グリーンピースと弁護士達、自分たちの窃盗は犯罪にあらず

 グリーンピースのHPにグリーンピース・ジャパンのスタッフによる鯨肉持ち出し行為についての法的見解
なるリリースが掲載されております。
http://www.greenpeace.or.jp/press/reports/rd20080520oc_html#legal

 で、これを読むと西濃運輸から共同船舶船員の荷物を抜き取った行為は犯罪行為に当たらない、としています。これは「犯行声明」でありグリーンピースが犯罪者の集団であると名乗っているに等しい行為です。

「盗っ人猛々しい」

とは、このことです。

 彼らの主張が正しいならば前にも書いたように我々はグリーンピースやら弁護士センセイ達の事務所から彼らの違法行為を証明するために忍び込み、書類などを押収してもそれらを自分のものにしない、当局に提出するのだといえば、宜しいことになるわけです。
 事務所にはいるは「家宅侵入」と仰るかも知れません。だと近くの宅配便の集配センターで彼ら宛の荷物を漁ることは宜しいということになります。

 こういうことを警察まで真似すると非常に剣呑な世の中になると思いますが。まあ警察がグリーンピースと同じ主張を行って法的手続きをとらず、グリーンピースの違法行為を捜査したらどうなるのでしょうか。それでもこれら3名のセンセイ方は警察の捜査は合法というのでしょうか。

 因みにこの姓名になを連ねている海渡雄一 弁護士(グリーンピース・ジャパンの理事長)、日隅一雄、只野靖の3名の弁護士(はいずれも第二東京弁護士会、東京共同法律事務所所属です。
 
 ハッキリ言ってこのような法的な見解を持っている人間が弁護士として活動しているこに、ぼくは非常に恐怖を感じます。彼らには弁護士としての資格はありません。またこのメンツが同じ法理事務所のパートナーであるということも注目すべきです。
なお、東京共同法律事務所に確認したところ、センセイ彼らの主張は同法律事務所の見解でなく、あくまで個々のセンセイ方の見解だそうです。
 
 これら弁護士の懲戒請求を行いましょう。

 書面のひな形は 第二東京弁護士会に連絡すればFAXあるいは書面で送ってくれます。ぼくは既に請求しました。

 第二東京弁護士会
 http://niben.jp/consul/index.html


 東京共同法律事務所
 http://www.tokyokyodo-law.com/index.html

"グリーンピースと弁護士達、自分たちの窃盗は犯罪にあらず" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント