何で今更?- 『東京大空襲』で集団提訴へ被災者ら準備-あんたら何か根本的に勘違いしてるぞ

「東京空襲犠牲者遺族会」(東京都墨田区、石鍋健会長、会員約七百人)なる団体がが、国に対して東京大空襲の被害の補償を求めて、訴訟を起こす準備しているそうです。

 そいつぁ、筋違いって奴でしょう。東京大空襲に限らず、都市部への戦略爆撃は国際法で禁じられている一般市民を対象にした無差別殺戮で被告なら連合軍、特に米軍ですよ。

 本来東京裁判が公平な裁判であるならば、例え近代法が否定している遡及効を敢えて採用するにしても、連合軍側の指導者、軍人も敗戦国同様裁かれるべきだったわけです。

 まあ、隣の韓国では遡及効を認めて、かつては盧泰愚など前大統領を裁いたり、現在では独立前に日本に協力的だった人間を訴追しようとかしていますが、こういうことをやっていると文明国とは認められません。

 「皆様のNHK」の空襲特番では日本軍の重慶への渡洋爆撃まで無差別爆撃いれていますが、あれは奥地に逃げていった蒋介石軍および政府を狙ったもので、連合軍のようにはじめから民間人をターゲットにしたものではありせんでした。老婆心ながらこんなこモンキービジネス的な番組つくって放送してると余計に「受信料」払ってくれる奇特な人が減ってしまいますよ。  

  下司の勘ぐりといわれるの承知で言わせて貰いますと、アメリカで裁判しても陪審員がアメリカ人ばかりだから勝てないが、日本で裁判すればなにがしかのカネが引っ張れるかもしれない。
 ないしは、この団体の構成員がどういう人たちか知りませんが普通の市民ではなく、いわゆる「プロ市民」で自分たちの活動のプロパガンダのために裁判を起こしたのではないと思います。因みに石鍋健会長は「9条の会・品川」という会の会員だそうです。

 この東京裁判の遡及効の問題、敗者だけが裁かれるというアンフェアなシステムが現在にたるまで温存されてきた結果が、コソボ空襲やイラク戦争が起こった原因であるわけです。
 歴史的な事実を矮小化することは百害あって一利なしで、もっと広い視野にたって東京大空襲とはなんだったのか、ということを考えるべきでしょう。


http://www.tokyo-np.co.jp/00/sya/20050826/mng_____sya_____ 006.shtml

" 何で今更?- 『東京大空襲』で集団提訴へ被災者ら準備-あんたら何か根本的に勘違いしてるぞ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント