安倍政権の本質はゾンビである。


12月ロイター企業調査:次期首相候補、石破氏支持が躍進
https://jp.reuters.com/article/japan-coprpsurvey-politics-idJPKBN1YA05X

>「2選までというルールをあえて変えて3選したのでここまで。絶対的な権力は腐敗する」(化学)、「すでに腐敗が顕在化している」(食品)との意見も数多く寄せられた。

>一方、任期満了前の退陣を求める企業も25%あり、長期政権の弊害として「ごまかしや隠ぺいが目に余る」(サービス)といった指摘が多数あった。

>政策面についても「アベノミクスは失敗。日銀のマイナス金利政策ではインフレ率2%を達成できなかった」(卸売)など、経済政策への期待が外れたとの回答もあった。


何を今更の話です。そんなことは就任前からわかっていた話だし、あなた方大企業は安倍政権を支持してきたでしょうに。


率直に申し上げるならば安倍政権の本質はゾンビです。いくら銃弾を打ち込まれても、切りつけられて死なない。はじめから死んで、腐敗しきっているんですから。そら、死にませんわな。

これが人間であれば指を落とされただけでも大騒ぎでしょう。
昭和の時代であれば宇野宗佑なんて「これでどや」と芸者に愛人になれと持ちかけた話が暴露されて退陣に追い込まれました。
これが昭和の時代であればモリカケ問題や陸自の日報問題、統計の操作、桜を見る会、閣僚の問題発言などで第二次安倍政権は10回ぐらい総辞職しているでしょう。

人間ではなくゾンビを抹殺するには脳を破壊するか、頭を切り落とすしかないが、そのような決定打がない。

アベノミクスにしても円安誘導と株と不動産に公金打ち込んで官製相場で嵩上げして、儲かったのは外人投資家と大企業、しかも大企業は実力で儲かったわけではないので全部内部留保で溜め込んだ。
多くの国民は給料が上がらず、円安で物価があがり、更に国の借金の増大で社会保障費の負担も増やされて、可処分所得が減っている。しかも将来の年金も不安なので消費を控えています。これで景気が良くなるはずがない。

ところが憲政最長の政権になってしまった。
原因は日本人の劣化による民度の低下でしょう。貧すれば鈍する、です。昭和の日本人なならば安倍政権は3年と持たなかったでしょう。
民主党政権よりましとか、他に人材いないとか言う人がいますが、民主党政権時代にはリーマンショック、東日本大震災がありました。安倍政権そんな災難はなかったのに国民の生活は「悪夢のような民主党政権」時代よりも確実に悪くなっている。

外交の安倍といっても外国に気前よく金(国債が原資)をばらまいてきただけで、
アメリカに対しては不要で高額な兵器を買って貢ぎ、ロシアには北方領土は日本固有の領土ということも言えなくなった。

アメリカに防衛費を貢いで、その分自衛隊の戦力は落ち込んでいます。

安倍以外に人材がいないならば、ジンバブエ化するしかないでしょう。石破氏やその他多くの人材が自民党内にいます。個人崇拝する人間が増えたのも日本人の劣化でしょう。

官僚も人事権を抑えられて逆らえない。マスメディアも許認可権と減税措置で首根っこを抑えられて政権批判もできない。


かつては1億総中流と言われた我が国ですが、今や日本人は自信を失って、ラストベルトのホワイトトラッシュのように、唯一の心の拠り所は自分が日本人ということだけで、周辺諸国の悪口をいって、自分のプライドを守るのが精一杯という下劣な人間が増えてしまった。彼が安倍政権を支えている。

次の総理が誰になるかはわかりませんが、まずは役人人事の一元管理を一旦止めて、記者クラブを解体して、報道がまともに政権のチェックができるようにすべきです。

"安倍政権の本質はゾンビである。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。