プーチンを倒したらどうなるか。西側はその後の出口戦略を考えているの?

ウクライナ報道ではとりあえずロシアを追い出せとか、プーチンを追い詰めろという論調が多いわけです。
ですが、やけになったプーチンの核攻撃を煽ることにもなります。西側は経済制裁でジリジリと真綿で首を締めています。これでロシア軍が全面的に敗北を認めて撤退すれば、プーチンの求心力は低下して、クーデターが起こる可能性だってないとは言えないでしょう。

経済制裁は軍事行動ではない、といえばそれまでですが、かつて我が国が真珠湾攻撃の大博打と対米戦争に打ってでたのは御存知の通りです。やられる方にしてみれば経済制裁は戦争と同じです。それを制裁する側が感じているかいないかは大きな問題でしょう。

やけになったプーチンがウクライナで戦術核を使う可能性は排除できないでしょう。その場合、クルマの幅寄せみたいにオラオラとやってきた西側はどう対処するのか。

ウクライナで核が使われたら、次に使うハードルは一気に下がります。そしてプーチンもバカではないから、権力を失った独裁者がどうなるかは知っているでしょう。カダフィやサダム・フセインがどうなったか子供でも分かる話です。
であれば、次は、NATOは手を引け、経済制裁を解除しろ、じゃないと今度はポーランドやドイツに核を打ち込むぞ、と脅したらNATOはどう対処するでしょうか。

NATOのメンバーでもないウクライナのために、それを無視して軍事援助を続けるのか。大人しく脅しに屈するのか。ロシアに対して核攻撃の報復をすると言い返すのでしょうか。

率直に申し上げて「身内」でもないウクライナにそこまで義理を尽くす必要なないと世論は判断するのではないでしょうか。

そうなると所詮NATOは案山子にしか過ぎないと、認識されることになり、今後の抑止力としての機能は相当毀損されるのではないでしょうか。

西側は自分たちが安全なところから犬を棒で叩いているイメージがあります。所詮ロシアは自分たちに反撃しないだろうと。ですがロシアからみれば既に西側は「敵」であるわけです。叩いていた犬から噛まれる可能性はあります。
問題は西側の指導者やメディアにその認識が低いことです。

更に申せばウクライナで核兵器が使用されれば、その核のゴミは西ヨーロッパに流れてきます。
戦術核で大したことないとしても、国民はパニックに陥るでしょう。当然経済も大打撃を受けます。

そしてプーチンが失脚する場合、プーチン後をどうするのか。
下手をすれば内戦が起こるでしょう。少数民族の蜂起もありうるでしょう。

リビア、エジプト、イラクで独裁者が倒れたらばどうなったか。独裁国家-独裁者=民主国家、にはならないわけです。我が国のように敗戦でリセットして民主国家となるには相応の条件があります。例えば天皇のような国民統合の象徴、宗教や民族的な対立がない、一定の教育水準等です。

独裁国家が独裁国家であるのは、民主主義にすると単に社会が混乱、分裂する可能性があるわけです。それは歴史が証明するところです。シンガポール、韓国、台湾にしても独裁政権の時代があったからこそ、人権の問題はあっても経済が発展して教育が普及して民主国家として基礎が築けたわけです。その土台なしに、民主化をすればどうなるか。
下手をするとマフィアが支配するような分断国家になる可能性あります。

プーチン失脚で内戦が起きた場合、国連やNATOは平和維持軍を出すのか。その費用は膨大になるでしょう。そしてイラク同様に、武器がゴロゴロ転がっているでしょうから、平和維持軍の人的被害も相当でるでしょう。
更にロシア軍の核兵器を誰が管理するのか。これがドサクサで消える可能性もあります。

また数百万単位で「白い難民」が欧州に流入してくるでしょう。トルコや中国などにも来るでしょう。我が国にも来るかもしれません。その難民の受け入れコストを国民が是とするのでしょうか。

その経済的、人的コストに国際社会が耐えられるのか。
更に申せば、そうなった場合に、中国がどう動くでしょうか。どさくさに紛れて、シベリアに拠点を作って、移民を増やして実効支配を画策する可能性もあります。
そうなれば中国の一人勝ち、ということになりかねません。

果たして西側の指導者やメディアはそこまで考えているのか、大変疑問に思います。

■本日の市ヶ谷の噂■
防衛医大の医学研究科(博士課程)は医官の早期退職多数に上り、医官だけでは定員割れ、このため医師以外の医療従事者に開放されて久しい状況、との噂。


European Security & Defence誌 2月号に寄稿しました。
Japan's Defence Budget –an Issue of TransparencyP68~69)
https://euro-sd.com/wp-content/uploads/2022/02/ESD_2_2022.pdf
ESD_2_2022_p68-69 Kiyotani, VP from Tokyo_page-0001.jpgESD_2_2022_p68-69 Kiyotani, VP from Tokyo_page-0002.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ミスターフリゲート
2022年03月07日 12:53
実際第一次世界大戦で、イギリスやフランスはドイツに理不尽極まりない要求を突きつけたことで、ナチスというもっとヤバいものを生み出すきっかけを作ってましたし。確かに無計画さはあります。とにかくロシアに進撃をやめさせて停戦させないといけないでしょう。それもこれ以上の制裁はなしで
偽陸士
2022年03月07日 14:16
多分日本人は誰も出口戦略なんて考えていないでしょう。

けれどウクライナからロシア追い出せで他の西側諸国同様、のたくって動いていくでしょう。

最悪、ロシア内乱分裂まで行くと思います。
ひょっとしたらハナからそれが西側の狙いかも。

核兵器の闇市場への流出もあるかと。
日本としてはこれをどうするか考えて置くべきです。
テロリストに身代金を払うか、武器商人から買い戻すかでしょう。

ただそこまで行く前に、露・ウ間の仲裁プランの方が容易だとおもいますが、そんなのは宗主国が許しません。
日本も過去、誤算に次ぐ誤算で行くとこまでいったわけですから、今回も同じコースを辿るでしょうし避けるのは不可能かと。

ただシベリアは現状でも中国人が多数流入し住み着いているそうですから、いずれ中国にいくか独立ないし自治権の獲得までいきます。
またその方が地域の安定になります。
Goodman80
2022年03月07日 14:25
高市早苗「よその国をアテにして国民は守れない」
「私たちは非核三原則を議論しなければならない」
https://toyokeizai.net/articles/-/536764
>高市氏:安全保障戦略を議論するときにタブーがあってはいけない。確実に日本が日本の力で日本を守れる、こういう体制を作っておかなければ(ならない)。よその国を完全にあてにしていては国民の命は守れない。
普通に普通の事を話しているだけだと思うんだが、この国の国民はタカ派と右翼思想と言い出すんだよな。米国がとか国連がとか言い出す連中は、自分達が何もしなくても誰かが守ってくれると思っているのだろうか。それとも政府が転覆して他の国に占領されても、お上が変わっても自分達の生活に変わりは無いと楽観しているのだろうか。ロシア抑留で女の子に体を差し出させて生き延び、帰ってきた途端に売女呼ばわりした国民だから、こんなもんなんだろう。
自衛隊員が戦闘で無駄な死を迎える事の無いようにお願いしたい。戦闘で人々を守っても、後で「人殺し」とか平気で言いそう。
やれやれ
2022年03月07日 14:38
本当はプーチンが諦めて撤退するのが最良ですが、下手すると身内から反乱が起きて暗殺されるかも知れませんね。
今回の出兵を両手を上げて喜んでいる人が何人いる事か。
成果が上がらない上に経済も悪化、戦闘の膠着状態も解決しないでは作戦や指導力も問われるでしょう。
戦局や情勢を見て落とし所を考えて無いとしたら旧日本軍並みの頭の悪さと言う事になってしまいます。
当初数日で決着するかと思われた侵攻作戦ですが色々杜撰な作戦や見通しでは如何に大軍で押し寄せようともうまくいかないと言う事です。
泥沼化する前に停戦しないと勝つまでやる、目標となる結果が得られるまでやると考えていたとしたら大惨事大戦…第三次大戦になりかねません。
その場合窮鼠と化したロシアが戦術核を本当に投入するやも知れません。結果止めどない応酬で最後は戦略核の撃ち合いなんて最悪のシナリオに成りかねない。
プーチンにはそろそろ現実の厳しさを知って欲しいと切に願うばかりです。
Goodman80
2022年03月07日 14:49
カズレーザー 橋下徹氏のロシアの侵攻巡る意見に「どこを妥協点にするかはウクライナの人々の判断」
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/03/07/kiji/20220307s00041000271000c.html
お笑い芸人の意見が元政治家より正解に思えるのは私だけでしょうか。ウクライナの大統領も元お笑いタレント(役者?)だったらしいから、どこぞの口だけ総理さん達とごそっと入替って貰った方が良いんじゃないだろうか。
偽陸士
2022年03月07日 21:27
民主主義を是とする日本が義務教育をするとなると、そのイデオロギーは民主主義であり、その成立過程に力点が置かれるのは無理からぬ事です。

ですが、もうそろそろ部族社会や封建制社会から独裁制に移行する過程も教育に含めないと他国への理解どころか自分達が何者なのかも説明出来ません。

これでは他国とのまともなお付き合いは難しいでしょう。
七生報国
2022年03月08日 03:22
西側諸国というかアメリカの狙いはロシア・プーチンではなく意外とウクライナ潰しなのではないかと思います。
ユーロマイダン以降ウクライナ軍需産業は最大の得意先であるロシアを失いましたがその後釜に収まったのが中国・北朝鮮でした。
北朝鮮の核ミサイルにウクライナの技術や部品が用いられたりウクライナの軍需企業が中国に次々買収されて行くのをアメリカは苦々しく思っていたのではないでしょうか。
宿敵ロシアと戦っている友好国ゆえに下手に介入できない、ならいっそロシアにやらせれば…なんて悪魔的な発想に思い至ったとしても不思議ではありません。
ウクライナの中朝への技術流出が防げる上ロシアの消耗や国際的孤立も招けるのですから一挙両得です。
それならアメリカが初めにロシアの侵攻ありき、開戦後どうするかばかりを語っていてどうも本気で戦争を回避する努力が見られなかったのも納得だと思うのです。
という訳で私の見立てではプーチンやロシアどうこうよりウクライナの(ロシアによる)完全焦土化こそがゴールだと考えています。限定的な核使用などされたらもう最高でしょうね。そのため今後さらに強力な兵器をウクライナに供与してロシア側の強烈なリアクションを引き出して行く事が予想されます。
2022年03月08日 10:00
>我が国のように敗戦でリセットして民主国家となるには相応の条件があります。

日本は戦前から民主国家ですが?
少なくとも、リビア、エジプト、イラクとはまったく異なります。
偽陸士
2022年03月08日 13:20
2022/03/08 10:00

>日本は戦前から民主国家ですが?
少なくとも、リビア、エジプト、イラクとはまったく異なります。

言論統制付きの民主制ですか。(笑)

戦前ならここのブログ主様から投稿者全員、小林多喜二同様に殺されてますね。

中東の人々が聞いたら気を悪くするでしょうよ。
Goodman80
2022年03月08日 16:10
核兵器を巡る悪循環 存在する限り、使われる脅威はなくならない現実
https://dot.asahi.com/aera/2022030700050.html?page=1
兵器は使われるために存在する。核兵器の保有国に対して非保有国は全くの無力。竹やりを振り回しながら、B29の焼夷弾に焼かれる日本人の再来と成るだろう。まあ、今はボタン一つで日本中、人っ子一人いない焼け野原になるんだが。
日本人の平和ボケに世界が合わせてくれることなどないのだが、こんなことを言うやつは右翼で非国民だから、誰も耳など貸すことなど無い。
ミスターフリゲート
2022年03月08日 18:30
goodman80さん
>日本人の平和ボケに世界が合わせてくれることなどないのだが、こんなことを言うやつは右翼で非国民だから、誰も耳など貸すことなど無い。

そうは言っても、ニュークリアシェアリングの実態は抑止力にならないどころか我が国を放射能まみれにしてしまうだけの可能性がありますし、そもそも核保有自体、北朝鮮のような末路にもなりかねないため、オススメできないかと。議論するなとは言わないですが、個人的には非推奨です。
Goodman80
2022年03月08日 23:57
ミスターフリゲートさん
日本と戦争状態となる国家は限られており、その殆どは核保有国です。日本が核攻撃された場合、誰かが日本の為に核攻撃を相手国にやってくれますか?自国も核攻撃される可能性が高まるのに。
ミスターフリゲート
2022年03月09日 10:57
goodman80さん
難しいですね。中国は安全保障では仮想敵国とはいえ、経済面ではいろいろ深く関わってますし、関係悪化は経済面にも悪影響があるゆえ、なるべく避けたいもの。左翼みたいですいません。
どうしても核保有するなら、案はこうです。弾道ミサイル潜水艦は導入するが、核弾道ミサイルはまだ導入しない。つまり発射方法は用意しておいて、あとはタイミングで核弾道ミサイルを導入すればいつでも攻撃できると牽制すれば良いのではと考えました。
F-5
2022年03月09日 20:40
>ミスターフリゲートさん
> 弾道ミサイル潜水艦は導入するが、核弾道ミサイルはまだ導入しない。つまり発射方法は用意しておいて、あとはタイミングで核弾道ミサイルを導入すればいつでも攻撃できると牽制すれば良いのではと考えました。

 それは韓国が実行中で、後は核弾頭をどうやって入手するかまで進んでいます。

 
19190213
2022年03月10日 15:12
個人的には分析に際して西側をもう少し細分化するべきかと思います。
西側①(ランドパワー国家群:EU)、西側②(海洋国家群:米国、英国等)それと東側ランドパワー国家群③(露、中国)ですかね。

米国も露をナンバー2に匹敵する国家と今は見做していないんではないかとおもうんですよ。
あの苛烈だった旧ソ時代のような圧力は存在しているようで既に影のみとなっていますし、EU及びNATOだって準備さえしておけば杞憂程度にしか考えていないんじゃないかとも思います。
①視点から見てもはっきり言ってウクライナを露から剝ぎ取って彼らを刺激するメリットを感じません。

ただし、①と③は近年経済的な関係が非常に近くなってきていて切っても切れぬような関係になりつつあります。
欧州を再び世界の中心に或いは第三勢力として考えるならば当然とも言えますが、②特に米国からすれば目の上のたん瘤あるいはじゃじゃ馬とも思えたんではないでしょうか。
実際、米中貿易戦争当初のEUというのは米国の独りよがりな保護主義として反意を示していた訳で米国にとって自由に盤面を動かせる状態でなかったと言えます。

①と③の距離感が近すぎる。彼らを利益相反させるには、古く古くから綿々と続いてきた配役に戻すという強引な方法に出たのではないでしょうか?

ウクライナと露はいわば当て馬で、本当はEU圏と東側を切り離す為の前準備にすぎないんではないでしょうか。

米国にとっての脅威は中国であって中国の外堀を埋め手足をそぐ前段階なんではないかとも思えてならないです。
これほどまでに大きな制裁を喰らい通貨が棄損されていく様を見ればこれ以上にないプレ対中包囲網ともなりますし、当の中国でさえ露と一蓮托生と行くわけにはいかないので微妙な距離感を見せています。

究極的に言えばウクライナが潰れようが潰れないがどちらでもOKというのが米国の出した答えなんじゃないですかね。
EUと東のカットオフは現に成功したわけですしね。
ブロガー(志望)
2022年03月13日 20:40
お邪魔します。
 思えば「昔からロシアにやられ続けてきたウクライナが、旧ソ連の崩壊等で弱体化したロシアに対し旧西側の威を借りてやり返そうとしたが、やられっ放しになる程にはロシアは弱体化していなかった一方、旧ソ連とかなら兎も角今のロシアに瞬殺される程ウクライナは弱くなかった。」という事ではないかと思ったりもします。チェコ動乱やアメリカのパナマ侵攻のように反対派等を瞬殺できなかった以上ロシアが勝つのは非常に困難でしょうが、湾岸戦争の時のようにウクライナ等に大量の軍隊を投入とかはできない以上、ウクライナやNATOが早急に勝つというのも難しいでしょう。双方共に決め手を欠いた状態の中で消耗と犠牲だけが増え続けるでしょうし、もしかしたら事態の打開等を狙ってもしくは一矢報いるために例えば原発破壊といった事が起きる可能性も否定できません。もはや「出口戦略」どころか「もはや誰にも制御できない」状態に陥っているのではないかと危惧しています。となれば今やるとすれば「事態の解決または改善」よりも「如何に自国が巻き込まれないか」ではないかと思ったりもしますが、今の日本が臆面もなく保身に走るには世界に於いて無名ではない事が悩ましいです。第一次第二次大戦で衰退する欧州に支援をするような形で取って代ったのがアメリカですが、中国は当時のアメリカのような「上昇しつつある大国」のようには見えません。何せ昔から「周りから如何に奪われないか。」でやって来た国なので。