オスプレイは何で護衛するのかね?

オスプレイ17機配備、無人偵察機も…中期防http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20131213-OYT1T01569.htm?from=ylist

 オスプレイは陸自用で、第一ヘリ団に集中配備という説が有力らしいです。我が国の生産参加も水面下では動いているようです。

 ですが、予算はどうなるんでしょうかね。
 陸幕はオスプレイの単価を約120億円と見積もっており、17機ならば2040億円。5年で割ると年408億円です。陸自のヘリ予算が概ね350億円です。どこからその他ヘリを調達する予算を捻出するのでしょうか。次期中期防ではUH-Xの調達も開始されるはずですが。

 しかもオスプレイの整備費・運用コストはヘリよりも随分と高いはずです。オスプレイの調達及び運用費で陸自は首が回らなくなる可能性があります。
 
 前にも書きましたが、そもそも来年度で調査費を計上しているのに、調査もせずに調達を決定するのは入学試験を受ける前に、その受験生の合格を決定するようなものです。
 
 もしも必要な手順を端折って政治が採用を強要するのであれば、問題が起きたら誰が責任をとるんでしょうかね?
 安部首相ですか?

 さて、オスプレイの編隊を何で護衛するんでしょうかね。ジェット戦闘機では速度が早すぎ、攻撃ヘリでは速度が遅すぎます。先んじての上陸地の制圧も誰が担当するのでしょうか。恐らくは該当空域でランデブーして空自のジェット戦闘機や陸自の攻撃ヘリでエスコートするんでしょうけど、ちゃんと計画したんですかね。恐らくは何もやっていないでしょう。何しろ調査費がつくのが来年度予算からですから。
 ホント、未だに買い物官庁です。

 こういう目的でもターボプロップのCOIN機は便利な存在ではないでしょうか。

COIN機を中国UAV対策に。
http://kiyotani.at.webry.info/201312/article_9.html

 別ネタ
「あちらにはスパークリングでいい」 食材偽装・高級ホテルは客を“選別”
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131215-00000518-san-soci 
関係者が打ち明ける。「シャンパンの注文を受けても、客を見てスパークリングワインを出すよう、マネジャーから指示された。グラスに入れて持っていけば、どうせお客さんも分からないと…」。
価格差は歴然で、同国産の一般的なスパークリングワインが1本千円程度なのに対し、シャンパンは数千~数十万円もする。


 フランス製のスパークリングワインの平均が千円程度ということはないでしょう。スペイン産や南ア産なら別でしょうが。この記者はシャンパンとか飲んだことないんでしょうね。であれば取材をきちんと行うべきなんですが。
 まあ、こんなことする店はヤッすいスパークリングワインを出しているんでしょうけど。
 シャンパンやスパークリングワインは食前酒にいいんですけど、酔うんですよね。フランス人は恐ろしいことにケーキを喰いながらシャンパンを飲んだりしますが、奇習としか思えません。



真・大東亜戦争 1
アドレナライズ
2013-02-01
林 信吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 真・大東亜戦争 1 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


林信吾との共著、真・大東亜戦争キンドル版1巻が現在49円とお得になっております。全17巻です


新しいウェブニュースサイト、NEXT MADIA Japan In-Depthに寄稿しております
これではまるで中国政府の記者会見だ!」〜情報発信強化を謳いながら、安全保障報道で外国メディアを差別する安倍政権
http://japan-indepth.jp/?p=1939
低性能でも価格は数倍から10倍の国産小火器〜住友重機が防衛省に納入していた機関銃データの改竄も露呈
http://japan-indepth.jp/?p=1930

夢想的な平和主義者ではなかったネルソン・マンデラ〜武装組織への上手な処遇が生んだ安定政権
http://japan-indepth.jp/?p=1900
「軍事産業は国の財産」と演説した現実的政治家ネルソン・マンデラの死と「最後の未開拓巨大市場」南アフリカの現在
http://japan-indepth.jp/?p=1919
民主主義・法治の危機〜国家安全保障会議(日本版NSC)と特定機密保護法は警察官僚に支配される(1/2)
http://japan-indepth.jp/?p=1821
民主主義・法治の危機〜国家安全保障会議(日本版NSC)と特定機密保護法は警察官僚に支配される(2/2)
http://japan-indepth.jp/?p=1824

防衛省・技術研究本部に実戦的な装備は開発できるのか①〜リモート・ウェポン・ステーションとは何か?
http://japan-indepth.jp/?p=1703
防衛省・技術研究本部に実戦的な装備は開発できるのか②〜必要な調達をする気のない自衛隊と必要ない装備を技術実証する技術研究本部の悪すぎる連携
http://japan-indepth.jp/?p=1720

防衛省・技術研究本部の海外視察費はわずか92万円〜写真やカタログだけで十分な開発ができるのか?(1/2)
http://japan-indepth.jp/?p=1750
防衛省・技術研究本部の海外視察費はわずか92万円〜写真やカタログだけで十分な開発ができるのか?(2/2)
http://japan-indepth.jp/?p=1758
[仏パリ“ミリポール”リポート]防衛産業の輸出を阻害しているのは防衛産業を擁する大企業トップの無知蒙昧と保身
http://japan-indepth.jp/?p=1508

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しています。
日経が伝えないトルコとの戦車エンジン共同開発の真実(上)――トルコの狙いは何か?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013112500006.html
日経が伝えないトルコとの戦車エンジン共同開発の真実(下)――日本がパートナーを組むべき国はどこか?


アベノミクスで食材偽装が増える?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013111100009.html


機動戦闘車は必要か(上)――島嶼防衛にもゲリラ・コマンドウ対処にも不向き
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013103100010.html?iref=webronza
機動戦闘車は必要か(中)――脆弱な防御力
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2013110100004.html?iref=webronza


"オスプレイは何で護衛するのかね?" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント