自衛隊の衛生部隊は無能主流派により壊滅状態

自衛隊の衛生部隊は壊滅状態にあります。

戦傷医療はもちろん、航空や潜水医療などのエキスパートが事なかれ主義の主流派から疎まれ、左遷されたりしてどんどん自衛隊をやめています。この3月末でも医官が相当やめるようです。
そしてやめるのは外部で食っていく能力がある医官ばかりで、その能力がない医官は主流派に取り入ってしがみついています。
某南西諸島駐屯地配置に際して、地元協力の目玉は駐屯地の医官が、地元の診療所に週に数回診療にいき、医療レベルの嵩上げがありました。ところがその医官がヤブで、地元から来なくていいと拒否されました。

離島防衛と救命医療
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO58829800V00C22A3EA3000/
(安全保障エディター 甲原潤之介)

>米軍は00年代にアフガニスタン戦争やイラク戦争を経験した。銃弾を受けたり、手足に重傷を負ったりした兵士が続々と運び込まれる医療現場に入った軍医らがノウハウを受け継いでいる。自衛隊には実体験がない。

だから米国など戦傷医療の教育を受けさせているわけですが、そういう教育を受けた医官やメディックが自衛隊の衛生を変えようとすると、邪魔をするわけです。そしていつまでも昇進させない。現状維持が一番というわけです。更に申せばそういう教育を受けていないから引け目と嫉妬もあって嫌がらせをするわけです。

こういう陰湿な嫌がらせといじめのために専門知識を有した、現状のことなかれ、あるいは実戦を無視した体制をかえようという医官はどんどんやめていきます。防衛医大病院では4名以上の医官がやめます。

>(医官の)数は足りているのだろうか。防衛省担当者の国会答弁によると、医官は陸海空自衛隊あわせて21年3月時点で990人。内科医や眼科医などが多く、救急救命の専門は少数派だ。外科専門医は50人、救急専門医は20人という。

医官の部隊充足率は2割強に過ぎません。そして少なからずが駐屯地を掛け持ちしているので、実態はもっと低いでしょう。

そして外科医といても戦傷医療の教育や技術を持った人間は殆どいません。少ない医官は自衛隊病院をどうにか回すために病院に
歴代の防衛大臣は官僚の「ご説明」の通りに、有事には病院の医官を前線に回すといっていますが、そら絵ごとです。まず戦傷医療の専門家ではないので役に立たない。外科としても能力が怪しい。自衛隊中央病院ですらつい最近まで救急指定病院ではありませんした。

それから眼科や歯科もその分野では戦傷医療ができないといけません。例えば銃創による、口腔部の破損ではその手当や修復技術が必要です。これは人民解放軍は自衛隊よりはるかに高いようです。

諸外国ではや専用のAEDはマストアイテムであり、途上国でも普及が進んでいます。
ですが陸自のメデックは装備されていない。それで問題がない思っている。
だから駐屯地ではどこでもAEDがあり、隊員は講習をうけているのに、メディックは装備にないからと
教育課程にはいってもいない。

>救命医として長年取り組み、21年の衆院選で政界に転身した松本尚氏は警鐘を鳴らす。「離島奪還の上陸作戦で傷ついた兵士を助けるのに十分な数ではない。技術も足りていない」と話す。

その原因は現実をみずに、保身と現状維持だけを目論んでいる衛生主流派に原因があります。更に申せば内局の衛生監は厚労省からの出向であり、軍事の医療に明るいわけでもない。自衛隊の衛生を改革するならば、外部からの圧力、特に政治の力が必要です。
防衛大臣も衛生からの「ご説明」ではなく、セカンドオピニオンを重視して改革すべきです。

>新型コロナウイルスワクチンの大規模接種でも民間の派遣看護師らと共同でセンターを運営してきた。自衛隊幹部は「民間と一緒に仕事をする経験を積み重ねることは、万一の有事の際にも生かせる」と語る。

衛生の幹部でしょう。大本営発表ですよ(笑
現場の医官でこういう意見は皆無でしょう。本来業務の病院を回るだけでも手一杯の状態で、看護官の夜勤シフトを組むのも苦労していることろに自衛隊を便利屋としてつかっているだけです。何ら必要なノウハウが身につくわけでもなく現場を疲弊させただけです。
民間にまかせればよかった話です。自衛隊を出動させると政権のやった感がでるからつかっているだけです。

民間医師は1時間1~3万円の手当がもらえるが医官の手当は一日3千円。一泊3千円の安ホテルに押し込まれて外出禁止、まず弁当を食わされる。これが3ヶ月という約束は履行されずに延長。そして懲りずに今年も大規模接種センターを自衛隊にやらせた。さらなる医官の離職が増えることになると思います。

この記事を執筆した安全保障エディター、甲原潤之介さん、日本を代表する経済媒体の軍事の「専門家」がこんなヨタを信じて書いていちゃだめでしょう。

ぼちぼち、問題ある衛生の「偉い人」たちを実名で告発すべく用意を整えるつもりです。

■本日の市ヶ谷の噂■
アフガニスタンに派遣された救急専門医は上層部から相当なハラスメントを受け、3月末に自衛隊に見切りをつけて退職、との噂。


European Security & Defence誌 2月号に寄稿しました。
Japan's Defence Budget –an Issue of TransparencyP68~69)
https://euro-sd.com/wp-content/uploads/2022/02/ESD_2_2022.pdf

ESD_2_2022_p68-69 Kiyotani, VP from Tokyo_page-0001.jpgESD_2_2022_p68-69 Kiyotani, VP from Tokyo_page-0002.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

やれやれ
2022年03月06日 18:45
「そら絵ごとです。」
絵空事かと。
内容が余りに酷いのでじっくり読んでコメントします。
自衛隊の医療も終了の様で…
ミスターフリゲート
2022年03月06日 19:05
もはや医官や衛生部隊よりも彼ら以外=民間の病院などに任せた方が早いと思ってしまいますが、そうもいかないでしょう。従軍したことで有能な医師らまで失うのは惜しいのですから。どちらにせよ、一刻も早く改革は急務です。
KU
2022年03月06日 19:48
女性の嫉妬もなんですが、男の嫉妬もかなりのモンですね(´Д`)。こんな有り様で政権の人気取りのために、集団接種会場を任されたりするんですもんね。そら、やってられませんわ。
やれやれ
2022年03月06日 23:13
「そしてやめるのは外部で食っていく能力がある医官ばかりで、その能力がない医官は主流派に取り入ってしがみついています。」
医者の能力がある、或いは覚悟がある人材は逃げ出して、医者としては使い物にならない残り滓だけが自衛隊に溜まっていくって事でしょうか...

「そういう教育を受けた医官やメディックが自衛隊の衛生を変えようとすると、邪魔をするわけです。そしていつまでも昇進させない。現状維持が一番というわけです。」
まるで今の日本の社会、会社そのものですね。
まあ社会の縮図が自衛隊というのも十分ある話なので現状を打開したくない、今だけ(自分だけ)良ければそれでいいと言うには自衛隊だけの問題とは言えないのですが、それにしても...大企業病と同じですね。

「更に申せばそういう教育を受けていないから引け目と嫉妬もあって嫌がらせをするわけです。」
ならばトップも含めて医官、看護官全員に教育を施すべきでしょう。

「内科医や眼科医などが多く、救急救命の専門は少数派だ。外科専門医は50人、救急専門医は20人という。」
これが本当なら終わっていますね。なんか町医者の割合と似ているような...今は医療ミスが有っても無くても訴えられるので外科とか小児科、産科など生死に直結する医者は嫌われる傾向にあります。でその可能性が低い眼科、耳鼻咽喉科や歯科(最初から医師を目指さない)が好まれ歯科だらけになってしまいました。志高い人でも無い限り不人気の方の医師にはなりたがらない傾向があります。ましてや救急医療は仕事もシフトもキツイ上に生死に直結ですから生半可ではできない(仕方なくやらされている人がいるかどうか知りませんが)。自衛隊の医官も民間と同様ではお話になりません。総合的な見地から内科医が多めになることは仕方ないですが外科や救急が少な過ぎるのは論外です。イザと言う時は最も働いてもらわないといけないですからね。

「更に申せば内局の衛生監は厚労省からの出向であり、軍事の医療に明るいわけでもない。」
マジですか?そんなことで良いのでしょうか?
もう土下座して米軍から医官を派遣してもらって軍医のあり方から含めて一から鍛え直してもらっては?
酷使様もここまで自衛隊が平和ボケだとは思っていないでしょうね...
本当に戦争しないから、戦争も戦闘も起こらない前提でしか物事を考えてないのですね...戦争やらない前提でもこれは無い。それならそもそも自衛隊の存在意義が無いことになります。自己否定もいいところ。普通の国家公務員でドンパチが始まったら真っ先に逃げるのでしょうね。

「有事には病院の医官を前線に回すといっていますが」
個人的想像ですが、その時は普通の医者を徴兵して前線に回すでしょうね。そうしないと前線の医療が回らなくなりますから。お前ら愛国心を見せろとかそれでも日本人かとか酷使様に後ろ指を刺してもらうとかしてイヤイヤでも。

「これは人民解放軍は自衛隊よりはるかに高いようです。」
負傷して捕虜になった方がマシかもしれませんね...
そして実態をしって泣きながら中国軍の方がマシだったと嘆くわけです。で有ること有ること全部話して尋問官をゲンナリさせてしまう所までがお約束でしょうか。

「そして懲りずに今年も大規模接種センターを自衛隊にやらせた。さらなる医官の離職が増えることになると思います。」
医官が逃げ出すことはさして重要な事ではないのでしょうね。国にとっても自衛隊にとっても(呆)。
忠誠心や愛国心だけでは食っていけませんから。
それ相応の報酬があってこそでしょう。無ければ逃げるだけです。平時だしゲリラやパルチザンじゃないですからね。
臭い飯だけじゃ頑張れないですよ。

「アフガニスタンに派遣された救急専門医は上層部から相当なハラスメントを受け、3月末に自衛隊に見切りをつけて退職、との噂。」
...終わってますな。彼らにとっては目の上のたんこぶなのでしょう。

やはり有事の際は医者を強制連行してでも徴兵することになるんでしょうね...
Goodman80
2022年03月06日 23:34
昔何か同じような記事が有ったので探して見ると
パイロットに育成費返還義務 自衛官の早期退職防止―防衛省検討
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021071800217&g=pol
っていうのがあって別に医官だけの話では全く無い訳です。なぜ辞めていくのか、どうしたら辞めないのか、とかなど全く考えずに、辞めるんだったら金を返せなどと言うヤクザな事を考え続ける体質が改善されない限り、有能な人材から辞めていく現状は益々拡大していく事でしょう。
偽陸士
2022年03月07日 11:25
この問題で自衛隊衛生科に自浄作用が期待出来るか微妙ですね......

ならば軍事顧問団を招き彼等が改善命令を出せる様に、自衛隊法を改正するのが良いかと。
のの
2022年03月07日 11:30
>某南西諸島駐屯地配置に際して、地元協力の目玉は駐屯地の医官が、地元の診療所に週に数回診療にいき、医療レベルの嵩上げがありました。ところがその医官がヤブで、地元から来なくていいと拒否されました。
 
 
どこの島での話でしょうか?

ここ最近で駐屯地を配置した南西諸島の島と言うと、「宮古島」「与那国島」だと思うのですが、「宮古島」には県立病院もあり、「医師不足ではない」とは言えない状況だとしても自衛隊が「医療レベルの嵩上げ」をしなければならない状況でもないと思います。「与那国島」の駐屯地には医官が配属されていると聞いていますが、医官が地元診療所に派遣は聞いた事がありません。レントゲン技師の派遣はあるようですが。
キヨタニ
2022年03月07日 12:00
どこというとネタ元に迷惑がかかるので。

>ののさん
>
>>某南西諸島駐屯地配置に際して、地元協力の目玉は駐屯地の医官が、地元の診療所に週に数回診療にいき、医療レベルの嵩上げがありました。ところがその医官がヤブで、地元から来なくていいと拒否されました。
> 
> 
>どこの島での話でしょうか?
>
>ここ最近で駐屯地を配置した南西諸島の島と言うと、「宮古島」「与那国島」だと思うのですが、「宮古島」には県立病院もあり、「医師不足ではない」とは言えない状況だとしても自衛隊が「医療レベルの嵩上げ」をしなければならない状況でもないと思います。「与那国島」の駐屯地には医官が配属されていると聞いていますが、医官が地元診療所に派遣は聞いた事がありません。レントゲン技師の派遣はあるようですが。
事情通
2022年03月19日 09:03
衛生幹部自体が能力低いし、そもそも優秀な人は他の職種もだけど学位取ったり、経験積んだら退職してしまいます。

衛生は数も少ないから、本来とは異なる運用で薬剤幹部に装備開発とかやらせてるから、こうなるんですよ。
陸幕衛生部なんて中途半端な薬剤幹部ばかりですよ。

末端隊員
2022年03月20日 17:03
有能な人材から辞めて行くと言えば、研究開発分野の陸自だと技術系幹部もどんどん辞めてますよ。
ごちゃんねるのスレにも色々書かれてますけど、まず、開発アイテムが無いからプロジェクト管理みたいな業務が無いし、陸自特有の下らない仕事が多いから、博士、修士持ちが辞めて行きます。そして上司には田川とか河口みたいな奴ばかり。
優秀層が抜けるから二番手、三番手みたいのが要職に就いてますます組織がおかしくなる。
富士の開発実験団なんて顕著ですよね。
国産に拘らずに、開発実験団も縮小した方がいいです。
清谷さんには技術系幹部離職問題を追求して欲しい。