【妥当な判決】女子高生と「関係」の男性 恋愛認め無罪-やたらと淫行犯罪と騒ぐのは法律違反 

妻子持ちの男性がバイトの高校三年生の少女と不倫関係にあったわけです。で、検察がこれを「淫行」として起訴。ところが簡裁はこれを、

「少女はそうした事情(不倫関係)を納得したうえで、互いに恋愛感情から求め合った」「単に反倫理的、不純だというだけでは処罰の対象とならない」
「真摯(しんし)な交際を続けており、自己の性的欲望を満たす目的だけとは言えず、犯罪の証明がない」

と判断、無罪となったわけです。

「まあ、不倫であったが、真面目な交際で肉体関係を持ったことは犯罪性がない」

ということでしょう。

 何度もこのブログで書いていますが、ぼくは16歳以上の少女とセックスすることを淫行条例で罰することは憲法、及び法律違反だと思っています。

 男子は18歳以上、女子は16歳で法律上結婚できる=セックスしても宜しいわけです。16歳の女と性交をしてはならない、と法律に書いているわけではないわけです。
 ところが、淫行条例では法律を無視してこれを禁止しています。何で政治家はこれに矛盾を感じなのでしょうか。
 
 で、淫行条例の考え方は18歳以下の男女のセックスはすべて「不純異性交遊」である、特に女子の場合は結婚まで「純血を守るべきである」というような戦前の道徳観を押しつけているわけです。
 警察や司法が法律ではなく、手前勝手な自分たちの道徳観・倫理観で国民を裁くのですから、こりゃ法治国家ではありません。
 
 ならば、いっそ18歳以下のセックスと結婚を法律で禁止すれば宜しい。また、愛情の無いセックスも禁止にすれば宜しい。
 ところがそんな「野蛮」な法律をつくると他の先進国からまるでイスラム原理主義国家のような「後進国」と思われるので、仕方なく条例で無理やり裁いているのでしょう。

 それに何を持って「不純」な異性交遊というのでしょうか。本気かどうかは当人同士じゃなければ分からない。否、当人同士も分からなかったりします。
 本人は恋愛しているつもりでも、他人から見れば単にセックスにおぼれているだけだったりするのは、よくあることです。恋は盲目、ではなく色恋は盲目です。

 本来性交は子孫を残すために行うものです。「不純」がいかん、というならば、その本質を尊重するのであれば子作り以外のセックスを禁止にすべきでしょう。また「結婚を前提」としないセックス、不妊のカップルのセックスも禁止、コンドームやピルの使用も禁止とするべきでしょう。

 意地でも淫行で人を罰したいといのあれば、そういう検事や判事はモルモン教やら右派キリスト教に改宗してアメリカにでも移住すればいいんです。それが嫌ならイスラム教帰依してイランやサウジアラビアに移住すればいい。

 どういうつもりでセックスしようが、それは当人の勝手です。国家が四の五の言う問題ではありません。
 小役人がダーティ・ハリーを気取るのは止めて欲しいものです。こういう変な理屈で人の恋路を邪魔する人達は、若いとき余程もてなかったのでしょねえ。


 http://www.asahi.com/national/update/0524/NGY200705230023.html

"【妥当な判決】女子高生と「関係」の男性 恋愛認め無罪-やたらと淫行犯罪と騒ぐのは法律違反 " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント