和田政宗に議員の資格やありや?

最近何かと話題の和田正宗議員がジャーナリストにつきまとわれ、嫌がらせを受けたとブログでのべて、それが
ブロゴスにも転載されています。


昨日フリージャーナリストを名乗る人物に執拗につきまとわれる

http://blogos.com/article/286282/

>昨日、横田一というフリージャーナリストを名乗る人物に、ホテル内で約500mにわたり大声を浴びせられながらつきまとわれ、何かされるのではないかと恐怖を感じた。

>「昭恵夫人と夫人付の谷氏と和田が一緒に写っている写真を出すぞ」と脅す口調で言われたが、防潮堤見直し活動の時に一緒に撮ったか写り込んでいるものなので「別にどうぞ」と言った。

>警察に通報しようかと思うような状態で、しかもホテルの中でたくさんのお客さんが周りにいた。

>ホテルの玄関を出たところで話しかけられたわけではない。

>ホテルの中をずっとつきまとわれた。


和田政宗議員のこのブログをそのまま信用することはできません。まあ、ぼくらジャーナリストは疑うことが商売なので、この怪しげな主張を鵜呑みにして、横田氏を非難することは大変危険だと思います。
まあ、和田政宗議員ももとは「皆様のNHK」の記者だということで、それはご理解いただけるのではありませんかね?
嫌違う、オレを100パーセント信じろ、とか取材相手を完全に信じるのがジャーナリストだと仰有るのであればNHKでは受信料で無駄飯くっていたことになります。

この文章を読み限り、和田政宗議員が印象操作のために横田一氏の行為を針小棒大に書いている疑いがあります。


ホテルの中で大声を出し続けて、500メートルもつきまとえば、常識的に考えれば警備員なり、従業員なりがすっ飛んでくるでしょう。なんで延々とそれが続いたのか。

また「身の危険」を感じたのであれば、即座にホテルや警察に電話すればいいわけでしょう。
仮に横田氏の行為がグレーゾーンであっても、今後の牽制にもなるでしょう。

そんな知恵がはたらかず、ただひたすらガクガク、ブルブル震えて思考停止に陥っていたのでしょうか。

国会では議員バッジをかさにきて、官僚にパワハラまがいの罵声を浴びせ、身内の麻生大臣からも軽蔑され、初発言は削除になるほどひどい物だったわけです。
そういう強気の人物にしては随分と弱きで、チキンホークと揶揄されても仕方がないでしょう。



天下のNHKの記者を経て、国会議員にまでなった方ににしては危機管理能力が欠けています。
これでは記者としても議員としても胆力も危機管理能力が欠如しており、資格に欠けると言わざるを得ません。


>「昭恵夫人と夫人付の谷氏と和田が一緒に写っている写真を出すぞ」と脅す口調で言われた

これも面妖な話です。既にこの写真は今週発売のFLASHに既に掲載されており、25日では写真を公開するぞと、脅すことはナンセンスです。

これらのことから、このブログの内容は虚偽である可能性が極めて高いと言わざるをえません。
またご自身が元「ジャーナリスト」ならば5W1Hが重要であることはご理解していると思いますが、なんでホテル名を出さないのか?そのような状態をホテルが放置していたのであれば、ホテルの危機管理能力の欠如です。
ホテルに取材されて、ご自身の主張が覆されることを恐れたのではないか、と疑われても仕方ないでしょう。


和田政宗議員は同様の内容をツイッターでも発信しています。










対して横田氏は和田政宗議員の主張は虚偽である、こちらには録音があると反論しています。








既に昨年公開した写真を「公開」するとぞと脅す人がいるんでしょうかね?









このやりとりから、和田政宗議員は横田氏を以前から知っており、ジャーナリストと認識していることが分かります。
ところがブログをよむと、あたかも見知らぬ人間のような「印象」を受けます。本人にその気があるかないかは別にして。


















仮に和田政宗議員がフリーランスのジャーナリストは「ジャーナリスト」では無いという認識であれば、それは国会議員として大変問題かと思います。












>ホテル内のつきまとい方は異常。その状況を見ている知人も。横田氏は録音を全編公開したらどうか。異常さがわかるhttps://

異常なのは国会で、官僚に何の証拠もないのに、アベノミクスに弓引くのかと、罵倒する政治家センセイの方が余程異常かと思われます。
国会議員以前に社会人としての常識機を疑われて然るべきです。


さて皆さん、どちらの言い分を信じますか。

このような人物を自民党に招き入れ、猫かわいがりしているのが安倍晋三首相であります。























"和田政宗に議員の資格やありや?" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント