自衛官はサムライか?自衛隊の近藤勇症候群を憂う

自衛官はサムライか?自衛隊の近藤勇症候群を憂う

防衛白書の墨絵の騎馬武者の表紙が話題を呼んでいます。


ヒントは「SHIBUYA 109」…若い読者どう発掘? 女性スタッフ中心で作った防衛白書
https://www.fnn.jp/articles/-/209128

>これは新進気鋭の墨絵アーティスト・西元祐貴氏に制作を依頼したもので、白書の責任者である防衛省の石川武報道官は、「国をまもる躍動感かつ重厚感のある騎馬武者を表現することにより防衛省・自衛隊の力強さと、わが国の強固な防衛意志を表現した」と述べている。


>令和3年版の制作にあたっては、柳田夏実白書制作事務室長を始めとした30歳代の職員・自衛官6人が集まった。特筆すべきはその内、半分を超える4人が女性ということだ。

>柳田室長によると、「女性がマジョリティー」となったのは防衛省の歴史の中で初めてだという。

>なぜ騎馬武者に? 墨絵がいきるのは「曲線美」
一方で今回も「装備品を描いたらどうか」という意見が一定数あったという。

>しかし、躍動感が特長の墨絵では戦車や戦艦などの装備品だと、「曲線美」を表現できず、動物や人間の方が墨絵のダイナミズムが現れる。


個人的には問題だと思います。
自衛隊がサムライにアイデンティティを求めるのは危険だと思います。
自衛隊ではエンブレムに日本刀をあしらうなど、サムライが大好きです。

昭和の日本軍もサムライにアイデンティティを求めて、精神論に走って軍事的な合理的精神を失いました。その結果無駄に将兵を犬死させました。

その端的な例が「生きて虜囚の辱めを受けず」です。捕虜になるなら死ねというのは近代軍隊の合理性から外れています。ですが実際は捕虜になった将兵も多く、捕虜になったときの対処法を教えていなかったので、重要な情報をペラペラ喋りました。また敵の捕虜に対して侮辱した考えを持つために残虐な扱いをしたりもしました。

戦闘機に防弾板をつけると「命が惜しいのか」と責められたりもしました。ですが、年季の入った搭乗員を養成するのは時間も金もかかります。その搭乗員を使い捨てにしたので、搭乗員の平均的な技量が下がって戦果を上げる前に撃墜される者が増えました。

明治の軍隊ではかつてサムライだった軍人が多数おりました。彼らは西洋から学んだ軍人としての合理を尊び、それが日清日露戦争で発揮されました。

ところが昭和の日本軍では「サムライ」だった軍人はおりません。抽象的な観念でサムライ的なものを尊ぶ風習が熟成されました。それは軍隊の合理性から外れるものでした。結果精神論が横行して、無謀な作戦を行ったり、合理的な思考が「怯懦」と批判され、自ら負ける戦いに追い込んで行きました。

そもそもサムライと言っても、江戸時代のサムライと戦国時代、あるいは平安時代のサムライでは考え方も文化も違います。なんとなくイメージ上のあこがれのサムライ像を作って。それに妄想を膨らませたサムライに近づこうとすることは軍隊としては極めて危険です。
ぼくはこれを「近藤勇症候群」と呼んでいます。近藤勇は武士階級の出ではなかたので、なおさら武士らしくあろうと振る舞ったようです。

今回の白書のスタッフは若い女性が多かったようですが、どうしたら若い世代に受け入れるかという視点に偏りすぎたのではではないでしょうか。多少なりとも戦史を齧っていれば、サムライのイメージを使うことへの危うさを感じたはずです。


ただ対外的な宣伝と割り切って「サムライ」というイメージを確信犯的に使うのはありでしょう。例えばイラクに派遣した際にそういうイメージを使うのは成功といえるでしょう。
それを「方便」と割り切れる「大人の組織」であればいいのですが、取材する限り現実問題として安易にサムライ的なものに憧れる隊員少なくありません。

自衛隊が安易に空想的なサムライ精神に汚染されるのは軍隊とて極めて危険だと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

やれやれ
2021年07月16日 20:26
「自衛隊ではエンブレに日本刀をあしらうなど」
エンブレムですかね。

「ただ対外的な宣伝と割り切って「サムライ」というイメージを確信犯的に使うのはありでしょう。
中略
自衛隊が安易に空想的なサムライ精神に汚染されるのは軍隊とて極めて危険だと思います。」
興味を引くと言う点では良い発想だなと思いましたが、
真面目に侍(想像上のサムライの方が適切?)と言う幻想の産物だとするとちょっと不味いですね。当時とは武器も戦闘も戦術も大違いだし。それに戦国時代ほど玉砕ということは考えなかったのでは?あれも美化した産物の結果も知れませんね。玉と砕け散っても肉片と血飛沫が飛び散るだけなのに。

防衛大臣以下将官は全員銃剣で自腹をかっさいばいて内蔵を自ら引きずり出してぶちまけてのたうち回りながら絶命することを是とせよ(介錯も拳銃自殺も禁止)、その代わり部下の助命を乞うと言う一文を表紙の裏に書いてあれば完璧かも知れませんね。
それぐらいの覚悟でではなく動画のライブ配信で世界に向けてリアルタイム配信で行う事と但書も付けて。
まあ普通はドン引きするでしょうけど日本の思考の異常性を知らしめるには良いかも知れません。
これが戦争(と言うより戦)の浪漫と言うものだと。

スポーツの勝敗では無いので戦争に浪漫を持ち込まれても当事者が困るだけですからね。

内容は事実に即して真面目に書いてあると信じたいですが。
勇ましいサムライよりも的に攻め込まれて汲々とする表紙のほうがより興味を持ってくれると思いますよ。
ドローンからの攻撃で全滅とかへっぽこ装甲車が小銃で蜂の巣にされているとか対艦ミサイルで出雲が轟沈しているとか。

偽陸士
2021年07月17日 00:25
騎馬武者ですか。

足軽雑兵だった自分には関係ありませんね。(笑)

それはさておいて、周辺諸国や納税者に訴求するなら柏木竜馬氏に依頼した方が良くないかと思いますが。
キヨタニ
2021年07月17日 12:12
訂正しました。ご指摘ありがとうございます。



>やれやれさん
>
>「自衛隊ではエンブレに日本刀をあしらうなど」
>エンブレムですかね。
>
>「ただ対外的な宣伝と割り切って「サムライ」というイメージを確信犯的に使うのはありでしょう。
>中略
>自衛隊が安易に空想的なサムライ精神に汚染されるのは軍隊とて極めて危険だと思います。」
>興味を引くと言う点では良い発想だなと思いましたが、
>真面目に侍(想像上のサムライの方が適切?)と言う幻想の産物だとするとちょっと不味いですね。当時とは武器も戦闘も戦術も大違いだし。それに戦国時代ほど玉砕ということは考えなかったのでは?あれも美化した産物の結果も知れませんね。玉と砕け散っても肉片と血飛沫が飛び散るだけなのに。
>
>防衛大臣以下将官は全員銃剣で自腹をかっさいばいて内蔵を自ら引きずり出してぶちまけてのたうち回りながら絶命することを是とせよ(介錯も拳銃自殺も禁止)、その代わり部下の助命を乞うと言う一文を表紙の裏に書いてあれば完璧かも知れませんね。
>それぐらいの覚悟でではなく動画のライブ配信で世界に向けてリアルタイム配信で行う事と但書も付けて。
>まあ普通はドン引きするでしょうけど日本の思考の異常性を知らしめるには良いかも知れません。
>これが戦争(と言うより戦)の浪漫と言うものだと。
>
>スポーツの勝敗では無いので戦争に浪漫を持ち込まれても当事者が困るだけですからね。
>
>内容は事実に即して真面目に書いてあると信じたいですが。
>勇ましいサムライよりも的に攻め込まれて汲々とする表紙のほうがより興味を持ってくれると思いますよ。
>ドローンからの攻撃で全滅とかへっぽこ装甲車が小銃で蜂の巣にされているとか対艦ミサイルで出雲が轟沈しているとか。
>
>
山銅
2021年07月17日 22:45
よりにもよって楠木正成像をモデルに使っちゃうあたりがあの組織の知能低下を物語ってる
敬一
2021年07月18日 20:30
   ぼくは少年時代に
「武王の門」
を読み、胸を熱くしました。ですからこういうイラストには菊池武光か懐良親王を起用してほしい。ローカルヒーローだからということで排除されたんでしょうけれど(南朝軍の九州制圧が遅い時期だったということもあるのでしょう。親王も武光も、ローカルかつアナクロだったわけだ)。
  このへんは周知でしょうけれど、明治時代初期の日本には海兵隊があったのです。それが十年足らずで消えてしまいまして。あれやこれやと調べたけど消された理由はわかりませんでした。ただ、海兵隊は士族集団だったがゆえに解体されたのだと推測する本がありました。このおしはかりが当たりなら当時の日本軍はサムライ色を拭い取ろうと努力していたわけです。21世紀の自衛隊よりハイカラ。モダン。前向き。
ブロガー(志望)
2021年07月18日 20:49
お邪魔します。
 「サムライ」というのは「血と死と人の恨みを穢れとして忌み嫌い、怨霊を恐れる平安貴族」に対する「嫌わず恐れない武士」ではないかと思われます。桓武天皇は死に追いやった弟の怨霊を恐れましたが(一方北方のアテルイは処刑)、源頼朝が弟義経の、徳川家康は豊臣家の怨霊を恐れたりはしませんでしたから。尤も先の大戦の惨憺たる結果を受け「このような惨い目に合ったのは血と死と人の恨みに穢れた軍事なんかに手を出したから」で一億総平安貴族化した今の日本人で構成された自衛隊など所詮「武士のコスプレをした平安貴族」でしかないでしょうが(特に上に行けば行く程)。後近藤勇ですが、江戸時代を通じてかつて戦士であった武士はとっくに官僚になっていたので、その空白に入ったのではないかと。
やれやれ
2021年07月19日 00:10
山銅さん、
楠木正成と聞いて楠公飯を思い出すのは某アニメ映画の見過ぎですかね。興味本位で食べてみたいですが、食べたくない気もしています。

敬一さん、
「21世紀の自衛隊よりハイカラ。モダン。前向き。」
文谷数重さんのブログ隅田金属日誌をご覧になるか、
最新号の軍事研究誌の「海兵隊は二軍である」の記事をご覧になると良いですよ。
米海兵隊に限って言えば、ですが。
敬一
2021年07月20日 17:48
   やれやれさんへ。軍事研究読んできました。厳しい現実ですな。米海兵隊は第一次世界大戦中欧州で使われたとききますが、おそらく本格的な投入ではなかったのでしょう。
  海兵隊も国によりいろいろなのでしょう。英国東インド会社が独自に艦隊を造り、それに”マリーン”と名づける作品がありました。これはもちろん架空でしょうが、海兵隊は非正規の(件の作品ではバッカニアと俗称されていました)小海軍と見られることが多かったのでは。精鋭視される大規模なマリーンは、実は例外で。
   ついでに自らのコメントを読み反省しました。北方謙三先生の想像、いい線行っていたんじゃないでしょうか。史実の懐良親王も上洛を断念し、南に独立国を築く気になっていたのでは。肥後の武士団は九州平定のみで大満足だったでしょうし。アナクロは失礼でしたわい。
ふきのとう
2021年07月23日 18:25
陳腐で安易な日本らしさ、日本人のアイデンティティっていう方向に流れたんじゃないかって印象はありますね。騎馬武者がバケツヘルメットのあれやガッタメラータなどではなく楠木正成像をモチーフにした騎馬武者なのはなぜか?やはり過去に理想を仮託するような(江戸しぐさ批判なんかも同じ文脈での批判はあったと思いますが)構造が根底には働いているのでないか?という懸念は感じます。別に隊員個人のレベルで自分は過去名を惜しみ恥を知る生き方をしたいみたいに思うのは良いのですけど。
19190213
2021年07月26日 17:29
大雨と泥水だらけの訓練にブチ込めれれば否が応でも分かると思いますよ。
武士じゃなくて泥鼠だなと。
そこに江戸的な作られた武士らしさはなくてどちらかというと足軽にちかいと皆思うんじゃないですかね?
ウチの先輩方なんて偉い人に出す酒をちょろまかして部屋で飲んでましたね。
あれ見て武士かと言えるかとw
応仁の乱の足軽ですよ。
Suica割
2021年07月26日 22:58
ふきのとう様
江戸しぐさは、ファンタジーというか、非実在道徳です。
簡潔に言うと、提唱者の創作した一見有り得そうに見えるマナー集っぽいなにかです。
詳しくは原田実氏の著作をお読みくだされればわかります。
19190213様、完全に南北朝時代の悪党やないですか。
でも、そう考えたら、楠木正成は、時代背景的には大正解になりますね。
偽陸士
2021年07月28日 01:01
19190213様。

>大雨と泥水だらけの訓練にブチ込めれれば否が応でも分かると思いますよ。
武士じゃなくて泥鼠だなと。
そこに江戸的な作られた武士らしさはなくてどちらかというと足軽にちかいと皆思うんじゃないですかね?
ウチの先輩方なんて偉い人に出す酒をちょろまかして部屋で飲んでましたね。
あれ見て武士かと言えるかとw
応仁の乱の足軽ですよ。

うーん、だとするとその時代の合戦の形態に足軽が刀で切り合う打物戦も多かったそうですから、エンブレムに日本刀をあしらうのは正しいのかもしれません。

やっぱり自衛官は侍と言うより足軽なのだろう。(笑)
Goodman80
2021年07月28日 11:08
武士と言うと日本政府の官僚団が武士なので、各自衛隊の長がせいぜい奉行職、佐官クラスは与力及び与力見習い、尉官クラスは同心、曹長以下が中間、士長以下が小者っていうところでしょうか。
武士扱いされるのはせいぜい佐官クラス以上に成るでしょう。自衛隊レベルでは厳しく言えば将官以上でしょう。
「サムライ」なんて時代劇が作り上げた偶像にすぎませんし、自衛隊が「サムライ」に憧れるのは勝手ですが、自分達の身分は弁えるべきでしょう。