ホラッチョ堀口英利さんへの公開質問状その89なんだか悲しい抗弁ですねえ(笑

堀口英利さんへの公開質問状その89
なんだか悲しい抗弁ですねえ(笑


IMG_8237.PNG

>きょうも清谷信一さんは「公開質問状」と称したブログ記事で、「実はスーツを買っていない!」とか「時計はレンタル!」と喚いています。
>いちいち出先でスーツを着た写真を撮らないし、時計は購入時の写真も公開しています。
>またしても事実誤認。明らかに意図的な「確信犯」でしょう。


IMG_8240.PNG

まったくなんだかなあ、ですね。
こういう抗弁って虚しくないですか?

ぼくがホラッチョ・ホラグチさんのスーツ道楽の話に疑念を抱いたのは、スーツ道楽という話なのに、普段SNSで公開しているスーツは一着だけで、SNSで公開しているスーツやジャケットはすべて店頭での試着だからです。

実はもっているのは1着だけで、あとは試着だけじゃね?
と思うのは普通にリテラシーがある人間ならば当然だと思います。

その指摘をしたら、普通に公開していたインスタグラムは非公開になりました。
なんかわかりやすいですよね。
IMG_8201.PNG
その疑念に答えるならば、クローゼットからスーツを出して並べて写真を撮ればいいだけのはなしですが、それはできないようです(笑
で、こんな眠たい言い訳をしているわけです。

その疑惑を裏付けるのは、ご尊父の「設定変更」です。堀口英利さんは父親が吝嗇で、幼少時は色鉛筆もかってもらえず、学習院大学時代は仕送りが少なく、腹をすかして目を回していたという、虐待、貧乏自慢でネット上で同情を買う戦略だったはずです。

ところがロンドンに行って以降は飛行機?ビジネスクラスしかのらないよ、スーツ作るのや高級時計買い集めるのは道楽だとよ、とセレブ自慢になっています。そして都合が悪かったのか「毒親自慢」のNoteの記事やツィートは削除しています。

で、堀口英利さんは無職で、今はインターンですから金を稼げるはずもないわけです。どこからその金は湧いてでているのでしょうか。まさか金のなる木でも持っているのでしょうか。

そうかと思えば、乞食みたいにAmazonで不特定多数の皆さんにボンカレーやらサトウのごはんを恵んでくれと懇願しています。
IMG_7409.PNGIMG_7520.PNGIMG_7519.PNG
これまた「設定」の混乱ですよね(笑

これで信じろといって信じるのはリテラシーが皆無の情弱だけです。

当然ならが時計も疑われても仕方がないでしょう。写真のIWCの時計だって友人のものを拝借した可能性だってあるでしょう。よしんば自分でかっても36回のローンで、その一つだけで後のオメガとかはレンタルの可能性も疑われて然るべきでしょう。
時計にしてもずらりとコレクションを並べて写真を撮って公開すれば「疑惑」は晴れるはずでが、それもやらない。

これではますます疑惑を深めているだけです。
別に堀口英利さんが時計やスーツを持ってようがいまいが、どうでもいいことです。でも持っていないのに持っていると称してSNSで威張りたいというのであれば大変悲しい人生ですね、というだけです。第三者から見れば道化でしかありません。

さらにもうせば、英国の大学入学のためのプレコース1年と、ロンドン大学のカレッジである東洋アフリカ研究学院の3年間のカリキュラムを
1年で卒業したとかもいっているわけです。普通99・99999%ありえないはなしですし、論座の原稿読む限りホリホリにはその能力はないと思いますよ。


#堀口英利 #迷い箸おじさん #SOAS #ロンドン大学 #学習院大学
#学習院大学ヨット部 #東洋アフリカ研究学院 #キングス・カレッジ
#IFC #退学 #差別 #差別主義者 #二重基準 #Hidetoshi_H_
#安倍晋三 #安倍首相 #ホラッチョ堀口 #ホラッチョ・ホリホリ
#ホラッチョ・ホラグチ #おねだり堀ちゃん #ショーンH #ショーン・堀口
#佐村河内守 #クヒオ大佐 #ショーンK

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

KU
2021年06月30日 19:35
どんどん、自ら底無し沼に嵌まっていってますよね( ´-`)。何か取り繕うとしているのだろうけど結局、自爆一直線orz

KU
2021年06月30日 19:48
一生懸命、取り繕うとしているのでしょうけど自らどんどん、泥沼に嵌まりにいってますよね( ´-`)。それに、あれこれ削除しまくっているということは、後ろめたいことがあるのでしょうね。

>東京五輪をもし無観客で開催したら世界中がビックリする 菅首相の決断に期待する

https://www.fnn.jp/articles/-/203141?display=full

この状況下で、こんな記事を書けることのほうがビックリするんですけど(^_^;)
KU
2021年06月30日 21:05
※お手数を掛けますが本日19:35の投稿分は、削除願います。
山洞
2021年06月30日 23:36
Amazonの乞食リストの中身がインスタント食品やパック飯ってのが生々しすぎる…この人下手したら調理器具すら持ってない貧困層なのでは
Goodman80
2021年07月01日 10:21
スイス政府は次期戦闘機にF-35Aを選択、但しグリペン導入を撃墜した国民投票の実施が濃厚
https://grandfleet.info/european-region/swiss-government-chooses-f-35a-as-next-fighter/
F-35Aの調達費及び維持費が政府の基準に見合ったものだったのが勝因の様です。旧世代機はFCS等の性能こそ向上させましたが、単価が新世代機より高価になると言う悪循環に陥っているのが敗因の様です。ステルス性が格段に悪く、維持費も今後爆発的に増大する旧世代機を新規に調達する国は少ないでしょう。
F-35Aの調達を国民投票で妨害しようとする輩もいる様ですが、旧式となったF-5やF-18A/Bの更新は待ってくれません。2014年のグリペン導入失敗は吉と出るか凶になったてしまうのか、興味は尽きません。
やれやれ
2021年07月01日 20:36
Goodman80さん、
スイスも何考えてF35Aを採用するのかよく分かりませんね。
元を辿れば2014年にグリペン導入を否決したのがほったんですが。丁度その年にAir14Payerneと言う10年に1度の大規模なエアショーがありまして私もツアーでPayerne基地まで見に行ったのですが、その時にスイス人ガイドさんが先日のF5戦闘機の後継にグリペンと言うのが国民投票で寸差で否決されました。F5は数が減っているしこんなのでいいのか?と愚痴っていました。なので今回グリペンは応札には参加していません。いい加減にしろって事でしょう。F5の後継には最適だと思いましたけどね。で、どうやらスイスには戦闘機は不要と言う勢力が一定数いるようで(国が狭すぎて殆ど要をなさない、スクランブルも平日の日中だけだし(最近回復?)、陸軍に力を入れたほうがマシなど気持ちは分からなくもないですが)今回も反対で押し切られるかも。何れにしろかえって高い買い物になるのではないかと。どうもスイスの国民投票の制度がよく分かりませんが、採用したい機種の可否を国民投票で決めるものなの?と思います。素人が機種選定で文句言える選挙も凄いなと思う反面、戦略や戦術はどうするの?とも思います。この機種を1機コレくらいで買いたい。戦闘機の数=飛行隊の数を投票で決めたいとかならまだ分かりますが。国防軍や政府の主体性のない決め方するものだなと。