVの軍用目覚めてきましたが、民間用を軍用にするためのノウハウがありません。でればIAIのように専業メーカーを買い取るが、提携をするべきだと思います。
提携するならば個人的には英国のジャンケル社あたりがよろしいかと思います。同社は、試作は英国、生産はヨルダンのKADDBとの合弁で、ヨルダンで行っています。同社はこのため中東に拠点があって製造コストも安い、という強みがあります。

すでに川重のバイクは世界の軍警察で相当使用されています。「汎用車輌」を売るのだからあまり世論からも叩かれないでしょう。何よりすでにセールスとアフターサービス網が世界にあるわけです。またC-2やP-1といった航空機を売るより遥かに容易です。

最近は偵察目的でATVに電動バイクを搭載する提案が増えています。電動バイクは静粛がメリットですが航続距離が短い。
これを補うためです。またバイク用のガソリン燃料が必要なくなるという兵站上のメリットもあります。
またバイクと味方部隊への無線の中継も期待できます。

ATVに合わせてマイクロUAV(無人機)やマイクロUGV(無人車輌)を搭載すればISR能力は更に上がるでしょう。

陸自ではバイクの充足率もかなり引く状態が続いてきました。それが近年改善されたかどうか不明です。
とてもATVを導入できる環境ではないかもしれません。

ですがATVの導入は世界の軍隊の趨勢です。きちんと海外の動向を調べるべきです。



Japan in Depthに以下の記事を寄稿しました。
 
陸自新小銃に多くの課題
https://japan-indepth.jp/?p=52127

防衛省、陸自の新小銃と新拳銃公開
https://japan-indepth.jp/?p=52014

19式自走榴弾砲を安価に調達する方法
https://japan-indepth.jp/?p=51931

日本に最先端戦闘機開発の能力無し
https://japan-indepth.jp/?p=51870


防衛大臣囲み取材は「三密」
https://japan-indepth.jp/?p=51726

European Security & Defence に以下の記事を寄稿しました。
https://euro-sd.com/2020/04/articles/exclusive/17070/bulldozer-contract-win-for-hitachi/


東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

培養肉がこの先「有望」な食材になりうる事情
環境負荷や食料自給の観点からも期待集まる
https://toyokeizai.net/articles/-/342551

防衛記者クラブの「台所事情」何とも厳しい実態
不要不急の支出、財政破綻の危機を迎えていた
https://toyokeizai.net/articles/-/343696


"IAIがATVメーカーを買収。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。