財政制度分科会(令和3年11月15日開催)防衛関連資料を読むその9調達改革編

財政制度分科会(令和3年11月15日開催)の防衛に関する資料、参考資料を解説評論していきます。今回は9回目です。

https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/20211105zaiseia.html

「資料」と「参考資料」2つがあります。まずは資料の方から見てみましょう。
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia20211115/01.pdf

調達改革編その2です。

F-15Jの能力向上事業(P16)
01_page-0017.jpg
○ 防衛省は、令和元年度より、F-15J(近代化機)について、電子戦能力の向上、スタンド・オフ・ミサイル運用能力の付与、搭載弾薬数の増加等に向けた能力向上事業を開始。
〇 令和3年度予算要求にも盛り込まれていたところ、米政府等との調整過程で経費の増加や改修期間の延長が明らかになったことから、令和2年度予算の執行と、令和3年度予算への計上を見送り。

>財政制度等審議会で指摘した装備品(P-1、C-2等)同様のコストの上昇等が昨年度も発生⇒ なぜ度々、同様の問題が発生するのか、根本的な原因究明が必要。


原因は既に財務省もご存知で、わかっていて書いているのだと思いますが、防衛省と空幕に当事者能力と軍事的な常識がないからです。

要は航空自衛隊に当事者能力がないことです。
そもそもF-15Jの近代化のグランドデザインがありません。
ですから場当たり的に細々と近代化をして、プロジェクトが複雑怪奇なって、しかも米国側にコスト交渉する能力もないので、価格が高騰したわけです。
レーダーの近代化にしてもジジィの小便みたいにチョロチョロ出しては止まってを、繰り返してきたので、旧式化したレーダーを調達。当然コストは上がるし、米空軍は既にもっと新型のレーダーを装備しています。

そしてまともな対空戦闘能力の近代化も完了しないうちに、今度はスタンド・オフ・ミサイル運用能力の付与とか言い出しました。コストが高騰するのは当たり前です。

これまたいつも指摘しているように、調達のグランドデザイン、すなわち何を何の目的で、何時までに(何年で)調達、戦力化を終了し、総額はいくらか、ということをやっていないからこうなるわけです。他所の国がみんなやっていることを防衛省、自衛隊だけできないようですから、頭が悪いのか、やる気がないのでしょう。

F-15Jの偵察機転用も消えました。そもそも15機分程度しか需要がないのに、偵察ポッドを国産化させるも、主要コンポーネントは殆ど外国製、その上経験もない東芝にやらせて、クズができたので引取を拒否して裁判沙汰に。国産を選んだのは空幕、東芝にやらせたのも空幕です。で責任は負わない。
結果未改修F15Jを転用した偵察部隊の構想は瓦解。
その場しのぎで偵察はF-35部隊に兼用させることになったわけですが、ただでさえ数で劣勢な戦闘機に偵察までやらせるわけです。軍事的合理性よりも責任回避と組織防衛を優先しているわけです。本来陸自を削って空海を強化すべきですが、こういう当事者能力がない組織ですから、財務省はバッサリ予算切ってもいいんじゃないですかねえ。

端的にいえば、悪い頭を使わずに、米軍の近代化プロジェクトに合わせて、5年とか10年で調達すればよかったのです。他国の場合、例えば120機あれば、はじめの5年で30機だけをトランシェ2にアップグレードして、次の5年で別な30機をトランシェ3にアップグレードするとかよくやります。限られた予算で、部品の枯渇を防ぎつつ、近代化と戦力の維持を図るためです。こういうことが防衛省、自衛隊にはできません。
いっそのこと航空自衛隊は米空軍かイスラエル空軍に予算も人間も丸投げして、手数料を払ってお願いした方が遥かに安く、まともに機能する組織になるのではないでしょうか?


■本日の市ヶ谷の噂■
既に陸自の共通戦術車は三菱重工のMAVに決定し、次期装輪装甲車もMAVが優勢、小型装甲車も同社がライセンスを提案するホーカイが優勢で、同社の一人勝ちが予想される、との噂。


Japan In Depth に以下の記事を寄稿しました。
新聞が誤報する史上最大の防衛補正予算
https://japan-indepth.jp/?p=63181

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

ミスターフリゲート
2021年12月06日 12:24
>いっそのこと航空自衛隊は米空軍かイスラエル空軍に予算も人間も丸投げして、手数料を払ってお願いした方が遥かに安く、まともに機能する組織になるのではないでしょうか?

そんな都合のいい話なんてあるわけありません。アメリカやイスラエルがよその国の防空全部やってくれるほどお人好しではありません。幕僚と防衛省の再編をすべきでしょう。
偽陸士
2021年12月06日 15:24
ミスターフリゲート様。

>そんな都合のいい話なんてあるわけありません。アメリカやイスラエルがよその国の防空全部やってくれるほどお人好しではありません。幕僚と防衛省の再編をすべきでしょう。

いや、そうでもないんですよ。
昔は日本領空の侵犯対応も米軍がやってたんですよ。

アメリカ様が空自でも在日米軍基地を守るのに充分な実力を持っていると判断したから任せてるだけです。

自衛隊も地域毎に分割して、直接選挙で選ばれた知事指揮下の下、ミリタリーオンブズマン、情報公開法で運用の透明化を図るべきかと。

競争に晒しましょう。
Goodman80
2021年12月06日 16:29
偽陸士様
ただ分割するだけでは無く、民営化して(JDSGF北海道とか)競争させ、ダメな方は併合されて子会社化とかにさせるべきです。上へ行けば行くほど有能にならなくてはいけない米軍の様にすべきです。残念ながら今の自衛隊は旧軍と同じで、上へ行くほど無能になっていきます。管理・監督は財務省、通産省、国土交通省等関係省庁の合弁組織で防衛省を構成し、民間の有識者の指導の下で行えば良いでしょう。オブザーバーとして米軍に参加してもらうのも良いと思います。
偽陸士
2021年12月06日 19:31
Goodman80様。

民営化は流石にリバタリアンの私でも二の脚を踏みますね。(笑)

ただ現状、役人が武力を独占しているので腐敗は酷くなるばかりです。

仮想敵航空部隊や消耗品の調達と配送、車輛整備、気象偵察など民間企業に任せるのが良いかと。

また役人が役人を監督するのは、面白味に欠けます。
軍事コンサルティング会社に防衛省自衛隊の業務監査、会計監査をしてもらい、衆参両予算委員会でダメ出ししてもらいましょう。

もちろん、世界同時配信で。
ミスターフリゲート
2021年12月06日 22:23
Goodman80さん
ずっとずっと民営化民営化ありき。絶対民営化しないとダメなんですか?民営化すべきと言い続けなきゃ死ぬんですか?いい加減にしてください。民営化すれば中国とか敵国に買収されて国防の意味をなしません。最悪、利益のために売国行為だってするでしょう。
まずはそのアホな幕僚と防衛省を再編するのが先です。メンバーは財務省、通産省、国土交通省等関係省などで構いません。それでもだめなら最悪、偽陸士さんの案でもいいです。国防の民営化は絶対に認めません。
Goodman80
2021年12月07日 00:34
偽陸士様 ミスターフリゲートさん
今のままでは改善など遠い夢です。民営化しないのであれば、もう一度米軍の管理下に置いて、警察予備隊から始めるしか改善の道は無いでしょう。大きく成り過ぎた恐竜は自らの大きさに耐えきれず、滅んでいくしかありません。ティラノサウルスでは無く、ダチョウ位にすべきでしょう。防衛庁に戻し、自衛隊は州兵レベルに規模を縮小すれば何とか維持できるかもしれません。予算は最大2兆円程度で。
ミスターフリゲート
2021年12月07日 10:04
Goodman80さん
なるほど。改善できるわけがないと決め付けるわけですか。そしてずっと民営化すべきと考え続けてきたと。自分&偽陸士さんその他他の意見

>防衛庁に戻し、自衛隊は州兵レベルに規模を縮小すれば何とか維持できるかもしれません。

陸空はともかく海は難しいでしょうに。
偽陸士
2021年12月07日 10:07
Goodman80様。

>もう一度米軍の管理下に置いて、警察予備隊から始めるしか改善の道は無いでしょう。大きく成り過ぎた恐竜は自らの大きさに耐えきれず、滅んでいくしかありません。

軍事顧問は必要ですね。
アメリカ一辺倒でなくノルウェー、フィンランド、カナダ、トルコなど経験豊富あるいは先進的な取り組みをしてる国を招来ましょう。

>ティラノサウルスでは無く、ダチョウ位にすべきでしょう。防衛庁に戻し、自衛隊は州兵レベルに規模を縮小すれば何とか維持できるかもしれません。予算は最大2兆円程度で。

規模もさることながら中央政府に任せるのは止めるべきです。
武力の政府独占もだめですが、中央集権も上手くいった試しがありません。
偽陸士
2021年12月07日 11:02
ミスターフリゲート様。

>民営化すれば中国とか敵国に買収されて国防の意味をなしません。最悪、利益のために売国行為だってするでしょう。

傭兵とて信用が命です。

正規の軍人も裏切るときは裏切ります。

政府を過信するのは止めましょう。

他人が他人のカネで他人の為に仕事をするのは、危ないんですよ。
Goodman80
2021年12月07日 13:06
偽陸士様
本土防衛は陸海空の州兵(地方隊)を作り、各地方の知事の合議で運営させるべきかと。装備も地方の財源に見合ったものにすればいい(勿論、国の補助も必要)。空は軽戦闘機、陸は軽装甲部隊、海はコルベット、沿岸用SS等が宜しいかと。

ミスターフリゲートさん
この国の軍隊は一般市民を守った事は一度も有りません。満州では一番最初に逃げ、輸送用列車を爆破。沖縄では一般市民を防空壕から追い出し自分達が占拠。今の自衛隊が同じことをするとは思えませんが、自分達が生き残る為には何でもやる小役人達に過度な期待は禁物です。
ミスターフリゲート
2021年12月07日 13:29
Goodman80さん
>>もう一度米軍の管理下に置いて、警察予備隊から始めるしか改善の道は無いでしょう。大きく成り過ぎた恐竜は自らの大きさに耐えきれず、滅んでいくしかありません。

結局、偽陸士さんや自分やその他意見は夢見過ぎの大馬鹿野郎ですかそうですか。

>>ティラノサウルスでは無く、ダチョウ位にすべきでしょう。防衛庁に戻し、自衛隊は州兵レベルに規模を縮小すれば何とか維持できるかもしれません。予算は最大2兆円程度で。

陸海空で州兵レベル?足りないイメージしか沸きません。第一、部隊の規模や装備数はどれくらいなんですか。

偽陸士さん
>規模もさることながら中央政府に任せるのは止めるべきです。
武力の政府独占もだめですが、中央集権も上手くいった試しがありません。

空自、陸自の方面隊、海自の地方隊はともかく、機動性や緊急展開を要する海自の護衛艦隊、陸自の第一空挺団や特殊作戦群は難しいのでは。やるならそれらは中央で、方面隊や地方隊は地方でって形でしょう。
Goodman80
2021年12月07日 15:03
ミスターフリゲートさん
>陸海空で州兵レベル?足りないイメージしか沸きません。第一、部隊の規模や装備数はどれくらいなんですか。
今迄何回も書いてきたような気が?
(陸自)
各都道府県、政令指定都市、2500m級滑走路空港に1個中隊(約100個)中隊 4個小隊
小隊
 小隊長車 AMV装甲車(IM-SHORAD)
 小銃分隊 AMV装甲車(12.7mm装備x2、40mmグレネード装備x1、)、兵員各車両に6名
 補給分隊 軽装甲車(12.7mm装備)x1、トラックx4
(空自)
各基地にF-16V(又は軽戦闘機)x20
(海自)
各基地にコルベットx9
こんなもんですかね。日本本土に上陸できるであろう兵員数(多くて40名)を考えるとかなり過剰な気もしますが。
ミスターフリゲート
2021年12月07日 15:56
Goodman80さん
>今のままでは改善など遠い夢です。民営化しないのであれば、もう一度米軍の管理下に置いて、警察予備隊から始めるしか改善の道は無いでしょう。大きく成り過ぎた恐竜は自らの大きさに耐えきれず、滅んでいくしかありません。ティラノサウルスでは無く、ダチョウ位にすべきでしょう。防衛庁に戻し、自衛隊は州兵レベルに規模を縮小すれば何とか維持できるかもしれません。予算は最大2兆円程度で。

しつこいようですが、これは本気で言ってんですね?

話を戻して、陸自に輸送ヘリ、空自に輸送機と空中給油機はちゃんとあるんですよね?あるならいいんです。
ですが海自、イージス艦はどこへ行ったんですか。ミサイル防衛は廃止ですか?それにコルベットだけでは防空できないでしょうし、なにより中国海軍に対抗できないでしょう。中国に対抗できて防空もできるフリゲートは必要ですし、離島防衛からみても輸送艦は最低限必要でしょう。

あと言いたくないのですが、さんざんSSNやSSBNを導入すべき、アーレイバーク級を導入して機動艦隊8つ作るべきと言っておいて、手のひら返しでコルベットだけって。あれは嘘だったんですね。
偽陸士
2021年12月07日 17:37
ミスターフリゲート様。


>空自、陸自の方面隊、海自の地方隊はともかく、機動性や緊急展開を要する海自の護衛艦隊、陸自の第一空挺団や特殊作戦群は難しいのでは。やるならそれらは中央で、方面隊や地方隊は地方でって形でしょう。

海自も地域毎に分割です。
海軍力もその地域が持つ造船能力や海運業の規模に応じて整備されるものです。
鎮守府の配置などそれが如実に顕れています。
特殊部隊も中央が旅団、群、連隊で持つのでなく、地域毎に大隊規模で擁する物です。
特殊作戦は小規模なら成功の確率が上がりますが、大規模なものは失敗しやすいのです。

それに中央に独自の戦力を持たせると、ユーゴスラビアの連邦軍みたく何しでかすかわかりゃしません。


Goodman80様。

>本土防衛は陸海空の州兵(地方隊)を作り、各地方の知事の合議で運営させるべきかと。装備も地方の財源に見合ったものにすればいい(勿論、国の補助も必要)。空は軽戦闘機、陸は軽装甲部隊、海はコルベット、沿岸用SS等が宜しいかと。

平時の警備用コルベットは沿岸警備隊に任せて、海上戦力はアーセナルシップにしましょう。
Goodman80
2021年12月07日 18:04
ミスターフリゲートさん
貴方が言われたものは最低限この国を守るには必要だと思ったものです。最近判明しだした防衛省の管理・運営能力のレベルから到底無理だと判断しました。政府の管理する中央軍は大幅な縮小が必要と思われます。戦闘機F-35A60機程度、海兵1個旅団、SSBNx4、SSNx4、DDH,DDG等は輸送部隊の警備の為の最低限だけのこし、売却・廃棄とすべきです。自衛隊(防衛省)に管理能力はほぼほぼ無いと判明したので、しっかりとした組織に管理される事が必要です。
ミスターフリゲート
2021年12月07日 21:59
Goodman80さん
>戦闘機F-35A60機程度、海兵1個旅団、SSBNx4、SSNx4、DDH,DDG等は輸送部隊の警備の為の最低限だけのこし、売却・廃棄とすべきです。

結局、ミサイル防衛は自衛隊にはできないからやめてしまえ、ってことですよね。
個人的にはコルベットだけでは不安ですし、せめて防空・火力面と対中国の面でフリゲートはいるべきです。が、言ってももう理解してくれないでしょう。
Goodman80
2021年12月07日 22:36
偽陸士様
>平時の警備用コルベットは沿岸警備隊に任せて、海上戦力はアーセナルシップにしましょう。
日本の沿岸警備隊と言うと海上保安庁の事でしょうか?彼らは海外の公船への対応を拒否しているので、周りを付きまとう程度で何の役にも立たない、海の岡っ引きです。
アーセナルシップは他の艦艇や地上よりの管制が必要となり、中国等が開発している海上ドローン(空中、海中も含め)の方が有効かと思います。
偽陸士
2021年12月08日 10:52
Goodman80様。

そうなるとコルベットは海上自衛隊の保有として、ドローンはどうしたものか?

母艦搭載を前提とした小型のを多数揃えるか、それとも多少大型高性能化した少数ドローンが良いのか。
Goodman80
2021年12月08日 13:11
偽陸士様
長距離監視用ドローンは海保のシーガーディアンやってもらい、地方隊は自分達の管轄内で良いのでより安価なイスラエル製やトルコ製の物で良いでしょう。コルベットにもヘリ型のドローンなら搭載出来ます。日本全体や世界中の海上の安全は国家機関である海保にお任せましょう。
ミスターフリゲート
2021年12月08日 16:50
Goodman80さん
>彼らは海外の公船への対応を拒否しているので、周りを付きまとう程度で何の役にも立たない、海の岡っ引きです。
>日本全体や世界中の海上の安全は国家機関である海保にお任せましょう。

役立たずとボロクソ言っておきながら任せるって。
それはともかく、やはり貴方の案ではとてもではないですが防衛できないと見ます。
>(海自)各基地にコルベットx9
大湊と呉ならコルベットだけでも十分でしょうが、広い海域をカバーしないといけない横須賀、佐世保、舞鶴はそうもいかず、最低でも1~2隻のフリゲートは必要と見ます。特に南西諸島も担当する佐世保は対中を考慮し、火力と防空、航続距離の面から尚更です。
それに陸自もですが、
>(陸自)
各都道府県、政令指定都市、2500m級滑走路空港に1個中隊(約100個)中隊 4個小隊

最前線である対馬、奄美大島・宮古島などの南西諸島にも少なくとも1個中隊必要でしょう。敵の航空機や水上艦の接近阻止にも地対空、地対艦ミサイルは残すべきです。

本当にしつこくてしすいませんが、最後の疑問に、イージス艦は廃棄、ミサイル防衛も廃止しろと?
Goodman80
2021年12月08日 18:10
ミスターフリゲートさん
>役立たずとボロクソ言っておきながら任せるって。
公船と書いてあるんですが、海保の担当は「海の上」です。海賊相手なら十分対応出来ます。ダメなら海自の艦船みたいに外国の軍艦に警備して貰えば良いのです。
>最低でも1~2隻のフリゲートは必要と見ます。
フリゲートと言っても真面な防空能力が有るのはあきづき型位で、他の艦はコルベットと大差ありません。
>最前線である対馬、奄美大島・宮古島などの南西諸島にも少なくとも1個中隊必要でしょう。
下地島空港は3000m滑走路なので1個中隊が配備されます。皆さんにもよく言われていますが、もう少し自分で調べてから書き込んでください。
>イージス艦は廃棄、ミサイル防衛も廃止しろと?
イージス艦は本土防衛用にミサイルを搭載している訳では有りません。あくまでも副次的な任務です。ミサイル攻撃にはSSBNからミサイルを撃ち返すのが本筋です。
ミスターフリゲート
2021年12月08日 21:58
goodman80さん
>イージス艦は本土防衛用にミサイルを搭載している訳では有りません。あくまでも副次的な任務です。ミサイル攻撃にはSSBNからミサイルを撃ち返すのが本筋です。

なるほど。ただ、首都機能とか原発とか、打ち込まれたら取り返しがつかない場所を考えると、防空は必要かと。イージス艦いる要らない関係なく。何度もすいません
Goodman80
2021年12月09日 11:47
ミスターフリゲートさん

もし防空に艦艇が必要なら、偽陸士様が言っていたアーナセルシップを、旧式のイージス艦の不必要な装備を削り最低限の人員で運用可能にして運用すれば良いかと思います。これなら地方隊でも運用は可能でしょう。
日本の防空はパトリオットが行っており、Pack3の主要な任務は重点場所の防空です。中SAM改でもある程度の防空は可能です。