風。さんのコメントについて

 このブログは、ぼくは一種のクラブの様なものだと思っています。
 ぼくがホストで皆さんはゲストというわけです。
 ゲストの皆さんから寄せられたコメントには時間の許す限りできるだけコメントを返すようにしています。また、疑問や反論に関してもそれができるだけ誠意ある回答をしてきたと思っています。
 ミスや誤りの指摘などにも速やかに対応し、誤りがあれば直ちに正す所存ですし、過去実践してきたつもりです。

 それでも恐らくはぼくと全く価値観の異なる方、世界観の異なる方の中にはご納得いかないかもしれません。しかしながら誠意は尽くすが、すべての人に理解してもらおうとも思っておりません。そんなことが可能だと思うほど尊大でありませんから。
 ご理解いただけないのであれば、それはそれで仕方ない、そういうスタンスです。

 ですが、議論のための議論、いわゆる「ためにする議論」にはおつきあいしかねます。人生あと半分もないので、そういうことに時間を使おうとは思いません、悪しからず。

 風。さんの場合、いくら具体例を挙げて説明しても納得せず(それはご自身の勝手なんですが)、逆にねじった形で再質問を繰り返す、また逆にこちらら風。さんの論の矛盾を指摘すると一向に正面からの反論がない。それでいてまた別な議論を持ち出す。

 先の警官のランヤードに関する議論がまさにそれです。

 それほどご自身の見識と知識にご自信があるなのならば、ぼくごときに議論をふっかけるよりも自分のブログを立ち上げて、そちらで論を張れば如何ですかと、勧めても相変わらず、このブログにコメントしてくるんですね。

 いくら諭してもビヘイビアが直らない方のコメントはスルーさせていただきます。実際ぼくの他の方へのコメントにも影響するし、気分悪い思いをしている方も多いようです。

 ぼくは基本的に来る者は拒まずでこのブログを運営しますので、現在のところどのようなコメントでも削除はしない方針です。ですから他の方も、そういう方のコメントはスルーしてください。

 この手のコメントを削除しないのは、自分に対する批判を敢えて載せることによって、ぼくに対して批判的なものも含めてどのようなコメントがよせられているかを、ゲストの皆さんに対してすべて開示するためです。
 こうすることによりぼくに対する疑問や反論をしたい方に対しての敷居を下げたいと思っているからです。基本的に異論、議論は歓迎です。

 自分に都合の悪いコメントを全部削除すればこんな楽なことはありません。ですが、それをはじめると、自分の中の基準が次第に甘くあなり、それが独善につながるのではないかという危惧があるからです。単なる仲良しクラブにするつもりもないし、小山の大将になって悦にいる趣味もありませんから。

 基本的にこのブログはぼくのテリトリーであり、ぼくはできるだけ良いホストたるべく努力ています。が、反面ゲスト諸氏にも紳士淑女として、一定のマナーを守って頂たい、それだけです。
 泥酔してホストや他のゲストにくだを巻くような輩を、ぼくはゲストとして遇しません。

 ホストにもゲストを選ぶ権利がある、そう思っています。

"風。さんのコメントについて" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント