10式戦車は生き残れない。

10式戦車は将来の戦場では生き残れないでしょう。
そもそも戦後の日本の戦車は61式戦車以来、殆ど近代化が行われていません。これは90式も同じです。
10式もそうなるでしょう。採用されて10年以上経ちますが、近代化の話はありません。
仮に企画しても無理でしょう。既存の10式を近代化する予算を陸幕は捻出できないでしょう。そして例によって冗長性を考えずに作られております。特に本体40トンを実現するために車体が小型化されて、内部ボリュームにも余裕がありません。

10式のコンセプトは本来40トン、最大でも44トン、増加装甲と燃料弾薬を下ろせば、40トントレーラーで移動できる、だから通れる橋梁も多く、北海道以外で90式より多くの地域に進出できる、ということです。これが売りだったし、他国がやっているように第3世代の90式を近代化せずに新型戦車を開発する大義名分になっていたわけです。

これは過去何度も指摘してきた話です。
防衛大綱で敵の機甲部隊が大部隊で上陸してくる可能性は低いとしているのに、機甲戦を主体とした10式の開発、配備は必要なかったはずです。

10式は重量が増加する近代化はできない、できるであれば何でまだ使える90式の近代化で乗り切らなかったのか、と批判されるでしょう。

そもそも10式は、安普請で他国の3.5世代戦車よりも生存性が低い。開発時にこれまた90式より同等か、安くしないと認められないという事情がありました。であれば高価な複合材料を多用したり、多くの試験をして新たな対戦車システムを開発する予算もなかったでしょう。それが外見からでもわかる端的な例が側面スカートです。ただの数ミリの鋼製で、90式と同じです。現在のミサイルには無力でしょう。

そして陸幕は90式の期限が切れた消化器の更新すらしないほどカネがないし、生存性に無頓着です。それは実戦を想定していないからです。
そもそも我が国の戦車は90式まで他国の戦車の3倍程度の単価でしたが、それが10式で旧に90式とほぼ同じ、他国の戦車より圧倒的に安くなるということ自体、いかがわしい話だと疑うべきでしょう。

前から指摘していましたが、今回のウクライナ侵攻でも注目されましたが、戦車に対してトップアタック、砲兵や迫撃砲の精密誘導砲弾、ドローンによる索敵や攻撃、目標指示などが改めて認識されました。
そうであれば、増加装甲などによる、装甲強化、赤外線シグニチャーの低減、ドローンや敵の歩兵に対するRWS、敵に先んじて情報を取るためのドローンの装備、APS(積極防衛システム)の導入、歩兵とより緊密に連絡できる通信システムなどが必要です。

更に申せば、気温40度、特にNBC環境化における活動を可能とするためのクーラーの導入、これらシステムを動かすためのエンジンの出力強化、あるいは補助動力装置の強化が必要です。それにはハイブリッド駆動が有利です。ハイブリッド駆動は電気で走行する場合は静粛性、赤外線シグニチャーの低減も可能となります。実際に仏国防省は次期戦車ではハイブリッド駆動を検討しており、研究も進めています。ちなみに5月30日のJDW誌
のハイブリッド駆動の記事では、チャレンジャー2の現行のエンジンは7.4トンで5.7㎥だが、ハイブリッド駆動ならば5.5トン、4.8㎥まで減らせると紹介しています。

これらの装備を導入すると多くの場合、かなり重量がかさむし、費用もかかります。既存の10式まで改修するとなると更に費用はかさみます。当然ながら重量もかさみます。一つ手段はゴム製履帯の導入です。これで1トンほど軽量化できます。ただ今年の段階で装備庁は既存車両にゴム製履帯を導入する計画はまったくないとと断言しています。

基本重量40トンを超えれば、導入理由が崩れます。仮にそれを無視しても、より大型の戦車トランスポーターが必要となりますが、そもそもトランスポーターは今でも不足しています。
十分なトランスポーターとその乗員が揃わないと、本土での10式の活躍は画餅ですが、現状その絵に描いた餅状態です。それで更にトランスポーターに投資し、乗員、その整備員などを確保できるでしょうか。

将来の戦車はどうなるでしょうか。
6月に開催されたユーロサトリでラインメタルとMW+ネクスター・システムズが次世代戦車のコンセプトモデルを発表しました。これらは130ミリ及び140ミリ砲の搭載を検討されています。これらだと装弾数は120ミリ砲の戦車の半分あるいはそれ以下となります。
ぼくは、それは難しいと思います。それで徹甲弾、榴弾などの複数の弾種を搭載して、不足ないかといえば大変不安でしょう。弾数の多さも戦車の重要な要素です。特に都市戦で歩兵相手ではなおさらです。幾ら威力があっても弾がなければ戦車はただの鉄の棺桶です。
かと言って、装弾数を増やせば戦闘重量が相当重たくなります。将来の冗長性を考えれば60トン以下には納めたところでしょう。

重量を考えれば、2名搭乗する砲塔は難しいでしょう。重量を軽減するためには無人砲塔が選択されることになるのではないでしょうか。乗員はRWSやドローン、UGVその他システムを操作することを考えれば4名となるケースも多いでしょう。現在はレオパルト2のように装填手が担当していますが、自動装填装置があっても4名という定員になる可能性もあるでしょう。

また重量軽減を第一に考えれば無人戦車という選択もあります。戦車あるいは装甲車から無人戦車や対戦車ミサイルと搭載したNGVを運用することも考えられるでしょう。
それに加えてウクライナでの戦訓が反映されるでしょうから、現状どうなるかわかりません。
恐らくは今の戦車と全く違ったものになるでしょう。

ただ、いずれにして自爆ドローン、含めたドローン、UGV対策、トップアタック対策は必要でしょう。10式の近代化は必要不可欠のはずですが、陸幕にその気はないようです。
恐らくあと20年近く既に旧式化して防御力も弱い10式の調達を延々と続けていくのでしょうか。

それは戦争を想定しておらず、10式戦車の調達自体が目的だから何の問題もないのでしょう。それは我々納税の納めた税金をドブに捨てているだけのこととなります。


■本日の市ヶ谷の噂■
次期装輪装甲車などで三菱重工の仕事が確保でき、大量の90式戦車を廃棄でないので、陸幕は10式戦車の調達は近く打ち切りを検討中、との噂。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

偽陸士
2022年08月08日 15:42

>次期装輪装甲車などで三菱重工の仕事が確保でき、


装甲車の数が減るのですね。


>大量の90式戦車を廃棄でないので、陸幕は10式戦車の調達は近く打ち切りを検討中、との噂。

決断はお早めに。

調達しちゃった分は120㎜から50㎜に換装すれば宜しいのでは?

戦車はATMに任せてドローンやトーチカ・テクニカル対処に専念出来ます。
World of tanks ハマってたなぁイラつきながら楽しんでたなぁ
2022年08月08日 15:49
そんなに渡れる橋の数が気になるなら戦車以外の手段を模索した方がいいんじゃね。
World of tanks
2022年08月08日 15:50
もう無理でしょ。
やれやれ
2022年08月08日 16:09
■本日の市ヶ谷の噂■
結局10式終了に持っていこうとしていると言う事ですかね。無駄が減って良い事ですね。
酷使様やネトウヨ、戦車ヲタの悲鳴が聞こえそう(笑)。
どうせ使えないなら16式で充分でしょう。
こちらも走る棺桶には変わりありませんが、
自走で長距離移動できるだけマシかと。
それにしても90式もいい加減古いのにアップグレードもしないんですかね?
ミスターフリゲート
2022年08月08日 18:17
そもそも論として、10式に限らず全世界の戦車の有用性は大分なくなりつつあるかと思います。エイブラムス、レオパルド、K2なども。多分今どき戦車を使える環境は広い荒野や平原があるところくらい。日本にはそれがとても少ないので敵味方関係なく使いづらいはず。ウクライナでも、ウクライナロシアも戦車ではなくドローンや火砲の活躍が目立ってましたしね。
清谷氏が言うように戦車は100台で十分と見ますね。その場合、戦車魔改造に定評のあるイスラエルに改修を依頼するとか。それでもお金がかかるでしょうが
偽陸士
2022年08月08日 22:20
ミスターフリゲート様。


イスラエルだけでなく、南アやトルコからも見積りを取りましょう。

APSとRWS、それにエアコンも。

通信システムの改良ならイスラエルが、ベストかも知れません。

KU
2022年08月08日 23:00
>>>調達打ち切り

最高指揮官たる総理は検討使だけど、さすがに陸幕は違いますよねえ?ねえ?(ニヤニヤ)。それはそうと、当分の仕事量を確出来るとなると、やっぱり次期装輪装甲車の本命はMAVシリーズですか( ノД`)…。まさかとは思いますけど、ベンチシートなんて事は無いですよね?
ssao
2022年08月08日 23:14
市ヶ谷の噂
ふざけてるんですかね。あれだけ自画自賛してたのに、だから財務省にネチネチ言われるんですよ。どちらにしろ同時運用による兵站の負担が大きすぎる。
軍事大好き人間
2022年08月09日 15:42
そういえば中学生の時キヨタニさんの10式戦車の記事読んでも言ってる事正しいのか分かんなかったなぁ。
多分左翼の人なんだろうと思ってた。
偽陸士
2022年08月09日 16:30
軍事大好き人間様。


あなたは左翼の恐ろしさを知らない。

一度彼等の前で「もっと巧く武器を揃えるべきだ」等と発言してみると良いですよ。

清谷記者が左翼なんて言えなくなりますよ。(笑)
軍事大好き人間
2022年08月09日 17:05
中学生のときって言ってるじゃん...
ブロガー(志望)
2022年08月09日 22:11
お邪魔します。
 陸自の戦車の問題と戦車それ自体のそれは分けて考えた方が良いのかも知れません。先の大戦末期に旧陸軍は本土決戦で上陸してくるであろう米戦車と戦うために三式・四式及び五式中戦車を作りましたが、結局本土決戦は起こりませんでした。起こらなかった故に本土決戦用の戦車を延々作り続けてきたのが陸自の戦車ではないかと思われます。つまり先の大戦末期で頭が止まっていて、それは自慢の戦車が敵に無残に「擂り潰される」まで終わらないのではないかと。
 自分は旧ソ連・ロシアの戦車がどのように評価されているのかと思ったりもします。湾岸戦争ではイラクの旧ソ連製戦車は米のM1戦車にやられたと聞いた事があります。尤もそれは戦車自体よりもイラクの戦闘体制等の問題だったのかも知れませんが。後ウクライナ戦争で旧ソ連・ロシアの戦車は砲弾を敵弾が比較的当たり難い他で防衛上有利と思われる車体下部に置いているが、それが誘爆してその上の戦車兵とかを吹き飛ばしてしまう、それに対して欧米の戦車は敵弾が比較的当たり易い車体上部に置いているが、誘爆しても戦車兵にその影響がおよび難いようにしていると聞いた事があります。
 最後に戦車の今後ですが、陸戦は海戦や空戦と比べて敵にこっそりと近寄られる、または敵・味方・無関係(一般市民等)が隣接時には混在する可能性が高いです。となれば戦車に求められるのは「歩兵に寄り添ってしっかり守る」事ではないかと思います。また一種類の兵器であらゆる脅威に対応しようとするとどうしても大きくなり、かつその割には不十分なものとなるでしょう。ですから例えば「装甲戦闘車両シリーズ」としてシリーズ化されるのではないかと思いますし、その中で「対装甲戦闘車用車両」の占める割合は以外に小さくなるのかも知れません。
Suica割
2022年08月09日 22:22
ブロガー(志望)様
イラクが保有していた旧ソビエト連邦謹製の戦車は、輸出バージョンの性能劣化型戦車とも聞きますね。
あと、不運なことに相手が一世代あとのM1等だったことや、アメリカの戦車用弾薬が貫通力最強の劣化ウラン弾だったのも悪かった。
ウクライナでの戦闘が本式の真の実力ということでしょうね。
Suica割
2022年08月09日 22:30
実際、日本の武器はトライアルをきちんとやっているのか疑問ではありますね。
私が陸軍トップだったら、導入候補同士を相互にどんな条件なら破壊できるか、撃ち合わせますね。
信頼性ならば、カタログスペック<実戦結果ですが、無いなら代わりに実験結果で代用します。
カタログスペック<実験結果<実戦結果というのが現実です。
偽陸士
2022年08月09日 22:32
軍事大好き人間様。

>中学生のときって言ってるじゃん...

ごめんなさい。
そそっかしい性格で見落としてました。
Suica割
2022年08月09日 23:14
しかし、陸自はポイントずれていると思いますね。
現代の戦いは、制空権(今では航空優勢)が握れてないと、戦車は、見つかってしまうと、ただの的でしかないです。
そうさせないためには、対空兵器の充実を図り、相手航空戦力の妨害を図る必要があります。
上陸作戦というのは、難易度高いのを考慮すれば、対艦兵器で積極的な妨害を図る方が上陸させてから叩くよりは楽ですし、被害が少なく終わります。
それこそ、地雷での妨害や機雷装備への投資を行っても良いでしょうね。
そういう発想ではなく、戦車での激突を至上と思い込みがちな点がなってないなと思います。
山洞
2022年08月10日 10:45
自称陸自連中や戦車オタク界隈が次の30式戦車を開発しろ!とか喚いてるの見るとこの子ら現実見えてないのかなって思っちゃいますね
軍事大好き人間
2022年08月10日 14:49
前に捕虜になったロシア戦車兵の方が、「ジャベリンで致命傷になったのは、自分の経験上十発に一発。自分はジャベリン食らって失神した。」って言ってませんでしたっけ?Twitterでみたような...
だとすると増加装甲って結構効果的なんですね。車両はぶっ壊れますけど乗ってる人は生き残るでしょ。
戦車とかを揚陸できない中国兵も携行ミサイルの類は持ち歩くでしょうから。