表現の自由とは匿名に隠れて誹謗中傷するにあらず。








ツイッターでぼくのツィートに対する #JSF 君のツィートです。

正直いって味噌汁で顔洗って出直してこい、という話です。

ぼくが指摘しているのは稼働率の話をしているのに、パーツや整備費の不足、あるいは破損した装備の補充がなされていない、という当たり前のことに触れていなことを指摘しただけです。そして、稼働率を語るのにそれを知らないという自衛官がいるのか?という疑問です。

これがなんで「侮辱」なんでしょうか。事実を指摘することが「侮辱」なんでしょうか。

過去ぼくは彼らからデマや嘘を元にした誹謗中傷を多々受けてきましたが、それらついて謝罪を受けたことは、いっさいありません。


そもそも #JSF 君と会話したこともありません。


自分たちは匿名に隠れて安全なところから捏造を元に他者を誹謗中傷する権利と、自分たちが事実を突きつけられて、反論されない権利があるとでもいうのでしょうか。

難病で死んだら一切の訴追を免れるのでしょうか。
そうであればルーズベルトやチャーチルだって一切批判が許されないという理屈になります。

プロであれ #JSF 君のようなアマチュアであれ、持論を公にすれば批判されること当たり前です。それが嫌なら書かなければいい。まして通称髭大尉が本物の現職自衛官であったなら、その公務員としてその言動について責任があるはずです。

テメエは嘘をついてまで他人を誹謗中傷する権利があるが、他人からの一切の批判は免れたいというは随分と虫のいい話ですが、世間では通用しません。


自分の所業を棚に上げて、事実を指摘した人間を避難するのはお門違いもいいところです。
恥を知らない人間というのはこういうものでしょうがね。


"表現の自由とは匿名に隠れて誹謗中傷するにあらず。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント