サイバー攻撃は物理的攻撃が一番ヤバい

サイバー攻撃は物理的攻撃が一番ヤバい

サイバー攻撃というとハッキングやらネット空間の電子の世界だけのことと思われがちですが、一番ヤバいのが物理的な攻撃です。
大規模なIXP(Internet Exchange point:インターネット相互接続点)に対する攻撃がそれです。
大規模なIXPは我が国には10カ所程度あるとされていますが、東京に集中しています。これは自然災害や弾道弾攻撃に対してもリスク分散されておらず、まずいのですが、サイバー攻撃にとっても脆弱です。
IXPの場所は一応秘匿されていますが、専門家によると特定はさほど困難ではないということです。

これらが敵の特殊部隊や工作員に急襲されて破壊されれば、日本は完全に海外からの孤立します。これが剣呑なのはハッキングとかと異なり、物理的に破壊されてしまえば、容易に復旧はできません。その間ネットが使用できずに、インフラや株式、金融決済止まってしまいます。
我が国が受ける打撃は相当深刻であり、莫大な国富が一瞬にして吹き飛びます。

恐ろしいことにはこれら大規模IXPは、自分たちしか守らない自衛隊はもちろん、警察も警備していないそうです。

更に怖いのが千葉と三重県の二箇所の海底ケーブル陸揚所です。陸揚所は10箇所ほどありますが、この2箇所が極めて大きいわけです。
ネット空間とかいいますが、大抵は海底ケーブルを通じて行っています。その陸揚所は主としてこの二箇所であり、これまた物理的に攻撃を受ければその被害の復旧はとんでもない時間がかかります。その間ネット空間は鎖国状態となります。

これまた自衛隊、警察は警備しておらず敵の特殊部隊やらが攻撃すればあっという間に制圧、破壊されるでしょう。のみならず、中国との戦時となった場合、確実にIXP同様に弾道ミサイルの攻撃目標になっているでしょう。

自衛隊のサイバー部隊も含めて、民間や他の省庁のアセットは守らない主義です。果たしてこれでいいんでしょうか?民間のインフラを守らずに、自分たちだけ守っていて国防が全うされるのでしょうか?

平和ボケもいいところではないでしょうか。

火星人やゴジラの襲来よりはちょっと高い、敵の連隊単位の機甲部隊の揚陸に備えて、未だに多くの戦車や火砲を維持していますが、これら使いもしないであろう火の出るおもちゃを後生大事に整備するよりも、これらを種火程度に減らして、サイバー戦に資源を投入すべきです。またネットインフラなどの物理的に防御する普通科部隊をやドローンなどに対する防空部隊を整備すべきです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

ミスターフリゲート
2021年07月02日 18:28
よくよく考えてみると、刃物や危険物、鈍器を持った暴徒でも簡単にやれそうってこと。つまり、中国や韓国が国防動員法を発令すれば、国内にいる中国人や韓国人が暴徒化して、それらを襲うことにもなり、戦う前に敗北して侵攻されるかもしれません。
分散もそうですが、内部の便衣兵や国防動員法によって暴徒化した外国人らに対する措置法も必要になるかと
2021年07月02日 19:19
> 千葉と三重県の二箇所しかない海底ケーブル陸揚所です

流石に、そこまでは少なくない。
やれやれ
2021年07月02日 21:37
防衛装備庁、国産装備品C-2やUH-2の海外向け広報動画をYouTube上で公開
https://grandfleet.info/japan-related/c-2-and-uh-2-public-relations-videos-released-on-youtube-for-japan-and-overseas/

なんとも時代遅れで間抜けな映像。コレ見て買いたい国は皆無でしょう。C2の不整地離着陸の詳細?動画もありますが、
試験の安全に重きを置いた構成は何なのかと。目的はC2でしょ?
しかも丁寧過ぎる地ならし映像込み(笑)。
UH2もこの映像を見て誰が買うというのでしょうか?

せめてこれくらいはやって欲しいですね。
A400Mの芝生滑走路離着陸。ここで30トンの荷物積んでも
余裕があるそうで。
https://www.youtube.com/watch?v=QNz4gcf76jE
不整地滑走路離着陸
https://www.youtube.com/watch?v=gGR6KplYYnU

H145M
https://www.youtube.com/watch?v=fih8HGlBzLg
EC635
https://www.youtube.com/watch?v=vXgLIkWiMRE
ss
2021年07月03日 07:41
坂下と申します。
いつもブログ記事を読ませていただいております。
インタネット接続関連ではありませんが、IT関連の仕事を1985年からさせていただいております。また日本で最初のIX(清谷様の表記ではIXPですが、私の周りの関係者はIXと言っておりましたので、IXを表記させていただきます)の開設場所におりました。

大規模なIXPは我が国には10カ所程度あるとされていますが、東京に集中しています。>
東京に集中しているのは事実ですが、関係者はそのリスクを知っており、分散化を進める努力をしておりました。実際、JPIXは東京と名古屋、大阪に設置しております。また、BBIXについても東京と大阪、沖縄に、JPNAPも東京と大阪、EQUINIX Internet Exchangeは大阪にもあると聞いております。まとめた資料というのはあまりありませんが、IX事業者ごとに調べますと、若干の資料が公開されています。
物理的な場所については、東京は全部が同じ場所にあるわけではなく(確かに大手町付近には多くあります)、いくつかの場所にたとえば、お台場と池袋にもあります。問題は大阪で、ある場所に集中しています。

ただ、IXの適地は少ないのも事実です。一つはインターネットと接続場所に近いところであることが必要で、もう一つは電源で複数の系統から受電できる必要があります。

専門家によると特定はさほど困難ではないということです>
IXの場所については、積極的には公開されていませんが、関係者であれば知っているのは確かです(私でもある程度知っていますので)。

警備> については、確かに公的組織による警備はされてはおりませんが、民間レベルではありますが、それなりの警備体制にはなっていると聞いています。たとえば、入り口は1階以外に設置、共用のビルの場合は、通常の入り口とは分離、専用ビルであれば、階段は、奇数回と偶数階に分離、窓は設置しないなどの対策が取られています。入室についても事前の申請と事業者からの紹介など必須で、一人しか通れない通路の利用などがされています。

以前にあるIXの責任者と話したときに、物理的な攻撃に弱い場所にあるので対応を考えているといったことは言っておりました。

IXは確かに重要拠点ですが、IXの稼働に必要な電力線設備である制御所と大規模な変電所も警備がされておりません。ただ、東日本大震災時の計画停電時に、これらの場所については警官による警備がされておりました。制御所については、私が場所を示せるのは1箇所だけで、まだ稼働しているかはわかりませんが文京区役所の前にあります。現地に行かれることがあれば、注意深くビルをみますとわかるかと思います。

また大規模な変電所として比較的有名なのは、高野山東京別院近くにある高輪変電所で、ここは偶然にも(かどうかはわかりませんが)高輪警察署があり、実質的に警備がされているのですが、これは珍しい例な気がします。
https://ameblo.jp/kanto-ce/entry-12023047164.html

電力網はある意味非常に脆弱で系統網で同期が外れてしまうとどんどんと落ちていってしまい、復旧にかなり時間が必要です。近年ですと北海道の2018年9月6日3にあった北海道胆振東部地震でのブラックアウトが有名ではないでしょうか。
米国でも何度か起きており、報告書が出ています

https://criepi.denken.or.jp/koko/powerline/data/final.pdf

千葉と三重県の二箇所しかない海底ケーブル陸揚所>
こちらについてはもう少し分散しておりますが、千葉に集中しているのは事実です。これは適地が少なく結果として集中してしまっています。

陸揚げ局の場所については内閣府が公開している資料があります。
http://www.bousai.go.jp/kaigirep/chousakai/tohokukyokun/9/index.html
にある
「参考資料1 広域・巨大災害対策を検討するにあたっての留意点について(関連資料)(東海・東南海・南海地震を事例として)」
http://www.bousai.go.jp/kaigirep/chousakai/tohokukyokun/9/pdf/sub1.pdf
で、こちらの12ページと13ページに一覧があります。
千葉と志摩以外ですと、宮崎、福岡、三浦、茨城、直江津などにあります。

警備については、たしかにこちらもされておりません。
ある関係者に聞いたところ、目立たないようにするぐらいだなぁというお話だった気がします(ただ、目立たなさ加減が怪しいので、私でもある場所の陸揚げ局は、その地域あることがわかれば、見つけらてしまうのはたしかです)。
ただ、場所が場所だけに(辺鄙なところでふだん人がいない)、有人での警備は難しい気がします。また、堅牢な設備にしてしまうと、かえってここにありますよ感が高まってしまい、難しい気がします。

とりとめもなく書いてしまいましたが、清谷様にとってもしも参考になる資料があれば幸いです。
やれやれ
2021年07月03日 09:01
次期戦闘機、エンジンはロールスロイス?日英共同開発へ
https://www.asahi.com/articles/ASP726S4CP71UTFK008.html?iref=comtop_7_03
ご参考まで。しかし記事にも書いてあるけどこんなので戦闘機まとめ上げられるのかな?激しく疑問。
韓国のポラメの様に既存の組み合わせで無理のない範囲でステルスを作るならともかく、エンジンをRRと共同なら最初からテンペストプログラムに参加したほうが良かったのでは?
色々詰め込んで色々手を広げすぎてまとめる力があるとはとても思えないのに。飛ぶ前から空中分解する姿が目に浮かぶ...参加企業がそれぞれの思惑でやっているのでそのベクトルをF3に統一するところからして難しい。これはどんな開発でも同じですけどそれぞれが作って組み合わせれば完成とかそんな生易しい話ではありません。
エンジンだけでも10年前からRRと共同でやっていれば間に合ったかもしれませんけどね。未完成のエンジン、新規の機体、新しいアビオ、武器満載...全くネトウヨの願望を具現化したようなプログラム(はあっ)。暗澹たる気持ちになります。
うまく行けば行ったでネトウヨや酷使様はRRに技術を奪われたとかホルホルするんでしょうね。実際は逆だと思いますけど。
やれやれ
2021年07月03日 09:27
「恐ろしいことにはこれら大規模IXPは、自分たちしか守らない自衛隊はもちろん、警察も警備していないそうです。」
日本はインフラには無頓着ですね。石油備蓄基地などもそうでしょう。
石油危機とかで石油の輸入量や金額とか航路とかには気を使う人は居ても一旦輸入されて備蓄されればそれで安心みたいな所はありますね。

テロが無くても大規模災害でも容易に破壊されることは東日本大震災で懲りていると思うのですが、対策は相変わらず。
同じのが来たらまた同じことが起こるでしょう。多重化とかそういった発想が希薄かあってもカネがかかるからやりたくないで放置か。すべて何事もない前提(或いは危機の前提が低すぎる)で考えるから想定外の事態に容易に陥るわけで。
冬に電力危機がーとか言っている時も西日本では電気が余っていて融通すれば何の問題もなかったのにそれができない。
電源周波数の関係で融通できる電力に限りがあるがそれがあまり増強されていない。今年ようやく従来の2倍位に増強されましたが元々細かったのが2倍になって十分なのかと(10年がかりでようやく2倍、こつこつ増やしたわけでは無い)。設備増強にカネがかかるので十分できないのと電力会社の縄張り意識(利権意識)が強くてヨソはヨソ、ウチはウチ、土下座してきたら考えてやんよって感じでは。そういうことは政府主導でどんどんするべきですがそもそも利権欲しさに利権団体に弱いですからね。
キヨタニ
2021年07月03日 10:28

ありがとうございます。

大変勉強になりました。


>ssさん
>
>坂下と申します。
>いつもブログ記事を読ませていただいております。
>インタネット接続関連ではありませんが、IT関連の仕事を1985年からさせていただいております。また日本で最初のIX(清谷様の表記ではIXPですが、私の周りの関係者はIXと言っておりましたので、IXを表記させていただきます)の開設場所におりました。
>
>大規模なIXPは我が国には10カ所程度あるとされていますが、東京に集中しています。>
>東京に集中しているのは事実ですが、関係者はそのリスクを知っており、分散化を進める努力をしておりました。実際、JPIXは東京と名古屋、大阪に設置しております。また、BBIXについても東京と大阪、沖縄に、JPNAPも東京と大阪、EQUINIX Internet Exchangeは大阪にもあると聞いております。まとめた資料というのはあまりありませんが、IX事業者ごとに調べますと、若干の資料が公開されています。
>物理的な場所については、東京は全部が同じ場所にあるわけではなく(確かに大手町付近には多くあります)、いくつかの場所にたとえば、お台場と池袋にもあります。問題は大阪で、ある場所に集中しています。
>
>ただ、IXの適地は少ないのも事実です。一つはインターネットと接続場所に近いところであることが必要で、もう一つは電源で複数の系統から受電できる必要があります。
>
>専門家によると特定はさほど困難ではないということです>
>IXの場所については、積極的には公開されていませんが、関係者であれば知っているのは確かです(私でもある程度知っていますので)。
>
>警備> については、確かに公的組織による警備はされてはおりませんが、民間レベルではありますが、それなりの警備体制にはなっていると聞いています。たとえば、入り口は1階以外に設置、共用のビルの場合は、通常の入り口とは分離、専用ビルであれば、階段は、奇数回と偶数階に分離、窓は設置しないなどの対策が取られています。入室についても事前の申請と事業者からの紹介など必須で、一人しか通れない通路の利用などがされています。
>
>以前にあるIXの責任者と話したときに、物理的な攻撃に弱い場所にあるので対応を考えているといったことは言っておりました。
>
>IXは確かに重要拠点ですが、IXの稼働に必要な電力線設備である制御所と大規模な変電所も警備がされておりません。ただ、東日本大震災時の計画停電時に、これらの場所については警官による警備がされておりました。制御所については、私が場所を示せるのは1箇所だけで、まだ稼働しているかはわかりませんが文京区役所の前にあります。現地に行かれることがあれば、注意深くビルをみますとわかるかと思います。
>
>また大規模な変電所として比較的有名なのは、高野山東京別院近くにある高輪変電所で、ここは偶然にも(かどうかはわかりませんが)高輪警察署があり、実質的に警備がされているのですが、これは珍しい例な気がします。
>https://ameblo.jp/kanto-ce/entry-12023047164.html
>
>電力網はある意味非常に脆弱で系統網で同期が外れてしまうとどんどんと落ちていってしまい、復旧にかなり時間が必要です。近年ですと北海道の2018年9月6日3にあった北海道胆振東部地震でのブラックアウトが有名ではないでしょうか。
>米国でも何度か起きており、報告書が出ています
>
>https://criepi.denken.or.jp/koko/powerline/data/final.pdf
>
>千葉と三重県の二箇所しかない海底ケーブル陸揚所>
>こちらについてはもう少し分散しておりますが、千葉に集中しているのは事実です。これは適地が少なく結果として集中してしまっています。
>
>陸揚げ局の場所については内閣府が公開している資料があります。
>http://www.bousai.go.jp/kaigirep/chousakai/tohokukyokun/9/index.html
>にある
>「参考資料1 広域・巨大災害対策を検討するにあたっての留意点について(関連資料)(東海・東南海・南海地震を事例として)」
>http://www.bousai.go.jp/kaigirep/chousakai/tohokukyokun/9/pdf/sub1.pdf
>で、こちらの12ページと13ページに一覧があります。
>千葉と志摩以外ですと、宮崎、福岡、三浦、茨城、直江津などにあります。
>
>警備については、たしかにこちらもされておりません。
>ある関係者に聞いたところ、目立たないようにするぐらいだなぁというお話だった気がします(ただ、目立たなさ加減が怪しいので、私でもある場所の陸揚げ局は、その地域あることがわかれば、見つけらてしまうのはたしかです)。
>ただ、場所が場所だけに(辺鄙なところでふだん人がいない)、有人での警備は難しい気がします。また、堅牢な設備にしてしまうと、かえってここにありますよ感が高まってしまい、難しい気がします。
>
>とりとめもなく書いてしまいましたが、清谷様にとってもしも参考になる資料があれば幸いです。
KU
2021年07月03日 10:34
>>>民間のインフラを守らず

でも自衛隊が前面に出ようとすれば必ず、警察庁が嫌がり妨害しますよね(^_^;)。

>安倍前首相「反日的な人が五輪開催に強く反対」 月刊誌の対談に

https://mainichi.jp/articles/20210703/k00/00m/010/034000c

その理屈で言ったら、陛下も反日主義者ということに(^_^;)。ホント、こーゆー人たちって本気で「開催に反対するような天皇は排除しろ!」とか言い出しかねませんよね。革新勢力なんざより、よほど自称保守のほうが過激ぢゃん。


Goodman80
2021年07月04日 10:31
光ケーブルの基地局や原発は海の近くに有るので水陸両用のこの車両があれば警備などに便利かも?装甲も付いてるし。
ヘグランドBV206S 全地形車輌 水陸両用
現状販売歓迎! 大特免許でOK!
https://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/10/700030235530191115001.html

aaa
2021年07月04日 15:22
確か警察庁は自前のサイバー部隊を新設するとか発表したはず。

10年遅いけどね。

それにインフラライフラインの警備など、どこもテロなど考えてもいないでしょう。わずかに空港、原発くらい。

平和ボケというやつだけど。

5キロくらいつめるドローンも出てきてるし、一発か。
Goodman80
2021年07月04日 20:33
ドローン・無人車両で警備 防衛省、5G「スマート基地」実験へ
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021063000990&g=pol
ドローンか無人車輛で不審者を発見しました。その後、どうするんだろう。「お巡りさ~ん、早く~」とか「助けて!ドラえも~ん」とか、「エバ緊急発進」とか?
偽陸士
2021年07月05日 21:56
Goodman80様。

>ドローンか無人車輛で不審者を発見しました。その後、どうするんだろう。「お巡りさ~ん、早く~」とか「助けて!ドラえも~ん」とか、「エバ緊急発進」とか?

日本以外は既にVivyか86に成ってますが・・・・

ただこれは防衛省というより、日本人全体にロボットに殺人を許す覚悟が無いのが原因です。
この日本人の不覚悟の原因はこの国のメディアが自民党に遠慮して、戦争の在り方が根本から変わってしまったことを国民に知らせようとしない事にあります。

我が方のロボットが発見した対象に対して警告にとどめるのか即座に破壊するのか。
対象が市民か敵か、人間かドローンか?

迷ってる内にこちらは全滅でしょうね。
ブロガー(志望)
2021年07月11日 11:14
お邪魔します。
 これは「平時」の発想ではないかと思われます。物理歴に破壊しようとすれば現地に赴かねばなりません。となれば足がつきやすいでしょうし、「破壊できなかったばかりか未遂で逮捕」になる可能性もあります。ハッキングなら対抗する側は侵入経路とかを辿らねばなりませんし、国境を越えたりすれば日本の捜査当局の手は及び難くなります。しかし「平時でない」のであれば物理的破壊は容易かつ確実でしょうし、「平時でない」のであれば「平時の法」及びそれで動く警察では対抗しきれないのではないかと思ったりもします。テロ組織ならまだ警察の範疇でしょうが。相手が外国の機関またはその意向を受けた者だったりしたら。
 それから余談ですが刑法には「外患誘致罪」というのがあり、内容は「外国の日本侵略に加担・協力した者を死刑に処す」といったものだそうです。ゾルゲ事件でも適用されなかったそうですから「外国軍の日本侵攻に呼応して武装蜂起」とかでもなければ適用されないでしょうが、そうなれば「戦時」でしょうから、平時の法である刑法の対象になるのかと思ったりもします。「明に朝貢して日本国王を名乗り、皇室を乗っ取ろうとした足利義満」は外患誘致か。