日本製装甲車輌のだめな一因は外国製コンポーネントを嫌うから。その2

日本製装甲車輌のだめな一因は外国製コンポーネントを嫌うから。その2


装甲車両に関していえば、駆動系だけではなく、多くのコンポーネントが必要です。全世紀末から増えてきたのが、ナビゲーションシステム、BMS(バトル・マネジメント・システム)、運転用暗視措置、状況把握システム、車内用通信システム、デジタル無線機などいわゆるベクトロニクス関連。更にRWS、射撃用暗視装置、砲塔、座席、消火装置、リチウム電池、増加装甲などもそうです。
我が国でも16式機動戦闘車の環境センサーはタレス社製だったりします。恐らく国産通信機でもデバイス類は外国製を多用しています。

装甲車輌の一車種あたりの生産数を高めて、調達期間を縮めて、これらも海外のものがよければどんどん採用すべきです。わすか数輌から数十輌分の調達ならばかなりコストは上がります。例えば5年分ぐらいはまとめて一括調達するようなシステムが必要でしょう。例えば輸入コンポーネントは別途予算をつけるなども必要でしょう。

最近になってやっと、共通戦術装甲車やら次期装輪装甲車やらで、ファミリー化が本格的に導入されるようです。であればできるだけ毎年の生産数を増やす努力をすべきです。コマツの軽装甲機動車にして諸外国の同等品の3倍以上の価格でしたが、量産によって等倍ぐらいにならば遥かに早く戦力化が可能となります。

装備庁ではハイブリッド駆動系やゴム製履帯など車輌関連の技術の開発も行っていますが、これも調達数が数輌から数十輌ならば極めてバカ高いものになります。年の調達数を増やしたり、輸出を念頭に置かなければ開発する意味はありません。装備庁には量産化を前提とした開発計画がありません。



また砲塔など大物を輸入に切り替えれば、開発が大いに早くなるでしょう。実戦や輸出を通じてのノウハウがないわけですから、そういうノウハウを持った企業の製品を採用するほうが宜しいかと思います。機動戦闘車にしても実はCMIインターナショナルの砲塔に三菱重工、コマツ両社からアプローチがあったと同社の担当者から聞いております。担当者も興味を持っており、逆にこちらが取材され感じでした。ですが、それは実現しなかったわけです。国内メーカーは大口径砲を装輪装甲車で運用した実績はないわけですから、輸入をもっと真剣に考えた方がいいと思います。

■本日の市ヶ谷の噂■
時代遅れのクズと酷評される機関拳銃だが、候補には外国製の短機関銃2種が試験調達されたが、最も性能が悪く、もっとも調達単価が高い機関拳銃がミネベア製ということで選択された、との噂。

Japan in Depthに以下の記事を寄稿しました。
装輪ATVは空挺・島嶼防衛作戦に有用な21世紀の「ジープ」
https://japan-indepth.jp/?p=59945

European Security & Defence誌に以下の記事を寄稿しました。
https://euro-sd.com/wp-content/uploads/2021/05/ESD_6_2021_P.pdf
ESD_6_2021_p34 Kiyotani, Japan's Complicated Machine Gun Procurement_page-0001 (2).jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

やれやれ
2021年06月19日 11:55
「時代遅れのクズと酷評される機関拳銃だが、候補には外国製の短機関銃2種が試験調達されたが、最も性能が悪く、もっとも調達単価が高い機関拳銃がミネベア製ということで選択された、との噂。」
やっぱりね、と言う感想です。機関拳銃を見た時、できの悪いmini UZIかと思った程で。余程評判が悪かったのか高価すぎたのかすぐに調達が停止されましたね。建前では行き渡ったってことなんでしょうけど2,3百しか作らないなら全数輸入で良かった。所詮ミネベアの開発力なってんこんなもんなんだろうな、と思ったのが実際に手に持った時の印象(昔は好きに持たせてくれた)。
どうにもこうにも重すぎる上にバランスが良くないし装弾数も多くない。実物見ると凄く微妙な気分になります。
個人的には9mmだとMP5好きなんですが実際に同じ用途で使うとなったらMAC10かTMPですが9mmや45ACPにこだわらないのなら威力も劣らないし装弾数も多いP90が良いですね。
南部の銃器に思い入れもないし早々にご退場願いたい。
池西修
2021年06月19日 12:14

空自曹候12期卒、池西修です。

ロシア大使館
アメリカ合衆国大使館
イスラエル大使館
イギリス大使館
大韓民国大使館

にカーボンコピーでお届けします。

安倍晋三前内閣総理大臣がコレですよ。池西君は宇宙船を開発してるのに、安倍晋三の器の小ささには涙が出てきます。何なんや、この自由民主党は。自民党は誰も国民の事や人類の事は考えてない。僕はAppleやGoogleと組んで宇宙船を開発したいです。キチガイやな自民党。

安倍晋三・前首相のメディア露出が増え、キングメーカー説や再々登板説が喧しい。そうした安倍氏の“復権”に向けた動きと軌を一にして、保守派論壇からは自民党の“反安倍”政治家を批判する論調が強まっている。

批判のターゲットとなっているのが、「保守派のジャンヌ・ダルク」と呼ばれ、安倍氏の“後継者候補”とみられていた稲田朋美・元防衛相だ。稲田氏が野党と協議しLGBT(性的少数者)への理解増進法案とりまとめの立役者となったことが、保守派を刺激した。

安倍氏ににらまれたのは稲田氏だけではない。

安倍氏は『月刊Hanada』(7月号)のインタビューで「ポスト菅の総理・総裁候補」として茂木敏充・外相、加藤勝信・官房長官、下村博文・政調会長、岸田文雄・前政調会長を挙げたが、世論調査で4人より上位の河野太郎・行革担当相と小泉進次郎・環境相は含まれていなかった。

保守派言論人の2人への評価から、その理由が見えてくる。

女系天皇容認論者で知られる河野氏は昨年8月に「女性も皇室に残す」と提唱し、自民党保守派の反発を買った。

安倍再々登板論者の作家・深川保典氏は『月刊Hanada』(1月号)で河野発言に強い疑問を投げかけた。

〈一時の時代の空気で二千余年にわたって連綿と紡いできた「男系男子の皇統」を絶やしていいものだろうか。祖先に対する責任と子孫に対する責任を取れるのだろうか〉

また、「脱原発」論者の河野氏と再生可能エネルギーを重視する小泉氏は、原発政策でも安倍氏と対立する。菅政権が掲げる2050年にCO2排出を実質ゼロにするカーボンニュートラル政策に関連して、安倍氏は「原発の建て替え(リプレース)」が必要だと主張し、今年4月に自民党原発リプレース議連を立ちあげて顧問に就任した。

保守論壇の重鎮、櫻井よしこ氏は、菅政権でグリーン成長戦略を担う河野氏と小泉氏についてこう注文をつけた。

〈米国や中国には、国際社会に向けて(脱炭素の)旗を立てつつ国内の産業を守っていく“したたかさ”があります。小泉氏や河野氏は理想だけでなく“したたかさ”も持ち合わせているでしょうか。(中略)「カーボンニュートラル」に前のめりになるあまり、原子力やハイブリッドなどの分野で日本が積み重ねてきた技術力が蔑ろにされる恐れがあります〉(『WiLL』4月号)

河野、小泉両氏は安倍氏とその支持者のメガネにはかなっていない。
やれやれ
2021年06月19日 12:42
「ファミリー化が本格的に導入されるようです。」
色々なタイプの装甲車の車体やエンジンなどのプラットフォームが同じで上物、中物だけの違いのバリエーション展開ができれば毎年いろいろな種類の装甲車をそれなりの数出荷できるわけで良いことなんですがむしろいままでそれぞれに最適化?したが故に?不十分な共通化で高価なものになっていたのならもっと早くからそうしろよとは思います。
同じものをベースにして顧客カスタマイズをするのも個別部分が色々特殊で結構大変なのに全体を個別の開発していたら仕事とお金が入っても死んでしまいます。大したものでも無いものの開発でもそうなので装甲車となると金と人を相当掛けないとまともな物はできないでしょうね。

「装備庁には量産化を前提とした開発計画がありません。」
研究はすれども量産化はメーカに丸投げで、高額になると知ったら一気に萎むような印象を受けました。何にどれだけ採用すれば価格がコレくらいになるからコスパが良くなるとか安全性が高まるとかそういう発想では無いようですね。

「機動戦闘車にしても実はCMIインターナショナルの砲塔に三菱重工、コマツ両社からアプローチがあったと同社の担当者から聞いております。」
この辺の事情はよく分かりませんが、自衛隊としては74式の置き換えを狙っているので105mm砲弾ありき、日本製鋼所ありきだったのではないかと。CMIはコッカリル 90mm低圧砲でしょうか?としたらその辺も嫌われたのかも?国産の砲身と砲弾、数字の大きさで決定と言う落ちなんでしょうかね。
KU
2021年06月19日 12:43
>>>装輪ATV

あんな輸送機やら、そんな飛行艇やら、こんな潜水艦やら、どんなフリゲートなんかよりは遥かに売れる確率が高いですよね( ´∀`)。

>装甲車も「乗り心地重視」の時代へ なぜ世界の軍隊は歩兵の居住性を気にしだしたのか

https://trafficnews.jp/post/108169

一定の開発・生産基盤は必要なんだなあ、と思い知らされる記事です。ただ、日本の場合は基盤はあるけれど、改善すべき点も多いのに誰も手を付けようとしないで、ひたすら放置されていることですかね(^_^;)
KU
2021年06月19日 12:50
>イージス・システム搭載艦 レーダーは「SPY 」
KU
2021年06月19日 12:53
※記入途中で送信してしまいましたorz

>イージス・システム搭載艦 レーダーは「SPY7」に 自民部会

https://mainichi.jp/articles/20210618/k00/00m/010/332000c

そうまでしてSPY7を欲しがる理由って何なのでしょうね?代理店でも経由してカネでも貰っているのか?
Goodman80
2021年06月19日 14:27
やれやれさん
機関短銃は何時もの通り「みんな持っているからぼくちゃんもほちぃー」的に開発されたものと思います。用途も戦術も全く考えない幼稚な開発で、使わされる部隊が一番迷惑していると思います。
最強のサブマシンガン10選
https://www.youtube.com/watch?v=N8FC38pHtsk
に優秀な火器が紹介されていますが、これ以外にも日本の価格だけ高級な機関短銃より、真面な性能で低価格な物が山ほど存在します。個人的にはロシアのPP2000が好みでは有りますが。
やれやれ
2021年06月19日 16:26
KUさん、ミスターフリゲートさん、Goodman80さん、
まとめてですいません。
「ただ、日本の場合は基盤はあるけれど、改善すべき点も多いのに誰も手を付けようとしないで、ひたすら放置されていることですかね(^_^;)」
それは昭和世代の装甲車を何倍も高価な価格で売っていれば誰も買おうとは思いませんわな。物好きな自衛隊以外。
まず装甲車のレベルを世界レベル(ピラーニャとかAMVとか)に引き上げないと。エアコンもスポールライナーもRWSも。派生型も含めて色々。価格も同等以下でないと見向きもされないでしょう。パリダカラリーよろしく砂漠や不整地、沼や河川の渡河などの長距離運用で性能を証明して、小銃、榴弾、RPG、地雷などでボコボコにしてそれでも生存性を確保できている事を証明するとかしないと信用してくれないでしょう。ここまできてようやく政治力による売り込みができるレベルだと思います。
少なくとも韓国中国以下だと言う認識からスタートしないことには始まりません。

「そうまでしてSPY7を欲しがる理由って何なのでしょうね?代理店でも経由してカネでも貰っているのか?」
トランプ元大統領との密約の結果でしょう。オリンピック同様一旦走ったら失敗が確定するまで止める気は無いのでしょう。それとカナダとスペイン海軍が後からイージス艦用に契約した事もあるでしょう。つまり数百億だか数千億だか掛かる迎撃試験の費用を日本が持つ契約をしたからカナダとスペインが契約したのではないかと訝しんでいます。イージスアショアのほうが契約が先ですからね。アメリカを怒らせてまで止める勇気がない。必要か不要か性能が良いか悪いかなど最早どうでも良いことなのでしょう。
10年後に性能未達とか完成しなかったとしても最早当時の政治家は引退しているでしょうからどうでも良いことなのです。日本人が血税の無駄遣いしていることをしばらくの間誤魔化せれば。
ミスターフリゲート
2021年06月19日 20:25
参考にどうぞ

<独自>政府、マレーシアに防空レーダー輸出へ 来月から入札参加
https://news.yahoo.co.jp/articles/38f2ff1e8bcac54764e062b0e1a05bb8fd1e1a51

清谷氏が装甲車や防衛関係の輸出にダメ出ししている中で、こういう記事ですが、どうなることやら。フィリピンでは売れたようですが、まあ様子見ですかね。
Goodman80
2021年06月19日 21:11
<独自>政府、マレーシアに防空レーダー輸出へ 来月から入札参加
https://www.iza.ne.jp/article/20210619-2K2ZJ72KANOJHADMVVBU6E7ITE/
レーダーで防空が出来るなんて素晴らしい。先ず日本に配備してほしい物。でも防空する航空機としない航空機はIFFで判断するのか興味深い。バリアみたいな物なのだろうか?
色糸
2021年06月19日 22:15
環境センサー、10式には載っていますが、16式は確か試作車のみの搭載で量産型には経費削減で削られたと記憶しています。
キヨタニ
2021年06月19日 22:34

そうみたいですね。


>色糸さん
>
>環境センサー、10式には載っていますが、16式は確か試作車のみの搭載で量産型には経費削減で削られたと記憶しています。
90TK
2021年06月20日 04:00
陸自さんの仕様書から 16式機動戦闘車
車長用視察照準装置:中赤外線カメラ
砲手用視察照準装置:中赤外線カメラ、可視カメラ
常時8輪駆動(デフロック機能付)
拡張性対応装置(後日装備可)
・環境センサ部
・砲口照合部
・空調装置(エアコン)
・MINIMI、96式自動てき弾銃はアタッチメント方式での装着可
財務省には普通科の装備品ですと言えますね。
Goodman80
2021年06月20日 09:45
中国陸軍が新型自走式対空砲/ミサイルシステムの訓練映像を公開!
http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/55800129.html
中国陸軍が装輪装甲車にハイブリッド対空兵装を搭載した車両を開発したようです。IM-SHORADに似た開発プロジェクトですね。自衛隊も随分昔に何やらやっていた様な気が?
Goodman80
2021年06月20日 17:59
発想を転換した面白そうなサブマシンガンが開発されたようです。
米軍はついにその新しいサブマシンガンを作成しています-より致命的
https://www.youtube.com/watch?v=xy1UrB-uvK8
拳銃と同じマガジンが使える様設計されている様で、拳銃しか持っていない兵士のマガジンが其のまま使用可能だそうです。拳銃にもサブマシンガン用のくそ長い弾倉が刺さった姿はなかなか面白いでしょう。