【オペレーション泣き落とし】日経が政権の走狗となって軍拡大宣伝

IMG_0202.PNG

この写真、来年度概算要求資料で何度も使われています。
小野寺元大臣いうところの「可愛そうなF-2」というやつです。

可哀想な戦闘機と可哀想な防衛大臣
https://kiyotani.at.webry.info/202205/article_28.html

自衛隊は予算が足りなくて部品が調達できず、既存機の稼働率が低くなって、共食い整備してしのいでいる、だから予算を増やしてくれというお話です。

そして同様の記事を日本経済新聞が書いています。
いま始めて知りました!
みたいな間抜けな記事です。ぼくは東京新聞の「税を追う」シリーズで彼らにレクチャーして、その結果稼働率の話も取り上げて、それは書籍化されました。
日経は自分たちを間抜けだと言っているに等しい。

一読して政府のプロパガンダだと分かる記事です。恥ずかしいのか署名記事ではありません。こんなの指摘されて後で延々と追求されますからね。
こういう政府のケツを舐めて、世論操作に加担しているが記者クラブであり、日経は特にその傾向が強い媒体です。

日経は岸田政権ととともに軍拡を志向している媒体であることをよく覚えておきましょう。前の戦争でもそうやって世論を煽って戦争を始めました。その反省が無い媒体だということです。


防衛装備品、5割が稼働できず 弾薬など脆弱な継戦能力

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE265A70W2A820C2000000/?n_tw=1662375751&unlock=1

>「稼働できる航空機が足りません。編隊を組む演習では規定の機体数が用意できないです」。航空自衛隊でこんな悲鳴が上がる。

>陸海空の3自衛隊全てで同じ声がある。近年は航空機や戦車など装備品の稼働率が大幅に低下している。

すべてに努力をして、予算の配分も適正に行って、無駄買いしていないというならば整備費用増額もやむなし、ですが実態は違います。
ところが実態は違います。他国の何倍も高い装備、整備費を払っているのが最大の問題です。装備調達は装備を調達すること自体が目的化しており、稼働しない「博物館」でかまわない、というのが長年の防衛省、自衛隊の文化でした。

例えば陸自の74式や90式戦車は他国の数倍の調達コストです。小銃や機銃など小火器は数倍から10倍以上です。弾薬も一桁高いお値段です。

空自のF-15Jは米国製の3倍ですし、F-2はそのF-15とお値段で、整備費・維持費はF-15よりも高い。F-35も組み立てを日本で行うことしてわざわざ高く調達、財務省にコストが高い、輸入に切り替えろと言われて、慌てて生産コストを下げて単価が20億円ほど下がりました。

海自のMCH-101はたった11機調達するのに国内生産、事実上は組み立てだけで2倍です。P-1は機体、エンジン、システム全部専用ですから当然コストは高くなる。737をベースにした米軍とは大違いです。

C-2の調達、運用コストは他国の輸送機の数倍です。

自衛隊機のコスパを検証する(前編)
https://japan-indepth.jp/?p=55801

C-2のCPFH(Cost Per Flight Hour)は約 274万円、米空軍のC-130Jが 約 61.8万円、C-17が 約150.9万円(※1ドル/ 112円 30年度支出官レート)だ。(※参考:『防衛』平成30年10月24日)

>C-2のCPFHはC-130Jの4.4倍、C-17の1.8倍にもなる。ペイロード1トン当たりのCPFHは、C-2は10.5万円(26トン)、C-130Jは3万円(20トン)C-17(77トン)は1.96万円である。C-2のペイロード1トン辺りのCPFHはC-130Jの約3.5倍、C-17の5.4倍と、比較にならないほど高い。

>因みに1機あたりのLCC(ライフ・サイクル・コスト)はC-2が 約 635億円、C-130Jが 約 94億円、C-17が 約 349億円である。C-2の1機あたりのLCCはC-130Jの6.8倍、C-17の1.8倍である。これがペイロード1トン当たりのLCCになるとC-2は24.4億円、C-130Jは4.7億円、C-17が4.5億円であり、C-2の1機あたりのLCCは、C-130Jの5.2倍、C-17の5.4倍となり、これまた比較にならないほど高い。

>調達単価も来年度(当時)の防衛省概算要求では1機225億円で(令和5年度は約256億円、内初度費34億円)、ペイロードが3倍近いC-17と同等である。C-2の調達及び維持費は輸送機としては極端に高いことがわかるだろう。調達単価、CPFHの面からもC-2は極めてコストが高い。


例えるなら手取り400万円の経済観念のないサラリーマンが70年代のビンテージのアルファロメオを1千万円でローン組んで買うようなものです。ローン返済で食費も、ガソリン代も事欠くでしょう。その場合の解決策は会社に給料を上げてくれ、ではなくアルファロメオを中古のカローラに変えろよ、ということでしょう。

過剰に高い調達単価を抑え、維持整備費を意識した装備選択をするべきです。日経はこういう実態を知っているでしょうが、それは書かないわけです。知らないならばなんで防衛省に何人も記者が詰めているでしょうか?

>防衛省は非公式に実態を調査した。全装備品のうち足元で稼働するのは5割あまりだった。稼働していない5割弱のうち半数は「整備中」だが、残りは修理に必要な部品や予算がない「整備待ち」に分類された。

日経の報道だと最近調査しましたと読めますが、それは嘘です。

自衛隊は装備の稼働率に大変無関心でした。実は各幕僚監部は主要装備の稼働率を調査、把握していなった。東日本大震災の数年前に稼働率の低さを問題視した内局が主導して調査をしたら、散々な結果だったわけです。そしてぼくはその調査を公開すべきだと歴代防衛大臣に質問してきましたが、「敵に手の内は明かせない」と断ってきました。

なんで日経に内容や数字を教えたんでしょうかね?「敵に手の内は明かせない」じゃなかったんじゃなですかね。

つまり防衛省や自衛隊は稼働率向上に興味は無かった。その稼働率に低さは東日本大震災という「実戦」で明らかになったのですが、それを変えよとしてこなかった。そしてその調査を主導した官僚は左遷されて、装備調達から外されました。
つまり自衛隊は誤りを犯さない、現状維持こそが大事であり、正義である。異を唱えれば排除する、というのがこの組織の文化です。


>日本の2022年度の防衛予算のうち、維持整備費は1兆1000億円と2割ほどを占める。「整備待ち」を解消するには「倍以上は必要」との意見がある。


>弾薬の中でも深刻なのは、ミサイルを迎撃する地対空誘導弾パトリオットミサイル(PAC3)などに使う精密誘導弾の不足だ。自衛隊幹部は「南西諸島で有事があれば数日も持たない」と明かす。
>PAC3は1発あたり数億円とされる。迎撃ミサイルには1発数十億円のものもある。予算の枠内での優先度は低かった。

基本的に対空ミサイルのセットがあればいいや、演習でミサイルがあればいいや、というのが防衛省と自衛隊のスタンスです。そして国産ミサイルは調達数が少ないこともあって、たいへん高コストとなっています。安価な外国製に切り替える、それが嫌ならば零細規模のミサイル関連防衛企業を統廃合するというどこの国でもやっている手法をとるべきですが、それを全くやってこなかった。
これは航空機や電子機器でも同じです。メーカーを統廃合すれば多くの零細メーカーに細切れで細く長く、発注してラインを維持する必要がない。ただそれには痛みが伴うし、天下り先も減るので、防衛省、自衛隊はやってこなったわけです。

北朝鮮の弾道弾は大脅威だ、MDに注力するといってのは防衛省のみならず日本政府もでしたよね。
海自のMD用イージス艦は8発しかSM3を搭載していない。担当の2隻で16発、通常は弾道弾1発に対して2発のSM3を撃ちますから、8発にしか対応できず、飽和攻撃にはお手上げです。これを放置していたわけです。それは予算の問題じゃなくて行政機関としての意思決定の問題ですよね。

つまり「優先度」が高いといいとつ、実際は優先度が低かったわけです。これはよく知られていた話ですが、日経が批判したということを寡聞にして聞いたことがありません。



>弾薬は長期間は保管しにくい。政府の内部資料によると、機銃や迫撃砲の弾を含む弾薬全般の備蓄は「最大2カ月ほど」とされるが、既に1~2割は古くて使用できないとみられる。

だれがこの「内部資料」なんの目的で渡したんでしょうかね?
現用の弾薬だけではなく、その昔使っていた106ミリ無反動砲や最近退役した203ミリ榴弾砲の弾薬も大量に備蓄しています。多くは使えない危険物ですが、その廃棄は遅々として進んでいない。排気費用の捻出ができないからです。


>ソ連の侵攻に備えた冷戦期のまま、いまも日本の弾薬の7割が北海道にある。中国の脅威が迫る九州・沖縄は1割以下だ。弾薬庫の設置が進まない

これも防衛省、自衛隊が宿題をやってこなった結果です。少なくとも陸自に関しては、不要な弾薬を廃棄すればその分収納能力に余裕がでてくるはずですが、それを概算要求ではまったく廃棄費用を増やす必要性を説かずに、弾薬庫の新設だけ主張しています。
また新規の弾薬庫の建設には火薬法などの見直しも必要ですが防衛省にはその気はないようです。

この記事だけを読めば普通の読者は自衛隊は予算が無いから、整備もできずに弾薬もたらないのだ、でれば防衛費の大幅な増額もやむなしと考えるでしょう。

それを普通「世論誘導」とか「情報操作」と呼びます。

アベノミクスの胡乱さも日経はわかっていたはずです。円安誘導で株価を吊り上げて、インフレにすれば、焦った庶民は値段が上がらないうちに我先に安いうちに買おうとするから景気は良くなる、なんていう話がいかがわしいというのはぼくのような経済の素人でも安倍政権発足前に安倍晋三がアベノミクスを発表した段階で批判していました。

それが「日本で最も権威ある経済媒体」である日経がずっとだんまりでした。そして最近になって円安が問題だと大騒ぎしています。日本にとって統一教会以上に危険な「反社会勢力」は日本経済新聞かもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

いちおう....
2022年09月06日 13:36
>>空自のF-15Jは米国製の3倍ですし、<>、整備費・維持費はF-15よりも高い。F-35も組み立てを日本で行うことしてわざわざ高く調達、財務省にコストが高い、輸入に切り替えろと言われて、慌てて生産コストを下げて単価が20億円ほど下がりました。

揚げ足取りではないですが。同じお値段で、でよろしいでしょうか?

いちおう...
2022年09月06日 13:40
<>これ入れたら消えちゃった

F-2はそのF-15とお値段で、
やれやれ
2022年09月06日 13:51
日経は如何に素人さん、情報を持ってない、興味を持っていない人を騙すのが商売ですからね。
本当は全て知っていても知らないフリをするのでしょう。
最初から知っていて問題にしているのならまだしも、そうではないので今知った事にしないと今まで知っていたのになんで記事にしなかった!と言う正論に潰されてしまいますからね。
全くやれやれですよ。
偽陸士
2022年09月06日 14:21
古い弾薬なぞウクライナ見倣って、民生ドローン改造してそれから落下させれば宜しいかと。

戦闘機の値段が20億もぶれるあやしげな空自には安いドローンで
充分なのでは?

F-4の後継でF-2導入に失敗したのに、F-35でも予算の節約しない空自や防衛産業にご褒美なんてあげちゃいけません。


中SAMに予算を廻しましょう。
Suica割
2022年09月06日 15:47
偽陸士様
F2はF1の後継だったように思います。
しかし、コスパは良くないですし。
性能とお値段の釣り合いが取れていません。
弾薬は、使えなくなる前に撃ち尽くすようにすれば、たまに撃つ弾が無いのが玉に瑕の現状の改善にも役立ったのに。
射撃や砲撃等は訓練がものをいうので、実質的抑止力の向上に貢献します。
ただ、保管していて、古くて危険な品質になったから捨てるとは、予算の無駄です。
古い用途廃止のバズーカなんかは積極的に使い尽くして、対戦車砲の練習器具にするべきだったと思います。
やれやれ
2022年09月06日 16:09
Suica割さん、
そういった古い弾薬の始末も一緒にできるのが総火演の良い所だったのですがね。まあ総火演でもあまりぶっ放さない物は不良在庫で腐って行くのかもしれませんが。
それと消費期限切れの弾薬とか火薬はヤバイですよ。
時々ロシアの弾薬庫が大爆発するのも古すぎる弾薬を後生大事に溜め込んだ結果ですから。火薬はナマ物と一緒、お腹をこわす前に使わないと結局捨てたほうが良かったって落ちが待っているだけですから。
偽陸士
2022年09月06日 16:37
Suica割様。

そうでしたF-1の後継機でしたね。
忘れてました。

ロケランももっと早く訓練で使いきるべきでしたね。

つぎはカールグスタフかも。(笑)
ミスターフリゲート
2022年09月06日 17:20
言われてみれば、高い武器と兵器のせいで兵站負担が大きくなり、稼働率も落ちるってすっかり忘れてました。 
それに古い弾薬で、備蓄が上手くすすまないとは。
しかし面倒ですなこりゃ。
とにかくイージスアショア搭載艦計画、今後のf35やc2、哨戒艦などの新規事業、追加導入は没にし、既存の航空機の整備パーツとミサイル弾薬の確保などの兵站に注力すべきですね。
戦車や自走榴弾砲ですが、そもそも戦時含めて使う機会が少ないですし、清谷氏が以前から言ってるようにもっと減らしてもいいですね。
火砲はm777やハイマース、残ったfh70だけでいいですし。

皆さんはどう考えてますでしょうか?

偽陸士さん
>戦闘機の値段が20億もぶれるあやしげな空自には安いドローンで充分なのでは?

種類や運用にもよりますね。狭い範囲なら民生品に爆弾投下でも十分ですし、そもそもそれなら陸自にもできます。ただ、離島などならヘルメス900みたいな大型かつ安めのやつになりそうですが。
ただ、対地なら以上でもなんとかなりそうですが、空対空やスクランブルにはそうはいかないので、既存の戦闘機の整備パーツを備蓄し、f35やc2のこれ以上の追加導入は没とする形ですかね。
ミスターフリゲート
2022年09月06日 17:41
円安加速で「日本円の葬送行進曲」を奏でる日銀
https://agora-web.jp/archives/220905060929.html

もう円高になることは絶対なく、衰退しかないから諦めるしかないんですかね。
ミスターフリゲート
2022年09月06日 18:05
ごめんなさいまた取り乱しました。 
とりあえず、税金の無駄遣いはやめて、国債変換を重視し、金利上げられるようにしないといけませんね。
ミスターフリゲート
2022年09月06日 18:26
気を取り直して
自衛隊内でのハラスメントの実態調査で異例の特別防衛監察
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220906/k10013805251000.html 
>調査を行うのは高等検察庁の元検事長がトップを務める防衛監察本部で、防衛省・自衛隊内のすべての組織に対し、独立した立場から調査します。

皆さんが待ち望んだ第三者の登場です。良い方向に転がって欲しいですね。
333
2022年09月06日 19:21
よく、憲法9条に基づく「必要最小限の防衛力」と言われますので・・・・質的にも量的にもそんなもんでしょう?

繰り返しますが国家規模に応じた適正な防衛力ではなく必要にして最小限!
サラリーマンならば一日のお小遣いは500円!といったところでしょうか。

調べるとw
必要最小限
読み方:ひつようさいしょうげん

これだけはどうしても必要だ、これ以上は減らせない、という限度。「最小限」のみでも意味はほぼ同様。

根本がこれなんでw充足しないのも深刻なのもあたりまえですよね? 自動車でドライブならば燃料はエコドライブしてもギリギリカツカツの量で走ること! 

Suica割
2022年09月06日 19:43
やれやれ様
確かに古い弾薬はマズイですね。
きちんと品質管理や在庫管理して、使えるうちに使い果たすか、適切に廃棄したほうが事故がないですね。
偽陸士様
F1もあまりいい機体ではないようですね。
地道に研究もせず(多少はしているが、本腰入れてない)、経済合理性を考えることもせず(わずか、10機程度のものを無理矢理国産化したりとか)、無理矢理頑張るものだから、性能が微妙だったり、バカ高だったりと、自衛隊の航空兵器は、失敗作のオンパレード。
さすがに、反省はするべきです。
質の悪い軍事オタク
2022年09月06日 19:49
戦争や紛争に関するテレビや新聞の報道ではよく【戦艦】の言葉が出てきます今時【戦艦】なんか使ってる国あるんかい?と突っ込みたくなります。さらにウクライナに関するテレビを視てると、装甲車も自走砲も戦車のナレーションが・・・マスゴミの軍事知識なんてこんなもの、軍事オタク以下です。
ひゃっはー
2022年09月06日 20:00
何で今頃になって弾薬が足りねえ、と言い出したんでしょうかね? なら燃料は足りてるの?
要は装甲車を作らなくなって、仕事が減ったコマツの仕事と天下り先を増やすのが目的だったんじゃないのでしょうかね。だって大本営発表なんか、たとえ正論でも信用できねえもの。
やれやれ
2022年09月06日 22:07
戦争のプロはロジスティクスを語り、素人は戦略を語る 「軍事ロジスティクス」から考える世界戦争史
https://merkmal-biz.jp/post/19746
まあよく言われる話ですけどね。
兵站が尽きたらどんな戦略も戦術も無意味ですから。
尽きるまえに勝たないと負けな訳で。
ご参考まで。
KU
2022年09月06日 22:29
>安倍氏葬儀に儀杖隊参列 陸上自衛隊トップ「大臣レベルで判断」

https://mainichi.jp/articles/20220906/k00/00m/040/203000c

官邸や大臣に言われたら、たとえどんなに馬鹿げた指示でも唯々諾々と従うんですか?何にも考えることなく?私は何にも考えない、只のバカです、と自白しているようなもんじゃん。

そんな陸幕長ですが↓

>「陸自の自浄作用問われている」性被害根絶へ吉田幕僚長

https://www.tokyo-np.co.jp/article/200471?rct=national

そんな物があるなら、とっくの昔にパワハラだのセクハラだの陰湿なイジメだの無くなっているでしょうよ。
KU
2022年09月06日 23:03
×儀杖隊
○儀仗隊

にしても吉田陸幕長、まるで他人事みたいに見えるんですが。そんな有り様だから、大規模接種会場に派遣された医官が続々と離職するんでしょうね。庇うどころか、辞めたい奴は勝手に辞めろ、ってな事なんですかねえ。

>「海外有事」想定し、邦人輸送訓練 アフガン派遣受け刷新ー防衛省

https://www.jiji.com/sp/article?k=2022090600772&g=soc

>>>輸送防護車

車両制限令も問題なくクリアしているんだし右ハンドルだし、次期装輪装甲車、ガチでこれでも良い気がしますけど。
Suica割
2022年09月06日 23:17
ひゃっはー様
コマツとかへの仕事を振るためのアドバルーンなら、我田引水が過ぎますし、本当に足りないなら、何十年も時間がありながらそれをなんとかしようとしない無責任極まりない行動になります。
どちらにせよ、上級幹部がとんでもない無能か腐敗役人という結果になります。
Suica割
2022年09月06日 23:27
KU様
俺が自衛隊の幕僚長クラスだったら、そういったパワハラやセクハラ等の風紀問題は、人事院や新設ありの特別な内閣直属組織とかにお任せする提案をします。
第三者委員会的なものではなんともしようがない病根を断つために、あえて、防衛省や自衛隊とは行政的なつながりがない組織に委ねてでも浄化する方針でいかないと変わらないように思える。
ゆえに、本当に防衛省とは関係ない監査組織を組み徹底的に是正を図る方がいいと言えば、世間も受け入れます。
何より、防衛省の内部組織ではないだけに、本気の度合いを世間に知らしめることができます。
ミスターフリゲート
2022年09月07日 00:16
参考に
kuさん
>>>輸送防護車
車両制限令も問題なくクリアしているんだし右ハンドルだし、次期装輪装甲車、ガチでこれでも良い気がしますけど。

いやブッシュマスターは高機や軽装甲機動車の代わりになる程度で96式の置き換えにはならないと。96式はパトリアかと思いますが
元自おっサン
2022年09月07日 09:22
敵に手の内を見せられないとか某省はおっしゃってますが、k蔵ジ基地の弾薬庫の保管できる量とか左の市民団体が知っててブログにも書いてあるんだよね。

防諜ちゃんとしてんの?
ひゃっはー
2022年09月07日 09:53
Suica様へ
何はともあれ、自衛隊が問題意識を持って何とかしようとしているところは評価します。でもその動機が不純(だと思われる)なところが、現状維持と既得権益の確保しか考えていない自衛隊の愚かさを象徴していると思います。いくら現状を維持したくても、戦争に負けてしまえば何にもならないじゃないですか。
偽陸士
2022年09月07日 11:05
元自おっサン様。

https://japan-indepth.jp/?p=45534

弾薬の保管量ですが、法令上の制限から逆算されてる可能性もあります。
ひゃっはー
2022年09月07日 11:06
元自おっサン様へ
装備品の稼働率は、敵に手の内をさらけ出すことになるので公表できない。しかし防衛予算を獲得するためだったら、装備品の稼働率を公表する。
自衛隊にとっては、現状の維持と予算の獲得が第一優先で、防諜なんぞ二の次三の次なんですよ。当然、こんな組織は戦争に負けるでしょうね。孫子は「兵は国の大事」「上兵は謀を伐つ(上手な戦いというのは、まず敵の謀略を封じることだ)」と言っているのに。
KU
2022年09月07日 12:22
>>>第三者委員会

Suica割さん

去年、クロ現でドイツの軍事オンブズパーソンを取り上げていましたよね↓

>ある自衛隊員の自殺

https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4500/

早いとこ、利害関係の無い弁護士などの専門家に相応の法的権限(事前通告無し、部隊側の拒否権無しの立ち入り調査など)を与える形で、常設の調査委員会を設けるべきですよね。

>>>パトリア

ミスターフリゲートさん

いやほら、数さえ揃えばブッシュマスターといえど十分、戦力になるんじゃないかと(^_^;)。実戦経験も申し分なしだしい。何せ、海外他でコンビを組むべき軽装甲機動車なんて....ねえ?w。どちらか一方に乗れと言われたら、迷わずブッシュマスターでしょう?AMVも良いと思いますよ。例の、概算要求書に載っていた大型救急車、あれどう見ても、8輪装甲車か大型トラックサイズですよね。なら、AMVでもMAVでもオケ!(適当)。MAVなら整備補給教育面が楽だろうし、AMVを選べば装甲車両の国内生産拠点(十中八九、日立?)は増えるし、何より海外にもひけを取らない、まともな8輪装甲車が手に入るしw。最近は、どちらに転んでも、あまりデメリットは無いように思えます。ただ、予算は有限ですしね。それを考えたらブッシュマスターを買い増すのもアリかなあと思い、書かせていただきました。
ミスターフリゲート
2022年09月07日 12:59
偽陸士さん
確かに輸出のチャンスではありますが、農作物も肥料という原料があり、製造関連は皆原料が高騰してるからあまり喜べないってのもあります。
まあやらないなりはマシでしょうけど。となると食べ残しや動物のフンは全て堆肥や肥料にするって形になりますが
偽陸士
2022年09月07日 15:04
ミスターフリゲート様。

>確かに輸出のチャンスではありますが、農作物も肥料という原料があり、製造関連は皆原料が高騰してるからあまり喜べないってのもあります。
まあやらないなりはマシでしょうけど。となると食べ残しや動物のフンは全て堆肥や肥料にするって形になりますが

動物の糞はともかく、食べ残し特に業務用のは削減すべきですね。

家畜の糞と飼料用途米とで遣り取り出来る様になると良いのですが。
ブロガー(志望)
2022年09月10日 22:38
お邪魔します。
 自分としては「何をいまさら」と思ったりもします。かつて徳川政権が確立していく中、多くの大名がバカ殿を演じたと聞いた事があります。幕府に睨まれようなら最悪取り潰されかねない状況でしたので(言い掛かり同然で潰された例もあったとか)。先の大戦における敗戦直後の日本も米等の世界に睨まれたら存続できなかった事(国連の敵国条項で、加盟国は日本が平和を壊そうとしていると"思った"ら、総会も安保理も無く日本を攻撃可能とか)、戦前戦中の軍部がある意味「勤勉な馬鹿」であのような結果をもたらした事から、戦後の日本は徹底して「人畜無害」を目指し、自衛隊を「怠惰な馬鹿」にしてきました(必要な法整備を行わなかった他)。最初は「意識した上での選択」だったのかも知れませんが、今ではすっかり「それが当然」になってしまいました。そんな自衛隊に今更安全保障を求めるのは、言わば「中高年ニートの息子に傾いた家業の再建をさせる」ようなものではないかと思ったりもします。また平安中期以降中央政権である朝廷が治安維持を放棄した際には各地で武士団が結成されましたが、今の日本人は「野良には絶対なれないカイコガ」レベルまで"家畜化"が進行してしまったのではないかとも憂慮しています(60年安保が"最後の華"だったか)。