住居やビルの断熱に無関心な日本政府と河野太郎。

中国・韓国よりも低い性能…「日本の住まい」が寒すぎるワケ
https://news.yahoo.co.jp/articles/7c3af591ffcda6e3713188b6815ab274035109be

大石さんのところで拾ったネタです。
他所の国は建物の断熱に結構積極的なのですが、この件に関して日本政府の対応は被害氏日本大震災後も極めて鈍いのは大変不思議です。

>「日本の住宅性能は先進国では最低レベルだ」と聞くと、驚く方も多いのではないでしょうか。一流と呼ばれるハウスメーカーですら、他国の性能基準に満たない住宅を新築しているという実態があります。

>日本の住宅の断熱・気密性能が低いことの要因の一つに、窓の断熱性能の低さがあります。夏に家に流入する熱の74%、冬に家から流出する熱の52%が、窓を入口・出口としています。
> しかもこの算出の前提は、複層ガラスのサッシです。日本の既存住宅の多くはいまだに単板ガラスですから、この割合はもっと高いと思ってよいでしょう。


>日本の窓の性能が低い理由の一つに、樹脂窓の普及の遅れがあります。我が国の樹脂窓の普及率は、他国と比べてかなり低い20%にとどまっています。
> 欧米はおろか、韓国、中国よりも普及率が低いのです。日本ではまだまだ一般的なアルミサッシは、他の国々ではほとんど使われていません。アルミの熱の通しやすさ(熱還流率)は、樹脂や木の1,000~1,400倍にも上ります。そのため、アルミサッシを使っている時点で十分な断熱性能を確保することは難しいといえます。

>ドイツでは、熱還流率(U値)は1.3〔W/㎡・K〕以下でなければなりません。中国は地域によりますが、概ね北半分は、2〔W/㎡・K〕前後、米国も南部地区以外は2〔W/㎡・K〕未満が要求されています。それに対して日本は、地域によりますが、東京・横浜・名古屋・大阪・福岡といった温暖な主要都市が含まれる6地域の基準は、4.65〔W/㎡・K〕です。


つまり窓の断熱促進ならばかなり大きな効果があり、またそれは新築ではなく、既存の建物でも有効です。これに関する投資に対して減税すればかなり日本の燃料消費量を減らすことができるでしょう。

ですが、不思議なぐらい日本政府は不熱心で、そのくせ孫正義とかの怪しげな太陽発電のメガソーラーとかには金をばらまいて、日本中を禿山しています。

実は河野太郎氏が防衛大臣だったころ、隊舎や防衛省、自衛隊の建物に樹脂サッシや二重窓などを導入してはどうか、光熱費が下がるし、樹脂製サッシの国内生産の呼び水になるし、自衛隊のイメージ向上や、国民に対する啓蒙にもなって、炭酸ガス排出にも約立ちますよとお話しました。ですが河野氏はあまり興味がなかったようです。
会見で質問したハンコ削減の話にはすぐに飛びついて、実行されたので、期待したんですが、大変残念に思いました。

一体国会議員のセンセイ方は海外視察で何をみているのでしょうか。
こういう地道な努力こそ、大きく実を結ぶかと思うのですが。岩崎空幕長時代の空自の救難ヘリの官製談合で2千億円も使うならば、全隊舎や建物のサッシ取替でも使った方が良かったかと思います。その後延々と光熱費が削減できるのですから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

Goodman80
2021年12月06日 13:14
日本の住宅の断熱性が低いのは昔から言われていますが、一向に改善されず、今建設されている住宅でさえ外国の基準では建設許可の下りないものが殆どと言われています。主な原因はアルミサッシであり、いくら複合ガラスにしてもアルミの窓枠から熱が逃げてしまう笑い話の為です。要因は建設省等の関係省庁とアルミ業界との癒着と言われています。
道路も同じで未だにアスファルト舗装が主流の先進国など日本以外に存在しません。トンネル内はコンクリを義務付けてはいますが、橋やトンネルは通貨できても道が走れない戦車を作って何がしたいのか、完全に唯のアホです。
図体だけは大きく成った様に見せかけの提灯国家です。まあ、かなり萎み掛けては来ましたが。
やれやれ
2021年12月06日 16:25
日本の住宅の断熱が悪い話は以前専門家の話をラジオで聞きました。
基本的な考え方が昭和中期から全然進化していないのが原因でしょう。
欧州の建物は石やレンガ作りが多く(しかも築年数が100年以上とかざら)そのままだと冬寒いので断熱材が非常に厚いそうです。日本の普通の住宅の2、3倍は厚みがあるそうでこれだけ厚いと断熱性がかなり良くなって、1回冷房、暖房で温度を決めると半日はあまり変化しないそうです。
かわって日本の場合は断熱材が薄くて冷暖房を止めると1,2時間で再度冷暖房するかそのまま冷暖房しっぱなしにするので非常に効率が悪くなる(電気代や石油代が掛かる)そうです。
断熱材を大量に使わない理由として断熱材が多いとその分住宅の価格が高くなる、厚みがある分部屋が狭くなるで嫌われるそうです。
しかしトータルで見ると光熱費を断熱材に置き換えた方が長い目で見るとコストダウンになると思うんですがね。
もう一つ日本の住宅自体がチャチで50年くらいで寿命を迎えてしまう事も断熱材に注ぎ込まない理由だとか。
昔の建物は断熱効果は薄くてもきちんと手入れをすれば長く持ったものですが、戦後の木造モルタル住宅のチャチなことと言ったら。
本当はお金を掛けていい家をリフォームしながら長く住んだほうが
良いと思うんですが、貧乏な日本人には難しい?
因みに断熱が弱いのは一戸建てに限らずビルとかマンションもだそうです。
最新の断熱性に優れた建材と断熱材を使えば結構良い様ですが、
古い集合住宅とか手抜き住宅だとコンクリートの打ちっぱなしの部屋に壁紙張ったような所だと壁が結露してカビとかトラブルになるし何より寒い。
自衛隊の古いコンクリート隊舎もそんな感じに見えました。
これでは光熱費も馬鹿にならないでしょう。
温水or蒸気暖房機用の配管が這い回っているのもそういった理由なんでしょうね。

日本人も思考が内向きで他の国の事情とかよく知らないのでエアコンガンガン使って冷暖房していますが、同じ快適性を得られてもその時の効率までは考えて無いようで。

同じような例は他にも一杯あると思いますよ。
防衛装備品と同じく住宅や生活用品でも旧態依然化が進んでいるのかと。
これでは本当に後進国ニッポンになりそうですね。
過去の因習に囚われず効率化を考えないと遅れた国になるだけです。
国民一人あたりの生産性でもランクがどんどん下に落ちている現状では遠からず後進国に落ちてしまうでしょう。
19190213
2021年12月06日 20:28
>そのくせ孫正義とかの怪しげな太陽発電のメガソーラーとかには金をばらまいて、日本中を禿山しています。

何かを感じます。なぜでしょう。

光熱費削減といえば、隊員は夏場どうやって過ごしているかご存じでしょうか。
一部の連隊では、床に直接寝て冷気を感じているそうですよw
何故ならばクーラーが止まりますからね。
みんな死にます。

ゆえに床の冷たさを吸い取るために雑巾となるのです。
トイレットペーパーよりよほど問題ですよw
これで戦時体制のときの遮光措置(窓を塞ぎます)でもクーラー無しですから隊員はマジで死にます。

夏場だけでも電気代払ってでもクーラーは止めてほしくないですね。
だから河野さんはサッシに興味を示さなかったんだと思います。
だってクーラー暖房なんて夜になれば止まるからw

うーん素晴らしい。
スタッドレスタイヤ
2021年12月06日 23:46
米軍様が何千億円という思いやり予算をブチ込まれて何度も宿舎を立て替えているその横で、自衛隊員はオンボロ官舎にブチ込まれて光熱費を巻き上げられているのでした。おまけに米軍様の宿舎では光熱費も日本持ちというから開いた口が塞がらない。これが本当の大和ホテル(笑)
ちなみに、ドイツやイタリアでは米軍様が持ち出し(?)で宿舎を建てているそうです。ケチなヨーロッパの連中に比べて日本人は何とまぁ心優しい民族なのでしょう。予算を削ろうとする勢力に「反日」のレッテルを貼り付けてみんなで攻撃するのも高ポイントですね。
偽陸士
2021年12月07日 12:29
19190213様。

>光熱費削減といえば、隊員は夏場どうやって過ごしているかご存じでしょうか。
一部の連隊では、床に直接寝て冷気を感じているそうですよw
何故ならばクーラーが止まりますからね。
みんな死にます。

ゆえに床の冷たさを吸い取るために雑巾となるのです。
トイレットペーパーよりよほど問題ですよw
これで戦時体制のときの遮光措置(窓を塞ぎます)でもクーラー無しですから隊員はマジで死にます。

夏場だけでも電気代払ってでもクーラーは止めてほしくないですね。
だから河野さんはサッシに興味を示さなかったんだと思います。
だってクーラー暖房なんて夜になれば止まるからw


北部方面隊で良かった。
東部そんなに酷いとは知らなかった。


>うーん素晴らしい。
ウンコ具合は素晴らしいのですが、怒りで火病りそうです。
ブロガー(志望)
2021年12月08日 23:18
お邪魔します。
 人間は感覚的に理解できないものを中々受け入れる事はできません。冷暖房では「暖かい、涼しい」が実感できますが、それに比べて断熱の「寒くない、暑くない」を実感する事は難しいです。また日本の気候は高温多湿ですので「密閉=湿気が溜まる」という固定観念があるのでしょう。更に火を燃やせば暖かくできますが、クーラーとかができたのはそれ程昔ではない事も関係していると思われます。空調の目的は「寒くない、暑くないの実現」ですし、今の技術では湿気を溜める事無く高気密を実現できるのでしょうが、例によって日本人には事実と論理が無いので、「自らを改める」事ができないのではないかと思ったりもします。
 それから自衛隊に関してですが、「戦場にエアコンなどある訳がない。だから日頃からそういった事に慣れておかねばならない。」といったある意味雑で乱暴な概念を自ら改めるといった事ができないのではないかと。
C
2021年12月15日 16:22
住宅の省エネ性能、断熱性能の低さは以前から指摘されていますね。

1996年に建てた私の家もシングルガラス+アルミサッシという信じられない断熱性能の低さです。
少し金がかかりましたが、住宅エコポイントも貰えるし二重サッシにしましたよ。