KMWのミルレムへの資本参加

JDW誌6月9日号の「KMW Buys minorty stake in Milrem Robotecs」によると
KMWがエストニアのUGVメーカー、ミルレム・ロボテックスの株式、24.9%を取得しました。
これは両者の技術のシナジー効果を狙ったものだそうです。
ミルレムの装軌式UGV、テーミスは、中央がらんどうで板一枚、ハイブリッド式の駆動系などシステムは左右に組み込まれています。このためRWSその他のアプリケーションのインテグレーションがやり安く、自律運転のソフトも優れているので、FN、コングスバーグ、MBDA、アセルサン、STキネテックなど多くのメーカーがプラットホームとして採用しており、英軍など多くの軍隊が採用あるいは試験採用しています。日本では住商エアロシステムが陸自に提案しています。
ミルレム・ロボテックスは更に大型の12トンのプラットホーム、Type-X RCVも開発しています。これは中口径の機関砲を搭載した無人砲塔を搭載できる、サイズです。
https://milremrobotics.com/type-x/


当然ながらKMWは将来ある程度の装甲車輌が無人化されることを想定しているのでしょう。
戦闘機でも一機の戦闘機が数機の武装UAVを制御することはほぼ既定路線でしょう。
であれば有望なUGVメーカーに資本参加しておこう、ということでしょう。

個人的には将来、MBTは無人化され、またICVは有人のAPCと無人のType-X RCVのような車輌に分離されるのではないか、と思っています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

やれやれ
2021年07月30日 16:36
ちょっと大きなゴリアテみたいな感じですね。

「個人的には将来、MBTは無人化され、またICVは有人のAPCと無人のType-X RCVのような車輌に分離されるのではないか、と思っています。」
同感です。UGVの大きさ、兵装などは作戦によって異なるかもしれませんが。
これが良いのか別のが良いのかは門外漢にはよく分かりませんが、
大雑把にこんな感じのUGVが色々なところを闊歩する未来が来るんだろうな、とは漠然と思います。無人機とはいえ弾薬の補給や充電などは全て全自動と言うわけにはいかないでしょうから、司令官となる人間とそれを補佐しUGVの面倒を見る兵士は必要でしょうから。ただ従来突撃していた兵士の代わりにこれらが代わりに仕掛けてくれるわけで、人的損害が少なくなるだけありがたい兵器ですよね。
逆に攻撃される方はたまりませんが。
陸自さんも対策含め何か考えないと脳筋では蹂躙されるのではないかと。
Goodman80
2021年07月30日 17:51
確かに今後の戦闘は有人兵器と無人兵器の組合せによるものになると思います。陸戦はUAVとUGV、空戦はUAV、海戦はUAV,USV,UUVを組み合わせ、有人兵器も無人機を搭載できるウェポンベイを持つ有袋類に進化していくものと思われます。
将来の海中の戦闘はこんな感じか?

フランス海軍の近未来ステルス攻撃潜水艦”SMX31E”
https://www.youtube.com/watch?v=pI4NeY6sZp4

有人兵器も高度なAIが搭載され、省人化と自動化が進んでいくでしょう。兵士は高度な戦場の戦闘を管理・運用するSEの様な職業になって行くと思われます。現在の防衛大学出の脳筋ゴリラさん達ではまず無理でしょう。自衛隊にもインテリジェンスの導入が不可欠な時代になりました。
KU
2021年07月30日 20:20
>>>住商エアロスペース

陸自のことだから参考品として少数買い、後は国内メーカーに類似品を(ry


>「心配が現実に」枝野氏が菅首相批判 五輪中止は野党内で温度差

https://mainichi.jp/articles/20210730/k00/00m/010/294000c

>>>この段階で中止・中断すればかえって大きな混乱を招く

「もう選手来ちゃっている」と言い放った、この人と同レベルぢゃないですか。↓

>散見される五輪プレーブック違反 丸川氏「詳しくは組織委に」

https://mainichi.jp/articles/20210730/k00/00m/010/274000c

ホント、この人わ当事者意識ゼロですよね。
Goodman80
2021年07月31日 08:55
日本企業所有タンカー攻撃で2人死亡 オマーン沖
https://www.afpbb.com/articles/-/3359419?cx_part=top_topstory&cx_position=3
この海域の日本企業船警護も海保の仕事ですよね。3500トン級や6500トン級造ってるのも、この為のハズ。ちゃんと仕事してほしいもの。
鬼が怖くて行かれないなら、海自に懇願して行ってもらうべき。政府も早く対応して、先ずは海保に出動命令を出さなくてはならない。チコチャンに叱って貰おう。
偽陸士
2021年07月31日 11:56
Goodman80様。

>この海域の日本企業船警護も海保の仕事ですよね。3500トン級や6500トン級造ってるのも、この為のハズ。ちゃんと仕事してほしいもの。

いけません。
海保は日本領海及び経済水域の権益保護が任務です。
海自も同様です。

海運業者が民間軍事会社と契約して情報を提供してもらい危険な海域を避けるか、傭兵を雇うのがスジです。

危険回避の努力をしている会社とそうでない会社を一律に税金で保護するとモラルハザードになりますし不公平です。

あくまで自己責任です。
Goodman80
2021年07月31日 15:06
偽陸士様

海上保安庁の職務は
「海難救助、海洋汚染の防止、海上における犯罪の予防・捜査・鎮圧、船舶交通の規制、水路・航路標識その他海上の安全の確保に関する行政事務」であり、
活動範囲は
「主な活動海域は、日本の領海、接続水域、排他的経済水域(EEZ)、日米SAR協定に基づく捜索救助区域(本土より南東1,200海里程度)であるが、第1条の規定では、「海上」とあるのみ」なので、宇宙中の「海上」であれば海保の担当地域となります。海上自衛隊は海保からの要請又は国家からの命令が無いといけません。

国家の注意をあざ笑って、抗争地域で捕まった頭の変な新聞記者でも助けなければならないのが国家と言う物なのです。
偽陸士
2021年07月31日 20:45
Goodman80様。


>国家の注意をあざ笑って、抗争地域で捕まった頭の変な新聞記者でも助けなければならないのが国家と言う物なのです。

違います。

日本以外の国では保険会社や民間軍事会社が、対処してます。

自分の商業利益の為にリスクを取る会社とそうでない会社や個人を、一緒に税負担すべきではありません。
Goodman80
2021年07月31日 22:58
偽陸士様
>この周辺水域ではイスラエルとイランとの「影の戦い」により両国の船舶が頻繁に攻撃を受けており
と言う事なので、一般の警備では対応出来ない様です。
日本では、紛争等の対応は先ずは海保になり、海保から依頼があれば海自の仕事になります。海賊対策で護衛艦に海保の職員が乗り込み海上警察の対応を実施していますが、本来は海保の巡視船の仕事です。此れは日本本土等のテロ等でも先ずは、警察が対応するのと同じです。
偽陸士
2021年08月01日 10:11
Goodman80様。

>この周辺水域ではイスラエルとイランとの「影の戦い」により両国の船舶が頻繁に攻撃を受けており
と言う事なので、一般の警備では対応出来ない様です。


遠くに行くんじゃありません。

日本近海の海賊ならば、日本が取り締まるのは当然です。
インド洋ならその沿岸国が対処すべきです。
また船主も運航会社も海賊やテロの恐れが有るなら、傭兵を乗せるべきでした。

何処かの国家が後ろ楯に付いて、日本の海
軍力を用いなければならない。
その相手国と全面戦争も辞さないだけの、覚悟と戦力が日本にありますか?
そこまで行かずとも、国籍不明の重装備の海賊を相手に長期戦ともなれば、補給艦から軽空母も動員することになるでしょう。
しかも3交代制で。
フォークランド紛争並みの戦費に日本の世論が屈する前に、国家破綻ものです。

ブロガー(志望)
2021年08月01日 12:19
お邪魔します。
 自分のような素人のマニアには嬉しい「より強く」ではなく、「"下"にあったものが上がっていく"下剋上"のパラダイムシフト」になりそうな感じに思えます。大画面では有利と言われたプラズマディスプレイが液晶に駆逐され、組込CPUであったArmがスーパーコンピュータ富岳やMacに使われるようになったように。コストがかかり過ぎる事と性能向上が頭打ち(航空機でマッハ3以上出してもただ飛んでいるだけになる、戦車がこれ以上大型化したら身動きできなくなる等)になったからでしょうか。
 後無人化が進んで行くと、将来戦争犯罪相当の事が起きても「やったのはAI」みたいな言い逃れが出てくるのではないかと思っています。この世は矛盾や理不尽に溢れていますが、今迄はそれを誰かに「責任」他の形で押し付ける事で社会を維持してきました(ある意味「歯止め」にもなり得た)。例えば実際の感染拡大にどれだけ関与したのは明らかではなくても、飲食店等に時短や休業及び酒類の提供禁止を求めてきたように。AIの普及はそういった仕組みに「綻び」をもたらすかも知れません(歯止めが利かなくなるか)。
 最後にフランスが140mm戦車砲を開発したと聞きました。ラインメタルの130mm砲もそうですが、120mm戦車砲搭載戦車に換装といった形で載せた場合に、戦車としてのバランスはどうなのかと思ったりもします。大和型相当の艦体に50cm砲連装砲塔3基を乗せた超大和型を見て「砲の撃ち合いで戦う戦艦が6門とは」と感じたので。
Goodman80
2021年08月01日 13:43
偽陸士様

海上保安庁のHPで
海賊対策
>海上保安庁では、海賊対処のために派遣されている海上自衛隊の護衛艦への海上保安官の同乗、ソマリア沖・アデン湾や東南アジア海域等の沿岸国海上保安機関に対する法執行能力向上支援等により海賊対策を実施しています。

なので、日本近海のみが対応海域では無い事を行動で示しています。本来であれば護衛艦に同乗では無く、巡視船が実施すべきですが。海保の対応海域を「海の上」にしたのはプルトニウム運搬船の護衛に6500t級を建造した時からなので、海保の自業自得でしょう。
近海でさえ、危ない海域へは海自に行かせて、危なくない海域の途中から取り上げる岡っ引き根性なので、日本の漁船等に有ばり散らすぐらいしか能は有りません。不審船を目の前にして、敵前逃亡した連中です。
ミスターフリゲート
2021年08月01日 17:49
無人化、と言うテーマに関連して、自衛隊もまた省人化や無人化は進めるべきでしょうね。少子高齢化もありますし。特に海自は人手不足に加え、かなり環境がきついと聞きます。艦載ヘリは全て無人化、水上艦や潜水艦も省人化を進めて、負担を減らすなどの改善が必要でしょうし。ただ、そのコンピュータやAIに我が国が開発できるのかと言うと、そうでもなさそうなのが残念。フランスやイスラエルなどの他国との共同開発が無難かと。

しかし、やれ日本人ほど野蛮な民族がいないから絶滅した方がいいだの、搾取しかできない日本人は滅べだの中国韓国の植民地になれだの、バカが増える一方で萎えますな。

偽陸士さん
確かに無闇に介入するのは現時点ではリスクが大きいすぎますね。