攻撃ヘリの代わりにターボプロップの軽攻撃機、という選択。その2

 さて、前回ターボプロップ機である、スーパーツカノを紹介しました。

 この種のターボプロップ攻撃機は攻撃ヘリよりも遙かに高速です。それ故ヘリより進出速度が高い。速度が速いということは地上からの対空攻撃に捕捉されにくい、つまりは生存性が高いということです。しかも座席射出機などを備えていれば尚更です。

 しかも最大航続距離もヘリに比べて概ね三倍です。つまり長駆して作戦行動や、長時間にわたって哨戒活動、あるいは味方地上部隊上空に待機が可能です。この足の長さは島嶼防衛に於ける作戦においても有用でしょう。

 しかも攻撃ヘリでは運用できない精密誘導爆弾などによる攻撃も可能です。また敵のUAVやヘリコプターの迎撃にも有用です。空対空ミサイルの搭載はもちろん、機銃も搭載していますかこれらを安価に攻撃できます。特にヘリ攻撃、あるいは味方のヘリの護衛には有用だと思います。

 調達や運用コストにしても、アパッチのような攻撃ヘリよりも低いです。


 また、ジェット戦闘機と比べると低空、低速での運動性に優れています。無論調達及び運用コストでもジェット機と比較すれば極めて安価です。また前線の短い滑走路からでも離発着が可能です。

 現在我が国においては敵が連隊規模で揚陸してくるような状況はほぼ皆無でしょう。むしろ島嶼への侵攻やゲリラ・コマンドウによる浸透といった状況の方かはるかに起こる可能性が高いと言えます。しかも防衛費がこのさき大幅に増えるという可能性もあまりなさそうです。
 
 このような状況を鑑みれば、攻撃ヘリの代わりにターボプロップ軽攻撃機を導入することはオプションとして考慮すべきだと思います。しかも60余機を導入する予定だったアパッチは13機で調達打ち止めです。
 
 無論攻撃ヘリには攻撃ヘリのメリットもあります。ですから現用のAH-1Sの定数を半分に減らし、これらに近代化を施して残りをパーツ取り用として利用する。そうすれば新たな攻撃ヘリを導入するより経費も安く抑えられます。
 アパッチはボーイングに売りつけて(形としては返品ということにすれば武器輸出になりません)米軍あるいは第三国に転売してもらう。

 まあ新しい攻撃ヘリが欲しいなら南アのロイホックがお勧めです。機体はアパッチ並に大きいですから、エンジンや装甲を強化するなども容易です。ライセンス生産を行ってそれらの改良を国内メーカーにやらせれば国内産業の仕事も増えます。しかも元来南アの機体ですから整備・運用コストが極めて安く、前線での整備性も優秀です。アパッチに比べれば運用コストはかなり安く済みます。

  何よりもとより低い南アのラントが安くなっています。昨年8月時点で17円ほどだったのが、今や11円ほどです。極めて安く調達ができます。

 また専用の攻撃ヘリをあきらめて、汎用ヘリに武装を施した武装ヘリを選ぶのも一手です。無論生存性は劣りますが、汎用ヘリと整備や訓練を共有化できるので、ライフサイクルコストは安いし、物資や人員の輸送どにも使えるという汎用性があります。現在の主たる脅威、予算の上限を考えれば武装ヘリは考慮にいれるべきでしょう。少なくとも1機200億円を超えるような攻撃ヘリを調達運用するよりは遙かにましなオプションだとおもいます。


画像

            エンブラエル スーパー・ツカノ



"攻撃ヘリの代わりにターボプロップの軽攻撃機、という選択。その2" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント