UAVとCOIN機どちらが有利か

UAVとCOIN機どちらが有利か

Jane’s International Defence Review 3月号には「Mannes or Unmanned:Light aircraft face competition from UAVs」という記事があります。

いわゆるターボプロップのCOIN機(Light Combat Aircraft: CA)と、それに匹敵するグループ5に属するMQ-9リーパーなどのMALEの無人機との比較です。

記事ではまずF-16などのジェット戦闘機と比較をしています。時間あたりの運用コストはF-16クラスが1万ドル、LCAが2千ドルとほぼ五分の一です。またLCA調達コストは13万ドル程度、これまた数分の一です。テキストロンのジェットLCAであるスコーピオンの時間あたりの運用コストは3千ドル程度、調達単価は20万ドル程度です。

LCAは近接支援(CAS)、武装偵察など多様な任務が可能です。ペイロードは2トン近くで、F-16の8割程度です。速度は時速500キロ弱で、小直径誘導爆弾や対戦車ミサイル、12.7ミリ機銃、誘導ロケット弾などが使用できます。
搭載燃料はF-16の二割程度ですが、滞空時間はF-16の約3倍の5~6時間です。

対してグループ3~4のUAVは24時間とより長い対空時間があります。ただしグループ5よりは小さく、ペイロードは20キロ強にしかすぎません。グループ5のリーパーの時間あたりの運用コストは3~4千ドルでLCAとほぼ同等以上で必要な要員はほぼ同等です。
ハドソン研究所のブライアン・クラークはLCAの運用コストはUAVよりも高いと述べています。

記事では空域防御の任務ではUAVにまさるとしています。迎撃やアラート任務で敵は、無人機ならば無視、あるいは撃墜します。有人機であればうかつに撃墜はできません。そうすれば戦闘が容易にエスカレーションするからです。事実2019年にイランは米海軍のグローバルホークを躊躇なく撃墜しましたが米国は報復をしていません。

またLCAは有人機であるがゆえに、パイロットがその場で決断ができること、更に小規模な部隊ではUAVに対する電子妨害やサイバー攻撃に対して有用な手立てが打てない、と指摘しています。

これは大きなポイントです。UAVはこれらの妨害で飛べなくなったり、偽情報で味方を攻撃する場合もあるでしょう。

CASの場合、地上の指揮官が現場でLCAのパイロットとやり取りできるのは大きなメリットです。しかしながらLCAが上空に留まれるは1~2時間程度ですが、対してUAVは6~12時間は留まれます。これはUAVの大きなメリットです。
またUAVは敵の対空システムが充実しているエリアでは有人機より有利です。
それから記事ではLCAの延長線でジェットの練習機ベースの軽攻撃機、例えばM-346FAやホークといった機体です。これらの機体はLCAとF-16のようなジェット戦闘機の中間的な存在と言えるでしょう。

これらは練習機と併せて採用すれば調達、運用コストは大幅に低減できます。またこの手の機体は空自のアラート任務にも使えるでしょう。

記事では触れていませんが、UAVの欠点はビデオカメラの視野が狭いことです。それを補うのであれば有人機並の視界をもったカメラを装備することが必要です。
またUAVは一般的に長時間を巡航するための機体です。ですから急降下などの空中機動は苦手です。
このためキメの細かい対地支援や、UAVの迎撃などの任務は苦手です。


本来対地支援やISRなどの任務は攻撃ヘリ、武装ヘリ、LCA、UAV、そしてジェットの軽攻撃機などの得手不得手を勘案して、自軍の戦術にあうポートフォリオを組むべきですし、またそれは時代の変化に併せて変えていくべきです。
LCAは攻撃ヘリの代用にはならないという人がいますが、それは匍匐飛行で装甲車両を対戦車ミサイルで攻撃することを未だに「当然」だと思っているわけです。ところが今やRWSや携行対空ミサイルなどの発達で匍匐飛行などできません。攻撃ヘリの任務は相応の高度からの対地支援やISRなどが主たる任務になっています。その考え方からすれば、より滞空時間が長く、誘導滑空爆弾も使用でき、射出座席などもあるLCAのほうが有利といえます。
大事なのはそれぞれのプラットホームに得手不得手があり、時代によって任務も変わってきます。例えばUAVの迎撃などという任務は20世紀には想定されていませんでした。
装備体系の構築と調達は先を読みながら、迅速に行い、また想定が変わった場合には速やかに変更するような柔軟さが必要です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

Goodman80
2021年05月06日 12:43
米陸軍もやっと真面な対空車輛を実戦部隊に配備出来そうです。
アメリカ陸軍 在欧部隊にモバイル防空システム「M-SHORAD」を初配備
https://trafficnews.jp/post/106695
まあ、現時点でさえ問題有り品ですが、今迄のアベンジャーよりは格段と進歩しています。
陸自で開発だったあの陳腐な防空車輛はどうなったのか、全ては次期装輪装甲車の選定に掛かっているのでしょうか?
防衛省の優秀な開発部門の方々も、少しは世界の状況とやらを見て欲しいものです。
ミスターフリゲート
2021年05月06日 13:03
レシプロ機と無人機両方を使い分けることをメインとし、武装へリはその援護に回る戦術として、レシプロ機1機、UAV2機、武装ヘリ1機の飛行隊を編成する形がベストではないでしょうか。
UAVはバイラクタルtb2あたりがコスパ良いかと。
偽陸士
2021年05月06日 23:26
ミスターフリゲート様。

同じプロペラ機でも、レシプロとターボプロップとでは動力の原理が違いますよ。

レシプロ(往復)はピストンが気筒の中を往復して断続的に動力を得ていますし、ターボプロップはガスタービンが空気を圧縮、燃焼を連続的に行い動力を得ています。

エンジンの反応の早さならレシプロが良いのですが、機構が複雑なのと空気の薄い所ではターボチャージャーが必要になるため、現代のプロペラ機ではターボプロップが主流です。

ちなみにレッドブルで飛んでるのはレシプロですね。
ミスターフリゲート
2021年05月07日 00:35
偽陸士さん
レシプロ機というより普通にcoin機というべきでしたね。失礼しました
typhoon
2021年05月07日 00:48
国内の航空祭ではジェット機以外にターボプロップ機を見掛けることがありますので、それを見た上でレッドブル・エアーレースのレシプロ機を見る機会が有れば違いが分かると思いますが…レシプロ機が軽自動車に見えてくると思います。
typhoon
2021年05月07日 01:19
ミスターフリゲート様

逆に分かりにくくてすみません。汗
詳しいことは偽陸士様が記載されておりましたので…まあ、似て非なる物ですね。

アバウトな例えで異論反論あるかもしれませんが、私的には…レシプロ機は660cc軽自動車、ターボプロップ機は1,500ccセダン、F-16は2,000cc超えのスポーツカー、F-15は5,000cc超えスーパースポーツみたいな感じでしょうか。
やれやれ
2021年05月07日 08:59
なかなかイメージし辛いかもしれませんが
レシプロ機というのはいわゆるセスナ機(十把一絡げな表現)のような小型プロペラ機です。
自衛隊のプロペラ機にもセスナ機クラスのT5,T7がありますが
どちらもターボプロップ機です。
大きさは似てるようで全然違います。
燃料が航空ガソリンとジェット燃料(軽油)と
エンジンの価格が数百万円と数千万円~億と10倍以上高価(プロペラ用の減速機含む)。
レスポンスはレシプロは自動車でも分かるように非常に良い。ターボプロップはエンジンの回転数が上がるのが非常にゆっくりでアクセル踏んでも全然加速せず回転が上がったらいきなりポンと飛び出すような感じで反応がワンテンポ以上遅れます。ジェット機も同じです。(なので自衛隊はジェット機に慣れる意味でもターボプロップを練習機に使っています)。燃費に関してはレシプロが良いですね。
その代わり馬力に関してはターボプロップが大きさの割に強力です。なので世界中の殆どのプロペラ旅客機はターボプロップです。ジェットより燃費が良くレシプロより馬力が大きいので。
それぞれ特徴があるので大きさや任務によってモーター、レシプロ、ターボプロップ、ジェットを使い分けるのが一番ですね。
19190213
2021年05月07日 09:19
陸自は戦闘ヘリの無人化を進めるべきかと思います。
空港施設に依存しないというところが兎に角便利というのは解るのですが、別に無人化とある程度の小型化を進めても良い気がします。
別段、対戦車任務といってもヘリが絶対にやらないといけない訳ではないです。
今や中多がありますし何なら中多の誘導を担当すればいい。
対地といっても汎用機関銃とグレネードランチャー程度でも良いです。
火力を満載せずとも監視と誘導ができれば他が補完できます。
高額である必要性もないです。
対ソ戦がない以上対機甲戦闘で機動力をもったタンクハンターはかつての輝きを失ったともいえます。
空中機動作戦においては有用ですが、それにしても活用できているとは言い難いかなと。
19190213
2021年05月07日 10:27
ドローンの今後の発展についておもうのですが、官民共同で叩き台となる物を用途別に研究していくべきかと思います。

飽く迄もたたき台なのであれば官の余計な運用思想も入ってきませんし共同で研究し参画した企業には全てオープンソースで公開される。
今やドローンは運輸、警備、測量等各分野に応用できます。
今ウーバーが流行っていますが同様の業務をこなすこともいずれはできるでしょう。
実験都市を作り出店する小売り、飲食には運輸配達ドローンの運用とデータ提供と資金提供をやって貰う。
運輸会社にも同様のことを求め官も金を出す。
民間で一般化すれば軍事で使う際もコストは下がるし既に運用されている技術が土台になるから信頼性もある程度担保される。
やってくれんかなぁとは思います。

通信でもドローンは使えるとは思うんですよね。
例えば中継。
コータムの中継ができれば恐らくは旅師団の通信中隊なしでもある程度通信の強度は担保されるのではないかと。

もう一点で言えば光波で通信を行いそれを自律ドローンで中継できれば今のように電子戦で妨害を受けることもない。
Goodman80
2021年05月07日 12:40
自衛隊の装備と調達について、もう少し各部隊の裁量に合わせるべきと考えます。絶対的な米軍の制空圏下にある沖縄であれば、今の装備でも通用するでしょう。自衛隊の制空圏下の島々や地域も同様です。
唯、対馬の様にかなり怪しい場所では、ヴィーゼルの様な対戦車、対空、APC等を同一車輛で統一できる物が最適と思います。それぞれの部隊が最良と思える部隊編成と装備を自衛隊の本局に進言し、それを検討・調整し、装備品等の調達を行えば、もっと有効な防衛が行えるのではないでしょうか。
唯、それには隊員に戦争のプロに成って貰う必要が発生しますが。北海道や首都圏、島嶼部等で必要な部隊編成や装備は変わるはずです。
ミスターフリゲート
2021年05月07日 21:16
Goodman80 さん
ストライカーの防空車もいいのでしょうが、やれやれさんがこんな情報を拾ってきました。

ロシア、神風ドローンを上空で大破「パトロール迎撃ドローン」トルコのドローンを標的にした動画も公開
https://news.yahoo.co.jp/byline/satohitoshi/20210507-00235941/
地上だとナゴルノ=カラバフ紛争で、アゼルバイジャンがアルメニアの防空網をバイラクタルやハロップで破壊していますが、破壊された中にはロシア製の対ドローンシステムもあったと聞きます。ドローン対ドローンの戦術も検討すべきではないかと
Goodman80
2021年05月07日 22:18
FN社が新しい軽機関銃を発表したんだが、陸自の次期軽機関銃の候補はMINIMI Mk3のまんま何だろうか?

FNハースタルの新しい軽機関銃FN EVOLYS
https://www.youtube.com/watch?v=cG2fkb0TeXE

どう見てもこちらの方が高性能だと思うんだが、陸自の事だから無理やりMINIMI Mk3を調達しそうな気が。
住重製のMINIMIに比べれば、どれでも高信頼性製品だから、どれでもいいちゃ良いんだが。
偽陸士
2021年05月08日 02:39
攻撃ヘリの無人化やレーザー通信ドローンも実現して欲しいのですが、新しいトラックも欲しいですね。

動力はハイブリッド、操縦はAIに任せでキャブ無し。
欲を言えば水陸両用。
そんなトラックが出来れば、輸出も狙えると思うのですが。
Goodman80
2021年05月08日 10:40
ロシア、自律的に連携可能な「UAV+自走砲」の組合せを海外の顧客にアピール
https://grandfleet.info/russia-related/russia-appeals-to-overseas-customers-the-combination-of-uav-self-propelled-artillery-that-can-be-linked/
自衛隊ですと相手の砲弾を大砲レーダーで捕捉、相手位置の位置を計算し位置を決定、本部へ報告、本部から自走砲へ位置情報を伝達、準備完了の報告を受け、発射指示、自走砲が砲弾の発射と言った処でしょうか。最低でも20~30分以上かかるでしょうから相手はとっくに移動してますね。
今は情報を全ての部隊でリアルタイムに共有し、最も適した攻撃手段を上級部隊が即座に判断、攻撃支持が当然の様に行われる時代。地上偵察、ドローン、有人機等の情報収集能力、情報共有スピード、攻撃手段の判断、攻撃支持のスピードが勝敗を決定する事に成るでしょう。
旧来の攻撃方法に固執する陸自は、大量の隊員の命を犠牲にし、内外からの批判に晒せれないと変わりそうも有りませんが。
Goodman80
2021年05月08日 14:53
ミスターフリゲートさん

米国も同じ様なカミカゼドローンは開発しており、世界的なトレンドと言えるでしょう。どこかの国を除いて。

米陸軍がカミカゼドローン導入を本格化、英国も対外有償軍事援助を利用して同一機種を発注
https://grandfleet.info/us-related/u-s-army-begins-full-scale-introduction-of-kamikaze-drone/

携帯ミサイルも低価格化(スティンガーで約500万円)しており、シーカー部の高性能化・低価格化(例えばスマホのCCDやCPUを使用する等)が進めば、ドローンだけで無く、有人機や戦闘ヘリの脅威となって行くでしょう。
19190213
2021年05月08日 21:48
Goodman80さん
対射撃で数十分もかからんですよ。
偽陸士
2021年05月08日 23:36
19190213様。

撤去出発はもっと早いです。

なんせCAPしてる敵機が来るより早いのですから。
19190213
2021年05月08日 23:48
厳密に言えばレーダーに捕捉できた時点からはあまり時間は掛からないです。
そこからは単純に三者連携の話ですしそこに関しては死ぬほど練習してますから本当に早いです。
問題は、レーダーに捕捉できる前かもしれませんね。そこ込みで言えば敵の初弾から即反撃とまではいかないかもしれませんが捕捉しているならば話は別だと思います。
Goodman80
2021年05月09日 00:41
19190213さん

陸自もC4Iシステムがありまして、師団等指揮システムの下に砲科ですと野戦特科部隊用システムがあります。大砲レーダーは野戦特科部隊用システム内にありますが、実際の射撃では上級部隊の許可が必要です。補足=射撃開始にはなりません。
偽陸士
2021年05月09日 11:36
19190213様。Goodman80様。

欲を言えば撃たれる前に撃ちたいものですね。

前進観測が戦場監視レーダーかドローンで敵を発見、陸海空全ユニットは情報を取得、前進観測は上級部隊を介さず攻撃を命令、上級部隊は追認するのみにとどまる。

これぐらいでないと、流動的な状況には対処は出来ないと思いますね。

特にゲリコマやドローン、無人戦車相手なら。
ブロガー(志望)
2021年05月09日 20:34
お邪魔します。
 UAVは例えば「パイロットという希少人材を節約できる」といった低コスト・低リスクを活用すべきではないかと思われます。また軍事ではどうしてもドンパチに目が行きますが、実際の戦争では情報収集と物資等の輸送が占める割合が大きいのではないかとも思っています。ですがらUAVは情報収集だけではなく前線への物資輸送といった事に使っていくべきではないかと。これらなら「山林等の管理」「激甚災害時の被害状況の確認」「離島や限界集落及び激甚災害で道路等が寸断された時の被災地への物資輸送」で民生とも共有・協力できます。こうやって使う事で洗練させていけば、組込CPU(のアーキテクチャ)であったARMがスーパーコンピュータ富岳に採用され、MacでIntelに取って代わったように、「そこそこ」で多くがカバーできるようになるのではないかと。日本は逆に最初から高性能・高機能を要求して行き詰まりにしてしまうのではないかと危惧していますが。
 それからCOIN機ですが、空軍(空自含む)では可能性は小さいといえ「敵の(最新鋭)戦闘機への対処」を否定はし切れないのではないかと思われます。となればCOIN機は以前清谷様がおっしゃられていたように海保に警戒機として入れるのが良いのかなと思ったりもします。軍縮条約で艦数等を制限された旧海軍の中には陸上機中心の空軍志向もあったと聞いた事があります。空軍(空自)はありますが航空警察はありませんし、日本は海と空はそこそこありますので、新たに予算を付けて海保航空隊を作ってそこにCOIN機を配備してはどうかと。海保を含む沿岸警備隊には準軍隊としての性格がありますが、今の海保は憲法9条の関係か準軍隊的側面には否定的と思われますので、海保航空隊は今の海保とは大臣次官レベルで繋いで準軍隊としての性格を持たせるべきではないかと。余談ですが中国の海警の方が「準軍隊としての沿岸警備隊」に忠実なのかも知れません。
 最後にロッキード社にはF35の無人機の構想があり、米の次世代戦略爆撃機も「パイロットが長時間コクピットに閉じ込められる」問題解決のために無人運用も可能とすると聞いた事があります。将来的には「有人でも無人でも運用可能」更には「パイロットが自分の分身としてAIを育て、そのAIが飛行機を操縦」といった事になるのかも知れません。
1910213
2021年05月09日 22:32
特科において対射撃ってウェイトの大きい任務なんですよ。
ですからACRでも事前に配当は決めて置きますし、場合によっちゃいくつかの射撃中隊を待機させて手ぐすね引いて待ち構えることだってある。

そもそもレーダーは常時稼働させないので(暴露しますから常時稼働させないです。)、稼働させるとしたらまず音源標定で大まかな位置を絞ってからの話です。
レーダーを稼働させ標定する段階にまでなってれば、重大な任務である対射撃の射撃許可ぐらいおりてますよ。
そんな承認に手間取ることなんてないですし、元よりFSCCの連中が任務を事前に割り振っているんですからごたつくなんてありえない。逆に聞きたいです。それが出来なくて何のためのFADACなんですか、何のためのFSCCなんですか。
そもそも標定までにある程度時間が掛りますからそれが終わる頃には、三者連携の段階まで準備できてますよ。
いくら自衛隊が訓練しかやらない軍隊だとしてもそれぐらいはできますよ。
敵の初弾から30分ならまだ解りますよ。モノによっては対射撃は長くなりますから一連なかで初弾からそれぐらいかかるのはあり得るかもしれません。
しかし我が標定した段階から我の初弾発射まで30分もかかりはしないはずです。
19190213
2021年05月09日 23:00
特科が遅れているのは、標定の手段ではないかと思いますよ。
露ならば電子標定で敵情を詳らかにし特科でまる焼けにします(おまけにVT信管すら・・・)。
或いは、米軍ならば既に射程100キロに近い誘導弾を実験していますしどちらにしても純粋に相手のストロングポイントに押しつぶされます。

特に間接射撃で大切なのは情報です。
あとの三者連携なんて繰り返しやれば猿にだってできる。
その点が不十分と言うならば全く以てそうだと言えます。
特にこれから不遇になる兵科と考えれば特科は考え方を改めないと生き残っていけません。
最低数の火砲でどうやってカバーするか。
今までのように潤沢な砲でカバーするやり方はできないのですから努力で何とかなる範囲を超える段階がくると思います。
いやもう来てますな・・。
陸の特科の進化は垂直思考にすぎませんでした。
ですが隣国らでの対射撃(延坪島砲撃事件)などを見れば解るものです。
如何に情報器材が大事かと。
あの日、航空偵察が出来れば或いは機上からFOできる人間がいれば、音源標定をいち早く行いレーダー員が器材設定をミスせずにやれていれば。
露軍の砲兵運用は先を行っていると思います。
彼らは電子戦の先に砲兵と言う手段を用意します。
それは多分日本だと思いつかない発想だと思います。
Goodman80
2021年05月10日 11:24
COIN機ならこんな機体も良いかも、T-4の代わりに基地間の連絡、哨戒任務なども低コストで運用出来る様です。
セスナ/テキストロンのスコーピオン軽攻撃機
https://scorpion.txtav.com/
実用性一辺倒の機体の様なので、デザイン的には微妙な感じですが、ビデオを見る限り、運動性も良さそうです。
敬一
2021年05月15日 17:53
  こういう任務なら飛行船や気球でもいけるんじゃないでしょうか。高速は要らない。鋭角の方向転換も要らない。ならば燃費が良い製品が最高。
  インドネシアでは凧が高所の掃除に使われていたそうです。そんな感じで、かつて見捨てられた飛行機械が蘇るんじゃないでしょうか。夢のない話ですが。ウーーーー思い出した。フランス革命直後の戦争で、仏軍が気球を使ったことがあるそうです。空から偵察し劣勢を覆した。にがわらいです。二十一世紀の戦争でも本質は同じなのでは。進化したように見えて変わっていない。