自称ロンドン大学卒業・学士様こと、ホラッチョ堀口英利さんへの公開質問状その96堀口さんって本当に潰瘍性大腸炎なんですか?

自称ロンドン大学卒業・学士様こと、ホラッチョ堀口英利さんへの公開質問状その96
堀口さんって本当に潰瘍性大腸炎なんですか?

ホラッチョ・ホルホルこと堀口英利さんって、本当に潰瘍性大腸炎なんでしょうか。SNSの
狂言自殺やら自称英国大学卒業とか、スーツ道楽とか同様に大概怪しいように思えます。
IMG_7888.PNGIMG_7430.PNG

SNSなどで潰瘍性大腸炎の患者の方のアカウントを多数見てきたのですが、刺激物や油などに大変気を使わざるを得ないようです。アルコールも同様です。

https://www.tei.or.jp/uc/

避けるべき食べ物・飲み物
食物繊維が豊富なもの
揚げ物
刺激物(香辛料を多く含むもの)
コーヒー、アルコール
その他冷たい飲み物


ですが、堀口英利さんのSNSを見るとカレーや担々麺など脂っこい刺激物をよく食べているようです。またお酒もウイスキーなど強いものをお好みのようです。冷たい飲み物もお好きなようです。
IMG_8373.PNGIMG_8366.PNGIMG_8365.PNGIMG_8364.PNG
IMG_8374.PNG

俺は「活動期」じゃなくて、「寛解期」だからいいんだ、と反論するでしょう。
確かに「寛解期」は普通に食事ができるようです。
ですが暴飲暴食は駄目でしょう。
炎症が収まった「寛解期」の食事
厳しい食事制限は不要になります。食事のバランスには注意しましょう。

注意点
栄養バランスの良い食事を摂りましょう。
暴飲暴食は避けてください。
刺激物、アルコール、コーヒーなどもできるだけお控えください。
https://www.tei.or.jp/uc/


ところが堀口英利さんの自宅に大量にあるのは刺激物と油のコラボであるボンカレーです。
「寛解期」だからいいのだといっても、堀口英利さんはAmazonで不特定多数の右や左の旦那様に恵んでくれと懇願しているボンカレーとさとうのご飯を、非常時の備蓄を兼ねていると自ら述べています。

IMG_8002.PNGIMG_7520.PNGIMG_7519.PNG
非常時に常に「寛解期」とは限らないでしょう。仮に「寛解期」だったとしても震災など非常時にはストレスがかかり病気が悪化する可能性だってあるでしょう。

他の潰瘍性大腸炎患者のかたのSNSをみると、食べ物に対する涙ぐましい苦労や工夫が多々述べられているのですが、ホラッチョ・ホルホルのSNSでは殆ど見られません。

このことから考えると堀口英利さんが潰瘍性大腸炎を自称しているのは世間から同情を買うため、またぼくに対してやっているように、難病患者を自称して他者を攻撃するためかもしれません。
潰瘍性大腸炎が本当だとすれば、自分の健康管理に無頓着で、災害時などの危機管理も考えていない馬鹿者であるという異なります。

つまり「嘘つき」か「馬鹿者」の二択になるわけです。
さあ、どちらなのでしょう?


#堀口英利 #迷い箸おじさん #SOAS #ロンドン大学 #学習院大学
#学習院大学ヨット部 #東洋アフリカ研究学院 #キングス・カレッジ
#IFC #退学 #差別 #差別主義者 #二重基準 #Hidetoshi_H_
#安倍晋三 #安倍首相 #ホラッチョ堀口 #ホラッチョ・ホリホリ
#ホラッチョ・ホラグチ #おねだり堀ちゃん #ショーンH #ショーン・堀口
#佐村河内守 #クヒオ大佐 #ショーンK #ホラッチョ・ホルホル
#ホルホル #人種差別主義者 #レイシスト #川口浩探検隊 #狂言自殺
#虚言癖  #アパルトヘイト #人種差別 

#Hidetoshi #Horiguchi #Horiguchi Hidetoshi


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

やれやれ
2021年07月22日 21:53
高いお酒ねえ、
ウイスキーはどちらもスコッチウイスキーなのが救い?
ジョニーウォーカー青ラベルとグレンモーレンジ19年の様に見えますね。どちらも日本のAmazonで1万5千円程度。
高いことは高いですが威張るほどではないですね。
せめて30年ものをあつらえて欲しかった。
バランタインの30年ものなら値段もそこそこで
見栄張るならいいかも。もっとカッコつけるならシングルモルトの方がより通ぶって見えるかも。
今最も羨ましがられるとしたらジャパニーズウイスキーだと言うのに。響の30年物が置いてあったら通から土下座されるかも?国産の良いウイスキーが高止まりで山崎でも白州でも竹鶴で余市でも12年超えのを並べてあったら垂涎の的になったでしょうに。
まあ見栄張るより美味しく飲みたいものですけどね。

酒の話はともかく堀口氏はどこかの下痢腹元首相と同じく潰瘍性大腸炎では無いと思いますよ。普通のストレスから来る胃炎でしょう。本当に病気なら酒など飲んでいられない。下痢腹元首相など首相を辞任していくらも経たないのにお友達と会食。潰瘍性大腸炎で辞任なら入院こそすれ酒も脂分も無くても会食などできないでしょう。そもそも論で言うと自分の立場がヤバくなったから逃げ出す口実なだけで誠に卑怯としか言えません。普通なら大病で辞任するなら数ヶ月は入院して表にも出れないでしょう。死ねとは言いませんが普通の腹痛で辞めるくらいなら総理になるなと言いたい。

辞めてくれたおかげで1つ良いことがあるとすれば自分ではやりたくなかった再エネシフトとEV化促進を変わりに菅になすりつけてくれたことでしょうか。
本来安倍が決断して推進するべき政策をずっと怠って来た。
少しだけ日本が前進してくれただけ退陣は良かったと言えるでしょう。

そうそうさっき知ったのですが安倍元総理は下痢腹のおかげかどうか知りませんが開会式には出席しないようで。
https://news.yahoo.co.jp/articles/c534b0dd9417a8902e8d67f3eb7657dbec80f846
これは安倍的には反日行動ではないのでしょうかね?私ならそう思いますが。彼にはプライドも信念も無いのでしょう。
やれやれ
2021年07月24日 12:38
ミスターフリゲートさん、
正直言ってブルーインパルスは下手くそですよ。
アジアだけで見ても韓国のブラックイーグルスよりはずっと落ちるし中国の八一飛行表演隊より多少マシなくらいです。
昨年中止になった珠海のエアショーチャイナを今年行うようですが、多分今年はブルー以上になっているでしょう。
インドネシアのジュピターにも休止中のシンガポールのブラックナイツよりも劣ります。機種転換したオーストラリアのルーレッツは最近見てないですがどっこいどっこいだと思います。中東にも欧州、カナダにもボロ負け。パクリ元の米軍サンダーバーズとブルーエンジェルスより少し劣るくらい。
この2チームは戦闘機を使用しているのでその性能と騒音で人気が高い側面はありますが。
例えると30年前のサッカーの世界ランキングと同じようなものです。サッカーは世界に選手が出るようになってレベルが上がりましたが(ワールドカップに出れなかった当時の日本でレベルが分かって貰えればよいのですが)。
理由は海外に出て飛ばないから(米国に1度だけ)他の国の技量を知らないし自分たちの技量の位置も分かっていない。
各国のアクロチームとの交流も無い。引きこもりチームの上に3年しか在任期間が無いのに1年は養成、2年目はレギュラー、3年目は後継者の養成で実質1年強程度しか人前で展示飛行をしません。これでは技量が上がり切る前に引退です。しかも年間25回くらいしか公式展示飛行がありません。米国の各チームの半分以下、英国のレッドアローズの1/5です。広報部隊としては少なすぎます。これでは上手くなるわけがありません。それと4,5年は在籍しないと(ルール上無理ですが)サンダーバースもブルーエンジェルスもいまいちなのはそれが原因で一緒です。戦闘機の性能で誤魔化しが効くんですよ(細かく見れば下手っぴです)。
ミスターフリゲート
2021年07月24日 13:35
やれやれさん
嫌いな韓国以下だなんてもう存在価値なし。恥以外の何物でもない。こんなお金にかけるくらいならブルーインパルスなんぞ廃止してスクランブルパイロットの育成に特化すべき。
偽陸士
2021年07月24日 17:17
ミスターフリゲート様。

>嫌いな韓国以下だなんてもう存在価値なし。恥以外の何物でもない。こんなお金にかけるくらいならブルーインパルスなんぞ廃止してスクランブルパイロットの育成に特化すべき。

いくら嫌いな韓国に見劣りするからと廃止とは余りに短絡的です。
元を糺せば幕がエンジンそのままで、燃料の熱量を上げたのが原因。
これを元に戻し、パイロットの訓練環境を改善するのが筋です。

それに練習機もT-7の導入や中古の戦闘機の輸入で増強すべきです。

海外遠征も実現したいところですが、これはC2の調達を打切りC-17を導入しないと無理でしょう。

C-2に捨てる予算があればC-17も買えたろうに。
やれやれ
2021年07月24日 20:28
ミスターフリゲートさん、
ブラックイーグルスは馬鹿にできません。
チームは休止状態にあったのをT2時代のブルーに基本を教えてもらってA37と言う年代物のポンコツ練習機6機で復活(その前はF86を使用していたらしい。機体の退役でチームも解散?)。
その後T50に機種変更するわけですが、目的はT50/FA50の拡販です。そのために猛烈に腕前を上げる必要があった。
20年前からRIAT(AirTatoo)と言う英国最大のエアショーに乗り込んで他国のアクロチームと親交を深めていました。
現地で彼らにあった時は驚きました。話を聞いたら展示飛行の調査だと。パイロットだけの派遣?で当然A37などポンコツで英国までこれるわけもなく。それでも彼らは精力的に技術の習得とかしていましたね。ブルーインパルスは海外に人員だけでも派遣とかしないですからね。T50を受領してからは8機に増やしヨーロピアンアクロとアメリカンアクロのいいとこ取りをしています。そして世界中のエアショー(航空機展示会)で飛んでおりRIATでは最高評価のトロフィーまで取りました。世界中で飛んでその度に現地で親交を深め技術を習得しさらなる高みを目指している姿には感服します。
ブルーは海外への売り込みも無いし国内だけのルーチンをこなす存在ですからね。T4に機種転換したときに海外に売り込みに行っていれば少しは意識が違ったかも知れませんけど。
まあT4は完成した当時は世界最高スペックでしたが戦闘機で言う第3世代だし直ぐに第4世代の練習機に追い越されて時代遅れになりましましたけどね。

国内のブルー好きも海外に行ってブルーに失望しT4になってアクロ向きの機体だから期待していた人も一向に技術も上がらず劣化していく一方のブルーに愛想をつかした人も結構います。専業なのに年間の展示飛行回数も少ないし、こんなんだったら無くしたほうが良いと思っているマニアも結構います(海外を知っている人は特に)。
最も上手だったのがT4の初年度、2年度で渡米した時位です。当時はT4ブルー創設メンバーもまだ残っていましたからね、新しいことをやってやると言う意気込みがあった。そこからは緩やかな下り坂。国内の引きこもりでは競争意識も出るわけがなく、より良くしようとも考えないのでルーチンワークに徹するのみ。これでは劣化する一方。ワンパターンの演技でも圧倒的な技量をみせつけてくれる内容なら良いのですが、演技の内容がレベルが高くなくて。墜落事故や東日本大震災の影響やIHIのエンジンのトラブルなど環境も悪化でよいよ劣化。
五輪のブルーを見て感動した人は素人さんでしょうね。
私などは感染の危険を考えて見に行く気にもならなかったです。
航空祭でも帰りに余裕がある時は見ますが、帰りが混雑で悲惨になる位なら最後に飛ぶブルーは無視してとっとと帰ります。
やれやれ
2021年07月24日 20:54
偽陸士さん、
「海外遠征も実現したいところですが、これはC2の調達を打切りC-17を導入しないと無理でしょう。」
別にC17は必要ありません。今でもC1を愛用しているしC2でお釣りがきますよ。海外ならC130でも十分です。
それに1回渡米した時は陸自の木更津駐屯地まで飛行してクレーンで台船に乗せて木更津港から貨物船に積み込んでサンディエゴの軍港まで行って荷揚げしてそこの滑走路からラスベガス郊外にあるネリス空軍基地(サンダーバーズの基地)まで飛んでいます。修理道具、交換部品やスモークオイルなどはどう運んだのか知りませんが機体と一緒に船便でしょうね。
なんでこの海上輸送ルートなんだろうと思ったら故障したり長距離を飛べない米海軍、海兵隊の機体を船積みして本国に送り返するルートなんですね。
わざわざ防塩用のT4専用合羽まで作ったのに使ったのはこの時の往復だけ。勿体ない。
今なら極東ロシア、アラスカ経由で米国に行けないことはないですが。他にもロシアや中国経由で飛んでいくとかすれば欧州でもOKですよ。英国のレッドアローズが中国のエアショーチャイナで飛んだ時はホーク練習機をイギリスから何度も飛行場に降ろして給油させて所々で展示飛行をしながら中国まで飛んでいきましたからね。ようは外交とやる気の問題ですよ。
ミスターフリゲート
2021年07月24日 20:57
偽陸士さん
すいません、つい取り乱してしまいました。まあ改善ですよねまずは。
Cー17の導入は、積載能力という点でc1の後継という感じでしょうか。
偽陸士
2021年07月25日 08:48
やれやれ様。

船便で輸送する方法も有れば、飛び石で飛行するのも有るのですね。
それにしてもブラックイーグルスの情熱は大したものですね。
貪欲に外国に追い付き追い越せの姿勢は正に昔の日本人の姿です。
FA-50のセールスが成功するのも頷けます。

ミスターフリゲート様。

C-1の後継機と言うより紛争地からの邦人救出、緊急援助隊派遣用に考えています。

それに以前、三沢にイギリスのユーロファイターが飛来した際にC-17が支援の為に随伴していました。