財政制度分科会(令和3年11月15日開催)「防衛関連資料」読む。その5 調達改革その3



財政制度分科会(令和3年11月15日開催)の防衛に関する資料、参考資料を解説評論していきます。
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/20211105zaiseia.html

「資料」と「参考資料」2つがあります。既に「資料」編が終わったので「参考資料」を解説していきます。

https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia20211115/02.pdf

今回は調達改革についてその3です。

プロジェクト管理重点対象装備品等及び準重点管理対象装備品等(P12)
02_page-0013.jpg
これも防衛省作成の資料です。プロジェクト管理に関して防衛省はその成果を殆ど公開していません。ですからやっているふりをするのは大変簡単です。
そもそも空自に分類されているグローバルホークはどういう用途で使うのか、全く説明されず、その競合は別なクラスのガーディアンでした。しかも米空軍が退役させようとしている古いブロック30ですから、今後部品の枯渇で稼働率、稼働コストは上がるでしょう。つまりその採用経緯が怪しい。流石に省内で問題になって中止しようという声があがったが、イージス・アショアが不採用になったのでそれはまずいとそのまま使い続けることになったとの報道もあります。
プロジェクトとしては始まる前に失敗しているわけです。

同じく空自のRC-2ですが、民間旅客機などの機体を採用するなどせず、はじめからC-2派生型ありで開発されています。C-2は民間機以前に、他国の軍用輸送機と比較しても飛行時間あたりのコストがバカ高い金食い虫です。コスト意識などないでしょう。

陸自の10式戦車は、開発官は単価7億円を目指したいといっておりましたが、調達開始時は10億円、今は14億円です。
そもそも第3世代戦車に+ネットワーク機能やら高価なシステムやソフトを盛り込んで、90式以下の単価になるなんてことは常識的にありえません。まるで歌舞伎町あたりの風俗のポン引きなみの主張です。

率直に申し上げて目先のコスト切り詰めで得るものは殆どありません。

そもそも装備体系、特に将来の装備体系でその装備がひつようなのか、という
視点もビジョンもなく、既存の防衛産業に仕事を与えるとか、やすけりゃいいやとかの視点でしか開発や調達を行っていない。

ヘリ産業などは防衛省に依存して食っている零細機体メーカー3社、エンジン2社という異常な状態です。エンジンぐらい技術があるなら汎用品ですから輸出もできそうですがそれもできない。「そういう子供部屋おじさん企業」を食わせるための仕事をばらまいておいて、コスト管理もねえだろう、でしょう。

そして輸出を通じでその分野の事業を増やして開発生産基盤を維持しようという発想が官民ともに欠如しています。このままでは事業規模は細りやがてはぶん投げるしかないでしょうが、当事者意識も能力もないので次の人たちに問題先送りです。

技本が開発していた壁面透過レーダーは単に日本の電波法の規制で外国製品がつかえないからというふざけたものでした。その後装備化されることもなく終わりました。

対して中国のメーカーは元々大地震での被害を目の当たりにして、役に立てると思って日本と同じ時期に開発を初めて人民解放軍で採用。後に輸出に乗り出し、製品のポートフォリオも拡大し、更に民間型も開発しました。
技本から発注を受けたメーカーにはそのような意欲もなく、単に防衛省から流れてきた仕事こなすだけが仕事、と考えていたのでしょう。中国企業のように考えて民間型でも開発して国内外に販売することに成功すれば全く異なった展開になっていたでしょう。

官民ともにやる気も、発想力もリスクをとって商売する覚悟もなく予算消化だけを目的にするのであれば国産開発は全廃すべきです。


Japan in Depthに以下の記事を寄稿しました。
10式戦車の調達は陸自を弱体化させるだけ(上)
https://japan-indepth.jp/?p=63876
10式戦車の調達は陸自を弱体化させるだけ(中)
https://japan-indepth.jp/?p=63884
10式戦車の調達は陸自を弱体化させるだけ(下)
https://japan-indepth.jp/?p=63896


堀口英利さんへの公開質問状まとめ~101まで
https://kiyotani.at.webry.info/202201/article_9.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

Goodman80
2022年01月18日 13:02
>プロジェクト管理重点対象装備品等及び準重点管理対象装備品等(P12)
今すぐに止めるべきプロジェクトを纏めて提示してくれるのはありがたい。こんなアホみたいな物に税金をつぎ込む連中は即刻処分して新しい真面な連中に交換すべきでしょう。しかしよくもまあこんなアホな事を考え付く事に感動して涙にぬれてしまいます。
ミスターフリゲート
2022年01月18日 14:29
Goodman80さん
>プロジェクト管理重点対象装備品等及び準重点管理対象装備品等(P12)
今すぐに止めるべきプロジェクトを纏めて提示してくれるのはありがたい。

ミサイルとUUV以外はまあ同意はできますが、ミサイルとUUVはまだ研究開発する価値はあるんじゃないと思いますが。
Goodman80
2022年01月18日 15:39
ミスターフリゲートさん
UUVは多くの国で開発が終了し実用試験以降に移管していますので、これからの独自開発は全く無意味と考えます。各種ミサイルですが新型兵器の登場やアビオニクスの進歩等の詳細な情報を日本が入手するのは非常に下手(ほぼほぼ不可能)で、その上開発までにその情報さえも適用せず、開発時点で性能が周回遅れ、改修なども十年は行わないので、その後の急速な陳腐化も防げません。海外への販売等も考えれば兵器輸出国との共同開発しか有りません。日本にも世界に十分通用する技術分野が有る内に共同開発国を複数増やすことがこれからの兵器開発に必要と思います。
「日本の兵器は世界一~!」とか言ってるネトウヨに賛同したいなら別ですが。
ミスターフリゲート
2022年01月18日 18:25
Goodman80さん
なるほど。ミサイルを中心に日本だけでやるのではなく、今後は共同開発メインでいくべきということですか。
やれやれ
2022年01月18日 19:02
「官民ともにやる気も、発想力もリスクをとって商売する覚悟もなく予算消化だけを目的にするのであれば国産開発は全廃すべきです。」

これは民生品にも言える事です。
日本が衰退に向かっている原点と言っていいかも知れません。
新しい発想も無い、有っても作らない、人の成功を見て後追いする、成功するか失敗するか分からないなら失敗するくらいならやらない方が良い、
問題点は次の世代に先送り、失敗しなければなんでもいい、こんな後ろ向きの思想が会社の上層部にあるから現状維持できて失敗さえしなければ御の字で退職金ガッポリですからそりゃ成長しませんわな。
夢も希望も小さい社長では何れライバル企業に追い落とされるだけ。しかもライバルは国内だけとは限らない。だから日本企業の一人負けとなってしまう。
防衛省は日本の縮図かも知れません。防衛省も日本の一部だから当然と言えば当然かも知れませんが。

そうそうロケットのH3もエンジントラブルが解決しない様で、もしかしたら相当先まで延期になるのかも?近く会見で説明が行われる様ですが、そこまで凄いロケットでもエンジンでも無いのに苦労しているのだから日本のロケット開発に自力が無いことがよく分かります。どうなる事やら。
偽陸士
2022年01月19日 06:53
やれやれ様。

>新しい発想も無い、有っても作らない、人の成功を見て後追いする、成功するか失敗するか分からないなら失敗するくらいならやらない方が良い、
問題点は次の世代に先送り、失敗しなければなんでもいい、こんな後ろ向きの思想が会社の上層部にあるから現状維持できて失敗さえしなければ御の字で退職金ガッポリですからそりゃ成長しませんわな。


現状維持が可能なのは、運転資金がタダみたいな金利で銀行から借りられる大企業だけです。


>夢も希望も小さい社長では何れライバル企業に追い落とされるだけ。


それがそうならないんですよ。
とっくに衰退し清算されるべき会社も低金利、規制、補助金、税制で守られています。
なかなか沈みません。
それ故に設備や研究・教育・配当に資金が廻らず、不動産・株 ・債券に金が向かいます。

資産家ばかりが金を溜め込み、不景気が長引きます。

社会主義国家の末期みたいな様相を呈しています。

やれやれ
2022年01月19日 08:38
偽陸士さん、
確かにゾンビ企業を生みやすい土壌があるから死にゆく企業まで延命していますね。本来もっと早く退場するべきかどこかに吸収されるべきだったのに。
それと生き残っている大企業とやらも海外の企業に駆逐されていくでしょう。日本の大企業は自らの延命に懸命で新しいことをしないので内部からどんどん腐っていきます。某M菱のように。既存の延長線上でどんなに頑張っても既に伸びしろは無いのにそれにこだわり続けている。最早世界的なトップシェアがあるわけでも無いのに。そんな有様では海外の同業他社に取って代わられる、或いは吸収されてしまうでしょうね。不死鳥のように復活するとは思えません。私も死んでいるであろう2050年頃には今とは大きく様変わりしているでしょうね。
Goodman80
2022年01月19日 09:27
UAEを訪問中の文大統領、4,000億円規模の防空システム「天弓」輸出契約を締結
https://grandfleet.info/middle-east-afria-related/president-moon-visiting-uae-signs-export-contract-for-air-defense-system-heaven-bow-of-400-billion-yen/
性能的には日本の03式(改)の方が上だと思うのですが、先ずは自国の防空を何とかするのが先か。まあ、首都上空でさえ占領軍に抑えられている現状では、占領軍様にお願いする方が理にかなっている。親方日の丸のサラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ。