【出し遅れの証文】今頃になって防衛予算の「事項要求」はズルいと言い出した記者クラブ、朝日新聞

防衛省、金額示さぬ「事項要求」100項目超 長射程ミサイル運用も
https://digital.asahi.com/articles/ASQ8N74L0Q8NUTIL004.html


>防衛省は来年度予算案の概算要求で、今年度予算比で約4千億円増となる5兆5千億円超とは別に、要求金額を示さない「事項要求」を100項目以上盛り込む方向で調整に入った。

>事項要求は、大まかな予算を要求する概算要求で、例外的に金額を定めず項目のみを盛り込むことが認められたもの。政府は2023年度の予算で、防衛や少子化対策などを対象とすると決めていた。

>全体で100項目以上にのぼる「事項要求」を盛り込む方針だ。同省では、事前に見通しの立ちにくい米軍関係経費を除けば事項要求は例年ほとんど盛り込まれていなかった。

>多数の事項要求が入ることについて「実質的には青天井となる。盛り込めるだけ盛り込んだ可能性がある」との見方もある。

>事項要求はコロナ対策などで認められてきたが、不必要な予算が多く計上されたとも指摘される。乱発されれば予算の膨張につながり、財政規律が損なわれかねないとの懸念がある。(成沢解語)

他の省庁は知りませんが、「事項要求」は第二次安倍政権から使われ始めた手法です。「事項要求はコロナ対策などで認められてきた」という記述は読者を誤らせる記述です。

事項要求の何が問題かというと、第一に金額を入れずに安易に要求を出せる。第二に金額を入れないので、財務省の査定が甘くなる。第三に概算要求金額を実際よりも小さく見せかける事ができます。新聞の見出しで「概算要求5.3兆円」でも事項要求の金額が3千億円ならば、本来5.6兆円の概算要求を過小に見せることができます。
これはある意味、納税者に対する情報操作と言えます。

普通の人は見出しに「5.3兆円」と書いてあれば、それをそのまま信じます。


これは第二次安倍政権から始まった悪癖であり、行政の透明性を危うくするものです。
それを記者クラブがグルになって報道しなかったといっていいでしょう。それとも第二次安倍政権まではそんなものはなかったわけで、この政権から官僚が急に無能になったのでしょうか?

実際にぼくは幾度となく事項要求に書いてきたし、大臣会見でもこれまた幾度となく質問をしてきました。当然ながら防衛記者クラブの記者もそこで認識をしたはずですが、後追いで記事を書かなかった。フリーランス風情の後追いなんぞしない、というプライド故か、
事項要求の問題点に気が付かなかったのでしょうか。そして今頃になって事項要求を問題にしている。いずれにしてもジャーナリストとしてどうかと思いますよ。

間抜けなんじゃないですか?

その程度の記者クラブの記者が、非会員やフリーランスを会見やレクチャー、その他の取材機会から締め出しています。このような報道アパルトヘイトにしがみついて、国民の知る権利を奪っているのは民主国家の基盤を脅かしていると思います。

今週の週刊ダイヤモンドの自衛隊と軍事産業特集。期待していなかったのでが大変面白いです。
軍事ビジネス&自衛隊 (週刊ダイヤモンド 2022年 8/27号) [雑誌] - ダイヤモンド社, ダイヤモンド編集部
軍事ビジネス&自衛隊 (週刊ダイヤモンド 2022年 8/27号) [雑誌] - ダイヤモンド社, ダイヤモンド編集部

Japan In Depth に以下の記事を寄稿しております。
10式戦車の調達は陸自を弱体化させるだけ(上)
https://japan-indepth.jp/?p=63876
10式戦車は生き残れない(下)
https://japan-indepth.jp/?p=68931


■本日の市ヶ谷の噂■
かつて陸幕の防衛部長が国産水陸装甲車を導入し、AAV7は第7師団転用と主張、との噂。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

やれやれ
2022年08月23日 19:02
「これは第二次安倍政権から始まった悪癖であり、行政の透明性を危うくするものです。」
悪癖というよりワザとでしょう。国民をミスリードしようとしていると思います。
補正予算で本予算のお買い物も意図的に防衛予算を少なく見せようとしているのでは?

「フリーランス風情の後追いなんぞしない、というプライド故か、」
余程無能なのか忖度しただけかと。

それにしても100項目、各項目平均10億円でも1000億円、100億円で1兆円...いや実質青天井でしょう。
どこに財源があるのか問い詰めたい案件ですね。

ミスターフリゲート
2022年08月23日 21:16
参考に
トヨタ・ダイナ出荷停止へ 日野の不正受け 「親会社として日野見守る」とのコメントも発表
https://news.yahoo.co.jp/articles/6dee87b3c16be93fc74e4c125a6c484bdad1311d

これどうなるんでしょうかね。自衛隊も高機動車や73式中型トラックも日野ですし。
それよりも日野の行方が気になります。ディーゼルから燃料電池や電気自動車にシフトすべきだと思いますし、そうなると思いますが
ミスターフリゲート
2022年08月24日 02:46
関係ない話ですが、
あるサイトで宇宙開発についてコメ欄がありまして、H3の開発が怪しい話がありましたが、
「日本人が調子乗って一丁前にロケット開発()なんてしなくて結構」「無用だろ。どうせいいところは全部アメリカがもっていく、それにどうせすぐさま軍事利用にはしって、これもアメリカの鉄砲玉にされるにきまっているし。」「じゃあ中国の宇宙開発を支援すればいいじゃないか。情報社会における優位性やら国益なんて日本に必要ない。日本が他国と競争して上位に立ったところで、日本人が彼らを散々に見下して自慰する未来しか見えないわ」と。
ビジネスチャンスや稼ぎ頭と反論してこのザマ。
まんま日本学術会議ですね。日本はダメで中国はいいとか。
偽陸士
2022年08月24日 06:54
ミスターフリゲート様。


>あるサイトで宇宙開発についてコメ欄がありまして、H3の開発が怪しい話がありましたが、


そんなとこ、行くんじゃありません。
他所の宇宙開発に手を貸す義理もメリットも在りません。
しかもデブリは撒き散らすわ、落とし物は多いわ。
そんなもんに関わるんじゃありません。

けど、その前に日本のロケットもよく堕ちた時期もありまして、あまり自慢出来る技術でも在りません。

難しい液体燃料のH-2より、造りやすい固体燃料のμ-5の方に資金と労力を注ぎ込んだ方が良かったかと。

軍事転用も簡単だし。
KU
2022年08月24日 08:05
>>>国産水陸両用車

それって、三菱のアレですか?

>[ウクライナの教訓 侵略半年]<2>ドローン 戦場変えた

https://www.yomiuri.co.jp/politics/20220824-OYT1T50006/

いくら国内に技術を持つ企業があるとはいえ、今までまともに目を向けた事は無いでしょうにねえ。特に防衛省自衛隊は。最近でこそ、まともな海外製の機体を買うようにはなりましたが、それでも周回遅れな感は拭えませんし。
やれやれ
2022年08月24日 09:22
1970、80年代の台湾で練られた日本人救出計画
現在の日本に台湾有事への備えはあるか
https://toyokeizai.net/articles/-/612928

台湾人の「頭の中」を支配せよ…中国軍と習近平の「制脳作戦」に、日本もまもなく襲われる
https://gendai.media/articles/-/98864

「超小型ドローン」で台湾要人暗殺…習近平と中国軍が考える「新時代の戦争」その恐るべき計画書
https://gendai.media/articles/-/98861

ご参考まで。
ミスターフリゲート
2022年08月24日 09:59
やれやれさん
>台湾人の「頭の中」を支配せよ…中国軍と習近平の「制脳作戦」に、日本もまもなく襲われる

そんな技術があるとは。それよりも恐ろしいのらネット工作部隊ですね。国防動員法で工作や破壊工作の恐れがありますし、既に在日中国人がたくさんいますし。
やはり入国時には国防動員法に参加しないことを誓わせ、今の在日中国人にもそれを義務付けるべきでは
偽陸士
2022年08月24日 10:45
ミスターフリゲート様。

他国の人に一方的に日本への忠誠を誓わせても、あてになりません。

独裁者に虐められてる実業家も、逆らって命の危険に晒されてる軍人や警官、独裁者の手の内をよく知る反体制活動家、ジャーナリスト。

彼等を見捨てず敵に渡さず受け入れ取り込み、日本人と共に戦ってもらうのです。
なんなら自衛官や警察官に登用してもいい。
スパイ狩りなんて日本人より巧いでしょうね。

無理強いでは人は動きません。
信じなければ信じてもらえません。

ミスターフリゲート
2022年08月24日 11:50
偽陸士さん
もちろん見捨てず受け入れるべきではありますが、少なくとも国防動員法には従わないっていう条件や約束しないと、破壊工作などしかねません。
それとも破壊工作されても構わないと?
ミスターフリゲート
2022年08月24日 11:56
偽陸士さん
補足。破壊工作されても構わないと?は少し言い過ぎました。
もちろん全ての在日中国人が国防動員法に従わないとは信じたいです。ですが保険は掛けるべきだと思います。性善説ありきで進めると痛い目見ます。
偽陸士
2022年08月24日 14:03
ミスターフリゲート様。


>補足。破壊工作されても構わないと?は少し言い過ぎました。
もちろん全ての在日中国人が国防動員法に従わないとは信じたいです。ですが保険は掛けるべきだと思います。性善説ありきで進めると痛い目見ます。


宣誓書など保険になりません。

性善説では無いのです。
国家の統治も競争に晒されなければならないのです。
日本人だろうと他国の人だろうと、日本の統治体制を選択してもらわなければ意味が無いのです。

市場言論統制のキツい国家と、ユルい国家の競争でなければならないのです。

すなわちこれは哲学と思想の闘いなのです。

住民の支持獲得(ハート アンド マインツ)はゲリラ戦の基本です。
住民が反発すればゲリラは浮いてしまい、軽武装な民兵にすら撃破されます。


豊かに自由に暮らしたいのは、信心深い不信心な者も、富める者貧しい者、全ての人々の願いです。

また、逆に統制社会は全ての人々の敵であり、貧困と格差と腐敗の根源である。

故に其処に住む住民の民主的手続きを無視する侵略者は、撃破しなければならない。
ミスターフリゲート
2022年08月24日 15:54
偽陸士さん
>住民の支持獲得(ハート アンド マインツ)はゲリラ戦の基本です。
住民が反発すればゲリラは浮いてしまい、軽武装な民兵にすら撃破されます。

なるほど。見捨てたり、約束の強要したりだと、余計反発して国防動員法に加担するリスクが高まるってことなんですかね?
とにかく一人でも多く国防動員法に加担しないで欲しいとしか言えませんね。でももし、多くが国防動員法に加担するって考えで破壊工作などをするってのは恐ろしいし、もしそうならどうしましょう?
偽陸士
2022年08月24日 21:53
ミスターフリゲート様。

>でももし、多くが国防動員法に加担するって考えで破壊工作などをするってのは恐ろしいし、もしそうならどうしましょう?

だからこそ、亡命者や難民を警察官や自衛官に登用するんです。

日本が負ければ彼等もただでは済みませんから。

冷戦時代から自国民より、敵国から逃げて来た人々の方が優秀なスパイキャッチャーになると相場が決まってるんですよ。
ミスターフリゲート
2022年08月24日 22:09
偽陸士さん
>だからこそ、亡命者や難民を警察官や自衛官に登用するんです。
日本が負ければ彼等もただでは済みませんから。
冷戦時代から自国民より、敵国から逃げて来た人々の方が優秀なスパイキャッチャーになると相場が決まってるんですよ。

もちろん亡命者を協力者にしたり戦力に加えるべきですが、自分が恐れているのは、「亡命者や難民でない在日中国人」が本国の命令で便衣兵となり、国内を破壊工作などをすることです。
偽陸士
2022年08月25日 00:01
ミスターフリゲート様。

>もちろん亡命者を協力者にしたり戦力に加えるべきですが、自分が恐れているのは、「亡命者や難民でない在日中国人」が本国の命令で便衣兵となり、国内を破壊工作などをすることです。


便衣兵にも当然有効です。

むしろ便衣兵対処に、彼等亡命者の協力が無ければ勝てません。

大平洋戦争の際にも日系米兵が、日本人捕虜の尋問、通信傍受に活躍しています。
ブロガー(志望)
2022年08月27日 21:41
お邪魔します。
 「少数の内輪だけでこっそりと決め(または多数には不都合な事はわざと教えない)、既成事実化してもう決まった事だとゴリ押しする」という日本で多く用いられる事の進め方ではないかと思われます。防衛予算の「事項要求」も既に既成事実化した、もしくは「北海道が次のウクライナになりかねない、もしくは米下院議長の訪台に伴う大規模演習で中国が"本気"を見せた中では些末な問題である。」と言い返せる状況になったから言っているのでしょう。その根底にあるのは日本の「和を以て貴しとなす」というか「和を乱す事自体を悪と見なす」考えがあるように思えます。そうであるが故に「何をどう言われようが嫌なものは嫌」と言う人間が出てくると何も決められなくなります。一方「全員を納得させなければ何も決められず何もできない」では社会は維持できないので、最初に述べたようなやり方が多用される事になります。皮肉な事に「和を絶対化する」事が却って「和」を損なっている訳で。