アメリカのシリア空爆に「正義」があるか?そもそも謀略じゃ?

アメリカのシリア空爆は合法か
http://blogos.com/article/217428/

>今回のアメリカの空爆は、安保理決議に基づいた介入ではなく、反対勢力はこれを国際法上違法との見方をしている。アサド政権を支えるロシアは、「侵略行為」とまで述べ批判している。他方、日本を含めた西側諸国は概ねこれを政治的に支持している。支持している根拠は何かというと、化学兵器使用が人道的違反行為に当たるという見方である。また、シリアが批准した化学兵器禁止条約に自ら違反したことになる。

>安保理の支持を得ないで単独の軍事行動に出た場合は、個別的、集団的自衛権の行使以外では国際法上違法ということになる。

>しかし、これまでに、安保理を通じないで人道的介入が正当化されたことがある。それは、1999年に起きたコソボ紛争での旧ユーゴスラビア(現セルビア)によるアルバニア系コソボ人の弾圧に対する北大西洋条約機構(NATO)の対ユーゴ空爆だった。



そもそも、シリア軍による化学兵器使用の事実があったか、現状怪しいとしかいえません。それをろくなインテリジェンスもない我が国が米国に盲従していいんですかね(ああ、インテリジェンスって、知性という意味もありましたね。そちらもないですよね)。

そもそもアメリカの軍事攻撃の「正当性」とか「正義」って、まずはインチキで疑われるべきでしょう。
近くは湾岸戦争でPR会社のインチキPRまで使って世論操作をして開戦。イラク戦争も、サダムフセインがビン・ラディンとつるんでいるという与太話をでっち上げて、開戦しました。


結果膨大な戦費を使って国力を疲弊させ、現地で多数の民間人を殺害し、大きな恨みを買いました。これに同盟国まで巻き込みました。

そして、中東の不安定化を招いて、あげくテロやISのような組織まで育ててしまったわけです。
ブッシュJr含めて戦争犯罪人で吊すべき連中は決して少なくないでしょう。

その反省が全くない。


古くはベトナム戦争、米西戦争やらハワイ併合などでもでっち上げて「正義」の戦争や戦闘を始めました。

上記のコソボの話でも、人でなしはセルビアだけではなくて、むしろコソボの方が悪党だったけど、セルビアだけ悪者にしてたこ殴りしてでしょう。ウクライナも同じです、前政権から軍事力で権力を奪取した現政権だって目くそ鼻くそを笑う程度のクズなゴロツキにしか過ぎません。それを「正義」だと支持したわけです。


こういう「実績」を見ていると、アメリカの「正義」や「正当性」って疑いたくなるのが人情というものでしょう。

ましてやトランプ大統領の場合、内政の失策が重なっており、有権者を騙すために「マッチョな大統領」を演出するため攻撃を決意した可能性も否定できないでしょう。
これは無能な独裁者の常套手段ですけどもね。フォークランド戦争もそんな感じで始まったと記憶しておりますが。

そもそもアメリカはどんな悪事を働こうと、勝てば官軍、相手が墓に入れば文句はいえない、というあまりお上品ではない性根で戦争や外交やっています。


歴史的な事実を鑑みて、アメリカが武力行使を行うときは、その「正当性」「正義」をまずは疑うのがリテラシーというものでしょう。悲しいことに我が国の総理にその資質が欠けているように思えますが。











"アメリカのシリア空爆に「正義」があるか?そもそも謀略じゃ?" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント