NSCが白といえば黒でも白になる「防衛装備移転三原則」

ウクライナに対して我が国は防弾チョッキやヘルメットなど防衛装備品の供与を決定ました。ですが本来「防衛装備移転三原則」は明確に紛争当事国には提供しない、ということが記されています。
確かに「防衛装備移転三原則」には「我が国の安全保障の観点から、特に慎重な検討を要する重要な案件については、国家安全保障会議において審議します」とありますが、「原則」をNSCが勝手に変えて、黒を白だと判断していいものでしょうか。

政府がNSCに白といわせれば、紛争地にミサイルやら潜水艦でも輸出することが可能ということです。そうであれば「防衛装備移転三原則」空文ということになります。どこにでも紛争当事国にすら、何を輸出しても構わない、ということです。
まさか、政府は防弾チョッキやヘルメットは「火の出ない玩具」だからいいというのでしょうか。そうであればAWACSも供与することができます。

供与にしてもせめて国会で議論してから行うべきではないでしょうか。政府の胸先三寸で、政府が決定した「原則」を簡単に曲がることは民主主義の否定ではないでしょうか。

「防衛装備移転三原則」
防弾チョッキのウクライナへの移転に係る審議について
https://www.meti.go.jp/press/2021/03/20220308004/20220308004.html

>国家安全保障会議四大臣会合での審議の結果、我が国からウクライナへの防弾チョッキの移転について、海外移転を認めうる案件に該当することを確認しました。経済産業省は、本件海外移転に関する許可申請に対し、外為法に基づき適切に対応していきます。

>断じて認められない力による一方的な現状変更は、欧州のみならず、アジアを含む国際秩序の根幹を揺るがす行為であり、これに対して我が国が国際社会と結束して毅然と行動することは、我が国の今後の安全保障の観点からも極めて重要です。そのため、ウクライナ政府からの要請を踏まえ、防衛装備である防弾チョッキを含む装備品等を迅速に供与することは、我が国の安全保障の観点から積極的な意義を有します。

>本件海外移転の仕向け先はウクライナであり、最終需要者はロシア連邦の侵略に直面するウクライナ政府であるため適切です。加えて、移転される防弾チョッキは下記のとおり適正管理が確保されることとなっているほか、防弾チョッキについては、諸外国や民間の同様の装備品と同等の性能を有するものであることを考慮し、我が国の安全保障上の問題はないと認められます。


>防衛装備移転三原則の運用指針の改正(令和4年3月8日)
ウクライナへの自衛隊の装備品等の提供に伴い、運用指針に定める「防衛装備の海外移転を認め得る案件」として「国際法違反の侵略を受けているウクライナに対して自衛隊法第116条の3の規定に基づき防衛大臣が譲渡する装備品等に含まれる防衛装備の海外移転」を追加しました。

「防弾チョッキについては、諸外国や民間の同様の装備品と同等の性能を有するものであることを考慮し」
これは失笑しました。自民党の先生方は我が国の個人装備は列国同等以上とでも、防衛省やら陸幕からレクを受けて真に受けているのでしょう。
ですが、88式鉄帽は既に時代遅れで、小銃弾が当たれば5センチも凹みます。防衛省は貫通しないから大丈夫と採用しました。そして今の主流である、内張りパットではなく、古いハンモック型ハーネスを採用しています。
当然当たれば脳挫傷は当たり前で、頭部に大きな被害を使用者は受けます。列国同等ではありません。
防弾チョッキにしても形状が実戦的とは言い難く動きづらい、しかも開発に関しては医官らの研究を退けて開発されました。ソフトアーマーも、プレートも大概怪しいと疑うべきです。
何しろ個人衛生キットが止血帯、包帯各一個で、米軍のIFAKに匹敵する主張していた「軍隊」です。弾当たることを前提に装備を開発しているのか怪しいものがあります。

更に申せば、戦略備蓄しているものを供与するならともかく、3型は陸自でもまだ普及していません。「自軍」への装備を後回しにしていいのでしょうか。



ウクライナは紛争当事国じゃない? 自衛隊の防弾チョッキ特例で提供 防衛装備移転三原則の歯止めどうなる
https://www.tokyo-np.co.jp/article/164468

>NSCでは三原則の運用指針を改定し、輸出先として「国際法違反の侵略を受けているウクライナ」を特例的に追加した。指針の改定には閣議決定や国会審議は必要ない。岸信夫防衛相は同日夜、「国際社会と結束して毅然と行動することはわが国の今後の安保の観点からも極めて重要」と説明した。

>第2次安倍政権は2014年、「防衛装備移転三原則」に転換し、国際平和への貢献や日本の安保に資する場合、紛争当事国向けなどを除いて輸出を解禁した。今回、ウクライナは国連安全保障理事会による対応が講じられていないことを理由に、紛争当事国には当たらないと認定した。


防衛装備移転三原則
https://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/nsp/page1w_000097.html

>(1)移転を禁止する場合の明確化(第一原則)
(ア)当該移転が我が国の締結した条約その他の国際約束に基づく義務に違反する場合、(イ)当該移転が国連安保理の決議に基づく義務に違反する場合、又は(ウ)紛争当事国(武力攻撃が発生し、国際の平和及び安全を維持し又は回復するため、国連安保理がとっている措置の対象国をいう。)への移転となる場合は、防衛装備の海外移転を認めないこととしています。


 実戦を想定していない「お飾り」の陸自装備を紛争国に提供するのは、ぼくは犯罪的な行為だと思います。欧米製の装備を着用していたら助かった命が失われる可能性は少なくありません。
そのようなことを岸田首相、自民党の国防族の先生方は考えたことがあるのでしょうか。

また、供与するのであれば、それらがどのように使用され、どのような効果があったか調査をすべきです。我が国ではありえない、貴重な実戦経験を得る機会です。これをのが捨てはないでしょう。

ですが、防衛省はやらないでしょう。
実戦では使いもにならなかったと分かれば、メンツを失うからです。
実戦を通じて不具合が露呈すればそれを、改良や開発に活かすべきですが、むしろ隠蔽して「ないこと」にするのが防衛省、自衛隊の体質です。
ですから何度も同じような過ちを繰り返し、税金を浪費するのです。

仮に自分が戦場取材をすることになったら、間違っても国産のヘルメットや防弾チョッキは使用しません。
命が惜しいですから。

■本日の市ヶ谷噂■
今回のワクチン大量接種センターも前回同様、N社などが不要な係員を多数送り込み、現場がむしろ混乱している。そして費用の多くが中抜きされていると医官たちは怒りまくり、との噂。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ミスターフリゲート
2022年03月09日 17:20
自国の防弾チョッキやベスト、ヘルメットなどがまともでないのに、他国を支援する余裕はあるのか、それをやるよりもウクライナの難民を人道支援した方がよほど有意義かと。
アンパンマンの作者である、故やなせたかし先生はこう言いました。
「どこかの国で戦争が起きると、戦争している国同士は両方正義だ、悪い奴をやっつけると正義が勝ったのだと言って戦っているけれど、子どもたちのことは見てやらない。そうして子どもたちは次々に死んでいきますね。だからぼくが何かをやるとしたら、まず餓えた子どもを助けることが大事だと思った」と
F-5
2022年03月09日 22:15
ウクライナへの支援物資を搭載した輸送機がP-2ではなくKC-767だったそうで、P-2はこのような事態の為に態々開発した機体のはずだったんじゃなかったかと思うのですが、とても不思議です。

タイポ報告

これをのが捨てはないでしょう。
これを逃す手はないでしょう。ですね。
F-5
2022年03月09日 22:17
書き込んでから気が付きましたがP-2じゃなくてC-2ですね。
お恥ずかしい。
七生報国
2022年03月10日 02:13
ウクライナ政府からは武器弾薬の提供を求められていたがそちらは法的根拠がないとの事で拒否したそうです。かと言って何も出さないではメンツが立たず、妥協案としてのヘルメットや防弾ベストなのでしょう。関係者には正直同情しなくもないですね。まあその手の「解釈改憲」がこの国には多すぎることが気になりますが。
なつみ
2022年03月10日 08:59
いかにも日本的な、なし崩し感。

日本製のヘルメット、防弾チョッキの不評ぶりが騒がれ、外圧がかかるのを祈るばかり。
Goodman80
2022年03月10日 10:21
米国に頼り切りの「核シェアリング」は日本の属国化をますます進めるだけ
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/69187
>もっとも、広島と長崎に対する無差別核攻撃によって数十万人の非戦闘員を虐殺したアメリカの核兵器を日本国内に配備して、その核兵器によって自らを守ってもらう、といった仕組みを日本自らが作り上げたならば、アメリカ側からますます馬鹿にされ、誇りなき国家として国際社会からも蔑まれることになるであろう。
 核シェアリングを含めて核武装に関する議論そのものをタブー視するのではなく議論を戦わせることは不可欠である。ただし、大量殺戮兵器であり、日本にとっては歴史的にも極めて特殊な兵器である核兵器に関する議論は「国家論」の分野の議論であることを忘れてはならない。

と極々真面な事を言っています。まあ、大概の日本人に誇りなど欠片も無いんですが。自分達の権利と利権さえ守られれば、主など誰でもいい官僚からすれば、些細なこと。ましてや家畜(一般国民とか愚民とも言う)の生命・財産など自分で守らせるべきもの。彼らにとってみれば、主に忠誠を誓い自分達はそのおこぼれで生きて行く、コバンザメ生命体。核シェアリングも主側(米国連合国)の都合で決められていく事でしょう。だって属国(ポチ国家)だもん。

偽陸士
2022年03月10日 14:01
>■本日の市ヶ谷噂■
>今回のワクチン大量接種センターも前回同様、N社などが不要な係員を多数送り込み、現場がむしろ混乱している。そして費用の多くが中抜きされていると医官たちは怒りまくり、との噂。


医官をタコ部屋に押し込み金を浮かせて、N社とやらに貢ぐ。
牢名主主権の日本の姿が顕になります。
折角、普通選挙秘密投票が保障されても、選挙民が囚人気質では宝の持ち腐れです。
衛生科が潰滅する事を前提に、次善の策を考えた方が良さそうです。

本来この分野には護衛艦、戦闘機、戦車減らしても三自衛隊ともこの分野は強化しなければならない筈です。
それが出来ないなら、衛生分野は
別の省庁に任せるのが良いかと。
そこから医官と衛生兵を派遣してもらうのが合理的です。


Goodman80様。

日本が核武装に至るまでに政治、憲法、技術、運用する兵員の教育と難問山積です。
核武装する前にサーモバリックを開発装備し、運用実績を積み上げるのが良いかと。
具体的にはコンテナに収まるIRBMを開発し、それをコンテナ船に積み込み日本近海を内航海運に紛れ込ませて遊弋させて観ましょう。

それで問題無ければフランスから原潜を買うのです。

次に人材ですが、海自の機関科に原子力部門を設置します。
そこからフランスに留学させて、その後に潜水艦勤務。
退職後は原子力発電所で勤務して頂き、有事の際にダミーコンにあたって頂きます。
また原子力発電所対抗で過酷事件事故の対処能力コンテストもしてもらいます。
電源喪失・津波・ミサイル・特殊部隊の襲撃・ドローン攻撃全て対応してもらいます。
これを電力会社の仕事じゃないからと言うなら、核物質扱うべきではありません。
原子力発電所に軍事力行使が無いとか、日本のテロリストは銃を持っていませんからと、視察に来た米海兵隊や米国務省を卒倒させた民僚(ビューロクラット)や官僚には、市場からご退場願います。

最近の核アレルギーの原因は、核兵器の威力でなく、原子力発電に関わる人々の無責任さが原因ではありませんかね?

そうすればオバマ・ヒラリーに没収されたプルトニウムや高濃縮ウランも帰って来るかも知れませんよ(笑)
Goodman80
2022年03月10日 16:16
偽陸士様
米国とオーストラリアで揉めている今がSSBNの導入をフランスから行うチャンスでしょう。ついでにミストラル級の導入も必要かと。英国のSSBNの方が個人的には好きなんですが、ミサイルが米国製なのでミサイル込みのフランスがベストでしょう。
19190213
2022年03月10日 22:02
私も仏からの購入をするのがタイミングとしては良いと思います。
ましてやこのご時世でこれを導入するのは各方面受け入れやすいかと思います。
やれやれ
2022年03月11日 00:12
「今回のワクチン大量接種センターも前回同様、N社などが不要な係員を多数送り込み、現場がむしろ混乱している。そして費用の多くが中抜きされていると医官たちは怒りまくり、との噂。」
その辺は安倍政権から何も進化していないのですね。
と言うか単に前回の大規模接種と同じことをしているだけかと。
問題点を何も顧みず同じことを繰り返しているから国が衰退するのかと。
マリンロイヤル
2022年03月12日 08:55
そもそも、武器輸出禁止になった時も根拠は国会答弁だけで、何の議論も無く禁止になってますし、所詮その程度の認識です。鉄帽や防弾チョッキがイカンなら、ハイラックスやランドクルーザーの方が武器として活躍してるから問題でしょう。


>>実戦を通じて不具合が露呈すればそれを、改良や開発に活かすべきですが、むしろ隠蔽して「ないこと」にするのが防衛省、自衛隊の体質


こっちの方が心配ですね。実戦データを取るチャンスなので。
ぬこちん
2022年03月12日 22:14
支援物資コンテナに紛れてこっそり特殊作戦群を送り込むくらいして欲しいものです💦