マンション耐震偽装問題について

 実は、この事件が起こる遙か前からぼくは拙著で、これからマンション買う奴は馬鹿だ、買うべきではないと警告してきました。

 それは第一に建設業界は不況で業者は値段を叩かれるからです。元々モラルが高いといえない業界ですから材料費をケチったり、手を抜いたりする可能性が高い。
 またコンクリなどを十分乾かさないなどの手口で工期を縮める業者もいるでしょう。この傾向はすでにバブル前からありました。

 第二にデフレです。都心の一等地を除き不動産の値段は下がり続ける。これは不動産取引が今まで異なり、収益還元性を無視した値段での取引がなくなるからです。
 しかも公有地、農地の宅地転用など規制が減っています。少子化で人口は増えない。それでも未だに都市部の土地の値段は他の先進国に比べて割高です。

 第三に労働市場の変化。急に会社がつぶれる、会社が買収され、人員整理に合う可能性が増えてきた。公務員も例外ではありません。しかも右肩上がりで給料が上がる時代じゃない。
 何十年ものローンという固定費を払うのは博打となります。

 しかもデフレで購入した不動産の価値が下がれば実質的な金利が上昇するのと同じです。下がりすぎれば売ることもできません。

 
 例外もあります。バブル以前の古いマンションをキャッシュで買うことです。
 古いマンションはバブル期のマンションより間取りが広い場合が多い。しかも長年にわたって使用されているので問題があるかどうかわかります。
 そこに住んでいる人に聞けばはっきりします。建てる前にモデルルームをだけ見て購入するのは危険です。
 
 ぼくの友人はぼくのアドバイスで中古マンションを1000万円で買いました。キャッシュです。
 付近の相場では家賃が12万円ぐらいですから、今後デフレで家賃相場が下がっても10年で元が取れます。実際あと後数年で元が取れるそうです。
 しかも家賃分はまるまる貯蓄にまわせます。それを株で運用すれば更に儲かります。金利を払うのとは大違いです。ローンなんて初めの数年はほとんど金利分の支払いばかりで元金は減りません。

 というわけで、皆さん不動産を買うのは注意しましょう。

"マンション耐震偽装問題について" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント