自衛隊には獣医師が必要。

自衛隊には獣医師が必要。


自衛隊に獣医師はいません。ですが獣医師を入れるべきじゃないでしょうか。
今は軍馬がいないからいらない、という話では済みません。

獣医師は動物の医者であると同時に、衛生環境の専門家でもあります。

>狂犬病やBSEなどの人獣共通感染症への対応も、公衆衛生獣医師の重要な仕事です。
各地域の疾病発生状況の監視や、人への感染防止対策などを行い、様々な側面から感染症の発生を予防しています。
https://www.vetintern.jp/guide/veterinarian/

>衣類のクリーニング、理容・美容、旅館、公衆浴場などの営業にかかる許認可と衛生指導を行っています。
安全で安心な飲料水の提供を確保するため、市町村と連携して水道水の安全性確保に取り組んでいます。
https://www.niigatakenju.or.jp/publics/index/73/

https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/037/gijiroku/__icsFiles/afieldfile/2010/06/10/1293072_1_1.pdf

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jvma1951/50/4/50_4_246/_pdf


自衛隊は鶏や豚などの感染症が発生した場合にはその処分に駆り出される事が多々あります。そしてそれらは人間に伝染する場合も少なくありません。今回の新型コロナもそうでした。
今回の新型コロナは中国に細菌兵器ではないか、と疑われましたが、そのような動物や昆虫を媒介に人間に感染する生物兵器が使用されないとは限りません。

そうであれば、家畜処分、生物兵器対策のために獣医は是非必要なはずです。
また、またそれらの環境において自衛隊が活動するための衛生環境の保持のためにも必要です。つまり現場の獣医師と研究職が必要であり、中央特殊武器防護隊にも配属が必要でしょう。また自衛隊にも「軍用犬」はおりますから、その点でもいたほうがよろしいでしょう。

更に申せば、PKOなどで狂犬病含め脅威となる動物の病気、更に現地での公衆衛生の管理や指導などにも獣医師がいたほうがよろしいと思います。



それから自衛隊の医療部隊は3自衛隊から独立させて、イスラエルや南アのよう第4の「軍種」にすべきでは無いでしょうか。そうして医療リソースを統合的に運用すべきです。
また併せて内局の衛生監に厚生省からの、軍事医療を全く知らない素人の医官を据えるのはやめるべきです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

やれやれ
2021年08月11日 16:02
滅多なことを書くとアベ友の忖度獣医大学の方から誰かやってくるかも知れませんよ。無理矢理ねじ込まれて。そして狂犬病だのペストだのを部隊に蔓延、日本中に蔓延とかやらかし三昧の未来が見える...

なんて事の無いようにして欲しいですね。
まだPKOとかやるなら海外の感染症に強い医師も必要でしょう。
今回のコロナ禍でよく分かりました。医師免許があるだけでは
感染症の素人と大して変わらないのだと。
自衛隊さんはウイルスとか細菌兵器とか生物兵器への対策がどれくらいあるのか分かりませんけど、実は大宮駐屯地に丸投げとかでしょうか?
Goodman80
2021年08月11日 17:58
馬毛島基地計画 防衛省が港湾イメージ図公表 大規模係留施設、「いずも」入港も想定
https://373news.com/_news/?storyid=141511

こんな感じの無人島を日本海側で買収すれば、イージスアショアの設置も今頃、結構進んでいたかも。まあ、アホな総理のリップサービスで変なのを押付けられてやる気が無かったのは判るけど、余りにも酷い。代替えのイージス搭載艦も何時になるのやら。
Goodman80
2021年08月11日 21:35
トルコメディア、自衛隊の軽装甲機動車(LAV)後継候補にトルコ製装甲車両が選ばれる
https://grandfleet.info/japan-related/turkish-armored-vehicle-is-selected-as-a-candidate-for-successor-to-the-sdfs-light-armored-vehicle/

こんな風に情報を漏洩されると自衛隊の事だから候補から外すかも。まあ、他にも4種類の装甲車両があるらしいので、早急に評価を終了して、可及的速やかに更新して欲しいもの。ついでにドローンも数種類の物を数カ国から、評価用に購入して欲しい。
Goodman80
2021年08月12日 14:14
防衛省、次期戦闘機F-Xを支援する無人機開発費用を2022年度予算に計上する方針
https://grandfleet.info/japan-related/ministry-of-defense-plans-to-include-unmanned-aerial-vehicle-development-costs-in-the-2022-budget/

「防衛省はLRASM統合を見送りF-15J改修を継続、来年度の予算に費用を計上予定」
で少しは真面になると思ったが、又、予算取りの為のとち狂った計画を対上げようとしている。F-35の調達とF-15の改修が有るのだからこれ用の無人機を海外から調達して、F-3用の無人機計画を立てるのならともかく、防衛省の能力では余りにも無謀すぎる。脳内のお花畑はケシの花が満開なのだろう。
KU
2021年08月12日 20:07
>>>トルコ

あんな装甲ドーザを日立に持っていかれたし、ここわぜひ採用されてほすいですね( ´∀`)。何せ、フロントガラスが17
KU
2021年08月12日 20:10
>>>トルコ

あんな装甲ドーザを日立に持っていかれたし、ここわぜひ採用されてほすいですね( ´∀`)。何せ、フロントガラスが1枚だしい。中には2枚に分割されているタイプもあるんですね。
19190213
2021年08月13日 22:32
個人的には何故軍用犬を入れないのか疑問です。
爆発物の捜索、ゲリラ狩りと軍用犬は人間よりも良い働きをする場面が多々あります。
それと同時に災害での捜索などを考えれば軍用犬は陸自こそ必要なものです。
00年代にはゲリコマがお題目に成りましたが、相変わらずデカい火器ばかりに気が行っていたようです。
ゲリコマを真剣に考えるならば軍用犬もそうですが各方面に常設のレンジャー班又は分隊を作って仮想敵兼教導隊として活用していけば良かったのになとは思います。
いまじゃもうその必要性も薄いかもしれませんが。
北のゲリラの厄介な所は都市部の協力者と共同連携するだけじゃなくて山で隠れる際にピットという穴を掘って完全に身を隠すという点にあるとは思います。
そこまでされると人間の力だけで狩りだすのは難しいのでやはり軍用犬がいれば効率も上がるとは思うのです。
やれやれ
2021年08月14日 12:27
19190213さん、
基地や駐屯地の警備用にシェパードなどのワンコを飼っている所はありますが積極的に戦場に投入は考えていませんね。
鼻は効くし危険も人間より察知が早いかも知れませんが、
平時はともかく有事に行動を共にするのはどうなんでしょう?
実際の軍用犬運用の有効性を知らないのでなんとも。
今だとドローンの方が捜索範囲も広いし餌は電気だし糞尿も無いので便利なのではないかと。
19190213
2021年08月14日 23:01
やれやれさま
正規戦では使えないですよ。
軍用犬はどちらかと言えば非正規戦向けだと言えます。
犬が居るだけでトラッキングは楽になりますし逆に相手は一定箇所に留まる訳にはいかなくなる。
兵隊って臭いんですよ。それこそ、長期間戦闘を続けたやつなんて来るだけ匂いで解ることがある位にね。
ドローンは確かに手軽ですけども例えばピットに入られたら見つけられませんし常に上空を徘徊できる訳じゃないです。
犬がいると追われる側は何をしないといけないのかと言えば川に入って上流と下流で蜂の字を書いて匂いを散らしたり車両にこっそり便乗したりして匂いを隠蔽しないといけません。
追われる側にとってはかなりストレスフルな脅威ですよ。
追跡側の歩兵が至近距離での見落としがなくなるって実は怖いことなんですよ。
例えば夜間に陰影を利用すると普通に見通せる場所ですらしゃがむだけで認知できないこともあります。
もちろん暗視眼鏡がある訳ですが連中はさらに穴を掘ったり水の中に身を潜めたりするわけですから視覚に頼るだけでは見落としが増えます。
犬がいればそれが殆どなくなるわけですから追跡される側にとっては安易に隠れることが最善手とはいえなくなります。対策としては只管に距離をとるしかなくなる。
それはつまり、”移動を強要できる”という事です。
移動すれば今度はドローンに監視されるわけです。
隠れれば軍用犬を含めた追跡者に見つかり動けば空から見られてしまう。

両方あって良いんじゃないですかね。
米軍もテロリスト狩りに軍用犬を使っているようですしね。
シルスは大事です。