財政制度分科会(令和3年11月15日開催)防衛関連資料を読むその2

財政制度分科会(令和3年11月15日開催)の防衛に関する資料、参考資料を解説評論していきます。

https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/20211105zaiseia.html

「資料」と「参考資料」2つがあります。まずは資料の方から見てみましょう。
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia20211115/01.pdf


防衛関係費と他の非社会保障関係費の動向(P6)
○ 防衛関係費は、厳しい財政事情の中にあっても、安定的かつ継続的に他の分野よりも手厚い増額を確保。
01_page-0007.jpg

と、指摘しています。グラフをみれば防衛費の伸び3全億円と大きく、「骨太」の歳出改革目安(非社会保障:2000億円)、公共:1,000億円 程度、文教科振:700億円 程度と比べて明らかです。その他の費用が3千億円マイナスですから、それを全部防衛につぎ込んでいるようなかたちとなります。

つまり今の状態ですら防衛費は相当優遇されています。更に第二次安倍政権以来、次年度予算と当年度の補正の「お買い物予算」が一体化しており、その数字であれば実態はもっと防衛費の伸びは大きいといえます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

スタッドレスタイヤ
2021年11月29日 22:37
「お金の有効活用」という命題は左右関係なく皆等しく考えるべきものだと思うのですが、Fラン人民どもは「防衛費が増えるのは仕方がない」で脳死して、少しでも意見を言おうものなら怒り狂って噛み付いてくるから始末に負えない。現代日本にとって最大の脅威は中国でもロシアでも北朝鮮でもなく、思考停止でひたすらお上をマンセーして”醜の御盾”と化し、貴重な国富をドブに捨てる愚かな人民どもでしょう(どういうわけかオリンピック関連の無駄遣いは珍しくお上を叩いていたようですが)。こうやって財務省が詳細な資料を出してきたところで、残念ながら日本人には難しすぎて理解できないようだ(苦笑)
まぁこのグラフで最も悲しむべきは防衛費の異常な伸び方ではなくして、地を這いずる文教・科学振興費の方でしょう。ゴミ装備に何千億円、何兆円とブチ込む間に、少しでも教育の方面へ予算を割こうとは思わなかったのでしょうか。火の出るオモチャではなく、知恵こそがこの国に必要な武器なのだと連中が理解してくれる日を待ちたいと思います……
偽陸士
2021年11月30日 02:51
スタッドレスタイヤ様。

>火の出るオモチャではなく、知恵こそがこの国に必要な武器なのだと連中が理解してくれる日を待ちたいと思います……

その前に酷使様の特攻隊が編成され、ドローンの餌食になりそうです。