陸幕に装備調達の能力なし

東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

陸自の個人装備が心もとなさすぎて不安になる訳
生存性の低さだけでなく疲弊も招いてしまう
https://toyokeizai.net/articles/-/446250


文字の制限があって原稿には書けないこともありました。

陸自装備の後進性が明らかになったのは、イラク派遣時のことだと思います。
それまで実戦を想定せず、演習地で中隊規模の訓練さえこなせればいいとおもっていたのに、いきなり実戦に放り込まれたわけです。

そこで慌てて、ボディアーマーは米国のインターセプターを導入。陸自のものが水準に達していればそんなものを調達する必要はなかったはずです。

軽装甲機動車にしてもそうです。砂漠用フィルターは別として、上面ハッチ全周をカバーする装甲板、ワイヤーカッターの追加。フロントの防弾ガラスは7.62mm小銃弾(普通弾)に抗たん可能なものに変更され、側面のガラスは防弾ガラスに変更されました。

89式小銃もセレクターがアンビになりましたが、その後それは戻されるという愚行がおこなわれて、更にその後にはアンビに統一されることとなりました。「実戦」を経験しても終われば「演習がお仕事」ということでしょう。


そして宿営地の警戒ようにヤマハのヘリ型UAVが急遽導入されました。これは一機を喪失するも高い可動性と性能を発揮しました。これを普通科連隊に索敵や迫撃砲などの観測用にでも配備していればよかったと思います。値段は3機セットと基地局で3億円程度だったと思います。そうすれば東日本大震災のときも捜索に活躍したことでしょう。
対して防衛省が開発した陸自の「正式装備」であるヘリ型UAVである、FFOSやFFRSは東日本大震災で一度も飛びませんせした。それは防衛省も信頼性の低さが原因と認めています。
無論ヤマハのUAVとこれらのUAVはレンジも違いますが、クズのようなFFOSやFFRSの追加調達は行われなくなりましたが、未だに運用が継続され血税を垂れ流しています。開発と調達には数百億円も掛かっています。

 イラク派遣部隊の指揮官だった「髭の隊長」こと佐藤正久氏はその後参議院議員になりましたが、あまりこれらの陸自の装備改善に熱心なように見えないのが大変残念です。
 また以前ご案内のようにぼくは大臣会見で岸防衛大臣にプレートキャリアとレプリカの防弾チョッ3型を見せて、陸自の装備の後進性を質しましたが、あまり興味がないようでした。無論大臣が細々とした装備を知っている必要はありせんが、諸外国から比べて極めて装備が劣っているという事実を把握しておらず、また興味がないことは大変な問題だと思います。


 件の記事では取り上げませんでしたが、ミドリ安全が作っている半長靴も問題です。これらは一般隊員用以外、特殊部隊用も存在しますが評判はよくありません。
 そもそも作業用の安全靴のメーカーに軍用ブーツが開発できるのか。外国では専業メーカーもありますし、アディダスのようなスポーツやアウトドアのメーカーもつくております。例えば製造はミドリ安全でも開発はそのようなメーカーに任せて、開発と生産を分離すべきだと思います。

 弾帯にしても、留め具は米軍の第二次大戦からの金属製のもと同じものを未だに使っています。もう21世紀になって20年以上経っているのですが。
 陸自にも装備庁にもまともな当事者意識&能力がないならば外国のコンサルでも丸投げすべきです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

Goodman80
2021年08月13日 16:40
服装品関連なら「中田商店」にお願いすれば世界中の高性能な物が手に入ります。部隊内でバラバラなのはまずいので部隊内でアンケートを等で決めれば、使い易くおっされな物で統一できます。海外へ派兵される時でも現地の気候に合わせた物が準備できます。
まあ、冗談はともかく隊員さんの命をそれなりに守れる車両を早急に調達して欲しいものです。軽装甲機動車とか言うお粗末なエセ装甲車で命を落とさせるのは有っては成らないことです。

自衛隊の顔「軽装甲機動車」の後継はどうなる? コマツ撤退から1年半 その現状は…?
https://trafficnews.jp/post/101133
ミスターフリゲート
2021年08月13日 19:11
調達能力がないといわれる最大の原因って情報収集不足や視野が狭いってのがあるんじゃないかと。「これはこの会社しか作れなさそうだ」っていうバイアスにかかってしまうって訳です。
やはり商売や取引の得意な民間人中心で運営すべきなのかもしれません。

参考に
韓国、SLBM搭載可能な潜水艦を引き渡し
http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/55999341.html

まずいことになりそうです。反日にまみれ、対馬も韓国と主張ししかも元海軍の男が侵攻を主張したような国が持てば、ろくなことにならないでしょう。
偽陸士
2021年08月13日 22:01
ミスターフリゲート様。

>まずいことになりそうです。反日にまみれ、対馬も韓国と主張ししかも元海軍の男が侵攻を主張したような国が持てば、ろくなことにならないでしょう。

なりません。
ドローン出現以前ならいざ知らず、今時SLBMくらいでは決定打にはなりません。

バイラクタルの工場誘致なら慌てるべきですが。
やれやれ
2021年08月13日 22:19
髭の隊長には全く期待していません。
あの人は本当にPKOに行ったのか疑わしい程です。
逆に言うと士官だから気にしないのかも知れません。
駐屯地祭で奴が言う訓辞は震災時に止める妻に馬鹿もんと言うのと憲法改正して正式な軍隊にするってだけです。
つまり憲法を改正しないと正規の軍隊にはならず、装備もそれまでは二級品以下でも構わないと言うことでしょう。どうせ海外に行くわけでも無いし戦争する訳でもありませんからね。

で、自分はPKOに行って何をしていたんでしょうかね?
まさか隊員に隠蔽指示と馬鹿もんしか言ってなかったとしたら大笑いですよ。
奴は思想的な事を云々して自衛隊に軍隊のプライドを持たせる事には熱心でも隊員の安全安心にはなんら無頓着です。二の次なんですよ。だから装備品に興味ない。現役時代最後は自分でまともに訓練で使うこともなかったでしょうからね。
スタッドレスタイヤ
2021年08月13日 23:43
アフガニスタンでタリバンが再び勢力を盛り返してきていると話題になっていますが、その装備の重厚ぶりには驚かされました。何しろ米軍謹製の装備を丸ごと鹵獲して使っているわけですから当然と言えば当然なのですが、この装備に彼らの士気の高さも加わればそりゃ強いだろうなと思わされました。
さらに驚いたのは広報面です。なんとプロモーション用の映画を作って公開しているというからビックリですよ。タリバンと言えばその教義に対する厳格さで知られていて、支配地域にはテレビ1台無いとまで言われていたのが、いつの間にあんな洗練したポスターまで作っていたとは……。こういったメディア戦略を積極的に行うのはもっぱらアルカーイダだけというイメージがありましたが、彼らもどうやら変わりつつあるようです。

>イラク派遣部隊の指揮官だった「髭の隊長」こと佐藤正久氏はその後参議院議員になりましたが、
>あまりこれらの陸自の装備改善に熱心なように見えないのが大変残念です

イラク派遣時、官房副長官補としてオペレーションに関わっていた背広組の柳澤協二氏は、一貫してアベスガ路線の危うさに警鐘を鳴らし続けていますね。隊員に近い立場であるはずのヒゲが連中の軍門に下り、後方で活動していた柳澤氏が批判の立場に回るとは、まことに不思議なことです。普通は逆だと思うんですけど。
やれやれ
2021年08月14日 00:25
富士学校開設58周年記念行事 佐藤正久議員
https://www.youtube.com/watch?v=1DBAnjLmdfE
ご参考まで。
他にも色々なパターンがありますが、駐屯地に合わせて似たりよったりの訓示、というか祝辞を何度か聞いたので
基本的に内容は大きく変わりません。
あとはご本人のユーチューブチャンネルや
自民党のチャンネルを見ると奴の考えが
よく分かると思います(私は祝辞だけで辟易しました)。
現職、OBの方でこの方のお話を聞いて感動する人も
いるでしょうが、何かが改善するわけでもないので
隊員の方もだんだん白けてきている気もします。
結局この人が議員になって何か良くなったのだろうかと。
Goodman80
2021年08月14日 09:26
使いこなせもしないステルスをバカみたいに購入(何故か保有数は増えないが)しないで、他に使うべき場所があるだろうに。今に防大出身者だけで編成される部隊になる。

自衛官退官後の苦しい生活を3つのポイントで解説
https://agentrive.co.jp/column/jsdf01-01/

将来真っ暗な曹士に成りたいようなお人よしは、就職関係が改善されれば、将来全くいなくなるだろう。丁稚奉公の3尉が鉄砲持って走り回る事になる。今の自衛隊ならこれで十分な気がしないでもないが、防大を地方隊毎に作って3尉からじゃなくて3曹から始めれば問題解決。隊内試験で優秀な人間を3尉にすれば十分だろう。
19190213
2021年08月19日 18:49
個人的には機動戦闘車に過剰な対戦車戦能力を持たせたことが疑問です。
正直な話、対戦車戦闘自体がかなり可能性が低く今では普通科に中多等もあって昔のように弱いわけでもないです。
歩兵の支援が主要な任務になるのならば別段行進間に射撃する性能は必要ないです。
後から思えば105ミリ砲ではなく40~30ミリクラスの機関砲にでもしておけばドローン対策にも使えますし建物ごと射抜くこともできるので市街地でも困りはしなかったのかなと。
寧ろ40~30ミリ機関砲の無人砲塔にすれば人員削減かつ車内に余積ができるのでその分歩兵を載せれば良かったんではと思ったりもしますね。
というか新規開発なんかしなくてlav-25そのままか改良するだけで良かったんじゃないかと思ったりもします。
岩田さんは確かに機甲科をある程度は切りましたが完全には整理できなかったなとは思いますね。
結局戦車を残したかったんだろうなと。
それだったらそれはそれで中東でやるように槍機戦術を使った歩戦共同の市街地戦の新しい在り方でも打ち出せば十分活用方法もあった訳で一寸工夫が足りないとは思います。市街地戦でも攻勢側は戦車はいないと厳しいのが新しい市街地戦闘の在り方ですから生き残る目はあったのになとは思います(この場合旧式でも良いです)。
一両あたりの値段を見てもLAV25が一体何台買えたのやらと思ってしまいます。
2021年08月23日 20:04
>将来真っ暗な曹士に成りたいようなお人よしは、就職関係が改善されれば、将来全くいなくなるだろう。

自衛官は公務員の中で最も待遇悪いからねえ。自衛隊よりも警察や刑務官のほうが待遇がいいから。パイロット免許とか就職に有利な資格を取って転職という感じかな。