南アフリカの兵器見本市AAD2010  中国企業のプレゼンス

 南アフリカの兵器見本市AAD2010では中国企業の出展数が過去最大でした。
 今回は常連のノリンコは初めて装甲車の実車を持ち込んだりしていました。現在アフリカ市場では低価格に強い中国がプレゼンスを高めています。
 値段が安いだけではなく、それなりに高度なネットワーク関連の電子装備などでも近代的な装備も増えているので、ロシアや中国の市場を喰っている感じです。
 対してインドも低価格とインド商人のコネクションを使ってアフリカ市場に参入しています。

 わが国は武器輸出ができませんが、中国のアフリカへの武器輸出の実態は安全保障上把握しておく必要があります。中国の経済援助や進出は武器なども含んでいるし、これらの中国兵器が紛争で使用されるからです。
 また中国の兵器の実態の把握は国防上も重要です。

 ぼくは90年代初頭から、中国のアフリカ進出に警鐘を鳴らしてきました。中国がレアメタルやレアアースの主要産出国であり、アフリカのレアメタルやレアアースの産出国を傘下に抑えて、これらの資源を管理しはじめたら先進諸国にとって悪夢だからです。実際に90年代末ぐらいから中国のアフリカでの資源外交はかなり活発化してきました。

 また今回の尖閣諸島の問題でも中国はレアアースの禁輸を持ち出してきました。


 ところがわが国のアフリカでの情報収集体制はいまだに脆弱です。
 
 アフリカでの情報収集を強化すべきです。特に南アは重要です。
 アフリカ、特にサブサハラの情報はプレトリアに集まってきます。ビジネス情報はヨハネスブルグ郊外のビジネスセンター、サントンに集まってきます。

 ところがジェトロや外務省の情報収集のための人員をほとんどおいていない。しかも防衛駐在官はアフリカ大陸にカイロとスーダンに一人ずつに過ぎません。
 今後PKOなど自衛隊の海外任務ではおそらくアフリカが舞台になるはずです。ですからそのためにもアフリカの軍事はもちろん、経済・外交・政治的な情報収集が不可欠です。

 せめて、このような見本市やコンファレンスなどに制服組をおくるなどして、軍事的なプレゼンスを示すべきです。軍事と政治・経済・外交を切りはなして考える稀有な国はアフリカには存在しません。


 
画像



画像


画像



画像


画像


画像


画像

例によって人民解放軍デリゲーションは大人数。今回初めて韓国海軍の将校を見ました。もしかすると韓国は駐在武官を増やしたのかもしれません。


 

"南アフリカの兵器見本市AAD2010  中国企業のプレゼンス" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント