日本大好き、愛国書籍ばかりを読む危うさ

 近年日本はこんなに素晴らしい、外国はこんな日本を褒めている、評価している的な本が売れています。
 
 まあ、日本人に生まれて自分の国を誇りに思うことは普通ですし、ぼくも外国に行けば祖国の良さを毎度のように実感します。また我が国が近代の世界史においても、大きな役割を果たしたことも事実です。

 ですが、このような本が多く出る背景には日本人の自信喪失があるのではないでしょうか。
昔は日本ダメ的な本が売れたものです(それがいいとは全く思いませんが)。
 自分に自身がない、報われない、仕事もないし、異性にも持てない、生きていてなにもいいことがない。だから日本人であることにレーゾン・デートルを求めようとしているのではないでしょうか。そのような人達が増えているように思えます。

 ある意味欧米のプアホワイト(貧乏白人)と同じです。自分自身に誇れるものが無いから自分はアメリカ人とか、英国人だというところに心の拠り所を求めてしまう。
 これも一億総中流幻想がなくなってしまったからでしょうか。

 この手の本の中には意図的にチープな愛国心を煽るものもあります。
 その方が売れるようです。

 この手の本ばかり読んでいると、日本絶対主義者になってしまうのではないでしょうか。日本は常に正しい、悪いのは外国だと。日本=自分は被害者だと。

 また日本画多少外国で評価されたことを針小棒大に信じてしまう。例えばフランスのインテリはみんな漫画を読んでいるとか。
 つまり過剰に自分の国を評価してしまうわけです。

 それで日本を批判している(と自分が思った)と思われる人に対して、相手の言い分を聞く耳を持たず、ひたすら攻撃、誹謗する。
 そのような姿勢は日本人として決して褒められたものではないと思うのですけども、ネットの上には多いように思えます。 

 えてしてこの手の人達は外国人と直接話しをしたり、議論をせず(あるいはできず)に国内で外国の悪口をいうだけ、内弁慶です。俺たち日本人は凄ぇーよなあ、と盛り上がるわけです。 そのような人達が外国に対して我が国の国益を守るような主張や交渉ができるでしょうか。

 最近話題になったアングレームの国際マンガ展に韓国に対抗して展示を行おうとしたグループもその類ではないでしょうか。

 軍事の世界でも同じようなことが起こっています。防衛省や自衛隊は常に正しい、みたいな主張をする人達も同類なのではないでしょうか。
 すべてが正しい組織なんぞはこの世の中に存在しないんですけども、とにかく当局=日本=政府は正しい。それを批判するのは非国民だと。

 それで「不都合な真実」には目をつぶり、ひたすら「ニッポン偉い、凄い」という情報だけを漁ってしまう。そして自分と異なる意見の人間を非国民、国賊と罵るわけです。あまり品性宜しいとは言えないでしょう。


 かつての我が国のインテリ層のように、日本はダメだ、欧米を見習えというのもナイーブですが、日本礼賛もそれと同じくくらいナイーブです。

 ご自分が日本人として誇れることをどれだけしたことがあるのか、胸に手を当ててみるべきだと思います。もっともこの手の人達はそんなことをしないから先鋭的になっているのでしょうけど。
 ネットで他者を誹謗中傷してカタルシスを得ることは愛国的行為ではないでしょう。
 まあ、中国や韓国ではそうらしいですけども。

 この手の底の浅い愛国者は、実は国益を害するのですが、彼らにはそのような自覚はないでしょう。われこそは真の愛国者だと思っていることでしょう。
 国益の一番の敵は無能な味方です。

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しています。

国産機銃は廃止すべきだ(上)――製品不良で多くの自衛隊員が死傷する
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014012700004.html
国産機銃は廃止すべきだ(下)――小火器メーカーの再編を
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014012700005.html?iref=webronza

オスプレイはいっそのこと、政府専用機に
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014011600005.html
陸自向けのオスプレイ導入は「裏口入学」だ
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014011500004.html
陸自の水陸両用装甲車、AAV7導入は裏口入学だ
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013122500002.html
日経が伝えないトルコとの戦車エンジン共同開発の真実(上)――トルコの狙いは何か?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013112500006.html
日経が伝えないトルコとの戦車エンジン共同開発の真実(下)――日本がパートナーを組むべき国はどこか?
アベノミクスで食材偽装が増える?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013111100009.html
機動戦闘車は必要か(上)――島嶼防衛にもゲリラ・コマンドウ対処にも不向き
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013103100010.html?iref=webronza
機動戦闘車は必要か(中)――脆弱な防御力
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013110100004.html?iref=webronza
機動戦闘車は必要か(下)――高いコスト
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013110700008.html

新しいウェブニュースサイト、NEXT MADIA Japan In-Depthに寄稿しております
まともな評価もしないでオスプレイ導入を政治決定した安倍政権〜兵器は子供の玩具ではない①
http://japan-indepth.jp/?p=2962
まともな評価もしないでオスプレイ導入を政治決定した安倍政権〜兵器は子供の玩具ではない②
http://japan-indepth.jp/?p=2967
安倍政権は軍拡?! 右派?!〜その実態は多額の税金をアメリカに貢ぎ、自衛隊を弱体化させている事実に警鐘①
http://japan-indepth.jp/?p=2899
安倍政権は軍拡?! 右派?!〜その実態は多額の税金をアメリカに貢ぎ、自衛隊を弱体化させている事実に警鐘②
http://japan-indepth.jp/?p=2902

陸上自衛隊の水陸両用車の調達先は『アメリカ製』だけが候補の「出来レース」?〜水陸両用装甲車=AAV7は導入ありきでいいのか①
http://japan-indepth.jp/?p=2220
陸上自衛隊の水陸両用車の調達先は『アメリカ製』だけが候補の「出来レース」?〜水陸両用装甲車=AAV7は導入ありきでいいのか②
http://japan-indepth.jp/?p=2220
陸上自衛隊の水陸両用車の調達先は『アメリカ製』だけが候補の「出来レース」?〜水陸両用装甲車=AAV7は導入ありきでいいのか③
http://japan-indepth.jp/?p=2234
安倍政権の安全保障軽視が露呈!やっつけ仕事の国防計画?〜安倍首相はまともに安全保障を考えていない
http://japan-indepth.jp/?p=1956
これではまるで中国政府の記者会見だ!」〜情報発信強化を謳いながら、安全保障報道で外国メディアを差別する安倍政権



真・大東亜戦争 1
アドレナライズ
2013-02-01
林 信吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 真・大東亜戦争 1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


林信吾との共著、真・大東亜戦争全17巻です

"日本大好き、愛国書籍ばかりを読む危うさ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント