東京都による思想検閲、警察利権、東京都「青少年健全育成条例改正」でマンガ、アニメが全滅する

 この条例改正案が通ると日本のオタク文化は絶滅します。

 どういうものかというと、「非実在青少年」即ちアニメ、小説、ゲームいかなる18歳以下の架空のキャラクターの性的な描写を制限するものです。
 
 制作側が18歳以上と設定していても、当局が主観的に「18歳以下」と判断すれば「違法になります。


改正案第7条の二項には以下のようにあります。
二 年齢又は服装、所持品、学年、背景その他の人の年齢を想起させる事項の表示又は音声による描写から十八歳未満として表現されていると認識されるもの(以下「非実在青少年」という。)を相手方とする又は非実在青少年による性交類似行為に係る非実在青少年の姿態を視覚により認識することができる方法でみだりに性的対象として肯定的に描写することにより、青少年の性に関する健全な判断能力の形成を阻害し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの
 つまり、30歳の設定の女性のキャラクターでも都が「声優の声が幼い」と判断すればそのアニメはアウト、ということです。

 またこれは製作・販売側だけでなく、単純所持も「違法」となります。
 しかも非実在青少年を含む、児童ポルノの根絶に向けて努力し、都に協力するのが「都民の義務」と規定されています。

 このブログでも何度か書いていますが、児童ポルノの問題はビデオなどに出演させられている、実在する児童を保護するべきものであるべきです。 実在しない、架空のキャラクターを規制することが、彼らの保護にはなりません。単なる思想統制です。

 例えば当局のさじ加減で、「キスシーン」ですらNG、ということも考えられます。ちんちん出している「クレヨンしんちゃん」も発売禁止でしょう。

 都は結婚するのは一八歳以上、それまでは「清い交際」を貫き、手も握るなという「道徳」を都民に押しつけることになります。

 経済的にも深刻な問題がでます。出版社、映像会社、印刷会社などの多くが東京に集中しています。ですからこの条例改正案が通れば多くの関連企業が業績が悪化法人税の減少は勿論、失業者が大量にでます。秋葉原や中野も賑わいを失うでしょう。
 単に東京ローカルだけの問題ではなく、日本全土に対する「思想統制」となります。 

 プロだけではなく、同人誌なども規制されます。当然同人誌即売会なども当然東京で開催されなくなります。同人誌の印刷で喰っている小さな印刷所もバタバタとつぶれるでしょう。

 この改正案を提出したのは「東京都青少年問題協議会」です。この団体は児童ポルノ法改正によるアニメ・漫画・ゲームの規制を強く主張している警察関係団体幹部、キリスト教団体顧問、大学教授、PTA会長などから構成されています。つまり警察の利権のタネにしようというのがミエミエです。
 拙著「専守防衛──日本を支配する幻想」でも書いておりますが、この国は事実上警察官僚が支配しております。

 この団体の都条例改正案の議論では、「オタクは認知障害者」など数多くの差別発言と暴言が飛び交っていたそうです。

 この改正案が通った暁には我が国は戦前のナチス・ドイツの時代のようなさぞや「健全な文化」の国となるでしょう。


 東京都青少年保護条例改正案の審議は東京都議会の総務委員会に付託して、18日より審議開始となります。

 この条例改正が通るととんでも無いこととになります。
 是非多くの方々に東京都議に対するメールあるいは手紙(ファックスはNG)で是非抗議の意思を示してください。自民党と公明党の国会議員にも同様に働きかけを行いましょう。



 詳しくは以下のサイトで。

 東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト
 http://mitb.bufsiz.jp/
 
 無名の一知財政策ウォッチャーの独言
 (番外その22:東京都青少年保護条例改正案全文の転載)
 http://fr-toen.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-cbc1.html






防衛破綻―「ガラパゴス化」する自衛隊装備 (中公新書ラクレ)
中央公論新社
清谷 信一

ユーザレビュー:
FXを巡る議論につい ...
間違いだらけの兵器選 ...
問題だらけの自衛隊装 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


"東京都による思想検閲、警察利権、東京都「青少年健全育成条例改正」でマンガ、アニメが全滅する" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント