攻撃ヘリの代わりにターボプロップの軽攻撃機、という選択。その1

 陸自は攻撃ヘリの代わりにターボプロップ軽攻撃機、例えばエンブラエルのスーパーツカノなどの導入を検討すべし、と思っています。
 随分突飛な考えだと思われるかも知れません。
 ですが、それなりに色々とメリットがあります。

 最近のターボプロップ式軽攻撃機の代表格であるスーパーツカノを見てみましょう。

 ターボプロップ方式のベストセラー練習機EMB-312ツカノをベースに、アマゾン地域の国境哨戒や対地攻撃機として開発されたものです。  
 機体のサイズは全幅11.14メートル、全長11.42メートル、全高3.90メートルで、第二次大戦末期の戦闘よりも一回り小振りです。

 エンジンはツカノの599Kw(814馬力)から1193kW(1621馬力、P&W社PT6A-68)と、約二倍にパワーアップされており、充分な推力を確保しております。
 このため固有武装である主翼内の12.7ミリ機銃2丁(装弾数各200発)のほか、1.5トンの兵装が搭載可能で、5箇所のハードポイントに20ミリ機関砲のボッド、AAM-1など短距離用空対空ミサイル、レーザー誘導爆弾など各種爆弾、ロケット弾ポッド、増槽などを搭載できます。

 最大速度はクリーンで、時速529キロ、機外搭載品携行状態で453キロとなっております。
また座席はゼロゼロ(速度ゼロ、高度ゼロで使用可能)射出シートを採用しています。このため被弾時の生存性も高くなっています。

 グラスコックピットと先進的なアビオニクス、火器管制装置、ナイトビジョンを採用しているため、夜間も含めてかなりの空戦能力も対地攻撃能力を有しています。
 つまりジェット戦闘機に準ずる装備を有していると言えます。


画像


 

"攻撃ヘリの代わりにターボプロップの軽攻撃機、という選択。その1" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント