ロシアの北海道侵攻の不安を煽る情弱メディア

今回のロシアによるウクライナ侵攻でロシアが北海道に攻めていると煽る人たちがでています。自分が日本人だということしか誇るものがない、プァホワイトやホワイトトラッシュ、レッドネックみたいな情報弱者を煽ればカネになると思っているのでしょう。

ロシア軍に太い情報パイプを持つ、漢和軍事時評の発行人であるピンコフこと、アンドレ・チャンはぼくに、ロシア軍の核心的な高官が、最盛期のソ連軍でも日本侵攻の計画はなかったと証言したと行っています。事実当時のソ連軍でも師団単位の陸上戦力を運ぶフネは存在しませんでした。
仮にあったとして、日米の航空戦力、海軍戦力を殲滅しないと揚陸はできません。やらずに揚陸作戦を行えば多くの輸送船が海の藻屑と消えるだけです。

ですから自衛隊は西側の一因として重石となる「存在する自衛隊」で良かったのです。
日本の「軍備」がある程度強力であれば侵攻しなくとも、ソ連は警戒し、ある程度の戦力を張り付かせなければならない。それで良かったわけです。
本当にソ連の侵攻が深刻な脅威であれば米国は北海道に1個師団でも機甲部隊を配備していたはずです。


もし17万人のロシア軍が北海道に侵攻したら…音威子府村で第2師団は全滅、第2のノモンハン事件という現実
https://news.yahoo.co.jp/articles/cb2e942bfea8b90ddc019380ce6314b17722f6cf?page=1

>東西冷戦下の緊張は今よりも厳しく、また日本国内では革新勢力が政治的に強い影響力を持っていたため、当時の防衛庁はそうした「防衛計画」を全て極秘扱いにしなければならなかった。
>マスコミの地道な取材で、次第に計画の詳細が報じられた。例えば、読売新聞は1988年2月29日の朝刊に、「“北海道侵攻”は独力撃破 防衛庁検討の極秘資料 陸自近代化を強調」の記事を掲載した。
>軍事ジャーナリストが匿名を条件に、自衛隊の「対ロシア作戦」について取材に応じてくれた。


なんで匿名なんでしょうね(笑
匿名にする必要ない話でしょう。匿名ではなくて非実在軍事ジャーナリストと疑われてしかたないでしょう。




ロシアの日本侵攻シナリオは「根室が火の海」「米国は傍観」「核爆弾」の現実味 そろそろ絵空事ではなくなってきた
https://news.yahoo.co.jp/articles/fbba3cc93f73442704252ce8f8af4df856c06aef?page=1
>有事となれば、北方領土に近い根室に上陸し、ウクライナのようにロシア軍が劣勢となれば、核爆弾の使用も検討するのだろう。

世界各国が大転換! 日本も「安全保障戦略」考え直すとき ウクライナ侵攻、ロシアどう定義するか議論を
https://news.yahoo.co.jp/articles/95b225b74fca059de156099128080e317bdb8abe

>冷戦期のように、北海道の陸上自衛隊を再び重視するのか? 青森・大湊にある海上自衛隊の根拠地を北に前進させるのか? 南北二正面対応に、現在の予算・人員・装備の規模で耐えられるのか? さまざまな課題が連想されます。



率直にこういう与太話を吹聴するのは不謹慎です。
文谷数重氏もぼくと同意見です。

キエフも陥落できぬロシア、北海道に攻め込む力なし
https://japan-indepth.jp/?p=65216

>陸上自衛隊も尻馬に乗ろうとしている。トップの陸幕長はロシアについて「極めて強い危機感を持って見ている」と述べた。これはロシア脅威提示で北方重視つまり陸自増強につなげる着意からの発言である。まずは組織利益の追求である。*2
>これらの主張はまともに取り合うべきではない。
>ロシアには対日戦を戦う能力はないからだ。その点で北方や陸自増強は不要である。また最優先すべき対中対峙、なかでも最重要な海空戦力比の改善に相反する悪手である。

>ロシアは北海道を侵略できるのだろうか。
>その答えは簡単だ。モスクワから700㎞先のキエフも陥落させることができないロシアに、7000㎞離れた北海道に攻め込む力はない。

>実際には距離以上の困難を伴う。モスクワからキエフへの侵攻は比較的容易である。交通網が発達した欧州での戦争であり経済・産業重心のヨーロッパ・ロシアにも至近である。対して、北海道への侵攻は困難である。交通網が未発達な極東アジアでの戦争となるからだ。
>その厄介さは距離差の10倍どころではない。シベリア・バム鉄道の東行輸送力限界、貧弱な極東経済、弱体な艦隊と上陸戦能力の欠如といった問題がある。その上、相手は米国と軍事同盟と強力な海空戦力を保有する日本である。

>東アジアでは地域大国とは言えない。経済先進国である米国、中国、日本、韓国に対しては劣後している。ロシアGDPは韓国GDPよりも低い。軍事力でもそうだ。いまのロシア極東には北朝鮮ほどの戦争能力も期待できない。


ロシアの人口は約1億4千万人です。日本より多少多い程度です。その人口から兵員を捻出して、沿海州から欧州に至る、広大な国境線と領土を守らなければないわけです。
全軍を極東に集中できないし、しても日本に侵攻するだけの兵力はない。

文谷氏も指摘している通り、陸続きのウクライナに攻め込んでもあの体たらくです。まして辺境の極東で渡洋作戦を行う兵站を維持できるはずもない。
しかもウクライナと異なり我が国は米国と同盟関係にあります。直接的にアメリカ軍との戦闘もしないといけない。

そしてなりより侵攻してくる理由がない。
プーチンがガッチャマンのベルクカッツェとか、スペクトルマンの宇宙猿人ゴリ、みたいに世界征服とか日本征服が目的というなら別ですが。

ロシアが日本に侵攻して得られるものはありません。むしろ失うものだけが多いでしょう。
仮に北海道を占領しても貿易相手としての日本は「敵国」となり北海道防衛にさらなる負担が増えるだけでロシアは弱体化するでしょう。

このような「ロシア脅威論」が流行れば次の防衛大綱では、陸自の予算が不要に増えたり、本来もっと削るべき戦車や火砲を増やせという話にもなるでしょう。

それは日本の防衛の弱体化を招きます。

国と地方合わせれば1600兆円の借金の我が国では防衛費は現在の6兆円程度が限度でしょう。今後さらに少子高齢化が進んで若年層が減ります。隊員の募集はもちろん、国の経済の規模は縮小していくわけです。それで巨額の財政赤字を返していかないといけない。
自国通貨発行できるからデフォルトはしない、という空絵ごとを言う人がいますが、通貨を発行しても価値は激落するでしょう。その証左がロシアのルーブルです。
我が国の場合まだ外貨準備がまだ潤沢ですが、現在のように円安が続けば、それは減りつ続けていくでしょう。貿易外収支は大幅に黒字ですが、それは民間企業投資のリターンです。民間企業が日本を見捨てれば、それも激減します。

そのような状態で軍拡に進めばかつてのソ連のように国家が自壊するだけです。


上限ある中からゴジラや火星人の襲来より多少現実味がある程度のロシアの揚陸に備えて予算を割り振れば、本来必要な海空自衛隊の強化や、サイバーや情報、省力化などに対する投資もできなくなります。
それは国防の弱体化でしかありません。


■本日の市ヶ谷の噂■
コロナ対応で一躍有名になった医官、田村格1等海佐は多額の研究予算を担って研究をしていたにもかかわらず、執拗な男の嫉妬妬みにあって、佐世保にとばされ、研究は中断、との噂。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ミスターフリゲート
2022年03月16日 18:25
ウィキで見ましたが、一番近い太平洋艦隊でも、揚陸能力は戦車揚陸艦4隻と汎用揚陸艇が数隻あるのみで、できるとしても離島制圧ぐらいしかないでしょう。ただ、ハイブリッド戦、ミサイル攻撃による無効化される場合もあるため、そこは注意が必要です。
偽陸士
2022年03月16日 20:01
北方重視のリバイバルと観ました。

機甲戦重視に逆戻りは止めて頂きたいものです。

戦車や火砲に廻す予算があるなら、その分減税しサイバーセキュリティやバイラクタルの工場誘致に使うべきです。

それにしてもロシア脅威論を煽るなんて、社会の木鐸とやらにはカビが生えてるのだろうか?
日本が衰退を誤魔化す為に外部に敵を作り政権浮揚につなげたいのなら、深圳の繁栄ぶりでも報じたらどうだね。
K
2022年03月16日 20:12
でも、ある程度、煽っておいてやっとこさバランスが取れるんじゃないかと思います。
安全係数と言ったらよいのかな。
物の売り買いじゃないけれど、割り引かれるのを想定して、ある程度は吹っ掛けないと正直な数字を出すと・・・
経営もそうだけど、「その恐れはありません」なんて言っちゃうと「じゃあ、恐れが無いならいらないね」と受け取られ0にされる可能性は大きいです。
ということでなんぼか割り引かれてもこれだけ残ればいいやとう吹っ掛けだと思いますよ。

産業界なんかの異様な中国依存も「じゃあ、国内生産は0でいいね」で向こうへ行っちゃいました。半導体不足もそうですね。
何で、リスク分散しないんですかね?

中国依存がヤバイ状況
https://www.youtube.com/watch?v=ajiCmNndihw

F-5
2022年03月16日 20:58
 中国・韓国経済崩壊クラスに毎年繰り返しても稼げるネタに育てたいのかもしれませんが、ウクライナ戦を見ていますとロシア軍には兵站能力がそもそも存在していなかったのではないかと疑われるところからして無理がありすぎるんじゃないかと思います。

 ウクライナ戦線がこの調子で続けていると北方四島に配置されたロシア軍兵士たちが餓死病死するんじゃないかしらといらぬ心配をしてしまうくらいには酷いですね。

 もしロシア軍が北海道に上陸するとしたら、食いつめて食料を奪いに来るしか考えられないです。
 

 
なつみ
2022年03月16日 21:04
清谷先生がかねてより提言されていた、ISRアセットを活用した精密誘導兵器による機甲部隊、航空部隊への攻撃が、今回のウクライナ侵攻でまざまざと見せつけられましたね。

UAVなどの偵察機材や無線機などの通信手段がなければ、いくら兵力に勝っていても苦戦を強いられるという現実を、陸自の将軍さん達はどれだけ真剣に考えているのやら。
ひゃっはー
2022年03月16日 22:56
話は変わるのですが、NATOはアメリカ同時多発テロの時には集団的自衛権を発動したのに、英領のフォークランド諸島がアルゼンチンに侵略された時は、なぜ何もしなかったのでしょうか? やはりアメリカにとってはどうでも良かったからなのでしょうか?
やれやれ
2022年03月16日 22:57
「匿名ではなくて非実在軍事ジャーナリストと疑われてしかたないでしょう。」
案外実在するかも知れませんよ。雑誌社からロシア侵攻のシナリオで1つ書いて見ませんか、と。適当に煽って小遣い稼ぎ。
本人はそんなアホなことはありえないと思っても仕事という事にすれば。だから匿名とも言えますが。
まあ実在してもしなくても非現実的な想定であることは変わりませんが。

「そのような状態で軍拡に進めばかつてのソ連のように国家が自壊するだけです。」
現時点でもGDPを考えたら大概だと思いますが。
ましてや今回無謀にもウクライナ侵攻で大金使っていますし。一節には1日の戦費が2兆円とか。ウクライナを降参させる前にロシア経済が降参しそうです。ましてや経済制裁真っ最中で金儲けどころか国債が紙に(今は紙ないから何もなし)なる日も遠くない。

「プーチンがガッチャマンのベルクカッツェとか、スペクトルマンの宇宙猿人ゴリ、みたいに世界征服とか日本征服が目的というなら別ですが。」
よもやウクライナに侵攻するとは誰も思っていなかったのだから北海道だって狙われている理論かも知れませんよ。
愛國戦隊大日本もソ連に負けた内容の様ですし。
もっとも北海道にウクライナ以上の価値があれば考えるかも知れませんが、得るものが全く無いのに侵攻しても自分を痛めつけるだけ。自殺行為ですよ。
百万歩譲って北海道とロシアが「陸続き」だったら侵攻も考えられるかも知れませんが、それなら日露戦争の時にでも不凍港目的で侵攻してきていたでしょう。
実際には海を渡って来ないと行けないわけで輸送船やフェリーの大船団で押し寄せて来るのでしょうか(呆)。兵士の休息に観光に来ましたとか言うのでしょうか?兵站以前に兵器や兵士の輸送手段がありません。北海道を無力化するだけなら簡単かも知れませんが、上陸は無理でしょう。それに北海道の一部(北方領土)は既に占領されていますし、それを以て侵攻したと言うのでしょうかね?(呆)。上陸阻止なら北海道の陸自でも十分お釣りがくるでしょう。北海道の陸自にこれ以上の強化は無用でしょう。

ロシアが日本を攻撃する事があるとしたらミサイルによる嫌がらせ攻撃位でしょうか(目標は日本中のどこか)。例えば米軍とか自衛隊の基地とか国会とか。目的は恐喝かどこかの国の助けの為の支援攻撃でしょうか。兵隊や武器を送り込んでまでする価値は無いでしょうから。

「■本日の市ヶ谷の噂■」
本当に有能な方なら自衛隊を辞めるべきでしょうね。
こんなアホなことばかりやっているから弱体化しているというのに。
hoge
2022年03月17日 01:57
前回の航空自衛隊の件もそうなんですが、ゲンナリする話続きで胸やけがしますね。
だいたい全盛時のソビエト太平洋艦隊ですら北海道へ兵力を展開し兵站を維持できる力はなかった。ましてや今のロシア。
陸続きのウクライナですらあのざまなのに、海自の妨害のなか、日本本土でまともな兵站が成り立つわけねえだろと。
むしろ恐れるのは、多国籍軍が組織されたとかで、ロシアが世界を巻き込んだ戦争に腹をくくったケース。
西側で有数の経済力と金融力があり、いずれ参戦してくるのが確実な日本を先手をうって無力化したい、
と連中は考える。ならば、どうするか。
それはストックに余裕のあるミサイルで、日本の原発や核施設をつるべ打ちにしてやればいい。
日本に兵力を展開するよりはるかにローコストで効果は確実。
50箇所以上もある核施設を守り切るなんざ不可能だし、フクシマが2、3箇所でおきれば、もう外の戦争に
かかわる余裕は日本にはないでしょう。なにしろ日本の原発なんてのは原子炉の社屋に核燃料や廃棄物なんぞ無造作
に貯めていたりします。そんな様子は衛星からまる分かりなので、目標の選定も容易でしょう。
北だの中国だのロシアの脅威を声高にわめく連中は数あれど、国内核施設の脆弱さを指摘する声はなぜか絶無ですわな。
軍クラ(笑)と称してる連中も、ミサイル攻撃が原発や核施設を打撃する可能性を低く評価したがるし。
原発攻撃の日に駐日ウクライナ大使館のツイアカに突撃したJSF氏とかね。
防衛だの脅威だの言うなら、ちったあ真面目に考えてくれとしか言いようがないです。
後悔してもしきれん事態になりかねませんぜ。
19190213
2022年03月17日 06:32
>ロシア軍に太い情報パイプを持つ、漢和軍事時評の発行人であるピンコフこと、アンドレ・チャンはぼくに、ロシア軍の核心的な高官が、最盛期のソ連軍でも日本侵攻の計画はなかったと証言したと行っています。事実当時のソ連軍でも師団単位の陸上戦力を運ぶフネは存在しませんでした。


米は入れない方が良いですね。
例の記事もそうなんですけれども、基本的に北海道防衛に関しては米軍は本格来援することなく後方支援程度に留めるつもりだったようですね。
米軍の防衛指針なんですが、冷戦期本州は軍港などの補給上の要所がありさらには有力な工業地帯を含んでいるために絶対に渡せない。沖縄は立地からみてもこれまた手放せないと。
北海道についてはその限りではないと。
これは初期の計画ではあったんですが、恐らくは北海道が米国にとって要所でないというのは継続された認識だと思います。
ですから米軍は当てにしない方が安牌です。
それとアンドレ・チャン氏は嘘をつかないでしょうがソ連の人間は嘘しか話せない生き物です。


ソ連軍の船舶事情からすればセルゲイ・ゴルシコフなどの尽力もあって冷戦の始まり辺りは仰るように屁のようなもんでしたが、70年代になると割と侮れないものになります。(イワン・ロゴフ級上陸船×3,アリゲーター級揚陸艦×14、ロプーチャ級揚陸艦28、ポルノクヌイ戦車揚陸艦108、なおあくまで最大数であって70年に出揃ったわけではないので参考程度)

小噺の結論(揚陸の可否)と戦略的に見た極東においての揚陸作戦の重要度は全く別の話になるんですが小噺の方はは可能性もとい出来るか出来ないかの話になるんでそこだけでは見誤りなきように願います。
当時の極東ソ連軍(のみとするのは彼らの主戦線は西のため)においてはまず陸軍が30~40師団(内5個戦車師団、空挺凡そ一個師団、海軍歩兵1~2個連隊、他は機械化師団)程度が見積りなんですがこれらは基本中国を睨む任務があるんで主力は割けないのが実情かと思います。
個人的にはやれて5~7師団程度かなと。
で本題の揚陸能力なんですが確か1個師団で排水量25万トンぐらいであったので80年代の極東ソ連軍の輸送船舶の排水量が100万トン前後(おそらくLCM込み)だったので5師団(内一個は空挺)はいけると。
ただしこれは、その後の補給能力を考慮していないもので、後続でウラジオからピストン輸送(2~3週で一往復)をしても5+a程度が実情だったんじゃないかとも思います。
それと+アルファで言うならば冬の日本海や台風の時化なんかも考慮するとかなり期間は限定されるなと。(LCMで満載はきつそう・・)

文谷さんの見識は凄いものですし貶す意図がある訳ではないですが、敢えて重箱の隅を楊枝でほじくるとすれば。
>その答えは簡単だ。モスクワから700㎞先のキエフも陥落させることができないロシアに、7000㎞離れた北海道に攻め込む力はない。
というのは、測る起点を間違えています。
モスクワからすべての物資が補給されるわけでも集積地がそこだけなわけでもないので起点はせめてウラジオからにするべきかと。
それでも無理だよというのは理解はしています。

これで開戦の初手で航空撃滅と海軍に相応のダメージを与えていないければ海自は待ち受ける上に潜水艦は必ず生き残るのでよしんば海自空自にダメージを与え揚陸できても後続の補給はまず続かないだろうなと。
出来なくはないが瞬間的にしか戦えないというのが私個人が思うところです。それやるいみあんのと。過少な陸軍しかいないならまだしもリスクが多き過ぎます。今回のように粘られたら厳しくなります。

戦略的に言っても北海道を取ったからなにと。
本州が残れば米軍は未だ極東に基地を維持する上に、優勢な海軍を持つ敵が占領地の孤立化の為に海軍を使って封鎖を試みる可能性もある。結果的に敵の息の根をとめていません。
彼らソ連地上軍は最終戦争において西側のの首都と敵地上軍主力をすりつぶし最終の決を決めるためにあるのであってたかが一地方を取ったところで戦略的な勝利は得られず無駄な戦力分散だろうとも思いますね。
極東ソ連軍は極端な話防御さえやれれば良いんです。

ソ連軍の補給に関してですが、大陸で戦う軍隊であって兵員数、機甲戦力、砲迫の投射量を重要視した軍隊なので彼らは補給を重要視し大動脈は鉄道、毛細血管は車両(運送会社及びその構成員は戦時は露軍の予備役として後方支援に従事する。)に依存した構成を伴っています。ただし、今はそうでもなくても、冷戦期には膨らんだ海軍からの投射能力も増し徒に軽視するものではないことは事実かと思います。彼らの兵器が簡略化され前線整備向きであることは有名ですが(戦車の駆動系の簡略化など)、これらは戦闘においての損耗を考慮したものであって工夫の一つと言えます。
今回において補給が滞った原因というのは後程明らかになるとは思いますが彼らが軽視しているというのは必ずしもそうではないかと。

>仮にあったとして、日米の航空戦力、海軍戦力を殲滅しないと揚陸はできません。やらずに揚陸作戦を行えば多くの輸送船が海の藻屑と消えるだけです。

これは賛同します。
長距離誘導弾などで空海を叩き、仮に一次的に”渡河”できても必ず後続は潜水艦や生存した空海に虐められ続けます。
時間がリミットとなっても北海道には当時、4個師団程が常駐しており時間は稼げますので立ち直る猶予はあるかと思います。
無理をしてガダルカナルになるよりは極東をしっかり守っていた方がマシなんじゃないかとも。

まぁ昔の話なんで、今それに立ち返る意味なんて皆無ですし元より彼らは攻めることよりサハリン州や沿岸部に警備に気を払った方が良いはずです。
現代で北海道を取ればいよいよ経済封鎖解除の目はなくなり彼らが死ぬのは時間の問題となります。
今更に陸自を強化するよりも、経済を立て直すことの方が優先です。日本が9条路線を取った一つは、防衛予算を圧縮し経済立て直しを図る意図もあったと思います。
そういう点を見れば、表向きは平和なんちゃらでも裏では覇権国家に業務委託しつつ経済を優先するというしたたかさも見て取れます。
戦火と貧しさ両方人類の大敵ですが、今の脅威度は貧しさの方が大きいんではないかと思う次第です。
K
2022年03月17日 11:01
そうそう、重大なファクターが抜けてますよ。
北海道は日本だってことです。
日本は日本だってことです。
欧州人とはロジックが異なる日本人ですよ。
判断するのも日本人。やるのも日本人。
防衛は他人事な日本人なんですよ。
100%安心安全じゃないと動けない愚図な日本です。
決断はしない日本です。
右派政党(とされる)のトップだった男が公然と「逃げたらよろしい」な、やはり大阪第八連隊の子孫な日本です。
失われた30年、余力が残って居る間にも何もせず詰んだ日本です。

ロシア軍が上陸して、日本政府がすぐに、速攻で、合理的な判断をして、初期の段階で追い返すことが出来ると思いますか?
まず、ロシア大使を呼んで抗議して事情を聴いてと悠長にやって時間がかかるはずです。
訓練中に迷子になって間違って日本に上陸したとでも言っておけば時間が稼げます。
その間に、ロシアは船で往復往復して五月雨式に送り込めばいいんですよ。

あんまり自分の国の事を言うのはアレですが・・・・
上陸したロシア軍は北海道内で必要な物資は挑発すればいいんですよ。
たぶんその間、日本政府は愚図愚図しているはずです。
だいたい日本政府なんてそんなに早く対処しないでしょう?
慌てふためいてグダグダやってる間に燃料食料等は確保できそうですね。
原発の防衛にしても自衛隊ではなく警察が行う方向なんでしょう?
おそらく政府が自衛隊の出動を決意するまでは最初は警察が対処になるでしょう?
自衛隊の目の前をロシア軍が通り過ぎても勝手に何か行動したら
後で訴訟が起きますよ。
ぐずぐずしている間に五月雨式に少数があちこちに上陸すれば
いいんですよ。

ですから、ミグ25が飛んで来た時とあんまり変わらないんじゃないかと思います。
ロシアの空挺と輸送機が来たら、あれよあれよという間に
空港を押さえられると思うんですよ。
これはウクライナ軍にようには反撃はできないでしょう。
(映画のスターリングラードじゃないけど、ロシアの歩兵が手ぶらで攻めて来ても占拠できるかも知れません)

その時点でも、「状況を注視している」「政府は関係各国関係機関と調整中」でしょうよ。

民間人を人質に取られたら、もう腰砕けですよ。
そして、後で日本国民が日本政府を相手取って損害賠償の裁判が起きるんですよ。

ロシアが日本に攻めて来ないのは「いざとなれば日本も常識的な行動をするだろう」と先生と同じくロシアも常識的に計算しているからです。ロシアは疑り深いので日本の行動や文言を勝手に解釈して「裏があるに違いない、裏の裏があるに違いない。アメリカが指図して罠を仕掛けているに違いない」と自発的に思考のドツボにはまっているだけでしょう。
まあ、正体は天然な空城の計ですかw

状況を推し量るのにボール球を投げて来た時が要注意です。
民主党政権時の尖閣諸島での対処みたいにやらかすとロシアは中国とも地理的状況もロジックも臆病さも違いますので、本当にただの何も出来ない日本だったのかと気が付いてグイグイ来るかも知れません。

サヨクか腰砕け右派が政権を取った場合はヤバイかもですね。
政府が決定した時にはすでに進軍浸透されてしまって入り混じってしまっているかも知れません。


素人
2022年03月17日 11:34
ずぶの素人です。
ウクライナ、ロシア、北海道等々についての議論を理解するだけの知識はありません。
ただ、中国はこの戦争に付け入り今後ロシアをシャブリ尽くすと思いますが、詳しい方いらっしゃいますか?
キヨタニ
2022年03月17日 11:42
お勧めはピンコフですね。

>素人さん
>
>ずぶの素人です。
>ウクライナ、ロシア、北海道等々についての議論を理解するだけの知識はありません。
>ただ、中国はこの戦争に付け入り今後ロシアをシャブリ尽くすと思いますが、詳しい方いらっしゃいますか?
Goodman80
2022年03月17日 11:44
今一生懸命プレゼン中のロシア太平洋艦隊を見る限り、1990年迄の旧式艦ばかりなので脅威になどなりません。陸上部隊の輸送能力は極めて低いのですが、日本側には結構あります。
北海道向けの大型高速フェリーを拿捕すれば、揚陸強襲艦程度の輸送能力が手に入ります。一回3隻で6隻程度なら簡単でしょう。乗客は本国で保護(人質共言う)し、乗員は操艦が不慣れな為自発的に協力して貰い、兵隊の慰安の為自発的に日本人女性も乗り込むことに成り攻撃など不可能になるでしょう。政府の無能さ具合から拿捕されるフェリーは10隻以上に成ると思います。
これに警護艦を付け、小樽港辺りから上陸させても日本側は攻撃出来ません。大陸と距離も近い為、師団レベルの輸送にも大した時間は掛かりません。燃料や食料の補給も現地徴収すれば弾薬程度の補給で済みます。現地住民の協力は簡単に得られ(人質共言う)、旧式装備の現地軍は政府から真面な指示など無い為、協力者の助言で簡単に投降するでしょう。
米軍も直接手を出すことも無いでしょうから、やる気になれば何時でも北海道は手に入ります。まあ、自衛隊の基地や演習場の周りの土地を買い占めている中国は権利を主張するかもしれませんが。
偽陸士
2022年03月17日 12:14
19190213様。

コメントを昔を懐かしく思い返しながら拝見致しました。

今にして思えばソ連としては揚陸作戦能力は一時的にでも、海峡を占拠し原潜の通航路を確保出来れば良しとしたものではなかったかと考えて居ます。

一方で日本、もとい世界帝国のアメリカとしてはソ連の戦車をしこしでも欧州から引き剥がしたいという思惑もあり、北方重視に繋がったのでは無いでしょうか。

冷戦期はこれでは良かったと思います。

これからは南西重視になるのでしょうが、戦争の形態の変化に合わせたドクトリンを構築して欲しいものです。


K様。

大事な事を忘れて居ます。

この国は世界帝国の世界支配に必要不可欠な艦船及び航空機修理整備、弾薬庫、補給処です。

民主主義の理念なんて形ばかりな同盟国ですが、通商航路を確保するのに適した処をそうそう手放しません。

日本の阿保左翼馬鹿右翼、夢遊病な中道が何を言おうが、アメリカの指揮の下世界帝国の拠点地は防衛されます。
やれやれ
2022年03月17日 13:03
Kさん、
「ロシア軍が上陸して、日本政府がすぐに、速攻で、合理的な判断をして、初期の段階で追い返すことが出来ると思いますか?」
ロシアが上陸するまで空自と海自は遊んでいるのでしょうか?ロシア本国から北海道到着まで最短でも1日以上掛かりますけど。樺太や北方領土からにしても直ぐに異変には気付きます。
空自海自の警告を無視して侵攻するなら対艦ミサイルで撃沈できます。何れにしろ民間船で来るしかないので偽装船団で観光に来たと言い訳しますか?
どうやって侵攻してくるのかよく考えて下さい。
大軍で来るなら空自海自が全滅した時しか上陸できません。
つまりその状況でも指を咥えるしか無いなら
もう政治は終わっています。
素人
2022年03月17日 14:29
清谷先生、早速にありがとうございました。
youtube見つけました。
追っかけてみます。
ミスターフリゲート
2022年03月17日 15:53
goodman80さん
清谷氏や文谷氏、他の読者さんも日本には上陸するのは極めて難しいと言ってる中、「政府は無能だからフェリーを拿捕され、現地の自衛隊はすぐ投降しておしまい」と。なるほど、清谷氏も文谷氏、他の読者さんや私は高を括ったバカであり無能な政府と同類と。捻くれたものです
K
2022年03月17日 21:34

ロシアが上陸するまで空自と海自は遊んでいるのでしょうか?
     ↓
まず最初は海保が発見して連絡でしょうか。
でも、発見する場所が問題ですね。
というか近づいての警告などの活動が可能なのは海峡が国後より広いサハリン付近くらいですね。
国後は近すぎるんですよ。
それとサハリン方面なら海上自衛隊稚内基地分遣隊が監視しているのでそこから連絡ですかね。国後島付近はロシアが戦争を決意している場合は護衛艦がノコノコ近づくのは危ないですよ。
その護衛艦にしても舞鶴あたりから出てもらう必要がありそうです。だいたい海自の函館基地には掃海艇が二隻あるだけですね。
余市にはミサイル艇、大湊には警備艇・・・これで何をせいと?
舞鶴はウラジオストックを睨んでおく必要がありますし。

     
こういうのがあるかも知れないと疑ってる訳です。
   ↓
自衛隊や海保からロシア軍の動向について報告が来る。
政府 「警告に留めて追跡はするように。挑発に乗っての軽挙妄動は慎むように。引き続き状況を報告せよ」
たぶん、こういうのが可能なのはサハリン方面です。海上自衛隊稚内基地分遣隊の仕事ですね。ここってほとんど戦力は無いようですので、そもそも監視しかできません。
もし、やるならば、この段階で政府が後詰めを出動する決定をしないといけません。

内閣のえらいさん 「総理、自衛隊に命令は?」
総理       「戦争にエスカレートしてはいかん!まずは海保で対処だ」(国後は狭いし敵に地対艦ミサイルがあるので無理)
内閣のえらいさん 「自衛隊からも連絡が入っております」
総理       「とにかく事態を注視しつつ待機だ。こちらから戦闘を仕掛けると国会で糾弾されてしまうからな!」


自衛隊 「どうやら上陸する構えのようですが、今の所はこちらには撃っては来ませんねえ。どうしましょ?」

政府  「とにかく上陸して来たら警告はするように。意図が判らないのでこちらからは攻撃はするな」

たぶん慎重になって後手は踏みそうです。

地図で見た北海道の戦力(北海道 自衛隊基地でググったら出た・・・ええんかなあ?)
https://www.google.com/search?q=%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E3%80%80%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E5%9F%BA%E5%9C%B0&client=firefox-b-d&tbm=lcl&sxsrf=APq-WBuRSUeW0jr0ykF_QOvBW_mFdOhZkQ%3A1647513499162&ei=mw8zYpjBCaeT1e8P_cmLgAk&oq=%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E3%80%80%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A%E5%9F%BA%E5%9C%B0&gs_l=psy-ab.3...4216.4357.0.4770.2.2.0.0.0.0.0.0..0.0....0...1c..64.psy-ab..2.0.0....0.sAoT81nBTVc#rlfi=hd:;si:;mv:[[45.83123948763736,144.9635204972576],[44.20834540139177,141.2940869035076],null,[45.025543213107454,143.1288037003826],8]

>空自海自の警告を無視して侵攻するなら対艦ミサイルで撃沈できます。

政府の命令が無いのに現場判断で出来るんですかね?
それと、近辺には海自は余市のミサイル艇しかあてにできる戦力は有りませんし。空自でも最初から向こうさんがやる気ならサハリンや国後なんて近いですから対空ミサイルは飛んで来るでしょうし空中戦も発生するでしょう。
対艦ミサイルで撃沈するなら命令して三沢からF-2を飛ばす必要がありますね。国後島は本土との距離はたった16キロでとても近いのでもう上陸はされているでしょうから爆装して出た方が良いのでは?陸自もそのつもりですよね。
ちなみにサハリンと北海道の距離は42キロです。

それと、自衛隊の布陣が厚いのは国後島正面ですが、この辺りは陸自の基地ばかかりですので、最初から上陸されること前提ですね。
海自が警告しようとするならば、衛星で監視してあの狭い海峡に
あらかじめ布陣して待っておく必要があるように思えますが。
護衛艦も対艦ミサイルや対空ミサイルがある狭い場所に入っては行かないでしょう。

ロシアは国後島に対艦ミサイルとかを配備しているそうですが。
https://www.mod.go.jp/j/approach/surround/pdf/rus_d-act.pdf
ウラジオに海軍歩兵師団がありますので来るとしたらまず
この連中かなあ?(探したけれどデータが古そうな気が・・)
http://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2007/2007/html/j1245100.html

あと、ロシアのことですから北海道の日本の領海内で越境して日本漁船を拿捕し、「日本漁船が領海侵犯した」と言いがかりを
付けて来るかも知れませんね。

そういえば、2014年くらいかな伊豆諸島周辺の日本の領海に中国船団が大挙押し寄せてサンゴを密漁(白昼堂々と)しましたが、中国を刺激しちゃまずかろうと獲られるにまかせましたよね。まあ後で法改正しましたけれど。

よその国だと警告射撃して、それでも言うこと聞かなければ現場判断で撃つと思うんですが、わが国にはその判断は不可能かと思いますけれど。
いつもの通り、まずは様子を見るんじゃないですか?
日本政府 「まずは様子を見る!」「事態を注視する」「事態の推移を見守る」「関係各国と密な連絡を取る」「ロシア大使を呼んで確認する」「遺憾の意を表明する」

日本の総理大臣が戦争を決意したとして、その決断を讃え応援するやつ、どれくらいおるんやろうかね?
反戦デモが国会を取り囲みそうな気がするんですがね・・・。




    
やまと人
2022年03月17日 23:13
1980年代に「ソ連脅威論」が一部で流行った頃、経済評論家の長谷川慶太郎氏が「ソ連の脅威は幻想である」という本を書かれていました。
当時の氏の分析では、
①バイカル以東の極東ソ連軍は、大半が充足率の低い二線級師団で精鋭部隊はほとんどいない(ので、侵攻作戦に投入できない)
②シベリア鉄道の輸送能力、特に北海道侵攻を想定するならバム鉄道によりウラル以西からの軍需物資を沿海州へ輸送する能力が決定的に不足(東向き一方通行でも無理)
③全力攻勢時のソ連軍機械化師団では、歩兵1人に補給物資は毎日4トン程度必要で、北海道に5個師団を揚陸したとしても毎日20万トン(?ここは私の記憶があいまいですが)の補給が必要で、必要な船舶渡洋補給能力が全く足りない。
などの理由でソ連軍の北海道上陸は全く幻想と結論されてました。
まあ氏はそもそも民間の経済評論家ですから、軍事のプロから見れば穴だらけの議論でしょうが、兵站の重要性と戦争の経済面からの切り口と説得力は、当時学生だった私には非常に印象的でした。
なぜなら、そういう議論をしていた「軍事専門家(自衛隊出身者を含む)」が、当時ほとんどいなかったからですが。
それでも当時の冷戦下では、極東ソ連軍の脅威は現実味がありましたが、清谷さんが言われるように現在のロシアに日本に侵攻する理由はまずないでしょう。
なのに、無関心でノンポリだった日本人が、急速に「ロシア憎し」
に傾いているのが、気になります。(岸田首相もね)
やれやれ
2022年03月18日 09:17
Kさん、
その想定で何人上陸できて車両が何両陸揚げできるのでしょうか?
それに警告を無視したら警告弾を撃つしそれでも無視するようなら政府に許可もらって攻撃します。それに領海に武装して無許可で侵入したら相手が打たなくても侵略の意思ありと見なせますのでこちらから先制攻撃可能です。これも政府の意思ですけど。
ここまで何もしないのなら市民自衛隊総出でロシアの旗振って歓迎のお出向かでもするんじゃないですかね?

もう少しありえそうな想定でお願いします。
Goodman80
2022年03月18日 09:47
ウクライナへ英国がスターストリークの供給開始、米国は徘徊型UAV供与を発表
https://grandfleet.info/european-region/uk-announces-starstreak-supply-to-ukraine-us-announces-wandering-uav/
ウクライナは新型ドローン等の実験場で、旧式のロシア軍はちょうどいい実験台に。これからも色々と持ち込まれる事でしょう。
ロシアより旧式な自衛隊も色々学ぶことが多いはずなんだが、現実世界を拒否し、脳内世界でのみ優秀でいられるハンモックNoで子供部屋な連中には現実世界は厳しいのかもしれない。
偽陸士
2022年03月18日 11:42
Goodman80様。

>北海道向けの大型高速フェリーを拿捕すれば、


海賊に宣戦布告の必要はありません。
ジュネーブ協定の適用もありません。

人質に手を出した奴は見せしめにテムズ川のほとりで馘首が相場です。
それは黄海でロシア海軍もやってます。
文句言われる筋合いは無いかと。

それにフェリーのスクリューや舵など、信管の秒時を切らずに雷撃しビスマルク同様にグルグルさせて置けばいいでしょう。

あとは海賊に通牒すればいい。
亡命し共に生きるか、志半ばで死ぬか。

考えるまでも無いと思うがな。
偽陸士
2022年03月18日 12:05
連投失礼します。

https://news.militaryblog.jp/a1073420.html

フェリーを心配するならこっちが脅威です。

むしろロシアも極東地域は中東の石油を輸入してます。
ナホトカ号をお忘れかな?

ロシアにとっても中東・アフリカへのシーレーンは重要で海洋国家のパートナーを欲して居ます。

中共はイマイチ信用出来ないし。
ロシアにも余り選択肢が無いんですよ。

ヨーロッパに入れて貰えず自棄っぱちでウクライナに攻めこんだロシアに、親切ごかしに日本が仲裁する絶好の機会なんですが。

まあ、自民党と創価学会にゃ荷が重いか。

もしできたら入党させていただくのですが。(笑)
Goodman80
2022年03月18日 12:24
偽陸士様
フェリーの側で砲や機関砲を向けられている船を攻撃出来ますか?
乗員が日本人で慰安婦として日本人女性が載せられている船を攻撃出来ますか?
上陸して住民を盾にしている軍を攻撃出来ますか?
攻撃しろと総理大臣が判断すると思いますか?
ロシア軍は海賊的な行為は絶対行なわないと思いますか?

もし私の妄想では無く、現実的に可能な事であれば、実際に対処する必要が有ります。日本と言う平和ボケで、周り中敵だらけな場所に有る事は忘れるべきでは無いと思います。自衛隊の戦場は国内であり、一般国民を巻き込んでの戦闘は避けられません。それだけの覚悟が自衛隊にあるとは思えませんが、どうでしょう。
K
2022年03月18日 13:39
>その想定で何人上陸できて車両が何両陸揚げできるのでしょうか?

長文すぎて読まれてないと思われますので

一応、想定してるのは書いてますけどね。

ーーウラジオに海軍歩兵師団がありますので来るとしたらまず
この連中かなあ?ーー

こいつらが豊富な弾薬を持って撃ちまくって来たらけっこう厳しいかもです。
たとえばです。豊富な弾薬のロシア海軍歩兵師団と、無駄弾が撃てない自衛隊の戦い。
取り囲んで撃ちまくってフルボッコが理想的ですが・・・・
補給が未だの状況で次のが来ると・・・

現在、北海道に展開する陸上自衛隊戦力は削減で5万から3万七千にまで減ってると聞きますね。
そこから逆算すると。自衛隊はロシアが送り込んで来れる能力を最大でその5倍(攻撃側5倍とかいいますが・・そういえばウクライナ20万に対してロシア100万でしたっけ?でも何のかんの言いながらもロシア軍は弾は持ってるんですよね。抵抗してるウクライナはNATOから貰ってるのでしょうか?弾には恵まれてますね)くらいと見積もってるんじゃないでしょうかね。
でも自衛隊は弾が無いんでしょう?

で、自衛隊の備蓄弾薬を調べると、古いですがアーミテージ米国防次官補の「自衛隊の弾薬備蓄は、三日間から一週間しかもたない」などと述べたのが出てきますので。

弾を節約しながら本土からの増援と補給を待つという形を取らざるを得ないんじゃないですか?

弾不足は深刻らしいよ。住民の反対運動で弾薬庫の増設が難しいらしい。
https://nikkan-spa.jp/1560586/2

防衛費増額で弾不足は改善されつつあるんですよね?
偽陸士
2022年03月18日 14:22
Goodman80様。

>フェリーの側で砲や機関砲を向けられている船を攻撃出来ますか?

フェリーに敵側の人間が乗っていれば、同士撃ちを避けざる得ない。

>乗員が日本人で慰安婦として日本人女性が載せられている船を攻撃出来ますか?

人質も足手まといになれば役にたちません。
人質にとった側には降伏か嬲り殺しにされるかの二択しかありません。
それに用済みになった人質を敵が何時までも生かしとく保証はありません。
命乞いをした所で、殺られる時は殺られます。


>上陸して住民を盾にしている軍を攻撃出来ますか?

上陸される前に殺るか立ち往生させるのがベストですが、出来なければ住民殺害の汚名を侵略軍に被せる方法を考えるしかありません。
出来なければ自分自身と家族が殺されるか奴隷になる。

>住民を人質に取られた時は攻撃しろと総理大臣が判断すると思いますか?

政治は決断しないが見ない振りはするでしょう。
ペルー大使館人質事件を見れば善く判ります。

>ロシア軍は海賊的な行為は絶対行なわないと思いますか?

彼等がやるかやらないかは興味はありません。
可能か不可能かで考えるべきです。

やったら海賊として討ち果たすまでの事。

パンにはパンを、血には血を!

これが過去も、そして未来も世界の掟だし、例外が在った事は寡聞にして知りません。
Goodman80
2022年03月18日 17:50
偽陸士様
<彼等がやるかやらないかは興味はありません。
可能か不可能かで考えるべきです。

やったら海賊として討ち果たすまでの事。>

文章は勇ましいですが、話が矛盾してますし、具体的な対策案が全く有りません。
実際上可能では有りますし、此れに対する対策(法整備、装備、運用方法の変更等)が必要です。
哨戒機を常時展開させ、対艦ミサイルを常時装備、怪しい艦船に警告、攻撃許可等が機長に許される等が必要が有ります。哨戒艦に対艦ミサイルを装備させ、常時海上に展開させる等でも良いと思います。
海保の船は軍艦には全く無力です。海賊であれば海保の担当では有りますが。
やれやれ
2022年03月18日 18:39
Kさん、
私が聞きたかったのはその想定で何万人の兵力や車両を何隻の船で運ぶのかと言うことです。
後方支援や兵站、医療なども含めて。
結構な数の船団になると思いませんか?
海の上を歩いて進軍してくるならともかく
結局は船頼みになります。
それらを陸揚げするのにどれくらい時間が掛かるのか。
燃料や食料なども一緒に運ぶ訳で現地調達でいいじゃんみたいなインパール作戦みたいな考えだと
それこそ日本人が歓迎して出迎えない限り戦う前から行き詰まりますが。
実際どうなるのか車両の数と船の数をよく考えてシミュレーションして下さい。
それが現実的な想定かどうかも。
特にウクライナ侵攻で疲弊したロシアにそれができるのかも。

それと港の手前に機雷を撒いてもいいんですよ。
触雷するのは踏んだ奴が悪いのでこちらは何も手出ししなくても自滅するんですが。
掃海は簡単では無いですよ。十分な時間稼ぎにはなります。

陸続きのウクライナと海をどうにかして渡って来るしかない日本では相手の取るべき行動が全く異なる事を理解して下さい。
ミスターフリゲート
2022年03月18日 20:20
goodman80さん
結局こういうことですよね。
「どうあがいても、政府や自衛隊は無能だからフェリーを拿捕され、現地の自衛隊は戦力にならず敗退し、北海道は奪われておしまい、異論は認めない」なのに、清谷氏や文谷氏、他の読者さんや私は「ロシアは北海道侵攻は不可能」と高を括ったバカであり無能な政府と同類と。

ここからは偽陸士さんにも返信
冗談はさておき、数は少ないですが海自にSBU、海保にSSTがあります。加えてSBUは陸自の特殊作戦群と連携してるので、彼らも加わると考えられます。現時点では彼らに託すしかないかと。
因みに、海保の巡視船はしきしま型など一部除き、全て商船構造です。(しきしま型は軍艦構造)
もっと言うと、清谷氏や文谷氏が言うようにロシアが北海道を攻めれないと信じたいところです。
偽陸士
2022年03月18日 22:01
ミスターフリゲート様。

>因みに、海保の巡視船はしきしま型など一部除き、全て商船構造です。(しきしま型は軍艦構造)


誤解があるようです。
軍艦構造とは、艦艇に兵装を施し燃費と運動性能を最大限に発揮出来る構造です。

撃たれ強さでは重量の制約がないぶん商船構造の方が頑丈です。

70年前と違いタンカーもコンテナ船も簡単には沈みません。

P-1でなくともドローンで年中無休で索敵をかけ、商船を改造した仮装アーセナルシップを日本近海に展開すれば安上がりに接近拒否が実現します。

わざわざ金のかかる軍艦を揃えるより安上がりで短期間で実現します。
偽陸士
2022年03月18日 22:16
Goodman80様。

>文章は勇ましいですが、話が矛盾してますし、具体的な対策案が全く有りません。


フェリーを沈めず航行不能にする方法などいくらでも在るのですよ。

タンカーやコンテナ船で両脇から挟み込んでも良いし、魚雷でスクリューや舵だけを破壊すれば航行不能にできます。
少し粗っぽい方法だとブリッジを正確に爆撃しても操舵不能に陥るでしょう。


立ち往生させて相手の疲弊を待てばいい話です。




19190213
2022年03月18日 22:33

例えとして微妙ですが、1000°程の熱が発生する機械の金属がジャスト1000°付近であれば一寸危ないですよね。
かと言って太陽の熱に耐えられるほどに耐熱性が必要かといえば違う。


想定というのは、若干過剰に見積もるぐらいが丁度良いんですよ。
ただしある程度実用性がないと駄目です。
どこの組織も予算獲得の為もあって多めに見積もるもんですが実際のところは仕方がない側面もあります。

防衛白書と米軍の見積もりで差異があるってことで昔国会で突っ込まれていた気がしますが、どちらが良い悪いは微妙です。
自衛隊は多めに師団見積もりを取る傾向があって軍管区を足したものかそれとも、米軍側がカテゴリー3をそもそも除いた計算なのかとか。
あと船舶数で小型船舶や海岸を警備するような船を足して多く見積もっているんじゃないかとかですね。

個人的には地続きではないのでカテゴリー3を考慮する必要性はない(そもそも投射できない)、しかしながら船舶に関しては警備船を除いた揚陸が可能な船舶や徴用の可能性がある船舶は頭の片隅に入れた方がよいかと思います。
いやいや無理でしょのレベルが、一寸工夫すれば到達できるのかそれとも絶対に無理なものなのかを推定するためにも後者に関しては若干の考慮は要するかと。


実際の作戦の成否というのは、揚陸できるか出来ないかで図るべきではないと思います。
揚陸した後こそが本番でその後に政治目標であったり軍事的な目標を達成できる見込みが果たしてあるのか。
崇高なモノとは言いませんが軍事は外交の延長であってただむしゃくしゃしたから殴りたいといった原始的な感情とは違うと思います。

確かに昔のソ軍は一定の脅威を誇っていたと思います。
カテゴリー3は約半数~五分の2程度だったとしても、問題になるのは、投射が可能なのは数個師団がカテゴリー1~2クラスで尚且つ陸自の師団と比べて圧倒的に兵器が充実し工夫なしに力勝負をしたら本当にひどい目にあういう絶望的なほどの力の差があったということですね。
そして船舶にしても増やそうと思えば増やせなくはないということを考慮すると”適切な用意”は必要だったんだと思います。
脅威というとインディペンデンスデイの宇宙人クラスに見えなくもないですが、それほど重大ではないとは思います。


揚陸と渡河は違うと考えていますがどうもソ軍は渡河に近い感覚のような気がしますね。
渡河ならば安全化したら橋でもかけられるんで自軍地域からの輸送車両を気ままに使えますが、揚陸ならばそうもいかない。
WW2のマルベリー港みたく大掛かりな施設がなければ途切れの無い補給活動は難しいですし揚陸したあと橋頭保からの距離が増大するにつれてさらにトラック台数も燃料もそして集積所も数が増えていく。積み下ろしの所要が増えロスの増大は避けれません。
補給所要は倍だと考えて良いはずです。
船舶数よりも問題は、海から陸への積み下ろし所要と陸から陸へ(なお道路は破壊されている可能性あり)の効率化の面も大きいかと思います。
それを港なしでやるのは幾らソ軍が強いからと言って無謀に近く感じてしまうのですよ。
おまけに海自の毒饅頭(潜水艦等)がちょっかいを掛け始めればまぁうんざりしませんかね。
それほどの国力を使うほどに必要なのか北海道はと。
ソ軍がやりたいドクトリンというのは砲弾が馬鹿ほどに必要なのにわざわざ補給もしにくく、くりくり坊主の変な奴らがいる島にこないでもやりたいならば大陸でやった方が良いんではと。
そんなんで目標達成できますかと。

尚更現代では北海道の獲って他から受ける制裁や軍事的圧力なんか考えれば無理筋な気がするんですよね。それを上回るようなメリットって何よと。
不凍港だろうが結局は露本土とは飛び地で輸送所要があり露は制裁を受けて貿易もクソもないし海軍だってボロで活用しようがないと。
活用できなければね・・

偽陸士さん
仰る通りだと思います。
本気になればやれんことはないがやる意味はないというのが実態だと思います。

ただ昔の自衛官個人がそこに人生を注いだ意味自体はあったとは思いますよ。
物心両面揃っていたからこその話であって、全くなければ分からない状態もあります。

組織として見たときに、91年以降の転換に対応できなかったということが一番影を落としているのではないかと思います。
まぁ確かにいきなり削減というのはどこの軍隊も結構抵抗しますし露軍だって実は相当に抵抗して改革した人間はどこかに飛ばされたりもあったりと全部が全部100%は厳しいなと。
旧軍でも宇垣軍縮やってますが紆余曲折あったりとそうもスムーズにはいかないものです。
陸自の戦車削減だって実際は戦車削減に見せかけた機動戦闘車への鞍替えですからね。

難しいもんですね。
F-5
2022年03月19日 11:28
素朴な疑問なんですが、ロシア軍が北海道侵攻する為のフェリーと慰安婦なる日本女性はどこで調達される設定なんでしょうか?
 
 
Goodman80
2022年03月19日 13:21
F-5さん
北海道向けのフェリーは
太平洋フェリー 航路1:名古屋〜仙台〜苫小牧 航路
商船三井フェリー 航路1:大洗〜苫小牧
新日本海フェリー 航路1:舞鶴〜小樽 航路2:新潟〜小樽 航路3:新潟〜秋田〜苫小牧 航路4:敦賀〜新潟〜秋田〜苫小牧 航路5:敦賀〜苫小牧
などがあります。どれも大型の高速フェリーで運行されています。乗客も600~850名程度。
F-5
2022年03月19日 15:04
Goodman80さん
ご返答ありがとうございます。

 北海道侵攻前に北海道以南の日本近海で運行されているフェリーを乗客込みで無傷で鹵獲出来るのかどうかは疑問ですが、もし可能であればその時点で海保も海自も全くの役立たずなのが証明されて上陸作戦は成功しそうですね。

 ここからは冗談ですが、やる事はほぼ同じなのでスペツナズに東京の保育園児を乗せた送迎バスをハイジャックさせて、日本政府に無条件降伏を迫るほうが手っ取り早いんじゃないかと思います。
 
やれやれ
2022年03月19日 15:13
Goodman80さん、
私も大洗からフェリーを使って苫小牧を往復した事がありますが、
陸上からそんなに遠く離れた所は航行しませんよ。領海内です。
外国航路の客船じゃあるまいしどうやって拿捕するんです?ハイジャックですか?
それなら中古の自動車運搬船に重量のある戦車等も載せられるように
改造した偽装運搬船を使うほうが隠密的には効率的じゃないでしょうか。
やれやれ
2022年03月19日 17:50
Goodman80さん、
そういえば津軽海峡含む日本海と太平洋付近だけは公海でしたね...
そこで海賊行為ですか?その時点でアウトでしょう。
Goodman80
2022年03月20日 12:47
やれやれさん
すみません。やって良いかどうかではなく出来るかどうかの話をしています。日本海では近畿⇔北海道間を高速フェリーが6隻就役しています。この船にもしロシアの艦船が近づいたとしても領海外では何の手出しも出来ません。適当な理由を付けて拿捕されて連行されてもウラジオストックまで400km程度、自衛艦では追いつけませんし、近くを航行されれば攻撃も出来ません。米軍でさえ太平洋戦争で無差別に都市爆撃、艦船の無差別攻撃、一般人に対して航空機の銃撃等を行っています。満州では何千人もの日本人女性がレイプの上、惨殺されています。ソ連も抑留して強制労働等させていましたよね。
21世紀だからそんな非人道的な事は世界中のどんな場所でも起きてませんか?
もし可能性が有るのであれば対策を検討する必要が有ると考えますが、どうでしょうか。
ブロガー(志望)
2022年03月20日 21:19
お邪魔します。
 人は自分で思っている程理性では動いておらず、感情や本能で動いています。連日ウクライナの状況が伝えられる中であの「イメージ」が刷り込まれてしまい「日本もああなるかも知れない」といった風にイメージを膨らませてしまうのでしょう。そうやって膨らんでしまうと「ウクライナは地続きだが日本は海を隔てている。だから船ごと沈めれば良いのではないか(船に手が出せない≒海上優勢、航空優勢共に奪われている≒その時点で詰んでいる)。」と言われても耳に入らなくなるのではないかと。そういった事をマッチポンプ・我田引水的に言っている人もいるのでしょうが、自らがそのイメージに支配されてそれを拡散している人もいるのではないかと思っています。『(僕らは)命に嫌われてる』ならぬ『(僕らは)イメージに操られている』でしょうか。
かつて旧ソ連がアフガンに侵攻した際も「次は日本かも」とか言った人もいたらしいですが、その後旧ソ連は撤退に至りました。アフガンはインフラが劣悪なため膨大な補給が必要になったが、それはレジスタンス側からすれば正面対決は避け続けて補給を叩き続ければ良いといった事であり、焦土作戦でナポレオンやヒトラーを退けたロシアがアフガンでは焦土作戦に敗れたといった事を読んだ記憶があります。余談ですが旧陸軍は旧ソ連の爆撃機を脅威と捉え(旧ソ連による日本本土空襲の可能性も出てきた)、今で言う敵基地攻撃能力獲得のため97式重爆を開発したと読んだ事があります(敵基地捜索が100式司偵で迎撃が二式戦鍾馗か)。一方戦車はそれ程パッとしません。「戦車=特殊な道具」といった認識や砲の反動を受け止める装置の良い物が作れなかったという技術的制約もあったのでしょうが、結果的には案外間違っていなかったのかもと思ったりもします。
やれやれ
2022年03月20日 21:37
Goodman80さん、

「日本海では近畿⇔北海道間を高速フェリーが6隻就役しています。」
日本海側でも北海道行きフェリーはほぼ領海内を航行します。
津軽海峡と津軽海峡への日本海、太平洋の接続水域だけ公海です。
特に日本海側は不審船以来海保も海自も警戒していると思いますが。
北朝鮮の瀬取りを見つけたのも海自です。
公海上でも軍艦がいれば位置を把握します。
それに殆どは領海内を航行するので他国の軍艦が領海内に入る前に分かるので海賊行為は難しい。
あと大型フェリーは現在位置をAISで発信しているはずです。なので勝手に航路が変更されたり電波が消えたら捜索対象になるでしょう。

自動船舶識別装置AIS(飛行機のトランスポンダと同じ)
https://www.kaiho.mlit.go.jp/syoukai/soshiki/toudai/ais/ais_index.htm
AIS ライブ船舶マップ
https://www.bouken-asobi.com/map_ais.html

つまり沈没したりハイジャックされたら分かると言うことです。

「21世紀だからそんな非人道的な事は世界中のどんな場所でも起きてませんか?」
非人道的な事が起こらないとは思いませんが、リスクが高い上に成功の確率も低い作戦を危険を犯してまで行うでしょうか?
ウクライナがーと言われるかも知れませんが、
それに対処する日本側の時間はあるわけです。
最悪奪い取られて人質が乗っていたとしても
日本へ侵攻してくるならフェリーごと葬る事も
検討するべきでしょうね。
最後は北海道とフェリーのどちらを選択するかと言う話です。
それに成功しても失敗しても国際的な非難と追加の経済制裁は免れないでしょう。ウクライナで疲弊したロシアがヤケ起こしてもこんな作戦は更なる自殺行為の上に目的も薄いではウクライナ侵攻以上の無理筋かと。

「もし可能性が有るのであれば対策を検討する必要が有ると考えますが、どうでしょうか。」
それは自衛隊と海保に検討してもらいましょう。
本当にその危険性があると思われるならここに書くより
海自や海保に進言した方が有意義かと。
TEE
2022年03月21日 16:45
陸上自衛隊の北方重視・・・相手となるロシアには強襲揚陸能力が無い。しかし小規模の部隊の潜入であれば可能です。一方で迎え撃つ陸上自衛隊は、重すぎて国道を90式戦車を始めとする装軌車両が通行出来ない、実戦経験が無いので市街地で戦闘展開出来るかが不明、北海道の中枢である札幌及び千歳市等主要交通網の拠点を防衛出来るかが不安、対ゲリラ戦となれば、市街地封鎖も出来ずに中隊規模の部隊ですら立往生・・・大部隊どころか1個小隊に振り回されているうちに道庁に赤い旗がなびいて終了するんじゃないでしょうか?自衛隊の演習で「これは本当にヤバい!」って状況付与されて指揮官以下が右往左往するなんて未経験ですから。まあ色々な制約や実状況との差異があるので仕方無いんでしょうけど。本当に戦えるのか?守れるのか?そこまで考えている幹部・上級陸曹が居ない訳ではありませんが、全ては時間が解決するって演習をやっている間は、多分陸上自衛隊は何も変わらないと思います。
Goodman80
2022年03月21日 22:36
やれやれさん
そうですね、国連の常任理事国の正規軍の兵が海賊行為など起こすなど有りえません。もし近海に海賊等が出たとしても世界第三位の超先進国の日本が誇る海上保安庁の最新鋭の巡視船が片手間で簡単に処理してしまいますね。バカな妄想をお許し下さい。
やれやれ
2022年03月22日 09:26
TEEさん、
それなら特殊部隊を一般旅行者として侵入させて
同庁や合同庁舎を占拠する方が楽ちんじゃないですかね。
私なら泊原発を奪い取り人質?にしますが。

やれやれ
2022年03月22日 09:26
TEEさん、
それなら特殊部隊を一般旅行者として侵入させて
同庁や合同庁舎を占拠する方が楽ちんじゃないですかね。
私なら泊原発を奪い取り人質?にしますが。

積極財政
2022年04月04日 03:21
今回の記事の趣旨と違いますが財政破綻リスクに触れられてますので投稿いたします。

自国通貨建て国債、変動為替相場制、経常収支黒字であれば日本円で国債発行する限り財政破綻もハイパーインフレもありません。

ハイパーインフレ懸念については通貨の過剰供給ではなく極度の物資不足によるものです。

最近でしたら日本でマスクの価格が一時高騰しましたが、中国からの輸入激減と国内需要の急激な増加によるものであり、国内の需給動向が需要過多になったためです。

ロシアのインフレ進行は経済制裁で欧州からの生活用品の入荷停止による物資不足によるものであり通貨供給量が増えたためではありません。

日本は2013年以降アベノミクスによりマネタリーベースを200兆円から600兆円まで増やしたにもかかわらず、ドル円は約50%しか円安は進行していませんが、通貨供給量を基準にすれば1ドル250円でもおかしくありません。

今後、日本でスタグフレーションが懸念されていますが、日本は石油や食料の輸入を止められて物資不足に陥っているわけではないので政府の経済政策(各種補助金や減税等)をすればスタグフレーションは緩和されますし、国債発行による財政出動で防衛力強化を行えば需要が生まれて景気回復も可能です。

日本でハイパーインフレが起きる可能性があるとすれば、経常収支の赤字による外貨流出に伴い外貨建て債権発行が常態化して日本政府や日本企業による債務不履行が発生した場合、日本への食料や資源の販売を各国が見合わせる可能性があり、国内のスーパー等で空の棚を目すればハイパーインフレになるでしょう。

最近だとレバノンの外貨建て国債が債務不履行になりハイパーインフレしました。

レバノンは経常収支が赤字で国内で利用する物資は外国頼みだったので外貨準備高で固定相場制のレバノンポンドを買い支えていたが、外貨準備高の減少によりドル建て国債が債務不履行となったため通貨価格が10分の1に暴落した。

レバノンの場合、政情不安や隣国の紛争などがあり国内産業の整備が上手くいかず外貨調達を外貨建て国債に頼り切ったため、追加の借り入れが出来なくなり債務不履行になったので、現状の日本と比較する事例としては適当ではありません。