東日本大震災の「戦訓」を活かせない防衛省と自衛隊

さて明日は東日本大震災から11年目です。随分当時の経験も風化し始めていると思います。
既に何度もご案内のように、震災では自衛隊の弱点が多く露呈しました。ですが、多くのメディアはその組織的な欠陥を検証しようとせずに、現場の自衛官のガンバリズムだけを書き散らかしました。このため世間では「無敵皇軍自衛隊」的なイメージだけが定着しました。ですが自衛隊のシステムや装備には大変な問題があり、それを現場のガンバリズムだけで補ってきました。

まるで無謀な作戦指導で、南方戦線で補給もなく、絶望的な戦いを強いられて玉砕=全滅した現場の部隊を、よくぞ戦ったと褒め称えるようなものです。その同じ間違いを繰り返すことで日本は負けました。

平成になっても同じことをやっているわけです。日本人は何度痛い目にあっても変わらないようです。当時ぼくは独自のルートから被災現場の自衛隊の実情を与野党の政治家に伝えましたが、政権に近い民主党議員ほど防衛省の「問題ありません」というレクチャーを鵜呑みにしていました。

そして問題点は内部で一応は検証されましたが、「敵=納税者に手の内をさらさない」という防衛省、自衛隊の悪しき組織防衛文化のために、納税者は殆ど知ることができませんでした。無論現場の隊員が頑張ったのは事実です。ですが、彼らを支えるシステムや装備が欠如していました。これらがあれば、より多くの被災者も救えた可能性があります。

ぼくは陸自のヘリ型無人機FFOS、FFRSが一度も飛ばなかったことを報道しました。これは後に国会でも追求され防衛省も信頼性が低かったからだと認めましたが。ですが、FFRSは配備後1年も経っていないことを言い訳にしていましたが、その後の九州の震災や豪雨でも飛びませんでした。
そのFFRSは防衛省の事業評価で「NBC環境下、大規模災害での偵察に必要」であり、「開発は大成功」と自画自賛していました。
流石にFFRSは問題ということで、後継UAV、スキャンイーグルの調達が決まりましたが、それが始めて調達されたが10年過ぎてからです。陸幕には「時間」という概念がありません。
そして欠陥品であるFFOSやFFRSが廃棄もされていません。当事者能力が欠如しています。

 空自は阪神大震災時でも博物館アイテムだった偵察機RF-4Jが避難されました。帰投してから現像しないと偵察結果が分からない。ところが東日本大震災でもRF-4Jを使い続けていました。偵察ポッドを購入してF-15Jに搭載すればいい。こんな簡単なことができずに、僅かな調達薄の偵察ポッドを国産化しようとして、失敗しました。
その責任は空幕にありますが、メーカーである東芝に責任をなすりつけて裁判沙汰になりました。

 陸自のOH-1にしても、値段だけは他国の偵察ヘリの何倍もするのに、リアルタイムで画像を遅れるシステムがなく、データは帰投してVHSに落とさないとみることができません。リアルタイムで政府が状況を把握していたらもっと多くの被災者が助かったはずです。

そして給食能力が低く、野戦調理システムは露天で、中隊規模のものだけです。トルコなど途上国ですら装備している、コンテナ式の移動キッチンも存在しません。結果被災者は温かい食事を取る反面、現場の自衛官たちは冷たい缶詰の飯を食っておりました。

これを「自称愛国者」やら「国士様」らは自衛官が温かい飯を食べると左翼から攻撃されるからだといておりました。ですが、これは全くのお門違いです。
単に自衛隊に十分な給食能力がないだけの話です。被災者に温かい飯を与えて、自衛官が冷たい飯を食うという「美談」の愛国オナニーに過ぎません。仮に一部の左翼がそのようなことを言ったとしても、国民の自衛隊に対する支持率は極めて高いわけです。そのような「ヤクザの言いがかり」は放置すればいいだけの話です。
そして未だにコンテナ式のキッチンは導入されていません。

こういう現場の隊員に過度の期待をして不要な自己犠牲を強いることは決して健全ではありません。きちんと現場の自衛官こそきちんと食事をとり、テントで雑魚寝ではなく屋根のあるところで眠り睡眠を取り、洗濯したユニフォームを着て作業をすべきです。
最低の状況で最高の働きをしろというのは無責任です。

こういう「美談」大好きな日本人の感覚が現場の自衛官の待遇の向上や、自衛隊の問題点の解決に水を刺しています。

偵察用バイクも老朽化、稼働率の低下が激しく、3割程度の稼働率でした。しかも陸自が装備の稼働率の調査をはじめたのは、内局から尻を叩かれて震災後からでした。

無線は何世代も混在して、また周波数帯が軍用無線に適していなかったので、不通、混信だらけでした。ところがその頃開発中の広域多目的無線機は何の変更もなされず、通じない無線機として有名です。多額の費用をかけて改修して、多少マシになりましたが、使用周波数帯を変えない限りだめでしょう。しかも今どき、データや画像送信もできない低性能です。これを陸幕は列国並みのソフトウェア無線機と胸をはっています。河野太郎大臣時代この問題を指摘ましたが、河野大臣は陸自に検証デモをさせました。

それで問題ないと胸を張っていました。ですが、検証デモは単に小隊レベルの通信だけであり、連隊基幹システムを通じて試験はなし。これをやるとつながらないのがバレてしまうからです。
また他国の無線機との比較もありませんでした。陸自が問題なし、ということをアピールするための条件を自分たちでつくったものでした。本来は第三者にやらせるべきでした。
ところが、河野大臣はこれで満足してしまいました。
これにより広域多目的無線機の改良あるいはリプレイスの機会は失われました。

また当時の衛生部隊の装備の劣悪でした。医官やメデックの充足率も低い。これがまともだったらもっと助かった命はあったのではないでしょうか。それは今も変わっていません。

これだけ深刻な「戦訓」を得たのに「無敵皇軍自衛隊」は誤りを侵さず、と改善するつもりはありません。
当時市ヶ谷で働いていたジュニアオフサーたちは上層部にあれこれ進言したら、そういう人たちは次の移動で飛ばされました。

防衛省、自衛隊の問題は得てして政治の問題です。政治家にまともな軍事的な見識がなく、防衛省や自衛隊のレクチャーを鵜呑みにするから「無敵皇軍自衛隊」を信じ、問題点の改善がなされません。

■本日の市ヶ谷の噂■
桑田成雄空自首席衛生官は、血液内科の医局に入局したが、20年もの間診療をしていない。
非常に評判が悪い医官で将の器にあらずと言われているが、硬直化した人事のために次の空将昇任、防衛医大副校長昇任との噂。


European Security & Defence誌 2月号に寄稿しました。
Japan's Defence Budget –an Issue of TransparencyP68~69)
https://euro-sd.com/wp-content/uploads/2022/02/ESD_2_2022.pdf
ESD_2_2022_p68-69 Kiyotani, VP from Tokyo_page-0001.jpgESD_2_2022_p68-69 Kiyotani, VP from Tokyo_page-0002.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

KU
2022年03月11日 13:07
悪い夢なら醒めてくれorz。実戦を経験しても尚、こんな惨状のままな組織って終わってますわ。けど、与野党も大手メディアもワレ関せず。でもって、タカ派ならぬバカ派はウクライナにアレもコレも供与しろ!とか喚いているし。どうせ拡大解釈だか解釈変更だかでテッパチやら防弾チョッキやらを送るのなら、あんな国産携SAMも送れば良いのに。仮にもし、国産テッパチとかを装着した人が死傷したらどうするんでしょうか。データすら取らずに単に運が悪かったね、で終わりなんですかね。防衛省自衛隊のことだから。
KU
2022年03月11日 13:21
>いかつい顔つきへ フランス軍のトラック型自走砲「カエサル」アップグレード化

https://trafficnews.jp/post/116370

19式も、このくらいのサイズで良かったんじゃないですかね。で、キャビンもエアコン標準装備で尚且つ、装甲化してさ。
ミスターフリゲート
2022年03月11日 15:08
もう一度痛い目に合わないと変わらんのでしょうな。とにかく、一日でも早く改善の方向にもっていって欲しいものです。
19190213
2022年03月11日 16:47
缶飯に関してはヒートパックがあるので、それを使うのが妥当かと思います。
実際の戦闘になった場合も一線地域では戦闘糧食主体になるので、これらが主体になるのは避けられませんが、戦闘糧食の中身自体は見直しを進めても良いはずです。油ギッシュすぎる物もあるのでそこは見直すべきかなと。

ただし、飯炊きに関してコンテナのような屋根付き車両があれば楽なことは間違いないかと思います。
天幕張って作るのも悪くはないですが作業効率や清潔さを考えればそちらの方が良いことは間違いないでしょうね。
大量に給食するならば、既製品やセントラルキッチンで粗方調理されたものを活用した方が良いはずなので冷凍、冷蔵コンテナを含め調達を検討して欲しいものです。
飯を民間や退役者に投げるというのも手ではあるんですけどね。
19190213
2022年03月11日 17:07
KUさん
そもそも鉄帽で小銃弾阻止をできるというのは米軍のバケモノヘルメット位だった気もしますね。
大体は拳銃弾程度~距離によっては??といったものだと思います。
ゲームじゃないんで過度に期待するもんでもない気がしますね。
あとSAMは扱いが面倒くさいらしいので日本のものを送るよりノリンコやらどこかしらでイグラあたりを調達して送った方が喜ばれると思います。
いやもう寧ろ余計なことせんで金と民生品だけ送っておいた方が良いと思います。
F-5
2022年03月11日 17:58
 糧食の件に関しては、項羽と劉邦の時代からの「飯を食わせないと兵士は逃げる」伝統がある国の人民解放軍の方が出来立ての温かい飯をドローンで運ぶなど圧倒的に優れているのではないかと思います。
 食事を運ぶという兵站にまでドローンを使用できる余裕が羨ましい。 これは災害時の民間人への物資供給にそのまま流用できるわけでして、彼我の差はもはや覆せないところまで来ていると思われます。

 タイポ報告
>  空自は阪神大震災時でも博物館アイテムだった偵察機RF-4Jが“避難”されました。
> こういう「美談」大好きな日本人の感覚が現場の自衛官の待遇の向上や、自衛隊の問題点の解決に水を“刺”しています。
 
やれやれ
2022年03月11日 18:13
ロシアがウクライナに侵攻、今こそ「改憲」を議論すべきか?
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00164/031000024/
興味深い時事です。無料で読めます。大石英司さんのご尊顔も。
ご参考まで。
ミスターフリゲート
2022年03月11日 19:28
多くは陸自ばかりという。戦車や自走砲部隊を廃止してでも予算をこれらの改善に充てるべきですね。

○FFOS、FFRS→レイヴン、シャドー、ファイアスカウトなどに置き換え
○偵察バイク→ドローンやUGVに置き換え
○キッチン→野外炊具をコンテナ化かつ多く調達、また野外入浴セットや洗濯セットもコンテナ化
○衛生→ファーストエイドキットの更なる改善、AED必須、医官等の待遇改善
○コータム→周波数帯自体を改善、カメラなども付けリアルタイム化
○その他→駐屯地の冷暖房装置の改善
など、やるべきことが多いですね。
2022年03月12日 03:32
やはり問題のある防衛省幹部は実名告発すべきでしょう。自分はかつてこんな人達まで応援してたのが人生の汚点です…。
KU
2022年03月12日 09:54
>米無人偵察機、三沢基地に到着 青森、自衛隊で初配備

https://nordot.app/875161044823572480

とうとう、着いちまったorz。ていさつ
偽陸士
2022年03月12日 10:40
あれから11年ですか。
早いものですね。

パイロット用の防護衣も無いのに、原子炉直上からの水投下。

偵察ポッドを積んだ米艦載機に依る、避難所の発見。

暗視装置の無い自衛隊のヘリを尻目に、昼夜の別無く物質を運搬する米軍ヘリ。

装甲車に浮航・渡河能力が無く進出に時間がかかる。

このように平時の戦争たる調達に失敗した日本政府から眼をそらさせる、お涙頂戴なメディア報道。


次の災害時には更に酷い人的損害が約束された様なものです。

ウクライナでのロシア軍の醜態がまだマシに見える日本人の体たらくです。

私自身、出来るのは納税と投票の二つしかありませんが、逆に言えばそれすら満足に出来ていない日本人には相応の未来が用意されて居るのでしょう。
Goodman80
2022年03月12日 12:51
国内初の『ヘリコプター基地局』が電波を発射! 空から遭難者の位置を特定
https://time-space.kddi.com/au-kddi/20191211/2797?cid=co_prts_pop
世界中の邦人の安全確保の為には、地球規模の通信回線が必要。この手の通信システムは国が中心となり、外務省、警察、海保、自衛隊等が共通のシステムを保有する必要が有る。高価な戦車や戦闘機、護衛艦などが守れる訳では無い。まあ、風雨で使えない非常基地局とか過去には失敗も有ったが、前向きの進むことは必要。
19190213
2022年03月12日 20:14
KUさん
その方が良いと思いますよ。
良い宣伝にもなりますし武器なんて欧米がどうせ死ぬほど配るんだからだったら民生品流して一人でも多くの避難民に日本のメーカーや製品を覚えて貰った方が良いです。
19190213
2022年03月12日 23:29
○FFOSの着眼は良かったと思います。
開発開始は1988年ですからね。
1970年後半にかけてIDFが無人機偵察で大きな戦果を挙げたことが契機となり1986年か87あたりにはRQ-2 パイオニアが米軍で運用を開始されていたことを踏まえると開始時期としては戦争をしない国としては遅いがそれほどまでに酷いわけではないです。

問題点は何かというといくら着想や着眼が良くても配備開始が2001年ということです。
そりゃ陳腐化して当然ですし何故開発を継続したのか戦力化ができず10年近い空白期間が開いてもそれを良しとしたのか全く理解できない所ではあります。
結果、高額な砲兵、情報隊用の無人機(方面レベル)が出来ている間に技術はどんどん進みもはや連隊や中隊レベルでも自前の空の目を持ちつつあるような時代です。
幾ら戦争をしないからと言ってもこれは明らかな怠慢です。
士官なら分かるはずです情報の精度こそが火力の発揮、作戦の成否を分けることを。
それを知りながらこれを放置したのは罪深いです。
情報分野の声が小さいというのはどこの軍隊にもありがちではあるんですけどもね。

こうたむ君に関しては恐らく連隊レベルでも繋がるでしょうね(距離とか基幹システムをとうしたかどうかの問題ではないかと)。
通信大隊のノード車両があるなしで大分変る話であったりそもそもの””ユーザー側の教育不足””で性能が発揮できなかったり、電子線激しい現環境での扱いを考えると出力を絞らないといけないといった事情もあるのだと思います。
実は、しっかり教育した部隊ではちゃんと扱えているという話もあるんですよ。因みに本当に調子の良かったある日は、某所から日本の端まで意図せずに届きました(たまたま周波数が同じだったため。)。
あと映像や画像の話なんですが、8秒通信を心がけても敵に探知される現代では、機能が着いて居てもそもそも有効活用できるかは謎です。
寧ろ現場が欲しているのは、多機能よりも使いやすさだったりします。
私は純粋に歩兵が持つ通信機としてはそこまで重要視するべきではないと思います。

何が悪いのかといえば、使いにくさ(強度やボタン配置、操作性)と解りにくさ(多機能ゆえの操作性の悪さ、従来の無線機と違うアンテナの仕様)などユーザーのレベルを無視していることだと思う。
要は教育のレベルを向上させるかもっと馬鹿でも使える無線機をよこせばいい話だったと思いますね。
コータムの目玉は何といってもC4isrではあったんですが、それを全通信機に載せて作戦行動をするほどに自衛隊の質がよいのかといえば私は疑問です。
そんなもの精々中隊レベルか小隊レベルで把握すればいい話であってあんなに沢山配るのは費用の無駄とも思えます。
教育レベルを上げられないというならば、配っても無駄なんで馬鹿用無線機とコータムのローハイミクスにするべきだったのだと思います。
コータムに関しては背嚢も工夫するべきでその辺り真面目に検討しないと通信手の負担は増すし脆弱性は改善されないと思います。
実際問題として暗い場所汚い場所雨の中砲弾の中で使う訳でユーザーを考えた操作性は必須です。
C4isrと通信機の融合というのは発想は悪くはなくても、使い勝手を無視してまで押し付ける必要性はなく指揮者が知ればいい情報と末端が知るべき情報は別けた上で使いやすさを追求した欲しいものです。

周波数問題確かに懸案事項なんですが、防衛と経済の優先度はこの国では経済の方が優先ですし、目下敵の侵攻よりも経済問題の方がまずい状況なので、自衛隊は隅で飯食っとけスタンスはあながち合理的なのかとも思います。
自衛隊を良くしてもこの国は良くはならないので。
キヨタニ
2022年03月12日 23:52
携行用コータムはフレームいらんでしょう。バックパックに収納すれば良い。無線機収容用のバックパックは結構あります。
それに予備電池やその他の装備も無線手は必要でしょうに。
無線機だけ持っていけばいいわけじゃない。

そして専用電池も問題。規格化された軍用電池なら米軍からも融通が効くでしょう。そうなると入札になってNECが儲からない^_^

>19190213さん
>
>○FFOSの着眼は良かったと思います。
>開発開始は1988年ですからね。
>1970年後半にかけてIDFが無人機偵察で大きな戦果を挙げたことが契機となり1986年か87あたりにはRQ-2 パイオニアが米軍で運用を開始されていたことを踏まえると開始時期としては戦争をしない国としては遅いがそれほどまでに酷いわけではないです。
>
>問題点は何かというといくら着想や着眼が良くても配備開始が2001年ということです。
>そりゃ陳腐化して当然ですし何故開発を継続したのか戦力化ができず10年近い空白期間が開いてもそれを良しとしたのか全く理解できない所ではあります。
>結果、高額な砲兵、情報隊用の無人機(方面レベル)が出来ている間に技術はどんどん進みもはや連隊や中隊レベルでも自前の空の目を持ちつつあるような時代です。
>幾ら戦争をしないからと言ってもこれは明らかな怠慢です。
>士官なら分かるはずです情報の精度こそが火力の発揮、作戦の成否を分けることを。
>それを知りながらこれを放置したのは罪深いです。
>情報分野の声が小さいというのはどこの軍隊にもありがちではあるんですけどもね。
>
>こうたむ君に関しては恐らく連隊レベルでも繋がるでしょうね(距離とか基幹システムをとうしたかどうかの問題ではないかと)。
>通信大隊のノード車両があるなしで大分変る話であったりそもそもの””ユーザー側の教育不足””で性能が発揮できなかったり、電子線激しい現環境での扱いを考えると出力を絞らないといけないといった事情もあるのだと思います。
>実は、しっかり教育した部隊ではちゃんと扱えているという話もあるんですよ。因みに本当に調子の良かったある日は、某所から日本の端まで意図せずに届きました(たまたま周波数が同じだったため。)。
>あと映像や画像の話なんですが、8秒通信を心がけても敵に探知される現代では、機能が着いて居てもそもそも有効活用できるかは謎です。
>寧ろ現場が欲しているのは、多機能よりも使いやすさだったりします。
>私は純粋に歩兵が持つ通信機としてはそこまで重要視するべきではないと思います。
>
>何が悪いのかといえば、使いにくさ(強度やボタン配置、操作性)と解りにくさ(多機能ゆえの操作性の悪さ、従来の無線機と違うアンテナの仕様)などユーザーのレベルを無視していることだと思う。
>要は教育のレベルを向上させるかもっと馬鹿でも使える無線機をよこせばいい話だったと思いますね。
>コータムの目玉は何といってもC4isrではあったんですが、それを全通信機に載せて作戦行動をするほどに自衛隊の質がよいのかといえば私は疑問です。
>そんなもの精々中隊レベルか小隊レベルで把握すればいい話であってあんなに沢山配るのは費用の無駄とも思えます。
>教育レベルを上げられないというならば、配っても無駄なんで馬鹿用無線機とコータムのローハイミクスにするべきだったのだと思います。
>コータムに関しては背嚢も工夫するべきでその辺り真面目に検討しないと通信手の負担は増すし脆弱性は改善されないと思います。
>実際問題として暗い場所汚い場所雨の中砲弾の中で使う訳でユーザーを考えた操作性は必須です。
>C4isrと通信機の融合というのは発想は悪くはなくても、使い勝手を無視してまで押し付ける必要性はなく指揮者が知ればいい情報と末端が知るべき情報は別けた上で使いやすさを追求した欲しいものです。
>
>周波数問題確かに懸案事項なんですが、防衛と経済の優先度はこの国では経済の方が優先ですし、目下敵の侵攻よりも経済問題の方がまずい状況なので、自衛隊は隅で飯食っとけスタンスはあながち合理的なのかとも思います。
>自衛隊を良くしてもこの国は良くはならないので。
Goodman80
2022年03月13日 11:30
トルコ、2023年初飛行予定の無人戦闘機「バイラクタルKızılelma」を公開
https://grandfleet.info/european-region/turkey-unveils-unmanned-combat-aircraft-bayraktar-kizilelma-scheduled-for-first-flight-in-2023/
トルコからのUAVの導入も含めて、Baykar社に出資やUCAVの開発に国家ぐるみで協力する等を進めて行く必要が有る。勿論、陸海空の自衛隊はこれによって大幅な戦力構想や装備、部隊の改編が必要となる。真面な防衛能力を持つためには必要な事であり、真面なパートナーが得られるのだから、米軍の協力も得やすい。
韓国も押付けられた旧式ドローンは、直ぐに使用できなくなるが、その間は日本海をグールグル廻って貰っていれば、周辺諸国様が喜びにあふれて抗議してくれる事だろう。