円安で溶ける防衛費

急激な円安が進んでおります。

円急落招いた、異例の「連続指し値オペ」 黒田ライン割れで日銀は
https://www.asahi.com/articles/ASQ3X73VZQ3XULFA022.html?iref=comtop_7_01
>日銀はどこまで円安を容認するのか。円安が長引けば、原油などの輸入品の値上がりに拍車がかかり、景気を冷やしかねないだけに、市場では日銀の出方を注視している。
>日銀は市場にこうメッセージを出すことで、金利を抑える姿勢を強く打ち出した。これを受け、金利が低い円よりも、金利が高いドルの方が運用益などが得られるとみた市場で、円売りドル買いが加速。同日朝には1ドル=122円台だった円相場は、123円台まで下落した。
>だが、日銀の思惑とは裏腹に、肝心の長期金利はむしろその後、再び上昇に転じ、日銀が上限とする0・25%まであっさりと上がってしまった。

> 日銀の黒田東彦(はるひこ)総裁が円安の行き過ぎに警戒感を示す水準について、市場では1ドル=125円近辺としていて「黒田ライン」と呼ばれている。

>日銀の黒田総裁はこれまで、「円安は経済にプラスに作用している」と述べ、円安を容認する姿勢を強調してきた。


この円安は企業や国民生活だけではなく、防衛予算にも大きな影響を与えます。
例えば1ドルが110円の想定だった場合から、150円になると36パーセントになります。例えば1機100億円の航空機を米国から輸入すれば136億円になる、ということです。現在防衛省の装備調達では米国からのFMS(優勝軍事援助)が多くを占めますが、その他の国からの輸入品も少なくありません。

「国産装備」にしても大きいものはエンジンから、小さなものはコネクターの類など少なからずコンポーネントは外国の供給に頼っています。これらも相応に値上がりします。
当然ながら完成品だけではなく、部品や消耗品、弾薬の類も値上がりします。

 そして艦艇、車輌、航空機の使用する燃料も大幅に値上がりします。そもそも原油などが大幅に値上がりしている上に、円安によるコスト高騰ですから燃料費の確保は大変です。のみなず、基地や宿舎などで使用する電気料金も当然ながら値上がりします。

 食料も値上がりしますから、防衛費の約4割を占める、人件糧食費も値上がりします。

 今年度の予算を昨年度の補正費を、本来補正ではありえない「お買い物予算」あるいは「第二の防衛予算」化して、防衛費を過小に見せかけていますが、実態は6兆円です。
同じレベルを維持するだけでも1~2割防衛費を増やさないといけなくなるのではないでしょうか。そしてその原資は恐らくは将来の国民が背負うであろう国の借金によって賄われます。

アベノミクスという荒唐無稽な詐欺同然の経済対策、そして同じく荒唐無稽な黒田日銀の金融政策が10年も掛けて日本の経済をおかしくしました。そもそも異常な上に、金融緩和で、2年でインフレ率2パーセントにする、できなければ2年でやめると言ったのにもう10年も日銀総裁の地位にしがみついています。
無能でしかも嘘つきの老人が日本経済を奈落の底に突き落とそうとしているのに、政府は何もできません。この国の将来が大変不安になります。

■本日の市ヶ谷の噂■
海上自衛隊の潜水医学実験隊には既に潜水医学の専門家はいない。既に訓練が業務であり、研究は業務ではないなどと言い出している始末、との噂。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

Goodman80
2022年03月29日 17:42
「尖閣警備、警察権では限界」 元海上保安庁警備救難監・向田昌幸氏
https://www.sankei.com/article/20220328-5GPLKDMQE5KPHDXARVZR3ULE7Y/
「海の上」すべてが担当海域の海上保安庁の筈で6500tとかの大きなお船を一杯作ったのは何の為だったんでしょうか?大時化で危ない所へは海自に行かせる海保って必要なんでしょうか?お金持ちのクルーザーには文句を言わず、漁船等にはいちゃもんを言い、中国公船を漁船から守り、完全に岡っ引きとしか思えません。
漁民さんには申し訳ないんですが海上保安庁は領海内のみ担当範囲にして、沿岸警備隊に。それより外は海自地方隊を拡大して国境警備隊に。何もしないのに大きな船を作って無駄な税金を使った海保は全額、給料及び年金から返済させる。大型船は不要なので外国等に売れればその分は控除する。余った人員は海自地方隊や上級官庁で引き取り。海保に1000t以上の船など必要無いでしょう。
ミスターフリゲート
2022年03月29日 18:27
円安とかはコントロールできるものじゃないゆえ、消費税減税やトリガー条項発動でダメコンするしかなさそうです。
しかし逆に言えば、防衛費の内訳や規模、部隊編成の見直しのチャンスとも言えます。
ニッキー
2022年03月29日 19:22
無能な老害や既得権益にしがみつく寄生虫どもを一掃しない限りは経済の活性化もへったくれもないですね。教育なんかもその手合いが牛耳ってます。その連中を排除はできないだろうから、この国は終わりです。将来性なんて全く無いですよ。私はもう日本のことは見捨ててます。
偽陸士
2022年03月29日 21:50
Goodman80様。

確かに海保は国境警備隊の任務を引き受けるつもりはないようですね。
一時、期待もしていたのですが、これはどうにも。

そんな組織に多額の予算を廻すほど、日本には余裕はありません。

ですが、救難は必要ですし海保が保有する船舶や人員を無駄には出来ません。

海上自衛隊の地方隊と巡視船を合わせて沿岸警備隊に、巡視艇は税関や水上警察へ移管する。
それぞれ領海内と経済水域と棲み分けるのが良いかと。


ミスターフリゲート様。

ピンチを逆手に取る。
善いことです。

大鉈を振るう好機かと!
偽陸士
2022年03月29日 21:56
Goodman80様。

確かに海保は国境警備隊の任務を引き受けるつもりはないようですね。
一時、期待もしていたのですが、これはどうにも。

そんな組織に多額の予算を廻すほど、日本には余裕はありません。

ですが、救難は必要ですし海保が保有する船舶や人員を無駄には出来ません。

海自の地方隊に巡視船を移管して沿岸警備隊業務に当たらせ、巡視艇は税関や水上警察へ移管する。
それぞれ領海内と経済水域と棲み分けるのが良いかと。


ミスターフリゲート様。

ピンチを逆手に取る。
善いことです。

大鉈を振るう好機かと!
政府の仕事と権限を減らして財政赤字を是正するのです。

先ずは減税から。
どうせ集めたって返済でなく、浪費に使うのがオチですから。
やれやれ
2022年03月30日 00:07
「小さなものはコネクターの類なで少なからずコンポーネントは」
コネクターの類などで、でしょうか。

下手すればネジやワッシャー、リベットなどもでしょうね。
C2の試作のときは輸入したファスナー(リベット)に大量?(国産比)の不良品があって取り替えて修復にえらい苦労した噂を聞きましたけど。
まあ何をどのルートで輸入しているか分からないので思いも寄らないものも輸入かも知れないですね。

軍用品だけではなく民生品も原料もですけどね...
いや~インフレが進んで良いことだ(呆)。
1$360円超えも?昔に逆戻りですね。
当時と違って360円でも輸出で儲けることはもうできないでしょうけど。
朝鮮戦争もベトナム戦争も無いしあったとしても戦争で日本が儲かる道はないでしょうし。
お先真っ暗でしょうか。ピンチをチャンスに変える良い戦略はないもんですかね。

■本日の市ヶ谷の噂■
マジですか?これでは潜水病でお亡くなりになる人多数になっても不思議では無いですね。合掌...
減圧タンクに入れられたら民間の専門医が来るのを待たないといけない?海の上ならどうするの?救難ヘリに医者載せて...まさか戦地でそんな事になったら?
潜水艦乗りも水中処分隊もなり手がいなくなるのでは?
2022年03月30日 00:46
ニュースを見てると経済界の面々も円安に懸念を示す声が上がって来ているので、政府や日銀にも揺さぶりをかけられるといいのですが。
経済も立て直すにも、いっそ消費税を欧米並に上げて、法人税も上げる位の事をしないと駄目ですかね。
あと実際に日本もIMFの管理下に置かれたらどうなるんでしょうか。ネットでも様々な意見が出ておりが、イマイチぴんと来ません。
キヨタニ
2022年03月30日 08:29
ご指摘ありがとうございます。



>やれやれさん
>
>「小さなものはコネクターの類なで少なからずコンポーネントは」
>コネクターの類などで、でしょうか。
>
>下手すればネジやワッシャー、リベットなどもでしょうね。
>C2の試作のときは輸入したファスナー(リベット)に大量?(国産比)の不良品があって取り替えて修復にえらい苦労した噂を聞きましたけど。
>まあ何をどのルートで輸入しているか分からないので思いも寄らないものも輸入かも知れないですね。
>
>軍用品だけではなく民生品も原料もですけどね...
>いや~インフレが進んで良いことだ(呆)。
>1$360円超えも?昔に逆戻りですね。
>当時と違って360円でも輸出で儲けることはもうできないでしょうけど。
>朝鮮戦争もベトナム戦争も無いしあったとしても戦争で日本が儲かる道はないでしょうし。
>お先真っ暗でしょうか。ピンチをチャンスに変える良い戦略はないもんですかね。
>
>■本日の市ヶ谷の噂■
>マジですか?これでは潜水病でお亡くなりになる人多数になっても不思議では無いですね。合掌...
>減圧タンクに入れられたら民間の専門医が来るのを待たないといけない?海の上ならどうするの?救難ヘリに医者載せて...まさか戦地でそんな事になったら?
>潜水艦乗りも水中処分隊もなり手がいなくなるのでは?
>
Goodman80
2022年03月30日 17:36
やりました!ついに19式装輪自走155㎜りゅう弾砲の実弾射撃が公開されました。う~ん、感激の涙で画面が見えません。
本邦初公開!19式装輪自走155㎜りゅう弾砲の実弾射撃
https://www.youtube.com/watch?v=tBvClBJj9qU&t=279s
あれ?砲弾を持上げる手動の機構は何の為?どうしてこんなに時間が掛かるの?後方から大人数で押し込んで、炸薬は手でポン、ボタンを押したら装填完了。模擬弾を最低限の炸薬で無照準に発射するだけでこんなに時間が掛かって使い物になるんでしょうか?
前のFH-70の方が全然マシだった様な気が。こんなもんを年間数量の調達してFH-70の更新は60年後。こんなもんいらない。
Goodman80
2022年03月30日 18:53
マリンロイヤルさん
M777が再装填に12.8秒、19式は慎重にやっていたので1分52秒くらいなので、大した差ではありませんね。うん、誤差の範囲内でしょう、と自衛隊オタの方たちはおっしゃると。あの弾を持上げる手動機構を隊員さんが必死に回す上げ下ろしの時間だけでM777なら2発は撃てます。
19190213
2022年03月30日 22:39
砲だけど速度を要求する射撃とそうではないものがあるから一概に比較はできんな。

M777の方は恐らく最初は修正射撃で途中のは各個射だろうから19と同一の射法ではないだろうね。
じきに情報は出てくるだろうからまだ慌てなくても良いと思う。
射法によって大分違うから、そこを見てみると良いと思う(翼次射とかならストップウォッチもって何十秒で次の分隊の弾が出るか見ればいい。各個射なら一門だけ見てあげて次弾までのタイムで見ればいいよ。)。
射法って沢山あるから同じ射法で図った方が良いよ。
KU
2022年03月30日 23:51
>防衛省が攻撃型ドローン研究へ ウクライナ侵攻で存在感示す

https://www.sankei.com/article/20220330-WRGI3V54FRIE5AJ73GEX3CVIQQ/

研究で終わりそうなのが陸自ですよね(((^_^;)。もうさ、どうせだからAH部隊を全て解散して、攻撃型UAV専門部隊を立ち上げたほうが良いんぢゃないですかね。

※大石さんのブログコメ欄に投稿されていました↓

>次期装輪装甲車選定、制すは三菱かパトリアか

https://mobile.twitter.com/wingnews/status/1509023093855260674?cxt=HHwWhMDUscegkPEpAAAA

https://www.jwing.net/news/50285

こうして改めて見るとMAVもデザインは悪くないよな、と思ってしまいますた(>_<)。サイズはAMVよりMAVのほうが少し大きいんですね。けど車体重量はAMVが重いと。それだけ防御力があるのですかね。どのみち、両者を採用するんだろうなあ...。先に即機連向けにMAVの調達を開始し、少し遅れて装甲アンビュランスなどとしてAMV...ですかね。にしても、LAV6.0が選考レースから脱落した件を報じたり、今回のこのネタもまた、航空新聞社が報じてますよね。よほど装備庁にコネでもあるのか?
やれやれ
2022年03月31日 08:43
KUさん、
見るからにMAVは機動性低そうですね。特に悪路。
それと地雷や即席爆弾にも弱そうなのは車体底部を見ての通り。
ついでに水上走行できるのでしょうか?無理そうですね、というか考えて無さそう。
装甲も後付できるようにボルトらだけですが側面も傾斜してないし正面も下面は傾斜してないし装甲は厚くできても弱そうな感じですね。
センスの欠片も感じないのは私の心が汚れているから?
見比べただけでもAMV一択ですよ。
KU
2022年03月31日 14:01
>>>次期装輪装甲車

やれやれさん

そら私も、どちらか1つ選べと言われれば黙ってAMV一択ですけどぬ(^_^;)。けど、件の記事に対するツイートを見ていくと部品が安定供給できるしMAV!てな反応が多くてゲンナリorz。てか、それを言ったらMBTすら海外製品(且つ完成品輸入)に依存している国々はどうなんのよと。だいたい、どちらを選ぶにせよ、必要な数がきっちり揃うのに何年掛かるのやら。20年?30年?調達を終えた頃には初期に調達した車体なんざガタが来てるでしょうね。
?????
2022年03月31日 15:16
Goodman80様

>凄くきれいごとな正論っぽいことが列挙されていますが、矛盾だらけで正直なところ何の感銘も受けません。要するにお上のすることに文句を付けるなと言う事ですよね。
貴方の言っていることを政府がやっていればこのプログ自体必要ない訳です。日本政府は世界一、日本国も日本人も世界一優秀、日本国万歳!と言っていればいいんですから。
なので、あなた方が何と言おうとも、今後も自分が必要と思う事はドンドン書いていきます。まあ、ご意見は参考の為に一応見させて頂きます。


>日本人はどうも国と言う大きな単位の話には疎い様に感じます。

とも書かれています。

今の日本の防衛にとっては所謂日米安保条約が最重要でしょう。
尖閣諸島は日米安保条約第5条が適用される、とか、日本が侵略されたら当初自衛隊が米軍の来援まで持ちこたえれば良い、とか、巷間言われています。

日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約
第五条
 各締約国は、日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従つて共通の危険に対処するように行動することを宣言する。

と、なっていますが、
「自国の憲法上の規定及び手続に従つて共通の危険に対処する」
との規定があり、日本への武力攻撃への米国の対処には当然米国民の民意に左右されることとなります。
つまり自由と民主主義を基盤とする日米両国、その政権は国民の民意(選挙の結果)に於いてのみ成り立つということです。
偽陸士
2022年04月01日 12:55
金が無いのに19式の調達なんて止めるべきです。
おまけに発射間隔も長いし。

そんな事するくらいなら、FH-70の補助動力はイタリアのに交換して使い続けるべきです。

新しい火砲よりスマート砲弾とターゲットロケーターを買うのが先では?
Goodman80
2022年04月01日 13:46
FH-70の装備数は420門、19式の調達数は年7両、更新に60年程掛かるので、M777を補助的に購入すれば、自前のヘリで好きな場所へ移動して射撃できます。あくまでも補助的な購入なのでライセンス生産ではなく、輸入が適当でしょう。年30門程購入すれば19式の更新完了までの繋ぎの役目は何とか果たせる事でしょう。
19式も未だ装備品として未だ完成しておらず、お披露目の射撃時も手動装填、作業者も学校の生徒らしく、たどたどしい感じでした。完成して、熟練隊員の作業になれば、その内それなりに使い物になって行く事でしょう。搭載弾薬の少なさも弾薬運搬車等の完成が有れば真面な自走砲として使えるようになれるに違いありません。
マリンロイヤル
2022年04月01日 15:38
19式の装填ラマーは、手動では実用性が?ですね。まあ、半自動装填装置を使った砲撃しか行わない仕様なんだろう。

手動の時はコレより早くはなさそうだ。
https://www.youtube.com/watch?v=qhhkjvXSfU8&t=290s
2022年04月01日 22:19
>そしてその原資は恐らくは将来の国民が背負うであろう国の借金によって賄われます。

何度書いても理解されませんが、国債は将来の借金にはなりません。明治から数えても、戦後独立してから数えても良いのですが、そのときから今に至る政府債務を税金で返済したことは一度もないからです。全て国債は国債を新しく発行する「借り換え」で済ませています。だから情報を国民が背負うことには決してなりません。
偽陸士
2022年04月02日 07:40
ぬくぬく様。


>明治から数えても、戦後独立してから数えても良いのですが、そのときから今に至る政府債務を税金で返済したことは一度もないからです。

不誠実の極みです。
若年層への教育に悪い話しで、手本にすべきではありますまい。


>全て国債は国債を新しく発行する「借り換え」で済ませています。

全てではありますまい。
戦中の債務は政府からの支払いに丸ごと課税し、預金は引き出し制限をかけてハイパーインフレで踏み倒す。

勤勉さと貯蓄を嘲笑し、預金者に強盗を働く凶悪犯罪で精算した事もありましたよね。

この様なモラルハザードは真に国家を破壊し、国民から社会への信頼を取り去ります。

中央政府なぞ関税と物品税で慎ましく運営されていれば良いのです。

市場を歪める巨大な政府に因る規制、補助金、公共事業など必要ありません。

必要悪なので必要最小限にすべきです。
19190213
2022年04月02日 10:24

射撃の射法の違いによるスピードは述べましたが、19式の手動装填が遅いのは個人的には好きにはなれないですね(慣れたら早くなるもんでしょうか・・・そうならいいですが)。

サブのやり方でもそれなりに出来るようでないと現場的には困るものです。
例えばですが、自走砲としてINS+GPSで射向付与が簡単になったりGPSやレーザー誘導を駆使して照準比較的簡単にするという手段があっても必ずサブとして射向付与なら方向盤、照準ならコリメーターや剽悍、補助照準点を設けます。
何故かといえば敵の砲迫に晒され使えなくなってもすぐにサブの照準方法に切り替えられるからです。
だからこそ、砲が進化していっても求められる一つの性能にある程度頑丈でどのプロセスにも代替手段があるというのはあっても良いとは思います。
敵の砲迫の破片が対射撃で降り注ぐ蓋然性が高い以上は継続して求められる性能かと思います。

完成度を見るとまだ、制式化は早かったのではないかもしれません(まだ研究とかで良かったんじゃないかな・・)。ただし、まだ確定できるものではないので発射速度として翼次射、各個射など射法の速度から見ていきたいなとは思います。

野戦の訓練の必要性があるかといえば、”すぐには使わないが長い目で見ればある”というものだと思います。
大規模な揚陸がない前提は変わりません。
ただし、将来もし情勢が変化した際に一から失ったものを整えるよりは遥かに容易という観点で九州、北海道に少数ながらあればいいのかなとは思います(極論ですが、富士学校は射場の広さや戦術を更新していく関係から米国に移転するというのはありかもしれません。)。

砲迫がゲリコマで使えないかといえば本当はそんなことはなかったりします。大体どの辺にいるか分かれば打ち込んでも成果を上げられる砲迫は使えないことはないんです。
もっとも日本においては、射場でもないのに民間の土地に打ち込むということに対して国民がどう思うかが問題であって、まぁ多分使えんだろうと言うことですよね。
そして普通科にも射程8キロ前後の120迫が多数あることを思えば、別に九州北海道に少数で良いかなとは思うのです。
(尚補足としては、火力調整所の機能や気象情報その他射撃に必要な情報の一部は特科から普通科連隊重迫にもたらされているので普通科連隊の重迫だけで完全な運用ができる訳ではないです。)

人員をどうやって削減し用兵側はそれを納得するのかという話なんですが砲兵にフォーカスすると自動化したからと言って一門あたりの人数を極端に減らすのは(可能な限りにするべき)合理的とは言えないと思う点と一門あたりではなく一個射撃中隊あたりの門数もしくは射撃中隊の数を削減するべきなのかとは思います。

あくまでも、性能向上によって補われるのは射撃時の人数と射撃の性能であって整備そして弾薬の開梱作業ではどうしても人の数が必要です。
砲を分解するときや砲口内の残渣を清掃する(しんどいです。)時には人手が必要ですし、弾薬というのは積み下ろし所要と展開した後に弾と信管を合体させる作業が必要です(重いし数もあるのでけっこう疲れます。しんどいです。)。
その上、対射撃で機能が故障したり兵が死傷した場合は弾薬班からスーパーサブとして隊員が補充されるのでいれば普通にうれしいです。
ですので、あまり一門辺りで減らすのにフォーカスしすぎるのも少し微妙です。

其れよりも、脅威の低下や性能向上によって中隊の門数そして中隊の数を減らしていく方が負担を過剰に増やすこともなく丁度良いのかとも思います。

門数を減らしつつ効力を上げるには、一つは情報だと思います。
”多分だいたいここにいる”というのが、近代から現代直近までつづく戦場の霧によって阻害された末の情報でした。
現代ではドローンであったり衛星の目や電子戦において解明されるなど多方面から情報が入ります。
その点からカバーしていくのが一つ。

そして情報を得て今度は射撃精度を上げるのが二つ目で誘導砲弾の導入(ただしコストが高いので通常砲弾も大事)・・・と言いたいところなんですが高いんで工夫は必要かと思います。
実射は控えて貰って擬製弾で砲側は信管測合などを演練しFOはVRを訓練に導入するなども今後は一つの手なんじゃないかとも思います(空動作もありですが)。
実弾はあまり使わなくても訓練できる工夫は必要かと。

理想を言えば射程を伸ばすとか色々ありますが、予算都合と脅威度を考えると小規模を意識しつつも訓練の質を上げる方策を考えないといけないのかとも思います。

機甲科は時代の変遷を見て言い方は悪いですが機動戦闘車にリストラされた人員を割り振ることで削減したように実態を隠しました。
本当であれば、シリアなどの市街地戦で戦車が有効に活用されている実態などを見て戦車はどういった応用ができるのかという研究をもっとまじめに考えるべきだったと思います。
特科も同様に人を減らしつつも訓練効率や火力をどうやって維持向上させるかを考えていくべきなのかなと。
減らせと言われるのはもう仕方がないので後は知恵を出すしかないとは思います。

砲兵の利点というのは、前線からのレスポンスの速さ、悪天候に比較的に強いことや投射量と経済性が航空機に勝るのですが、如何せん島しょ戦闘では展開が難しいのであまり今欲しいもしくは必須の機材ではないかと(FHありますからね。)。
昔の島しょ戦闘では、攻撃目標の島の隣接する小島などを分捕ってそこに砲列を敷いてましたが今の空海が航空優勢、海上優勢を取れるか怪しいので少し難しいのですよね。
しかし・・・マシンに頼ってばかりで現場が研究しないというのは問題ではあるんで、市街地戦で砲兵はどうアプローチをとっているのか(高射角からの射撃や煙覆など)、造兵側も考えていくのは当然ですが用兵側もしっかりあるカードをどう切るか考えて現代戦に追従しないと中方のボスみたくなっちゃうんじゃないかとも。
2022年04月03日 20:39
円安についてこのような見解もあるようです。有料部分は読んでおりませんが。

田村秀男の経済正解
円安を企業の国内投資復活につなげよ
https://www.sankei.com/article/20220402-HKDXEBYKJFL55CLWQXAHSTKRIM/


偽陸士さんへ

>不誠実の極みです。
若年層への教育に悪い話しで、手本にすべきではありますまい。

個人と国家は峻別しなければなりません。個人の借金は返済しなければなりませんが、政府債務は逆に返済してはならないのです。

>全てではありますまい。
戦中の債務は政府からの支払いに丸ごと課税し、預金は引き出し制限をかけてハイパーインフレで踏み倒す。

一円も一銭たりとも返済していないのが事実ですよ。インフレで目減りしてもです。

>中央政府なぞ関税と物品税で慎ましく運営されていれば良いのです。
市場を歪める巨大な政府に因る規制、補助金、公共事業など必要ありません。
必要悪なので必要最小限にすべきです。

私はどちらかといえば「大きな政府」論者ですので賛成しかねます。
19190213
2022年04月03日 22:12
ぬくぬくさん
>全てではありますまい。
戦中の債務は政府からの支払いに丸ごと課税し、預金は引き出し制限をかけてハイパーインフレで踏み倒す。
---------
一円も一銭たりとも返済していないのが事実ですよ。インフレで目減りしてもです。

-----------------

あれ日本って預金封鎖やって新円に切り替えって荒業やってましたよね?
あれはいわば返済に当たるのではないですか?


それに供給が足りなくなるということはないと仰っていたと思うんですが、石油、ガスは外国に依存していますよね。
発電だってそうです。
電気がなければ何も出来ないですよね。工場は勿論動かせない。
石油がなければ物流は止まるしハウス栽培だって畜産だって石油を使っていたような気がしますね。
円が相対的にひどく弱い現状では、供給が厳しくなることだって考えないといけないんじゃないですかね。
偽陸士
2022年04月03日 22:49
ぬくぬく様。


>個人と国家は峻別しなければなりません。個人の借金は返済しなければなりませんが、政府債務は逆に返済してはならないのです。


国債も財投債も投機的金融商品と言う事になりませんか?
内外問わず金融機関で円建てで預金するのも商品買うのは危険ですね。


>一円も一銭たりとも返済していないのが事実ですよ。インフレで目減りしてもです。


それは世間一般には踏み倒しと言いまして、極めて不誠実な行為です。

返済出来ない条件で借金するんじゃありません。

身の丈に合った生活をしましょう。(笑)

しかしまあ。
他人の金を集めて他人が他人の為に、何かをするとロクな結果になりません。

戦争始めたり公共事業始めたりで、何か将来の為に成りますかね。

国家は司法と登記と外交と軍事だけやってりゃ良いんです。

市場に対して操作や統制なんて、要りません。